太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年01月19日

286 大宮神社と猿田彦大神 E “佐野経彦(神理教教団)と菊鹿町「吾平」のウガヤフキアエズ陵”

286 大宮神社と猿田彦大神 E “佐野経彦(神理教教団)と菊鹿町「吾平」のウガヤフキアエズ陵”

20160722

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


再掲載“神武が筑前から筑豊に東征する前はどこにいたのか?” 福永晋三仮説前史


本稿は、既に久留米地名研究会のHPに掲載しているものですが、徐々に重要度が増してきており、ブログとしても読んで頂きたいと考え、再編集の上に公開する事にしたものです。

“徐々に重要度が増してきており“としたのは、畿内への東征が実は第10代とされる崇神天皇の事であり、神武は東日本まで巡行しているとしても、東征を行ったのはあくまでも九州内だったのではないかという事が徐々に分かって来たからです。      ひぼろぎ逍遥(跡宮)128 20150613 再掲

無題.png

吾平山


既に故人になりますが、熊本に平野雅曠という九州王朝論に立った孤高の古代史研究者がおられました。

 残念ながらお会いするチャンスには恵まれませんでしたが、九州王朝論に基づく四著他を残されています。

無題.png

この中の“倭国王(くまそ)のふるさと“「火の国山門(やまと)」には、幕末から明治に掛けて活動した神道家(現在も北九州に本拠地を置く教派紳道系の神理教の創始者)佐野経彦氏が安政七年(一八六〇)に熊本で書いたものを平野さんが現代語訳したものが掲載されています。      

『吾平山御陵考』(現代語訳)という題で全文添付)。          

 この要旨は、神武天皇の父とされるウガヤフキアエズの陵は明治七年の明治天皇の裁下により、大隅の国肝属郡姶良郷上名村の鵜戸の窟とされたようです。ただ、当時から異説もあり、肥後国山鹿郡日向村説を紹介するとしていますが、その実、これが正しいとしているのです。

 詳細は、後段の本文を読まれるとして、ここでは、平野雅曠氏が書かれた、「九州王朝の周辺」に掲載された小論「ウガヤフキアエズノ尊の陵を尋ねて」を併せて紹介します。


  ウガヤフキアエズノ尊の陵を訪ねて


日本神話の「海幸(うみさち)・山幸」の物語は、どなたも御存じのことと思う。

海幸の釣針をなくした山幸、彦火火出見(ひこほほでみ)尊は、海神の宮に行き、三年後に針を得て故国に帰る。海神の娘、豊玉姫は、契りを結んだ山幸をたずねて来り、産屋の屋根も葺き終えぬ海辺で子供を生む。ウガヤフキアエズノ尊である。(以下、ウ尊と略記)

然るに豊玉姫は、山幸に産時の姿を見られたのを恥じて本国へ帰ってしまい、代わりに妹の玉依姫をやって、ウ尊の養育を頼むという物語である。

「盗まれた神話」の著者、古田武彦氏は、「山幸の故国は天孫降臨の地、筑前糸島郡のクシフル山(高祖山連山、三雲遺跡近傍)であり、ウ尊も筑前で育ち、而も、宮殿で生まれなかった彼は、天孫王朝としては傍系の、数奇な運命をもった人である」としている。

ウ尊は成人の後、叔母の玉依姫を妃として、五瀬命、狭野(さの)命(神武の幼名)など四人を生んだが、どこに住み、どんな活動をしたかは、記・紀にも一切見えない。子供の名から察すれば、五ヶ瀬(ごかのせ)川流域、佐野あたりであったかも知れない。ただ次のような死亡記事だけが日本書紀に出ている。

「久しくして彦波瀲鵜鸂草葺不合(ひこなぎさうがやふきあえず)尊西洲の宮に崩ず、 因りて日向の吾平(あいら)の山の上(ほとり)の陵に葬る。」(神代紀)

さて、私は、過ぐる年二月、熊本県鹿本郡菊鹿町に、里人がウ尊の陵と言い伝えて崇敬する、通称「陵(みささぎ)さん」を訪ねた。

菊鹿町は、昭和三十年四月一日、内田・六郷・城北の旧三村が合併して出来た町で、東西はそれぞれ、菊池市及び山鹿市に接し、北は筑肥山地によって、福岡県に隣する熊本県北の町であり、「陵さん」は当町相良(あいら)字日向(ひむき)という所にある。

併しここは、世界の珍種で天然記念物になっている「アイラトビカズラ」及び木彫刻坐像としては日本一の大きさを誇る相良(あいら)観音の在所として世上有名な所であるが、「陵さん」については、古代史に関心をもつ特殊な人以外には殆ど知られていないようである。・・・

無題.png
無題.png
無題.png

吾平山陵ともいい・・・鵜茅葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)を祭る。同尊□地として鹿児島県に一つ?・・・宮崎県に五?・・・つ、・・・本県に一つ・・・七カ所があげられる・・・内国?が御陵と定めているのは・・・肝属郡・・・の鵜戸・・・の・・・いわやである・・・


相良観音(相良寺) カーナビ検索 熊本県山鹿市菊鹿町相良370  0968-48-9144

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:12| Comment(0) | 日記

2017年01月13日

285 大宮神社と猿田彦大神 D “佐野経彦(神理教教団)と猿田彦大神”

285 大宮神社と猿田彦大神 D “佐野経彦(神理教教団)と猿田彦大神”

20160722

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


大宮神社の西隣に木造の古びた建物があります。

この建物は神理教の山鹿教会の跡地で、今は市内某所に移転されているのです。

この神理教教会が何故この地にあったのかを考えてみたいと思います。

無題.png

本教(今後神理教をこう以下に記します)は、開教(明治13・西暦1880年)からもう、120年近く経っております。

また御教祖の家は、この地(福岡県北九州市小倉南区徳力)で何十代も神社をお守りしてきました。…

…神道は明治の初めに、布教をしない神社神道と、布教を行う教派神道に別れました。本教は、その教派神道の13派のうちの一つとなったのです。…

…神社神道は伊勢神宮を中心としますが、八幡神社や稲荷神社など、おまつりする神様により信仰の性格が違います。…

本教の御教祖、佐野(巫部)経彦命は、家に伝わった神道の教えと、日本に伝わった神道の教えである国学を併せ、大成されました。 この本来の教えを世界中の人に呼び覚まし、幸せと安心を得て頂こうとするのが「神理教」の熱い思いなのです。…

饒速日命は御教祖の祖先で、九代膽咋宿祢命(いくいすくねのみこと)の時に物部(もののべ)の姓となり、十六代兄奇宿祢命(えぐしすくねのみこと)の時に雄略天皇(ゆうりゃくてんのう)の難病平癒の功で巫部(かんなぎべ)の姓を戴きました。…

無題.png

神理教公式ホーム・ページより(雪の日の教団本部)


ご覧の通り、神理教とはニギハヤヒ〜ウマジマジを祀る物部氏の教団であり、その一族を中心として祀る同族教団なのです。

その筑豊から北九州を中心とするニギハヤヒ教団の支教会が、何故、山鹿にあるのか、しかも、その教会が大宮神社と隣接して存在するかを考えれば、この50基近い猿田彦の石塔群が存在している意味も見えて来るはずなのです。

現在考えている仮説はこうです。

元々、大宮神社(旧名大宮大明神)とは金山彦、埴安命(大幡主)、埴安姫or櫛稲田姫を主神として祀る神社であり、その周辺には埴安命(大幡主)配下の山幸彦=ニギハヤヒ=猿田彦=五十猛を奉祭する強烈な物部氏の信仰圏が存在し、その延長上に旧神理教山鹿教会も大宮神社の敷地の一角を占めていた(元々同教団系の敷地だった?)。

だからこそ、猿田彦=山幸彦=ニギハヤヒ(実は大幡主の子なのですが、それについては別稿に…)の尋常ならぬ50基近い石塔群が置かれている。…

そう考えられるようになったのは、地主神こそが本来の大宮神社の主祭神で(あった)あり、それが「埴安命外二神」(「神社誌」)と書かれ、それが博多の櫛田神社の主神の大幡主であり、どうやら、その子が猿田彦=山幸彦=ニギハヤヒ=経津主で、実は大幡主の子であるという事が分かってきたからです。

その話は後に譲るとして、この神理教というニギハヤヒ教団の設立者である佐野経彦氏が、吾平神社、相良観音、伝ウガヤフキアエズ陵がある菊鹿町周辺を調べに来ているのです(これについては「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)128130 「吾平」@ABを参照の事)。

それは、ニギハヤヒのルーツが山鹿に存在した事(本当のルーツは長崎県島原市の猛島神社…)を知っての探査旅行であり、通説派はとんでもないと言うでしょうが、実は、ウガヤフキアエズは、そのニギハヤヒと宗像大社の豊玉姫(タゴリミホ)の息子であるからなのです。

教団(佐野)は、ウガヤフキアエズがニギハヤヒの子である事を知っているからこそ菊鹿町の伝ウガヤフキアエズ陵を調べに来ているのです。

勿論、神武天皇の父というのは藤原による偽装ですが、通説でもヒコナギサタケウガヤフキアエズ(日子波限建鵜草葺不合命・彦波瀲武盧茲草葺不合尊)は、彦火火出見尊(山幸彦)と、海神の娘である豊玉姫の子としますね。

この点が理解できるのは、物部の権化とも言うべきニギハヤヒが山幸彦である事を知っているからなのです。


猿田彦が何者か?何故、山鹿にそして肥後全域に猿田彦の石塔が数えられないほど存在しているかがお分かりになったでしょう。草部吉見(海幸彦)と猿田彦(山幸彦)神話の舞台は肥後だったのです。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


以下は佐野経彦氏による「吾平山御陵考」(現代語訳)平野正(日+廣)です。

故)平野先生は肥後では珍しい孤高の九州王朝論者でした。保守の権化の如き肥後の地において良くぞ多くの九州王朝論に立つ著書を幾つも残されたと思うものです。

 無題.png

無題.png

無題.png

無題.png

無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 13:17| Comment(0) | 日記

2017年01月10日

284 大宮神社と猿田彦大神 C 転載 “櫛稲田姫(クシナダヒメ)は熊本県山鹿市で産まれた! ”

284 大宮神社と猿田彦大神 C 転載 “櫛稲田姫(クシナダヒメ)は熊本県山鹿市で産まれた! ”

20160722

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


本稿は、二月四日付で書いた ひぼろぎ逍遥(跡宮) 191 櫛稲田姫(クシナダヒメ)は熊本県山鹿市で産まれた! の転載です。これを読まれれば、大宮神社の主祭神が、大幡主と金山彦と埴安姫or櫛稲田姫であることがお分かりになると思います。

大宮神社から同社までの距離はほぼ四キロ(徒歩30分)ほどで、夜這いには、少し近過ぎるといった距離と言えそうです。

しかし、神武天皇の本当のお妃であるアイラツヒメと関係がありそうな吾平神社も近くにあり、腹違いの姉のアイラツ姫と妹の櫛稲田姫が一緒に暮らしていたことまでが見えて来そうな位置関係なのです。

以下、転載分


櫛稲田姫(クシナダヒメ)と言えば、木花之佐久夜姫(コノハナノサクヤヒメ)と並ぶ日本神話の大スター中の大スターですが、このお姫様が“熊本県の菊池市と山鹿市との境界辺りでお生れになっている”などと口にすれば、俄かに目を背けられ話をするのも嫌がられる事になるのは目に浮かんでくるようです。

 そのことを十分に承知した上で、真実を後世に伝えるためにも、敢て、お話しする事に致しました。

 日本版「ダヴィンチ・コード」のような話になりますが、心を静めておつきあいください。

 無視される方はそれで良いでしょうし、多少とも関心をお持ちになる方はご自分でお調べになれば良いでしょう。逆に言えば、これこそが九州王朝の物証の一つであり根幹を支える神話の舞台の実証になるのです。

ただ、今回はこの神社を公表する事をせず、後世に引き継ぐためにヒントだけを残すに留め、現段階ではカーナビ検索など現地を特定させることは控えておきたいと思います。

無題.png

某社正面


 まず、大嘘付きの「古事記」神話から櫛稲田姫を見てみましょう。


クシナダヒメは、日本神話に登場する女神。『古事記』では櫛名田比売、『日本書紀』では奇稲田姫と表記する。                   …中略…

ヤマタノオロチ退治の説話で登場する。アシナヅチ・テナヅチの8人の娘の中で最後に残った娘。ヤマタノオロチの生贄にされそうになっていたところを、スサノオにより姿を変えられて湯津爪櫛(ゆつつまぐし)になる。スサノオはこの櫛を頭に挿してヤマタノオロチと戦い退治する。

高天原を追放されて出雲に降り立ったスサノオは、ヤマタノオロチという怪物に毎年娘を食われているアシナヅチ・テナヅチの夫婦と、その娘のクシナダヒメに出会った。彼らの話によると、もうじき最後に残った末娘のクシナダヒメも食われてしまう時期なのだという。哀れに思うと同時に、美しいクシナダヒメが愛しくなったスサノオは、クシナダヒメとの結婚を条件にヤマタノオロチの退治を申し出た。スサノオの素性を知らないアシナヅチとテナヅチは訝しむが、彼がアマテラスの弟と知ると喜んでこれを承諾し、クシナダヒメをスサノオに差し出した。          …中略…

スサノオとの結婚が決まると、クシナダヒメはすぐにスサノオの神通力によって変形させられ、小さな櫛に変えられた。そして櫛としてスサノオの髪に挿しこまれ、ヤマタノオロチ退治が終わるまでその状態である。ヤマタノオロチ退治の準備はスサノオの指示で、アシナヅチとテナヅチが行った。クシナダヒメを頭に挿したスサノオは、見事ヤマタノオロチを退治する。 ヤマタノオロチを退治した後、スサノオはクシナダヒメと共に住む場所を探して、須賀の地に宮殿を建てた。      …中略…

稲田の神として信仰されており、廣峯神社(兵庫県姫路市)、氷川神社(さいたま市大宮区)、須佐神社(島根県出雲市)、八重垣神社(島根県松江市)、須我神社(島根県雲南市)、八坂神社(京都市東山区)、櫛田神社(富山県射水市)、櫛田宮(佐賀県神埼市)のほか、各地の氷川神社で祀られている。

多くの神社では、夫のスサノオや子孫(又は子)の大国主などと共に祀られている。しかし、茨城県笠間市にある稲田神社は、唯一クシナダヒメを単独で祀っている。

福岡県福岡市にも櫛田神社があるが、ここの祭神は大幡主大神・天照大神・素戔嗚大神である。ただし、元々はクシナダヒメを祀っていたとする説もある。…

「ウィキペディア」(20160128 20:48による


スサノウ、アシナヅチ、テ(タ)ナヅチ、クシナダヒメ、そして、ヤマタノオロチの話を思い出されたことでしょう。もちろん、空恐ろしい話を単独で発見する事など到底できないのであって、故)百嶋由一郎氏が、ハッキリ話すことを憚り、仄めかす程度に留めていた話を拠り所として、今回、新たに付近を調べてみれば、“先生が言われていた神社はここだったんだ”と分かった事から、躊躇いながらもお知らせすることにしたものです。

まず、瀛氏の金山彦と白族で博多の櫛田神社の主祭神である大幡主の妹の埴安姫との間に産まれたのが、櫛稲田姫です。

彼女はスサノウのお妃になり、長脛彦とオキツヨソタラシ姫をお産みになりますが、後には豊玉彦=ヤタガラスのお妃となられ鴨玉依姫を産むことになります。そして、その背景には長脛彦の乱があると思われます。

百嶋神社考古学の凄さは、「高良玉垂宮神秘書」の解析と九州の優秀な宮司などの研究組織(草ケ江神代史研究会以前にも連綿と存在していた…)によって培われてきた現地の主要な神社の本当の祭神に対する情報の蓄積から、まず、「記」「紀」神話の九割が嘘であるという事(実はこれこそが本当の九州王朝論なのですが)を前提に、徹底したフィールド・ワークを行われていたところにあります。

最低でも、戦前まで、百嶋先生の御一族は、熊本県北部でも最有力家系(当時の長者番付百傑の内に3家が…)の一つだったようです。

このため、地元の重要な神社仏閣の本当の情報が容易に収集できる立場にあり、そのことが大きな意味を持っていたと思われるのです。

この点の理解がなければ、全く荒唐無稽な話として扱われてしまうことに成りかねないでしょう。

ともあれ、そろそろ本題に戻りましょう。良く、“クシナダヒメの櫛(クシ)は何でしょう?”などと言われる事がありましたが、神話でアシナヅチ、テナヅチの子とされるクシナダヒメは、百嶋最終神代系譜でも父神が白族の金山彦(瀛氏)、母神が博多の櫛田神社の大幡主の娘である埴安姫(白族)とされている事から母親の出身地である櫛田神社の「クシ」である事が容易に想像できそうです。では、「イナダ」とは何でしょうか?

「古事記」では櫛名田比売、「日本書紀」では奇稲田姫とされています。

「古事記」の櫛名田比売は、ただの音韻転化でしかないため、「日本書紀」の奇稲田姫の稲田で良いでしょう。また、「櫛」が「奇」であり、尊い、貴重な…という意味であることも自然に受け入れることができそうです。

この「稲田」が、また、神社探査のキー・ワードになりそうですので頭に入れておいて下さい。

クシナダヒメ(櫛名田比売)に関して、百嶋先生は、凡そこのように話しておられました。

菊池市との市の境に近い“山鹿の清浦 奎吾記念館に近いところにある”秘密の神社の辺りでお生まれになっています。“

“お父さんが金山彦で、お母さんが埴安姫で、旧稲田村の地名はそこしか有りません…。”

“その奥は本当の神武天皇の本当のお妃の吾平津姫(アイラツヒメ)が居られた”

無題.png

清浦 奎吾(きようら けいご、1850327日(嘉永3214日) - 1942年(昭和17年)115日)は、日本の司法官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。爵位は伯爵。幼名は普寂(ふじゃく)。旧姓は大久保(おおくぼ)。

貴族院議員、司法大臣、農商務大臣、内務大臣、枢密顧問官、枢密院副議長、枢密院議長、内閣総理大臣などを歴任した。


清浦 奎吾記念館 カーナビ検索  熊本県山鹿市鹿本町来民1000−2


元々、それだけのヒントを与えただけの話でしたので、当時から思い当たる神社はあるにはありましたが、きっと知らない小さな祠程度のもので、どうせ特定する事など出来ないであろうと思っていたのでした。

そのため、気にはなっていたのですが、正直言ってそれっきりにしていたのでした。

ところが、少しずつでも百嶋先生の言われていたことが分かってくると、ようやく本気で考えてみようと思うようになったのでした。

始めは、明治期に宮地嶽神社から分離したと考えられる仏教系教団の周辺を探していたのですがそちらではなかったのです。

そこで、雪の降る中、一人で神社を訪問すると、先生が話されていたものが全て残されていたのでした。

現段階ではこれ以上の事は申し上げませんが、古代史の重要な舞台は間違いなくこの一帯で起こっていた事が浮き上がって来たのでした。

勿論、はっきりお示ししても良いのですが、百嶋先生の話されている内容を自らの頭で考え、自らの足で探そうとする人だけにその真実が得られるようにしなければ、結論だけが独り歩きし、既存の権威にふんぞり返る神社関係者、文化関係者から排斥され攻撃されてしまう事が火を見るより明らかだからです。

このため、ここでは百嶋先生が把握されていたクシナダヒメの出自、つまり、父、金山彦と母、埴安姫との間に生れ事が推定できるもの、また、その権威=秦の始皇帝と姻戚関係を結んだ一族のシンボルとしての紋章が残されている事、旧稲田村であった事…などをお知らせするだけとし、後はご自分でお考え頂きたいと思います(この神紋はクシナダヒメの娘の鴨玉依姫の神紋なのです)。

無題.png

今回のキー・ワードは、金山彦と埴安姫を祀る摂社があり、極秘中の極秘のモーセの十字剣神紋があり、付近に稲田地名が存在している事、さらには、その先にもアイラツヒメを祀る神社吾平神社があること、何よりも、この神社には極秘の伝承が残されていた様で、百嶋先生も、直接、先々代辺りの宮司からお話を聴かれていたのだと思います。

戦前の宰相清浦 奎吾や松野鶴平を生み出し、その後も松野頼三、松野頼久を輩出する山鹿〜菊池に掛けての一帯は、神代から何らかの力が送り込まれているのではないでしょうか?

では、先に百嶋最終神代系譜をご覧いただきましょう。

無題.png

百嶋最終神代系譜(部分)


さて、金山彦の娘(腹違い)で、本当の神武天皇(カムヤマトイワレヒコ)のお妃であるアイラツ姫(後の名は蒲池姫)も、この一帯にいたことが想像できるのです。

勿論、現在横行している「阿蘇神話」では、速瓶玉命(阿蘇国造)の妃の蒲智比当ス(カマチヒメ)=郡浦神社の主祭神としています。

 この奥に相良(アイラ)観音がありますが、この地も明治の吾平(アイラ)村なのです。

 これらについては、久留米地名研究会のHPから「吾平」「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)128130そして、「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)082 神武天皇の正妃アイラツヒメ(蒲池姫)を祀る神社 “郡浦神社(熊本県宇城市三角町)”をお読みください。

 なお、この「十字剣」神紋は、現在でも福岡市内の数ケ所に残されていますが、東の方の某(N)神社の奥深くにも隠されています。

 これこそが、金山彦が秦の始皇帝と姻戚関係を持った証拠であり、各所でひた隠しにされているものです。

 神社庁もこの事実は把握していたはずですが、ひた隠しにして教育を疎かにしてしまえば、いつの間にか嘘がまかり通り、それが権威者といった振る舞いに変わり、本当の話をすればあしらわれてしまう事になるのです。

 否定される方否定されて構いませんが、そうであれば、何故、この神社にはこの十字剣神紋があるのかを説明して頂きたいと思うものです。

 この一帯には鎌倉期に宇佐神宮の神威が広がり、天皇などでは全くない贈)応神が幅を利かせ八幡神が覆い被さっています。当然にも、金山彦、埴安姫は境内摂社に秘かに祀られています。

 まあ、大体に於いて正面に出ている大社、縁起式内社の神様は本来の神様でも格式の高い神様でも無い事が大半なのです。

 この神社の宮司家にしても本当は嫌々受け容れ、面従腹背のうちに秘かに本当の神様を残そうとされている事と思うものです。

 皆さんも本当の神社にお賽銭を振る舞われて、下剋上で伸上った成り上がり者の神様(応神など)を無視して頂く様にして頂きたいものです。

 この一帯の東には松尾神社があり、その左隣に松野鶴平氏の生家があります。

 北には相良観音があり(勿論、二世紀の神代にはありませんが)、吾平阿蘇神社があります。


百嶋神代神社考古学神代系譜に関心をお持ちの方は、ケイタイ0906298325424時間対応)までご連絡下さい

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記