太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年12月25日

409 奥出雲の神々 17 横田の本山神社

409 奥出雲の神々 17 横田の本山神社

20170503

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 横田の本山神社は奥出雲町の二つの中心地である三成から横田へと移動する通路を見下ろすような位置に鎮座しています。

無題.png

島根県神社庁データに基づく 主祭神 建速須佐之男命


まず、スサノウを祀る神社で良いのでしょうが、始め櫛稲田姫、アマテラス、スサノウの子産み競いと言う妙な話の五男三女神が加えられ、明治期に付近の安閑天皇が合祀されているようです。

無題.png
無題.png

神紋は亀甲に剣唐花という大国主命を祀るとする出雲大社と同様

という奇妙さがおもしろいですねただの肖りかも知れませんが

勿論、出雲大社の影響下にありますとの意味なのですが

無題.png
無題.png

参拝殿上部の軒境内に掲げられた由緒書には蘇民将来、巨胆将来伝承が書かれていました


 この伝承を持つ神社は明らかにスサノウ系氏族でしょう。

 蘇民将来、巨胆将来伝承については、この間数本のblog78本書いていますので、関心をお持ちの方は「ひぼろぎ逍遥」と「蘇民将来」などダブル検索されお読み頂きたいと思います。

櫛稲田姫は説明不要ですが、安閑天皇が何故祀られているのでしょう。

継体の息子とされる天皇なのですが奇妙です。

無題.png

蘇民将来伝承再掲


ひぼろぎ逍遥(跡宮)


371

蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜 C 宮崎県五ヶ瀬町鞍岡の祇園神社の更に深部へ

370

蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜 B 分離先行トレッキング

361

蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜 A 鳥瞰

346

蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜


ひぼろぎ逍遥


434

蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜


無題.pngスポット092-94蘇民将来A〜乙姫神社A

無題.png

研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年12月23日

408 奥出雲の神々 16 中村の羽鳥神社

408 奥出雲の神々 16 中村の羽鳥神社

20170508

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


次は横田八幡宮が鎮座する中村の少し奥まった地区にある羽鳥神社です。

無題.png

倭文(シトリ)神社や白角折(オシトリ)神社はこれまでにも遭遇しましたが、羽鳥(ハトリ)神社は初見です。「ハトリ」が「ハタオリ」=「呉羽鳥」=機織の意味なら多少は分かるのですが…。

無題.png

羽鳥神社参道正面


 普通は遭遇しない神社で、かなり珍しい神様 国狭槌之命を祭る神社です。

 所謂、造化三神の次世代の神々の内の一柱であり、ほとんどイメージが形成できない神様です。

 何故このような神様が単独でこの地に祀られているのか?非常に不思議なのですが、考えあぐねています。

 情報が少ない中、これ以上踏み込むことはできません。

無題.png
無題.png

いずれにせよ県神社庁の資料で祭神は、国狭槌之命 とされています。以下敬愛する「玄松子」から

無題.png
無題.png
無題.png

立岩神社となると普通はスサノウとか大国主命あたりになりますが、市杵島姫命、木花咲耶姫命と書かれています。国狭槌命は金山彦でしょうか?

 いずれにせよその系統の神様なのでしょう。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


 今のところ資料が不足している事からこれ以上の解析は不可能です。正直言ってお手上げです。

研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年12月20日

407 奥出雲の神々 15 横田の伊賀多氣神社

407 奥出雲の神々 15 横田の伊賀多氣神社

20170507

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 横田町を睨む高台に鎮座する立派な式内社が伊賀多氣神社です。この神社も第一次調査によって実見した4社の一つでした。

無題.png

主祭神は、素戔嗚尊の御子とされる五十猛命であり(百嶋神社考古学ではそのように=素戔嗚尊の御子は考えませんが)、相殿として素戔嗚尊、大己貴命を合わせ祀る神社です。

無題.png

伊賀多氣神社の伊賀多氣とは何でしょうか?

 伊が(所有の格助詞)猛る(猛々しい男)の神社と考えればとりあえず意味は通ります。

 それは 伊賀武神社 五十猛命・武御名方神 仁多郡奥出雲町佐白116番地 がある事からも分かります。

伊賀武とは伊の猛=五十猛なのであり、結局、伊賀多氣神社とは物部の雄五十猛=ニギハヤヒ=山幸彦=佐歌彦=佐田彦大神(出雲の佐田大神とは別神ですので要注意)を祀る神社である事が分かるのです。

冒頭から、百嶋神社考古学では五十猛命は素戔嗚尊の御子でないとしました。それについては、blogひぼろぎ逍遥(跡宮)外でふれて来ましたので殊更書くことはしませんが、最後尾にスサノウ、ニギハヤヒの関係が辿れる神代系譜を出しておきますので、ご自分で検討され、信用する信用しないを判断されれば、それはそれで結構です。私達百嶋神社考古学の者は古事記神話の95%は虚偽だとしているだけなのです。

無題.png
無題.png

萬歳山神社 カーナビ検索仁多郡奥出雲町横田1271番地


県神社庁の資料は住所が仁多郡奥出雲町横田1278番地となっていますが1271番地の誤りですね

無題.png
無題.png

境内には目立った摂社もなく五十猛命・素盞鳴尊・大己貴命を祀る神社であることは間違いがないようです。

 この神社の由緒の書き方からは少し奇妙な印象を受けます。それは主神であるはずの五十猛命についてはほとんど触れられず、素盞鳴尊のオロチ退治に終始しているからです。

 全体としては、本来、五十猛命を単独で祀る神社であったものが、通説に沿って都合の良い素盞鳴尊・大己貴命が加えられたとの印象を受けてしまいます。

 五十猛命単独祭祀を感じる理由はこの延喜式以来の「伊賀多氣神社」という社名にあります。

 伊野、今宿、今津、今山、伊賀、伊香、伊賀屋…が、ニギハヤヒ=山幸彦=彦火々出見=猿田彦…系氏族が定着した地名である事を経験的に知っているからです。

 当然、社名にも反映されますし、伊賀多氣神社もその一つだからです。

無題.png

百嶋由一郎 005アイラツ姫系譜(部分


研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記