太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年04月09日

321 白王姓を「白土」姓に変えざる得なく追い込んだ明治神道の横暴の証拠を見た

321 白王姓を「白土」姓に変えざる得なく追い込んだ明治神道の横暴の証拠を見た

20160926

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


既に、白川伯王家と「白土」姓については、ひぼろぎ逍遥 230 及び ひぼろぎ逍遥(跡宮)106 「白川伯王家源流の神社初見 “飯塚市鹿毛馬の厳島神社(安芸の宮島のルーツ)”」 共通掲載 として公開しています。

百嶋由一郎先生からは、“飯塚市鹿毛馬の某神社が白川伯王の流れを汲む本家であり、厳島神社の元宮、白川伯王家の源流の一族の神社である”と聞かされていました。

ただ、明治の神祇官、神祇省の指導(圧力)によって、「王」を名乗るのは皇室に対して不敬であるとして千数百年続いた「伯王」という栄えある姓を変えさせ、渋々ながら受け入れた一族は「白王」の「王」から横一を抜き「白土」とはしたものの、「白 土+、」としてその事実を後世に伝えた事が分かるのでした。

無題.png

厳島神社 カーナビ検索 飯塚市鹿毛馬字宮下1083


まず、この「白川伯王家」と「白川神道」とは、明治まで宮中の皇室祭祀を司っていた家元であり、維新によってその祭祀権を喪失した一族でした。


白川伯王家(しらかわはくおうけ)、又は白川家(しらかわけ)とは花山天皇の皇孫の延信王(清仁親王の王子)から始まり、古代からの神祇官に伝えられた伝統を受け継いだ公家である。皇室の祭祀を司っていた伯家神道(白川流神道)の家元。

白川家(しらかわけ)は花山源氏を出自とする堂上家である。花山天皇の皇孫の延信王(のぶざねおう)が源姓を賜り臣籍降下して神祇官の長官である神祇伯に任官されて以降、その子孫が神祇伯を世襲するようになったために「伯家」とも、また、神祇伯に就任してからは王氏に復するのが慣例であったことから「白川王家」とも呼ばれた。

白川伯王家の成立[編集]

白川家の特徴は、神祇伯の世襲と、神祇伯就任とともに「王」を名乗られたことである。「王」の身位は天皇との血縁関係で決まり、本来は官職に付随する性質のものではない[1]。非皇族でありながら、王号の世襲を行えたのは白川家にのみ見られる特異な現象である。以下、このことに留意しつつ白川家の成立について説明する。

延信王は、万寿2年(1025年)に源姓を賜り臣籍降下して、寛徳3年(1046年)に神祇伯に任ぜられた。なお、当時の呼称は「源」または「王」であり、その後の時代に、「白川家」や「伯家」「白川王家」と呼ばれるようになる。延信王以後、康資王、顕康王、顕広王と白川家の人物が神祇伯に補任されているが[2]、この時期はまだ神祇伯は世襲ではなく、王氏、源氏及び大中臣氏が補任されるものと認識されており、事実先の四名の間に大中臣氏が補任されている。

…中略…

吉田家との地位逆転[編集]

室町時代になると、代々神祇大副(神祇官の次官)を世襲していた卜部氏の吉田兼倶が吉田神道を確立し、神祇管領長上を称して吉田家が全国の神社の大部分を支配するようになり、白川家の権威は衰退した。江戸時代に白川家は伯家神道を称して吉田家に対抗するも、寺社法度の制定以降は吉田家の優位が続いた。

家格は半家、代々の当主は近衛中将を経て神祇伯になった。

江戸時代の家禄は200石。他に神祇領・神事料100石。

王号返上と家系断絶[編集]

明治時代になると王号を返上し、白川家の当主の資訓は子爵に叙せられた。資訓の後を継いだ資長には実子がなく、伯爵上野正雄(北白川宮能久親王の庶子)の男子の久雄を養子に迎えたが、後にこの養子縁組は解消となり、白川家は断絶となる。


「白川伯王家」ウィキペディア(20160926 14:23から


しかし、その話は百嶋由一郎氏の音声と厳島神社の現宮司代行からの聴き取りしかなく、その物証が欲しいと思っていました。

ところが、9月(2016)の太宰府地名研究会のトレッキングに際して責任者であるN氏から一枚のコピーを貰ったのですが、そこには白王抹殺の一端が垣間見えるものでした。

無題.png

「北山村神社誌」(旧福岡県八女郡北山村)


これは「北山村神社誌」(八女市市立図書館所蔵)の一部であり、現八女市北山地区にある(あったとされる)罔象女(ミヅハノメ)を祀る水符神社に関する記事です。

お読みになってお分かりの通り、無格社扱いとなっていた淡島神社の境内社としての水符神社と字柳場にあった同じく無格社の水符神社が合祀され新たな水符神社として成立した事が書かれているのです。

ただ、「福岡県神社誌」の無格社一覧で北山村を確認すると淡島神社も水符神社も確認できませんでした。

しかし、北山村ではなく隣の光友村谷川柳場に水符神社が確認できることから、こちらにまとめられた可能性が考えられます。

元々、村社以下の無格社であり、そのまた境内社も絡んだ話であることから、現実的には同地を踏んだとしても確認する事は困難と考えられます。

しかし、焦点は水の神様と考えられる水符神社ではなく、淡嶋神社の鎮座地が「白王」であったこと、それが「白 土+」と修正=改竄(もちろん堂々と塗り替えられたのであり改竄ではないかも知れませんが…)されたことが見えたところにあります。

無題.png

「八女郡 北山村」 ウィキペディア(20160926 15:30から

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記

2017年03月28日

310 塩土老翁と猿田彦の祭祀圏を天草灘に探る! E 鹽土老翁神から猿田彦=ZALT彦説

310 塩土老翁と猿田彦の祭祀圏を天草灘に探る! E 鹽土老翁神から猿田彦=ZALT彦説

20160919

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

最後に、塩土老翁について落ち着いて考えてみましょう。

まずは、敬愛するHP「玄松子」から全国的な傾向を見てみます。


鹽土老翁神 を祀る神社(玄松子が参拝した神社のみ)


志波彦神社  宮城県塩竈市一森山1−1

鹽竃神社 別宮  宮城県塩竈市一森山1−1

船魂神社  北海道函館市元町7−2

志宝屋神社  三重県伊勢市大湊町

伊去波夜和氣命神社  宮城県石巻市水沼字平畑164

塩野上神社  鳥取県八頭郡八頭町塩上287

潮津神社  石川県加賀市潮津町ユ−32

鹽竃神社  和歌山県和歌山市和歌浦中3−1065

浮嶋神社  宮城県多賀城市浮島字赤坂1−1

下鹽津神社  滋賀県長浜市西浅井町集福寺455

鹽津神社  滋賀県長浜市西浅井町塩津浜547

駒形神社 境内 鹽竃神社  岩手県奥州市水沢区中上野町1−83

鎌田神明宮 境内 塩釜社  静岡県磐田市鎌田2262

三嶋大社 境内 船寄社  静岡県三島市大宮町2−1−5

高千穂神社 境内 四皇子社  宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037

日前國懸神宮 境内 國懸宮末社  和歌山県和歌山市秋月365

南宮大社 境内 数立神社  岐阜県不破郡垂井町宮代峯1734−1

神田明神 境内 籠祖神社  東京都千代田区外神田2−16−2

小野神社 境内 方便神社  東京都多摩市一ノ宮1−18−8

住吉大社 境内 大海神社  大阪府大阪市住吉区住吉町2−9−89

籠神社 奥宮 境内社  京都府宮津市字大垣430

青島神社  宮崎県宮崎市青島2−13−1

多久比禮志神社  富山県富山市塩690

久多美神社  鳥取県鳥取市河原町谷一木947

都波只知上神社  鳥取県鳥取市河原町佐貫511

守山八幡宮  静岡県伊豆の国市寺家1204−1

朝日山計仙麻神社  宮城県石巻市北村字朝日山8

都都古別神社  福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字馬場39

都都古別神社  福島県東白川郡棚倉町大字八槻字大宮224

日面神社  石川県七尾市中島町塩津サ1

天健金草神社  島根県隠岐郡隠岐の島町都万砂子谷4245−3

益救神社  鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦277

志布比神社  京都府京丹後市網野町浜詰大成829

伊勢寺神社  三重県松阪市伊勢寺町相田972


一目、全国展開の神様にも拘らず、奈良にはなく、また九州には一社という非常に偏った分布が確認できそうです。

鹽土老翁神しおつちおじのかみ

別名

塩土老翁神:しおつちおじのかみ 塩筒老翁神:しおつちおじのかみ 塩椎神/鹽椎神:しおつちのかみ

事勝国勝長狭神:ことかつくにかつながさのかみ……

天孫降臨の後、笠狭碕で瓊々杵尊に国を奉った事勝国勝長狭神は、別名を塩土老翁といい伊耶那岐神の御子。

海幸山幸神話において、兄・火照命(海幸彦)の釣り針を無くして困っていた火遠理命(山幸彦)に 目無籠を作り、山幸彦を入れて海に投じ、海神の宮への到らしめた神。 塩椎は塩筒の意味とする説や、塩路をよく知る意に解して航海の神とする説がある。

『日本書紀』の一書では、老翁が袋から櫛を出し地に投げると竹林となって、老翁はその竹で籠を作ったとある。 また別の一書では、山幸彦が海浜で悲しんでいたときのこと、ワナにかかって苦しんでいる川鴈をみつけ、 憐んで解き放ってやると、やがて塩土老翁があらわれたとある。

『神武紀』でも五瀬命と神武天皇の兄弟は塩土老翁から「東に良い土地がある」と大和の話を聞き、東征を志したとある。以上のことから、海路に詳しい水先案内人のような神。

鹽土老翁神を、住吉神、岐神、猿田彦神などと同神とする説もある。

HP「玄松子」による


この塩土老翁を祀る神社は何十社もありますが、特に有名な神社に塩釜神社があります。


鹽竃神社 別宮  宮城県塩竈市一森山1-1

鹽竃神社     和歌山県和歌山市和歌浦中3-1065


前述のとおり、HP玄松子氏による一覧においても九州では青島神社(宮崎県宮崎市青島2-13-1)の一社しか拾われていません。

これには、九州では意図的に隠されているという要素と、元々大幡主があまり表に出ない神であったという側面があったと考えられそうです。

事実、百嶋由一郎氏も「大幡主はあまり表に出ておられません…」と言われていました。

青島神社の塩筒大神


確かに青島神社には塩筒大神として祀られています。

無題.jpg

青島神社は彦火火出見命が海積宮からご還幸された御宮居の跡といたしまして「彦火火出見命・豊玉姫命・塩筒大神」の三神をおまつりいたしております。

 奉祀の年代は、明らかではございませんが平安朝の国司巡視記「日向土産」の中に「嵯峨天皇の御宇奉崇青島大明神」と記されてあって(約千二百年前)、文亀(室町時代・約五百年前)以降は、藩主伊東家の崇敬厚く、社殿の改築、境内の保全に力を尽くし、明治以後は御祭神の御威霊を仰ぎ熱帯植物繁茂する国内絶無の霊域をたずねる人々いよいよ多く、縁結・安産・航海・交通安全の神として、御神威は益々輝き今日に至っている。

青島神社HPより

さて、明治9年からの塩業整備報告第2巻 (日本専売公社 1966年刊)出典:農商務統計表 第17次(農商務省編:慶応書房刊)という資料があり、ネット上にも公開されています。

この資料から最も古い、明治九年だけの製塩石高を見ると、肥前が2,675,550石で一位、遠江が1,462,667石で二位、良く知られた赤穂の播磨が740,350石で三位となっています。

 一般的には瀬戸内の製塩業が有名ではありますが、例えば、播磨の実に三倍以上の生産高を持っていたのが肥前だったとされているのです。

 ここには多少の問題があり、天草は現在肥後の熊本県となってはいますが、かつては一部が天領でもあり、明治初期には、天草県であったり、富岡県だったり、長崎県だったりしています。

 最終的には熊本県の扱いを受ける事にはなるのですが、天草には肥前の匂いが付き纏います。

 この辺りの背景があってか事情を知っての事か、「司馬遼太郎の街道をゆく」「島原・天草の諸道」には「天草は肥前のにおいがする」というフレーズが放り込まれているのかも知れません。

 ともあれ、明治10年の統計では、肥前、遠江、播磨の関係が激変していますので、この事が反映されているものと思われます。

どうやら、天草は製塩の中心地であったことは間違いないようです。

敬愛する玄松子氏の塩釜神社一覧において、唯一九州の一社として書かれているのが宮崎の青島神社であったのですが、明治9年の「日向」国は統計上 0石となっています。

 この点、非常に短絡的に過ぎますが、塩筒命+猿田彦を祀る宮崎市の野島神社の祭祀形態は西九州の天草一帯の祭祀形態が東に展開し奇跡的に残ったとものとの古川想定を裏付けているようです。

 塩は腐らずコンパクトで汎用性が非常に高く、海から遠い山間の地では生活に必須の物資であり、古代には最高の交易品でした。

このため、生産地と消費地との距離はあまり問題とならず、安く安定して生産できれば、これほど確実な商品はなかったのでした。

一般的に製塩業にはきれいな海水が入る安定した塩浜がある事、付近で燃料となる海岸性樹木が大量に確保できる事、過剰なほどの安い労働力が確保できる事などが条件になるのですが、ポルトガル宣教師がカトリックを持ち込んだ天草では中絶や間引きをさせなかったということから過剰な人口が維持され続け、過剰な労働力が存在し続けた地域だったのでした。

島原の子守歌にも象徴される、子守奉公、カラ行さんなどと隠されてはいますが、戦国期の日本の婦女子の三角貿易(カトリックの宣教師による婦女子のバダヴィアへの売り飛ばし:一説には35万人とも言われ、秀吉の禁教への方向転換、江戸幕府の鎖国もそれが原因だったとの話がありますが、現在も続くアメリカの占領政策、明治維新の欧米=ユダヤ金融資本の支援を憚って一切この話は消されているのです。  

このような条件が天草の製塩業の基底を成していた事は間違いないと思われます。

勿論、天草の製塩業が古代の製塩にまで遡る事ができるかは非常に難しいのですが、もしも、これが可能であれば、猿田彦とはソルト彦、ザルツ彦、つまり、塩彦だったという怪しげな話にまで暴走しかねないのです。

無題.jpg

塩業整備報告第2巻 (日本専売公社 1966年刊)出典:農商務統計表 第17次(農商務省編:慶応書房刊)


  部分掲載ですので、ご自分でネット検索を試みて下さい。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 10:34| Comment(0) | 日記

2017年03月26日

309 塩土老翁と猿田彦の祭祀圏を天草灘に探る! D 水俣市塩浜運動公園の塩釜神社

309 塩土老翁と猿田彦の祭祀圏を天草灘に探る! D 水俣市塩浜運動公園の塩釜神社

20160919

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


正直言って、天草下島まで足を延ばして直ちにとんぼ返りして水俣まで向かうと言うのはバカバカしい上に、気がふれていると言われても仕方がないような事です。

 ただ、九月の3連休手前天草は、既に朝九時頃から下りが込み始めていましたし、三時を過ぎると身動きが取れなくなる事は十分予想できたため、いち早く天草を脱出したいという思いに駆られたからでした。

 十分な聴き取り調査を行うべきところもパス・スルーしたのはそのような背景があったからです。

 次のポイントは、水俣の手前の津奈木町岩城です。

 八代市の日奈久から南は南九州道の無料区間があり芦北町(桟敷町)までは直ぐに移動でき、目的地も直ぐに発見できました。

無題.png

路地裏と言っても良いような旧道のカーブの奥と言った場所に小さな祠がありました。勿論、古くは潮が入るような場所であることは言うまでもありません。

地番が合っているので間違いないと思いますが、祭神は猿田彦ではなく天照大御神となっています。

今のところこれ以上の情報は得られません。

ただ、天草市志柿の仲之塩屋大神宮が猿田彦と天照大御神の複合であった事を考えると、反ってこれもリアリティを感じさせてくれるもので、もっと多くのファクターを拾えればまた違った発見が得られるかも知れません。このような失敗が次の新たな発見を準備してくれているのかも知れないのです。

さあ、水俣まではあと一息です。


水俣市中心部の塩釜神社


水俣市は水俣川と湯出川の河川合流部に成立したもので、川が又になっている川俣、水俣がその地名の起源になっている事は言うまでもありません。

その合流部辺りから海向かって河川堆積物が蓄積された場所に、浜町、八幡町、古賀町、塩浜町、浜松町、築地、洗切町…が並んでいます。

「熊本県神社誌」によると目的の神社は八幡町にある事にはなっているのですが、地番、町編成が変わったものか、カーナビでは辿り付けません。

浜八幡宮は直ぐわかりましたが、目的の神社は一向に見つかりません。

 諦めて撤退しようとも思ったのですが、町名変更が行われたのならば、塩浜神社は、塩浜町に在るだろうと考え、カーナビから離れ、道路地図を見直すと、塩浜町付近に塩釜神社(塩浜神社と呼ばれていた可能性は十分にあるのですが…)が在るではありませんか。

 まず、間違いないと考え直ぐに現地に向かうと、水俣第二中学校と塩浜総合運動場との間に道路がありその一角に同社があったのです。

 一般的に海岸部の道路は旧堤防をそのまま道路になったものが多いため、この神社のある場所は旧堤防跡であることに気付きました。してみると、目の前の一段低い(11.5メートル)塩浜総合運動場こそ塩田跡ではないかとの思いが沸き起こりました。

 逸る気持ちを抑え早速社殿を見せて頂きましたが、案の定、ここでも御神体は二体(づつ)ありました。

 つまり、四体あったのですが、一目、古い御神体と新調された御神体の合計四体のようでした。

 それほど大きな神社ではないため、それ以上の情報は得られません。

 聴き取りを試みましたが、最近は神社に通じた方も少なく、路地にもほとんど人が出ておられないため聴くこともできません。

無題.png
無題.png

この塩田起源の運動公園そばに残された耕地整理記念碑の記録を読むと、この塩田は拾八町二反三畝歩であったと書かれていました。

無題.png

塩釜神社と塩田、従って塩土老翁=大幡主と猿田彦命と製塩業との関係は濃厚であることが確認できたのでした。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 02:02| Comment(0) | 日記