太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年02月28日

300 大宮神社と猿田彦大神 S “総括:百嶋由一郎神代系譜と猿田彦”

300 大宮神社と猿田彦大神 S “総括:百嶋由一郎神代系譜と猿田彦”

20160903

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 これまで「大宮神社と猿田彦大神」として多くを書いてきました。

猿田彦=山幸彦=ニギハヤヒ=経津主…と多くの名をお持ちの神代史(実は九州を中心に展開された本当の古代史なのですが)上のスーパー・スターの痕跡が凝集されているのが、その総本山とも言うべき熊本県山鹿市の大宮神社であることが見えて来たようです。

まず、全てとは言わないまでも、海幸山幸神話(実は若き阿蘇高森の草部吉見ことヒコヤイミミと熊本から山鹿を中心に北に展開した若き猿田彦ことニギハヤヒの確執)の舞台が熊本から福岡の一帯だったようなのです。

そして、それに絡んで塩椎神、塩土翁…という人物が登場し、釣針を亡くし途方に暮れる山幸に龍王のもとに行くことを勧める話になるのですが、その人物こそ博多の櫛田神社の主神である大幡主であり、受け入れた人物=龍王が塩土翁の正室の息子(山幸の腹違いの兄)である豊玉彦(ヤタガラス)であり、そのヤタガラスの娘こそ豊玉姫=宗像大社の田心(タゴリ)姫だったこと、そして、そのシオツチこと塩土翁も山鹿の大宮神社の隠された主神である地主神(埴安彦外2神)として祀られている事、さらに踏み込めば、残りの2神も金山彦と櫛稲田姫であるか、金山彦とそのお妃である埴安姫(シオツチの妹)である可能性が高く、スサノウのお妃となられた櫛稲田姫と本物の神武天皇の最初のお妃となられたアイラツヒメ(相良観音)もこの山鹿周辺で産まれた事、その近くにある伝ウガヤフキアエズ陵も山幸彦=ニギハヤヒと豊玉姫との間に産れたのがウガヤフキアエズであったとしたら(記紀はそれを隠していますが、百嶋神代系譜はそれを看破しています)、相良観音を望む場所に残されたこの非公認の陵墓もそれなりの現実味を帯びてくるのです(ひぼろぎ逍遥跡宮128130参照)。

無題.png

山鹿市菊鹿町相良の伝ウガヤフキアエズ陵 と その教育委員会による掲示板


 そして、その向こうには松尾神社が在り、呉の太伯王〜呉王夫差の末裔とする「松野連系図」との関係が取りざたされる松野鶴平、頼三、頼久…の一族の生家まであるのです。

 つまり山鹿とはスサノウとそのお妃となられた櫛稲田姫の生誕地であり、初期の九州王朝を支えたであろう金山彦とそのお妃としての大幡主のお妃、本物の神武天皇のお妃であったアイラツヒメ(父は金山彦、母は大山祗の妹であるオチの姫)のおられた土地であることを併せ考えれば、紛れもなくこの一帯こそが日本神代史の最重要の舞台だった事が見えて来るのです。

 ここで考えるのですが、山鹿一帯を中心に肥後全域に、何故、猿田彦の石塔がこれほどまでの集積を見せているかという問題です。

山幸彦は身分が低い(百嶋先生の言)にも関わらず、最期は海幸彦を押し退け伊勢の外宮様(豊受大神=伏見稲荷)の夫にまで抜擢されているのです。

 その理由は、博多の櫛田神社の大幡主の血が流れていた(側室の子)からであろうと思われるのです。

 このことは、ひぼろぎ逍遥(跡宮) 287 大宮神社と猿田彦大神 F “山幸彦=ニギハヤヒは博多の櫛田神社の主神の大幡主の子であった”で述べましたが、恐らくこの事が関係しており、金山彦、大幡主、大山祗亡き後の実権が、この山幸彦一党(大国主、ヤタガラスを含む)に任されたからであり、最低でも阿蘇の神々(阿蘇12神)が菊池一族によって大宮神社に持ち込まれるまでは、大国主(この神様も大幡主の配下で活動していたから亀甲紋章を使い「主」という称号を使用しているのです)、スサノウ(博多の櫛田神社の三神体制でもスサノウが鎮座していますね、それは櫛稲田姫の生地だからです)、山幸彦、ヤタガラス(豊国主)の支配体制が貫徹し、それらを中心に祀られていたはずなのです。

無題.png

ここまで見てくると、贈)景行天皇=贈)孝安天皇=玉名疋野神社の主神も、百嶋最終神代系譜によれば豊受大神と海幸彦との間に産れた御年神の子が贈)景行であることからして、玉名から出てきて山鹿に足跡を残しただけの話でしかなく、早くても阿蘇の神が持ち込まれた西暦1050年以降か、遅ければ明治期に縣社昇格に絡んで持ち込まれただけの様に見えるのです。

恐らく、百嶋由一郎先生(菊池至誠会福岡支部長)も上米良純臣宮司(菊池至誠会会長)もこの辺りの事情は全てご存じだったものと思います。

 ただ、明治以降昭和の敗戦以降の政治情勢の変化を見据えながら表に上げないままあの世に行っておしまいになったのだと思わざるを得ません。

 それは、多くの神社、地域への影響が大き過ぎるため公開できない話として心に留めながら、何時しかこの事を知っている賢い宮司、教育関係者の一切が亡くなられ、贈)景行天皇を本物の天皇であり、山鹿の守護神の如く思い込まされ強弁する間の抜けた無知な関係者が専横を振るう時代になってしまったのだと思うのです。

 従って、このような、良く言えば日本版ダビンチ・コードのような話、悪く言えば九州王朝論者という怪しげな連中の中でも狂人の類の戯言といったものでしか継承できなくなってしまったのです。

つまり、秘密とは本当の一部だけの極秘にしてしまうと、日本海海戦の東郷平八郎が本当にT字戦法で勝利したといった対外的デマが本当になってしまったのと同様に、隠し過ぎると擬装が真実とされてしまうことになるのです。そして、哀れなのは民衆であり、自らとは全く縁も所縁もない他所の神様を崇める事に成ってしまったのです。ヨヘホ、ヨヘホ…!悲しきは山鹿の民だけではないかと思うものです。

無題.png
無題.png

和水町で発見された納音九州年号対照表


文献史学派として九州王朝論の立場から4著を残された平野氏、同じく九州王朝論の立場から半島から中国全域、中近東までフィールド・ワークを続けられた百嶋氏、九州王朝実在の物証としての納音九州年号対照表、これほどのものが残されていても、学会通説、教育員会、学芸員は一片たりとも見向きもしてこなかったのです。

このような事実を知っておきながら、町興し宜しく“行政は無視できない、行政とのパイプは残しておかなければならない”といった姿勢の延長上に、真実の探求とか九州王朝の探究も…と言ったさもしい思考をする向きには断じて古代の探究ができるはずがないのです。

古代史とか九州王朝論をあたかもファッションと考えるような方々には古代への扉は開かれる事はないのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 23:57| Comment(0) | 日記

2017年02月26日

299 大宮神社と猿田彦大神 R “広島県庄原市の蘇羅比古神社にも山幸と豊玉姫が…”

299 大宮神社と猿田彦大神 R “広島県庄原市の蘇羅比古神社にも山幸と豊玉姫が…”

20160830

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


「ひぼろぎ逍遥」391 2016年真夏の津山の神社探訪 H “広島県庄原市の蘇羅比古神社 ここにも若宮神社が…”20160830 からの転載


話は前後しますが、日程上の問題から高速で戻る事にしました。その津山からの帰路、そのまま津山インターから帰るのも勿体無いことから、広島県庄原市まで物部氏の領域を巡行する事にしました。

それは、途中でも見たい神社が何社か在ったからです。その一つが、この蘇羅比古神社でした。

無題.png

主祭神は彦火火出見命=山幸彦=ニギハヤヒで良いと思います。

ネット上のHP「延喜式神社の調査」氏によれば、詳しい祭神が掲載されていました。


津日高日子穗穗手見命  神倭伊波禮毘古命       

(配祀)

品陀和気尊 倭健命 大倭根子日子賦斗迩命 志那都比古神 志那都比賣神

宇迦之御魂神 大山祇神 手力男神 須佐之男神 奧津比古神 奧津比女神 大国主神 陣具大神


祭神「天津日高日子穗穗手見命」は「海幸山幸神話」の山幸彦として知られています。

まず、蘇羅津比古が何かを理解しなければなりません。「日本書紀」一書に「虚空彦」が出て来ます。


「虚空彦」 「日本書紀」一書(一)[編集]

兄(え)火酢芹命(ほのすせり)はよく海幸を、弟(おと)の彦火火出見尊はよく山幸を得た。ある時、兄弟はお互いの幸(さち)を取り換えようと思った。そこで兄は弟の幸弓(さちゆみ)を持ち、山に入って獣(しし)を探したが、獣の足跡さえ見つからなかった。弟も兄の幸鉤(さちち)を持ち、海に行って魚を釣ったが、全く釣れず、しかもその釣針を失ってしまった。この時、兄が弟の弓矢を返して自分の釣針を求めると、弟は患(うれ)い、帯びていた横刀で釣針を作り、一箕に山盛りにして兄に渡した。兄はこれを受け取らず、「猶(なお)我が幸鉤を欲す」と言った。そこで彦火火出見尊は、どこを探していいかもわからず、ただ憂え吟うことしか出来ずにいた。

そして海辺に行き、彷徨い嗟嘆(なげ)いていると、一人の長老(おきな)が現れ、自ら塩土老翁と名乗り、「君はこれ誰ぞ。何の故にかここに患(うれ)うるや」と尋ねたので、彦火火出見尊は事情を話した。老翁が袋の中の玄櫛(くろくし)を取り、地面に投げつけると、五百箇竹林(いほつたかはら)と化成った。そこで竹を取り、大目麁籠(おおまあらこ)を作り、火火出見尊(ほほでみ)を籠の中に入れ、海に投げ入れる。あるいは、無目堅間(まなしかたま)(竹の籠)を以ちて浮木(うけき)(浮かぶ木舟)を作り、細い縄で彦火火出見尊を結びつけて沈めたと言う、とある。

すると、海の底に自ずから可怜小汀があり、浜の尋(まにま)進むと、すぐに海神の豊玉彦(とよたまひこ)の宮に辿り着いた。その宮は城闕(かきや)崇(たか)く華(かざ)り、樓(たかどの)臺(うてな)壮(さかり)に麗(うるわ)かった。門の外の井戸のほとりの杜樹(かつらのき)の下に進んで立っていると、一人の美人が現れた。容貌(かたち)世に絶(すぐ)れ、従えていた侍者(まかたち)たちの中から出て来て、玉壼(たまのつぼ)に水を汲もうとして彦火火出見尊を仰ぎ見た。そこで驚いて帰り、その父(かぞ)の神に、「門の前の井の邊の樹の下に一の貴き客(まろうと)有り。骨法(かたち)常に非ず。若し天より降れらばまさに天垢(あまのかわ)有り、地より來たれらばまさに地垢(ちのかわ)有るべし。まことにこれ妙美(うるわ)し。虚空彦(そらつひこ)なる者か」と申し上げた。


ウィキペディア(20160830 16:27による


この蘇羅比古神社は、山幸が海幸彦から借りた釣り針を無くしワニに乗って海神宮に探しにいった時、豊玉姫が「虚空彦( ソラツヒコ )」と呼んだ記述があることから付されたもののようです。

祭神は山幸彦と神倭伊波禮毘古命とされており、神武僭称崇神ではなく本物の神武天皇とされています。勿論、百嶋神社考古学では天津日高日子穗穗手見命の孫などでは毛頭ないのですが。


無題.png

蘇羅比古神社参拝殿


主神:津日高日子穗穗手見命  神倭伊波禮毘古命


配祀:品陀和気尊 倭健命 大倭根子日子賦斗迩命 志那都比古神 志那都比賣神 宇迦之御魂神 大山祇神 手力男神 須佐之男神 奧津比古神 奧津比女神 大国主神 陣具大神

無題.png

同社掲示板


HP「延喜式神社の調査」のデータの内、主神の2柱は神殿内でしょうが、配神の13柱の風神社は志那都比古神 志那都比賣神で、荒神社は奧津比古神 奧津比女神で、大山神社は大山祇神、八大龍王も境内摂社はあるものの神名としては見当たりません。

 また、若宮社も社殿があるものの祭神としては確認できません。

 ただし、この若宮社も高良玉垂命(藤原により第9代開化天皇とされた九州王朝の大王)と仲哀悼死後の神功皇后との間に産れた仁徳天皇(これも藤原によって第14代とされた)=斯礼賀志命(シレカシノミコト)その人を祀るものと考えられます。

 津山でも上斎原神社の若宮神社、奥津神社の高良神社と九州王朝の残影を確認していますが、この庄原一帯でも同じ傾向が見て取れた事になりそうです。

 邪馬台国畿内説論者などといった利権まみれの愚かな方々は問題外ですが、多少とも古代史を真面目に考えておられる一般の九州王朝論者の方々も少しはこういった事実に目を向けて頂きたいものです。

無題.png

境内摂社若宮社


祭神に大倭根子日子賦斗迩命がありますが、大倭根子日子賦斗邇命(オオヤマトネコヒコフトニノミコト)とは藤原が第7代とした孝霊天皇の事であり、高良玉垂命の祖父にあたる方になります。

この点からも、この若宮社が高良玉垂命の長男であることが裏付けられるのです。

千数百年を経て、今さらながら、この残影が掻き消されること無く存在している事に驚きを感じます。

今後とも神社探訪は続けざるを得ないようです。好い加減、「古事記」「日本書紀」を金科玉条の如く扱うのをやめて頂きたいものです。

邪馬台国畿内説論者といった愚かな方々はどうでも良いのですが、少なくも真面目に古代を考えておられる方々は早めに見切られた方が良いのではないかと思うものです。

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記

2017年02月24日

298 大宮神社と猿田彦大神 Q “岡山県津山市の大美禰神社も天宇受賣命を祀る古社”

298 大宮神社と猿田彦大神 Q “岡山県津山市の大美禰神社も天宇受賣命を祀る古社”

20160827

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 津山市の西隣に鏡野町があります。その鏡野町の香々美にこの大美禰神社が鎮座していることから、まずは、同町の中心的な古社であることは明らかです。

無題.png

「香々美」の意味は単に鏡の置換えではなく「蛇」の意味があるのですが、この際、その話は置くとして、今回は、この古社の祭神がテーマです。

 鏡野の総社といった神社ですから、明治以降、林神社、登々呂神社、沖神社、八幡神社、など多くの神社が合祀されたようですが(同社沿革)、神殿内に持ち込まれた神々と稲荷社、金刀比羅神社は境内摂社として、神殿背後地に別の神殿を持ち鎮座しています。

 ただ、須佐之男社(下記)については合祀記事がないため、相当に古い時代の地主社の可能性があるように思えます。まず、近畿大和朝廷に先行する古社であることは間違いないと考えられます。

無題.png

須佐之男社  同社沿革(部分)


埼玉県の大宮氷川神社を始めとして北関東に数多くの大宮神社が展開しています。

百嶋神社考古学では、埼玉県というより広義の武蔵の国は大国主の領域であり(武蔵大国魂神社…)、スサノウを含め、博多の櫛田神社(同社の三神の一つにもスサノウが祀られていますね…)の大幡主の一族が広く展開した領域であると考えますので、大宮氷川神社がスサノウを主神とすることにどうしても共通性を認めてしまうのです。ここでは、あまり深入りし足早な結論を出すことを避け、大宮神社なるものが、アメノウヅメ(オオミヤノメ)を祀るものである可能性を念頭に、この物部氏が色濃く展開する美作の領域にも大宮神社が在り、スサノウ、アメノウヅメ(実は伊勢の外宮の豊受大神)を主神として祀っている(いた)ことが確認できることをお伝えしたいと思います。百嶋最終神代系譜(部分)下。

と、ここまで書いたのですが、恐らく百嶋先生は「ヘヘー…それは違う」と笑って言われそうです。

 事実、百嶋先生は、「大宮神社はオオミヤノメノオオカミを祀るものではない…」と言われていました。


さて、その次、これも難しいですよ。『大宮のメの大神』、大宮の根本は宗像の田心姫です、昔の名前の豊玉姫です。

さて、この大宮の大宮はどこにあるかというと、丹後の宮津の天の橋立から、地図をご覧になって左に数10km行った所に、大宮神社があります。

現在二つの書き方、大宮神社或いは大宮のメの大神という書き方もありますが、このお宮さんがそもそも豊玉姫を大宮のメの大神と言い出された元凶です、混乱しやすいですね。


「肥後翁のblog 民俗・古代史及び地名研究の愛好家」 より

22 9 2013百嶋由一朗先生講演 神社研究会 2011528CD テキスト版


 百嶋先生は滋賀の大宮神社を念頭に話されていたようですが、大宮と名乗る神社は全国的にはかなりの数あり、オオミヤノメノオオカミで全てが塗り潰されている訳でもないようです。

 かく言う私も、今回、吉備に大美禰神社を見出だし、祭神大宮能賣神又の名を天宇受賣命とされていますのでそのまま受け入れてしまいそうでしたが、やはり、怪しいのです。

無題.png


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 11:32| Comment(0) | 日記