太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年03月20日

ビアヘロ 038 火の君とは歴代の橘一族だった @ 緊急提言 全国の九州王朝論者に告ぐ!  “九州王朝の白族”

ビアヘロ 038 火の君とは歴代の橘一族だった @ 緊急提言 全国の九州王朝論者に告ぐ!

 “九州王朝の白族”

20171224

太宰府地名研究会(神社考古学研究班)古川 清久


 九州の古代史には火の君が横たわっています。

九州王朝を探索する者にとって、この火の国、火の君をどのように理解するかは極めて重要で、この解明無くしては全く前に進めないと言っても過言ではないものとさえされてきました。

無題.png

ひのくに【肥の国(火の国)】古代の九州の地域名の一つ。のちの肥前国,肥後国,現在の熊本,佐賀,長崎の各県に当たる地域を指す。《古事記》国生みの段に筑紫島が身一つにして面(おも)四つありとするが,その一つに肥国が見える。《日本書紀》には,景行天皇の船が,夜暗くして着岸が困難であったとき,遥かに火の光を見て無事陸に着くことができたので,その地八代県(あがた)豊村を火の国と名づけたという地名由来伝承をのせる。また《肥前国風土記》には,肥君らの祖,健緒組が土蜘蛛(つちぐも)を討ったとき,不知火(しらぬい)が天から降ったため,火の国としたという伝承をのせている。

世界大百科事典 第2版の解説


 さて、太宰府地名研究会には色々な分野のエキスパートがおられますが、特に神社研究では熱心なメンバー集まっておられます。

 敗戦の結果からか、戦後は皇国神話でも荒唐無稽な(「記」「紀」の一部が偏重され「国史」でも何でもないのですが)を全否定する傾向が顕著となり、奇妙にも科学的と思い込まれた考古学的発掘調査と文献史学、特に海外史書への傾斜が高まり、神社研究(特に九州本土に於ける)が全くないがしろにされてきました。

 この全く見向きもされない神社研究(比較的まともな感性を残しておられる「九州王朝論」者の間でさえも、熊本、佐賀、大分などの神社研究など全く見向きもされていないのです)を愚直に継続してきた事から、ようやくこの「火の君」の正体が幾分かは理解できるようになってきました。

 これは多くのメンバーの研究が集められた結果分かってきた事でした。

 まず、@橘一族の後裔にあたる宮原氏(blog「橘氏の末裔」)による自らのルーツ研究がまさにこの一帯(熊本県氷川町)にあった事、A考古学や文献史学に精通した知識を持つ伊藤女史(blog「地図で知る」)によるこの氷川流域の古墳(野津古墳群外)形式の北上仮説による推定、Bもう一人の宮原氏(blog「宮原誠一の神社見聞諜」)との氷川流域に於ける神社トレッキング共同作業、C当然にも65年に及ぶ故百嶋由一郎氏による神社考古学、D熊本県の女性メンバーF女史による氷川流域の重要性へのアドバイス、E古川による有明海を挟む対岸の佐賀県杵島山周辺の橘氏関連調査と火の君伝承、河童伝承への基礎的記憶…これらが総合的に結びついて、ようやく「火の君」の正体が見えて来たのでした。

 そして、今は、確信を持って言えます。博多の櫛田神社の主祭神である大幡主の子であるヤタガラスの後裔こそが橘一族であり「火の君」の後裔でもあったのです。

 まず、この問題で最も遠い位置にあることから結果的に重要に見える佐賀県側の資料をご覧ください。

無題.png

佐賀県白石町稲佐神社県道傍の境内地に置かれた解説文


稲佐山累縁記により、百済聖明王の王子阿佐太子は、欽明天皇の勅命により、火ノ君を頼り稲佐に妻子従房数十人、八艘の船にて来航、座所二カ所を設けらる


 十分にお読み頂けると思いますが、稲佐神社(佐賀県杵島郡白石町辺田2925)は直接的に百済の王族を祀る神社です。

 この神社の伝承として百済の聖明王の子である阿佐太子は“火ノ君を頼って”八隻の船で亡命しているのです。

 時代は有名な斯摩王こと武寧王(聖明王は武寧王の子)から聖明王の時代ですから6世紀に当たる訳で、まさに九州王朝の最盛期の時代に火ノ君は後の肥前、肥後を支配領域としていた事が分かるのでした。

 ところが、この孤立無縁と思われた伝承が、有明海を挟んで対岸の氷川流域〜八代市に掛けて存在していたのでした。

蛇足ながら斯摩王が列島と半島の中間の加唐島で産まれたとの話がありますが、それは両国の学者の説を好い加減な所で纏めるために折半したものであり、当然、糸島半島の「志摩」に決まっているのです。

学者、教委、学芸員は馬鹿か嘘つきか!?

 一つは、氷川町の北、旧小川町(現宇城市)の南海東の正しく泉地区にある霊符神社であり、もう一つが、有名な八代市の妙見宮に隣接する同じく霊符神社でした。


466

杵 島 A 2/2

465

杵 島 @ 1/2

505

熊本県の興味深いエリア宇城市海東地区の霊符神社初見

508

八代市の妙見宮は列島に亡命した雲南省昆明の白族の中心的な神社だった


詳しくは、稲佐神社を ひぼろぎ逍遥の「杵島」を、二つの霊符神社については、ひぼろぎ逍遥(跡宮)の505508をお読み頂くとして(公開のタイムラグがあり、本稿オンエア時には、まだ、公開されていませんので必要な方は09062983254までご連絡下さい)、実に二つの霊符神社の由緒には、稲佐神社と非常に良く対応する内容が書かれていたのでした。


阿佐太子(あさたいし、アジャテジャ、6世紀末 - 7世紀前半頃)は、百済の王族出身画家で、威徳王の息子。日本に来て聖徳太子の肖像画を描いたと伝えられる。生涯[編集]

『日本書紀』によれば、推古天皇5年(597年)4月に日本に渡って聖徳太子の肖像を描いたと言われる。奈良の法隆寺に伝来し、明治以降は御物となっている『聖徳太子二王子像』と呼ばれる絵は、日本で一番古い肖像画とされている。その形式は中央に太子が立ち、その左右に2人の王子(伝えられるところによれば、右側が山背大兄王、左側が殖栗王)を小さく配置した構成である。この配置は、仏教の三尊仏形式の影響を受けたとも考えられ、あるいは閻立本の作とされる初唐の『歴代帝王図巻』に見られる人物配置に似ることから、その頃の構図法に起因したものと解釈されることがある。

日本学界でも論議が多いこの像は、製作時期においても太子の冠の様式や太子及び王子の服飾から見て、8世紀(奈良時代)の作品だと見る説と、平安時代以降の模本と見る説が概して多い。

このように現在伝えられる聖徳太子像の作者および制作時期は、様式上の問題点と同時に、阿佐太子に対する記録が韓国側資料にはないという事実によって、未解決の課題である。

ウィキペディア(20171225 0114による

聖明王 朝鮮、百済(くだら)の第26代の王(在位523554)。『三国史記』『三国遺事』には聖王とある。武寧王の子である。中国の梁(りょう)によく通交して文物を得、「持節都督百済諸軍事綏東将軍(じせつととくくだらしょぐんじすいとうしょうぐん)百済王」に封ぜられた(524)。また欽明(きんめい)天皇の日本にも通交して仏教などを伝え、任那(みまな)の復興を図った。王は都を熊津(ゆうしん)(いまの公州)から泗(しひ)(扶余(ふよ))に移し、国号を南扶余とした(538)が、新羅(しらぎ)と争って戦死した。[浜田耕策]武寧王(462 - 523年)は、百済の第25代の王(在位:502 - 523年)

日本大百科全書(ニッポニカ)による

無題.png
無題.png

霊符神社は八代の妙見宮に隣接する高い場所に置かれています。この只ならぬ関係は霊符神社と妙見宮と一体と言っても良いような同族性を感じさせますし、高い場所に祀られていること自体でも霊符神社の方の格式が上なのではないかとさえ思わせます。

 その霊符神社に火の君の記述(火の君こそがその時代その地域の支配者であったことを思わせる)があることから恐らく火の君と妙見宮それに九州王朝との濃厚な関係が存在したと考えられる百済系氏族(だからこそ九州王朝は白村江の闘いに突き進んだ)を受入れたのだろうと考えられるのです。

無題.png

兼川 晋       小松洋二

いずれも不知火書房092-781-6963の名著


そこで、故)百嶋由一郎氏の最終神代系譜をご覧頂きたいと思います。

無題.png
無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


そこで、良く知られた八代の妙見宮ですが、最近になって列島にとっても九州王朝にとっても最も重要な神社であった事がようやく分かってきました。

ここでは、通常話されるありきたりの内容から離れ最も重要な側面についてだけお話しさせて頂きます。

言うまでもなく、祭神である天御中主神と國常立神とは、白山姫と博多の櫛田神社で祀られている大幡主の二神です(「熊本県神社誌」省略)。

 この間、八代の妙見宮の重要性に関しては十分に理解していたつもりではあったのですが、大幡主〜豊玉彦=ヤタガラスのご先祖の一族(白族)は、直接、熊本に入っていると思っていた事から、八代の妙見は河童渡来(揚子江流域からの越族の移動)による後付だろうといった程度で考えていました。

 ところが、妙見宮に隣接する霊符神社の記述と氷川の北宇城市小川町の霊符神社の記述が対応し、さらに佐賀県(肥前)の白石町(旧有明町)の稲佐神社(百済の王族を祀る神社)の境内地に百済の王族を火の君の世話で受入れたとの記述が相互に対応する事が判明するや肥前〜肥後に掛けての領域を支配領域としていたのが火の君であり、妙見宮=天御中主命=白山姫を奉斎する白族(雲南省昆明からの列島への亡命民族)であった事が分かって来たのでした。

 実は、最終神代系譜(上)の鴨玉依姫こそが、表向き玉依姫を祭神としている京都の下賀茂大社に繋がっているのであり、豊玉彦(ヤタガラス)とは賀茂建角身命も鴨玉依姫の父神になるのです。

無題.png

下鴨神社公式HPによる


もう十分にお分かり頂いたと思います。大雑把に言えば、妙見宮こそ下上鴨神社のルーツであり、九州の古代史に於いて重要な位置を占める火の君とはこの下鴨神社に繋がる一族だったのです。

そこで、氷川の北に「豊」地名がかなり拾えることもお考えいただきたいと思います。

無題.png

熊本県宇城市豊野町(旧豊野町)地理院地図


氷川町から宇城市に掛けては「豊」地名が拾えます。代表的なのが旧豊野町であり、旧松橋町にも豊福(現宇城市豊福)、豊川、豊崎…が拾えるのです。

一般的には秦の一族と豊国(大分県)ばかりが取り上げられますが、それ以前からこの一帯には豊玉彦の一族の居留地を思わせる初期の豊の国が存在した事が分かるのです。

ついでに言えば、宇城市には「東海東」「西海東」という奇妙な地名があるのです。

これも主として百済系の人々が住み着いた半島系の人々の亡命地だったのではないかと考えています。

「海東諸国紀」は、李氏朝鮮の日本国と琉球国について記述された歴史書ですね。

とにかく不知火海北部の東岸は白族(妙見宮に象徴されるヤタガラスの一族)の国だったのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:41| Comment(0) | 日記

2018年03月18日

437 伊豆能売の神とは何か? D “伊豆能賣は 何故「イヅノメ」と呼ばれたのか?”

437 伊豆能売の神とは何か? D “伊豆能賣は 何故「イヅノメ」と呼ばれたのか?” 

20170622

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 これまで、架空とか「埋没神」とされてきた伊豆能賣を探しだしその周辺の探索まで行ってきました。

 普通は、発見しただけで満足しても良さそうですが、まだ、伊豆能賣を豊玉彦の娘の豊玉姫だとした理由には納得されていない方は多いと思います。

 まずは、崇教真光の嘉穂道場の祭壇に大国主命が主神に沿うように祀られていた事が切っ掛けでした。

同教団の祭神は御親元主真光大御神と伊都能売大国魂大国主之大神(イヅノメオオクニタマオオクニヌシノオオカミ)=伊都能売様とも呼ばれています(これは恐らく夫婦神ですね)。

無題.png

大国主命周辺の女性を探すのが近道なのです 百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


 大国主のお妃ならば、同じく宗像三女神のお一人の市杵島姫でも良さそうですし、大国主の母神や娘の可能性もあるでしょう。従ってこれだけでは決め手を欠いていると言わざるを得ないでしょう。そこで思い出したのが二番目のblogでした。

434 伊豆能売の神とは何か? A “二つ目の伊豆神社” イズノメの神が少し分かってきました

無題.png伊豆神社の参拝殿には「厳神社」と…


 伊豆の文字の置換えである対馬の厳原を思い出した時に謎が解けました(当然厳島の「厳」も)。

 先年亡くなられたと思いますが、対馬の郷土史家と言うより民俗学者の永留久恵氏の名著であり大著の「海神と天神」の第三部 民俗編 第四章 「イヅ山とホリ山」(255267p)が頭に浮かんできました。

無題.png

伊豆能賣の伊豆とは対馬の厳原でその原型が木坂の海神神社の社地の居津山(伊豆山)、居ツ原(イヅバル)である事を永留先生は書き留めていてくれたのでした。

 では、冒頭の数ページをご紹介しておきましょう。


…「イヅとは、イツクことである。神を斎き鎮める意で、居著くことでもあり、祾威とも書く。またホリとは「葬り」に相違ない。保利の山中が古い葬地であったことから見て、この見解に疑いの余地はない。」…


 後は、本著をお読み頂ければ分かるのですが、要は、対馬の木坂の海神神社の裏にある居津山、居ツ原こそが対馬の厳原、安芸の宮島の厳島神社、当然にも伊豆大島、もしかしたら、出雲、出石(スサノウがアカルヒメを追った兵庫県出石)も…この延長上に移動した地名である可能性があるのです。

 百嶋神社考古学の立場から言えば、大国主命のお妃のお二人は宗像三女神の市杵島姫、豊玉姫(タゴリヒメ)であり、イヅノメに相応しいのは、豊玉姫であろうことは一目だったのです。

 それでは、木坂の海神神社の祭神を見ることにしましょう。

無題.png

海神神社 カーナビ検索 長崎県対馬市峰町木坂247  0920-83-0137


祭神  豊玉姫命  配祀  彦火火出見命 宗像神 道主貴神 鵜茅草葺不合命


 伊豆能賣が市杵島姫ではなく対馬の海神神社の主祭神(父神の龍王=豊玉彦=ヤタガラスはいつも背後に隠れておられますが…とは百嶋先生のお言葉でしたが)の豊玉姫に対応する事は伊豆=(居津原、居津山)地名と遠賀川流域の伊豆神社の祭神配置によって明らかだと思います。

この対馬の海神神社もしくは和多都美神社(長崎県対馬市豊玉町仁位550920-58-1488)に対応するだろうことは見当がついていました。

それは、水巻町頃末の伊豆神社の祭神に彦火々出見命(実は山幸彦=ニギハヤヒ=猿田彦)、玉依姫命(実は鴨玉依姫)、塩土老翁(実は豊玉彦=ヤタガラスの父神)であることを見た時から、温めていた構想でした。釣針を失ったとして途方にくれている山幸彦に塩土老翁が龍宮に行き龍王(豊玉彦)に逢う事を薦め、後に龍王の娘である豊玉姫(後に山幸彦のお妃となる)と出会う事に神話ではなっているのです。

無題.png

その神話の舞台が、木坂の海神(対馬一宮)なのか、こちらの和多都美神社なのかは、まだ、分からずにいます。思えば「海神と天神」を手に随行者と共に三泊四日で両社を巡ったのは十五年も前の事でした。


無題.png

仁位の和多都美神社前の参道としての海の鳥居 社殿は手前にあります


御祭神 彦火火出見尊 豊玉姫命 渡海大明神(多分この神が大幡主ですね)『對州神社誌』では 彦火火出見尊 鵜茅葺不合尊 とあります。『大小神社誌』 祭神二座 

 こちらででも対応しそうです。百嶋神代系譜を見て下さい。山幸と豊玉姫の間に産れたのがウガヤフキアエズなのです。いずれにせよ海幸山幸神話の重要な舞台はこの一帯なのです。以下、地図でご確認ください。また、対馬に行きたくなりました。あの頃よりは少しは神社が見える様になっていますので。

無題.png
無題.png

以下256p

無題.png
無題.png



posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 20:00| Comment(0) | 日記

2018年03月16日

ビアヘロ037 菅原道真公の御両親

ビアヘロ037 菅原道真公の御両親

20180120

太宰府地名研究会 古川 清久


最近、「宮原誠一の神社見聞牒」の宮原誠一氏から同氏が作成された「重松家祖先之碑」という資料を頂きました。

宮原氏自身も橘一族の後裔の末流と考えられるとは言え、菅原道真の本流の後裔と考えられる重松家と直接的な繋がりがあったという訳ではないのですが(新たに関係が生じているのです)、資料には道真公の流れが良く分かる系図が入っていましたのでご紹介しておきたいと思います。

 故)百嶋由一郎氏からは「道真公は大幡主〜豊玉彦直系の御本家と長脛彦後裔の御本家同志の婚姻によってお生まれになっておられます…」「神武天皇に逆らった長脛彦では都合が悪い事から豊玉彦を先祖としているとされておられ、それが当たりました…」と言ったお話をお聴きしていました。

無題.png

百嶋由一郎鳥子系譜(部分)


この系譜自体は、博多の櫛田神社の大幡主の子である豊玉彦(ヤタガラス)の流れを汲む鳥子の一流である武夷鳥系の本家を示しているのですが、道真公の母方に当たる長脛彦の後裔の本家の子女との間に産まれた一族である事を示唆しているのです。

ただ、その母君が誰なのかを不勉強故に知らなかったところ、宮原誠一氏から頂いた資料にその名が出ていましたのでご紹介したいと思います。

この家系図自体は宮原氏がネット上から拾われたものでしかないのですが、道真公からの系図は良く出ているのです。

そこで、それ以前の流れが書かれたものが無い為、今回、無断借用ながら利用させて頂いたのでした。

まず、当麻蹴速(タイマノケハヤ)と相撲で争った野見宿禰(ノミノスクネ)こと天穂日命(ヤタガラス)の後裔から道真公の父方が産まれている事が分かります。

また、菅原古人も比較的知られていますが、菅原を名乗った最初の人なのです。


無題.png

菅原 古人(すがわら の ふるひと、生年不詳 - 延暦4年(785年)?)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族。氏姓は土師宿禰のち菅原宿禰、菅原朝臣。阿波守・土師宇庭の子。官位は従五位下・遠江介。

光仁朝末の宝亀10年(779年)外従五位下に叙せられる。

天応元年(781年)桓武天皇の即位後に従五位下・遠江介に叙任される。まもなく、古人や道長ら一族15名が以下の通り、居住地である大和国添下郡菅原邑にちなんで菅原姓(菅原宿祢)への改姓を願い出て、これを許される。

祖業を顧みると、吉凶相半ばして、天皇の葬礼においては葬儀を掌り、祭の日には祭儀を預かり、このように奉仕することはまことに世間の習慣にも合っていた。しかし、現在はそうではなく専ら葬儀のみ預かっていて、祖業を深く考慮すると本意ではない。そこで居住地にちなんで土師から菅原姓へ改姓したい。

死後の延暦4年(785年)侍読としての功労により、4人の子息に対して学業に努めさせるため衣服と食糧が支給されている。

儒学者として高名で、余人で並ぶ者はなかった。一方で、家に財産の余裕がなく、子息は窮乏に苦しんだという。

ウィキペディア(20180120 12:11による

無題.png菅公


さて、系図には道真公の御両親に当たる是善(父) 伴氏女(母)が書かれています。

是善(父)は後述するとして、伴氏女(母)伴氏の女(メ)と読むべきで、まさか、バンノウジメと読むはずはないでしょう。これについては知識を持ちません。

そこで、「日本史人物列伝」を参考にさせて頂きました。

ところが、残念なことに(注)当サイト内にある記事・画像等の無断複写及び転載は固くお断りいたしますと書かれていました。

諦めようかとも考えましたが、非常に重要な内容ですので、お叱りが来れば削除するとして公開することに致した次第です。

この中から、母君が金山彦の後裔たる長脛彦の末流にあるという要素が多少とも見出せるならばと考えているところです。

既に、九州島内にも十社ほどの長脛彦系祭祀を確認していますので(全て実踏)、繋がりが見いだせるのではないかと考えます。


平安時代
菅原道真の母

菅原是善の室

伴氏(大伴氏

伴氏(菅原道真の母)の出自に関しては、正確な記録が残されておらず伴氏(大伴氏)出身以外は不明であり、伴氏が菅原是善の室となった時期も一切未詳である。

承和12845)年、伴氏は道真を出産。

幼少時の道真は、体が弱く、伴氏も苦労したが、道真が学問の道に進むように献身的に導き育てた。

貞観4(862)年には、道真は文章生となる。

やがて文章得業生となった道真は、貞観12870)年に、方略試を及第。道真の未来が、これから拓けようとする矢先の貞観14872)年正月に、伴氏は、その生涯を終える。

無題.png



菅原道真の母は、ただ「伴氏」と伝えられるだけで、はっきりとした系譜や経歴はおろか、名前さえ伝わっていない。菅原是善との婚姻時期も判明しない。また、道真は是善の三男であるが、道真の上の二人の兄の生母が、伴氏であったのか、どうかも、一切不明である。

是善の子供の内、ただ、伴氏が道真を出産したことがわかるのみである。

その出産場所は、一般に勘解由小路南にあった是善の屋敷とされるが、むしろ、平安京内の伴氏邸と考える方が自然である。誕生後から幼い頃の道真は、とても体が弱く、道真に死が目前まで迫ったこともあった。
けれども、伴氏は必死に観音を信心し、観音像造立の発願によって、道真の命が救われたと伝えられている。道真が元服した際に、伴氏が、ひさかたの 月の桂も 折るばかり 家の風をも 吹かせてしがな」
と詠んだ歌が『拾遺集』に残されている。「国家試験に合格し菅原家の学問の気風を立派に受け継ぐように」という母心である。この歌からは、単に優しいだけでなく、時には厳しく叱咤激励しながら、道真に対して、持てる全ての愛情を注ぎ込んだ伴氏の姿が窺える。なお、伴氏が、この歌の中で詠んだ「家の風」は、今日では「家風」という熟語として親しまれているもので、日本における「家風」の慣用は、この伴氏によって、始められたと言われる所以である。道真は、母の期待によく応え、文章生となる。

が、伴氏の幸せは、長く続かなかった。貞観8(866)年に『応天門の変』が起こり、事件の首謀者として、伴氏の一族の伴善男が、伊豆へ流罪となるのである。伴氏の実家は、ここに没落の一途を辿る。

また、『応天門の変』に連座し、伴氏の兄が八丈島へ流罪に処されたとする説もある等、この事件によって、伴氏が受けた心労は、計り知れないものがあったと思われる。

(注)当サイト内にある記事・画像等の無断複写及び転載は固くお断りいたします

悲しみに打ちひしがれる母を励ますかのように、道真は、文章得業生に進むと、やがて妻を迎え、遂には、
文武天皇朝以来、僅か60数人ほどしか合格者を出していない超難関の方略試に合格し、学者としての面目躍如を果たすのである。それは、伴氏にとって、人生最大の喜びの瞬間でもあった。
しかし、伴氏は、貞観14872)年に亡くなる。
『応天門の変』後、道真の立身出世が叶うことだけをひたすらに信じ、気力だけで生きて来た伴氏が、点し続けて来た命の灯火の静かに燃え尽きた瞬間だった。
伴氏が亡くなった当時、存問勃海客使の任にあった道真は、喪に服するため一年間、全ての官職を解かれるという当時の慣例に従い職を解任される。

しかし、僅か数ヵ月後の5月には、勅命によって、再び職に復帰し、貞観16874)年には、道真は遂に従五位下へ昇進を果たす。
朝廷において、道真の学識が、いかに高く評価されていたかを物語るものであり、伴氏の母として、ひたすらに道真を支え続けた努力が、花開いた結果でもあった。
現在、
北野天満宮の参道脇に伴氏社、そして、同じく北野天満宮隣の東向観音寺に伴氏廟が建てられているが、それこそは、あたかも没後に怨霊として誰からも畏怖された道真の荒ぶる魂を、ただひとり優しく包み込み静かに寄り添う絶対無二の母、伴氏の姿、そのものであろう。
時に厳しく、時に優しく、愛する我が子に持てる全てを注ぎ育んだ伴氏の姿は、「日本の母親」像の原点とも言える。

無題.pngによる

一般的に伴氏が長脛彦の後裔であるという話は直接的には知らないのですが、愛知県の豊橋などに集中する氏族であり、木瓜を家紋とする氏族であることから、金山彦の後裔である事が見えて来ます。

では、是善(父)はどうなのでしょうか?

これについては、九州でもかなり頻繁に見かけます。

九州に於いて最も有名なのが、大伴部博麻(ハカマ)顕彰碑の傍らに置かれた是善王社です。


ざっと1,300年前の出来事です。身を捨ててまで愛国の精神を実行した一兵士の物語です。

わが国で最古の史書「日本書紀」には古い時代の八女地方に関係する事件や事績が幾篇か記述されています。「八女」の地名の起こりは景行紀18年(神話の時代)に、「磐井の乱」は継体紀21年(527年)に、そして持統紀4年(690年)のくだりには憂国の一兵士の帰国と、その兵士の行動を天皇さまが一般に知らせた公文書が記されています。

無題.png

一兵士というのは大伴部(おおともべ)(はか)()のことで彼の事績は後述しますが、博麻は筑紫(ちくしの)国上陽(くにかみつやめの)(こおり)(旧八女郡の大半)の出身と記されています。因みに八女市上陽町の町名のおこりは上陽に由来しています。そして博麻の顕彰碑は上陽町北川内公園内に在ります。

以下、日本書紀など幾つかの歴史書を参考にして博麻の行動と当時の功績をまとめてみます。

37代斉明天皇7年(661年)韓半島の百済(くだら)(当時、我が国の友好国)が唐、新羅(しらぎ)連合軍の侵攻をうけ滅亡しました。天皇は百済王などからの救援要請をうけ日本軍を出兵させました。博麻も一兵卒として従軍しました。日本軍は韓半島南部の各地で唐、新羅連合軍と連戦しましたが連敗しました。博麻は661年、唐軍の捕虜となり、唐の都、長安(現在の西安)へ連行されました。そこにはすでに捕虜となっていた日本軍兵士4名がいました。数年後に彼らは唐人の計画(唐の日本侵攻計画か?)があることを知りました。5名はこの情報を一日も早く本朝(日本政府)へ報()らせねばと、じりじりしましたが肝心の帰国旅費がありません。そのとき博麻が言いました。『わしの体を唐人の奴隷として売る。その金(かね)で君らは帰国せよ』と。4名は博麻の計らいに従って帰国し本朝に急を告げたのでした。そのご博麻はひとり唐にとどまること30年、やっと前述のように690年に新羅の外交官に連れられて帰国したのでした。

持統天皇は公文書を発して博麻の行動を讃えられました。「博麻よ。お前は母国を思い、己を売ってまで忠誠を示してくれた。感謝する。それ故にお前を従7位下の位(役人の課長級か?)に就ける外(1)ふとぎぬ(絹織物)十反(2)真綿十屯(168キログラムか?)(3)布三十反(4)稲千束(ぞく)(一束は十にぎり)(5)水田四町は曾孫まで引き継げ(6)課税は父族、母族、妻族まで免じる」と褒美(ほうび)を贈ってその行動を顕彰されたのでした。写真は大伴部博麻の碑

八女市HPによる


無題.png実は、この顕彰碑は福岡県八女市上陽町北川内の公園内の小高い山の上に置かれているのですが、この顕彰碑に隣接して善神王社=是善王社が置かれているのです。

大伴部博麻が部の民であって直接的には大伴氏ではなかったとしても、この配置を考える時、大伴氏が付近にいたことは間違いないのであり、そこに善神王社=是善王社が置かれているとすれば、これらの背景を知った人々によって祀られている事が見えて来るのです。

実は、この上陽町から筑後川方面に直接貫ける耳納山越えのルートにも是善王社が置かれているのです。

してみると、この八女市の黒木、上陽の一帯に、金山彦系、大幡主系の人々が集中して住んでいた事が見えて来るのです。

しかし、情けない事に学会通説に尾を振る学芸員が書くと、この唐新羅連合軍と激突した白村江の戦いの結果捕虜となったのが、筑紫君=倭国王(決して背後で裏切った近畿大和朝廷の前身の奈良の日和見派ではない)薩野馬(サチヤマ)だったとは書いていないのです。

つまり、郷土史家以下の水準でしか無い事が分かるのです。

無題.png

なお、大分県下には数十社に上る善神王社=是善王社があるのですが、地元の郷土史家を含めほとんど理解しておられない様なのです。

ただ、大分県下にこの系統の神社が集中する理由は、道真公の母君の系統が大伴宗麟とどのような関係になっているかを考えて見る価値も出て来たようです。

大分県下の善神王社=是善王社についてもご紹介しておきましょう。

大伴氏と伴氏がそのまま繋がるかは慎重にならなければなりませんので。


国東市国見町赤根で 1年ごと畑地区・一円坊地区の山神社で行う祭礼で、社はないが、旗がよりしろとなっている。

善神王祭り

赤根地区で行われるぜんじょう祭りは、ちょっと変わった祭りである。赤根地区の二つのお宮で隔年ごとに祭礼が行われるが無題.png祭神の善神王はこの社の中には祀られていない。畑の古幡社・一円坊の赤根社のなかの赤根社に石祠はあるがその前での神事は行われない。

神の依代は当場の家の前に立てられている幟である。当場は年々交替するので、当場の神事が終了すると、幟は神社に移転する。

祭典当日の夕方、当場に当たった家の中で神事を行い神楽を舞う、それより行列を組んでお宮に至り、大松明を建てる。この松明建てが勇壮で、地区の男衆だけでは手が足りず、元気な見物客に加勢を頼む。音頭取りの指図に合わせて徐々に立ちあげていく。長い竹悼で力一杯に突き上げていく、巧みにバランスを取りながら立てる様は壮観である゛竹樟に支えられ、立ち上がった大松明はお宮の森を明々と照らしながら炎は幟の旗とともに揺れ動く。善神王は武内宿禰のことだそうだが、武内宿禰は四世紀頃の人物で伝承によると300年も生きていたそうだが多分、宿禰とは当時の階位で親子何代ものひとが宿禰の地位にあったことから長生きしたように伝えられたものだろう。

武内宿禰を祀った社は久留米の高良大社で、神功皇后が朝鮮に出兵したとき、高良の神の威力で新羅を降伏させたので、この神を祀ったと言われている。

八幡宮では脇官として祀られているが、別宮社でも、本殿に向かって右の社に祀られている。神功皇后を助け応神天皇の臣下として補弼の任に当たり、その功績により全国の八幡宮に祀られているようだ。

赤根の善神王は江戸時代にこの地区の人達が大分の賀来神社から勧請したものだが、その賀来神社は古代豊後の一宮で大分の由原宮(杵原宮)とか賀来宮とか呼ばれて賀来荘の中心になっていた。近世になって杵原八幡と賀来社とにわかれたが、いずれも八幡社として地域の人々に厚く信仰されている。その八幡宮のなかの善神王だけが赤根地区に勧請したものかよく分からない。町内に善神王を祀ったところは、龍神社、伊美崎社、城山社、小高島の山神社、伊美金久の観音堂などがある。


この大松明も国東半島に顕著なものですが、久留米の大善寺玉垂宮の鬼夜と関係が深いものと理解しています。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


研究目的で百嶋神社考古学に関する資料を必要とされる方は09062983254までご連絡ください

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:57| Comment(0) | 日記