太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年05月21日

337 朝倉市杷木町の大山祗神社とおしろい祭 

337 朝倉市杷木町の大山祗神社とおしろい祭 

ひぼろぎ逍遥 ひぼろぎ逍遥(跡宮)共通掲載

20161212

太宰府地名研究会 古川 清久


大分自動車道の杷木ICから東に10分ほどのところにある山奥の小集落におしろい祭で知られる大山祗神社があります。

無題.png

しとぎを顔に塗り豊作を願うと言う風習、もっと言えば、奇習、奇祭といった面だけを町興し宜しく宣伝されてはいますが、これについてはそれだけでは済ませられない列島神(古)代史の重要な側面が表に出ているものと理解しています。

 この内容は、千数百年の長きに亘ってひた隠しにされていた可能性があり、一度に、説明したとしても凡そ理解して頂けないと考えています。

 ただ、後世にこの重要な側面を伝え残すためにもそろそろ重い腰を上げなければならないと考えているのですが、まずは、表層の解説からご覧いただきましょう。


おしろい祭り

  日時:122日  1400

昔からの「伝説」によると、大山祗神社を「山の神」と呼び、山の神は元来「女の神様」といわれています。その「女の神様」がお化粧をする事を意味し、「おしろいをぬる」といわれています。

このおしろいは、新米(初穂)を粉にして水でといて(しとぎ)顔にぬるもので、昔の農家の人が、氏子の繁栄と新穀の豊作を神に感謝し、来年の五穀豊穣を祈願する、全国でも類のない奇習とされています。

おしろいの顔の付き具合で来年の「作柄」を占い、このおしろいは家に帰るまで顔を洗ったり落としてはならず、火の中に入れると火事になり、帰って牛馬の飼料に混ぜて飲ませると無病息災だといいます。

当日は午後2時頃から宮座が始まり、宮司のお払いがあり、祝詞が奏上されます。拝殿で氏子全部が宮座の膳につき、座元の人達は大きな鉢にしとぎを持ち出して宮司の顔から塗り始めます。

無題.png

による

 問い合わせ先:道の駅「原鶴」インフォメーションセンター

       電話:0946-62-0730

       住所:朝倉市杷木大山

       地図:http://goo.gl/maps/pb0kT

無題.png

現在、百嶋神社考古学を追い求める当方の研究者たちにとって、最も関心を寄せているのが、故)百嶋由一郎氏の遺言と言っても良い証言で、それがこの神社に関係しているのです。

(音声CDが必要な方は09062983254まで)。


神社伝承から見る古代史 百嶋由一郎先生の世界 --- もう一つの神々の系譜


源実朝以降に、朝鮮人である神様を日本の偉い神様にしておくのはまずいということで削ってしまった。削られたお宮さんは困りますね。田主丸のさんや様、おしろい祭りをやっているおおやまつみ神社、あそこは困って祭神すり替えをやっている。すなわち、政府が許すという範囲のことしか表に出してはいけないというお触れに従ってごまかしておられる。ところが、ナニクソ、こんなこと発表して構うもんかと、熊本城ががんばられた。熊本城の本丸の地下にゆくと王照君の間がある。古代中国の4大美人、西施、王照国、貂蝉、楊貴妃ですが、王照君は100%消された朝鮮人ですね。さて、その消された朝鮮人の神様のお子様が、田主丸のサンヤ様、そしてそのお子様が大国主です。


中国4大美人、西施(年齢は2500何十歳)、そして次の方、王昭君、熊本城の大広間に行くと王昭君の絵がでかでかと描いてあります。そしてこの人こそ大国主命の先祖とお考えください。秘密にされておりますけれど、間違いございません。その代表的な裏付けとなるひとつに、朝倉のおしろい祭りがあります。朝倉の大山祇神社、ここでははっきり書いてありますが、ご祭神を王昭和君と書くわけにはいけないから、遠慮して遠慮して、ご祭神はもとは女であった、そしてお化粧が云々と書いてあります。この人の年齢は紀元前33年に嫁がれたそれに20歳プラスなさったらよい。この人の血統も秘密になっていますが大体わかります。いずれ機会があったら、その時話します。次は、貂蝉(ぴゃおちゃん、ちょうぜん)、1800年前曹操が天下を取った時代にずるい賢い連中がこの人を使って、最後にこの人を使い切ったのは曹操です。最後の方は1300年前、楊貴妃(やんくいへ)以上の4人が古代中国4大美人です。 


肥後の翁のblogから一部切出し


まず、十五夜お月様を愛でる風習については、現代人にも良く知られています。

田主丸の「さんや様」とは「二十三夜月待ちの風習」(一部には「講」を作り、その仲間で御馳走を食しながら月の出を待ち、月が現れるとそれをめで拝んだ)の残る領域と重なるもので、月、“うさぎ”などがシンボルになっています。

一方、同系統のものかどうかは不明ですが、十三夜や二十六夜待ちの風習は非常に薄くなっているようです。

 さて、「神社伝承から見る古代史 百嶋由一郎先生の世界」を読まれた方に誤解がないように先手を打っておきますが、ここで朝鮮人と言う場合、現在の朝鮮人をイメージすると全く訳が分からなくなってしまいますので、若干のコメントを加えておきます。

 古くは呉の太伯王(周王朝の長子)の子孫=“倭人は呉の太伯の裔”を筆頭に、列島には多くの渡来系民族、氏族が雪崩れ込んでいます。

 百済、新羅、高句麗はご承知の通りですし、秦の始皇帝の支配を嫌い半島に逃げて来ていた秦の臣民、後には漢帝国に滅ぼされる秦(秦氏=嬴…瀛氏)の王族、官僚、武人、技術者…、そして、漢王朝も同様に…(恐らく、綾氏、笠氏…)、鮮卑、恐らく、燕、趙、魏、晋、漢、斉、楚、五胡十六国時代の民族の一部も、繰り返し、繰り返し多くの人々が押し出されてきたのでした。

 従って、現在の半島には古代朝鮮人の中枢部(王族、学者、軍部、技術者)は残っておらず(百済、新羅、高句麗にしても同様)、残ったのは新権力に手のひらを返すように態度を豹変させ、直ぐに強い者、得な側に従う節操のない人々(これが毎日年から年中、嘘を付き続けている現代の中国、朝鮮の民族体質に繋がっていることは半島の大統領弾劾などにも認められる現象ですね)だけで、古代朝鮮は列島にそのまま移ってきていると考えるべきなのです。

 つまり、簡単に言えば古代の朝鮮人こそが列島人であり、現代の半島人とは古代朝鮮人などではなく、新たに生じた(生じ続けた)空白に北方から侵入し続けた濊(わい、拼音: Huì)、鮮卑などと入れ替わった人々のことなのです。

 つまり、玉突き状態で新世界としての列島に移動した優秀な人々によって形成されたのが列島人だったのです。

そこまでの事を理解して頂いたうえで、この月を愛でうさぎの狛犬を置く様な民族集団とは何であるのかを考える事が今回のテーマです。

 ただ、非常に多くの説明をする必要があり、今回はその骨格だけをお話しするだけになります。これについては、現在、500シートのパワー・ポイントとして朝来(アサクナ)を作成しています。

 あくまで途中経過ですが、この問題に近接する内容となっています。

無題.png

必要とされる方は直接09062983254までご連絡ください。

 以降は随時続編で書くとして、ここでは、大山祇神社をご覧いただきます。

無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 10:40| Comment(0) | 日記

2017年05月18日

336 栃木、茨城県境に跨る鷲子山上神社 北関東への神社調査 D

336 栃木、茨城県境に跨る鷲子山上神社 北関東への神社調査 D

ひぼろぎ逍遥 ひぼろぎ逍遥(跡宮)共通掲載

20161203

太宰府地名研究会 古川 清久


栃木県那珂川町に鷲子山上神社という一風変わった神社があります。

当日は、常陸国探検隊メンバーお二人と数社を見学させて頂きました。

 普通の意味では特別見晴らしが良い訳でもなく、ただの辺鄙な山の一角にある神社ですが、紅葉の季節とは言え、何故か参拝客が押し掛ける神社となっているのです。

 神社を訪れると確かに何がしかのテーマ・パークではあるようで、昨今、小○、竹○改革とかで、極限まで所得を貶められた民衆にとっては、入場料の要らない気分転換と家内安全でも有難いご利益とは言えるのかも知れません。

 まず、鷲子(ワシコ)山神社付近には、鷲子(トリノコ)沢川、鷲子(トリノコ)、鷲子(トリノコ)、鳥居土(トリイド)といった地名が拾えます。

何よりも、西隣にはJR烏山線が通り、栃木県那須鳥山(カラスヤマ)市(烏山町)までがあるのですから。

無題.png

これはこの一帯に大幡主、豊国主(ヤタガラス)の一族が入っている事を示しているようです。

そのことを念頭に置いたうえで、同社も考える必要があるでしょう。

まず、参拝客も多く、半ばテーマ・パーク化された神社はそれなりの荘厳さと、レジャーランドが共存しており、今後、全ての神社が立ち行かなくなる事が予想できる中で、一つの方向性を示している様にも思えます。

この事を、神社や神々に対する冒涜だと言うのは容易いのですが、実際に社殿を維持改修し、神域全体を管理していくためには多大な労力と資金が必要となる事は明らかで、今後十年で生き残れる神社は二十分の一になるだろうと言った事が神社関係者の中では囁かれているのです。


無題.png

とにかく、ここでは鷲の子はフクロウに形を変えているのでしょうか?

実際に参拝客が増えている様である事からそれなりに真面目に考える必要はあるのかも知れません。

さて、HPを見る限り、「鷲子山の御祭神は、天日鷲命(アメノヒワシノミコト)といわれる鳥の神様です。」とあるのですから、まずは、天日鷲命(アメノヒワシノミコト)とは誰かを考えておく必要があるでしょう。

比較的有名で、神社研究者ならずとも直ぐに念頭に浮かんでくる神様のお一人です。


天日鷲神(あめのひわしのかみ)は、日本神話に登場する神。『日本書紀』や『古語拾遺』に登場する神。阿波国を開拓し、穀麻を植えて紡績の業を創始した阿波(あわ)の忌部氏(いんべし)の祖神。

別名は、高魂命または神魂命の裔神の天日鷲翔矢命や天加奈止美命。 …中略…

神話で知られているのは天照大神が天岩戸に入られたとき、岩戸の前で神々の踊りが始まり、この神(天日鷲神)が弦楽器を奏でると、弦の先に鷲が止まった。多くの神々が、これは世の中を明るくする吉祥を表す鳥といって喜ばれ、この神の名として鷲の字を加えて、天日鷲命とされた。という内容である。

『日本書紀』では天の岩戸の一書に「粟の国の忌部の遠祖天日鷲命の作る木綿(ユフ)を用い」とある。

『古語拾遺』によると、天日鷲神は太玉命に従う四柱の神のうちの1柱である。やはり、天照大神が天岩戸に隠れた際に、穀(カジノキ:楮の一種)・木綿などを植えて白和幣(にきて)を作ったとされる。そのため、天日鷲神は「麻植(おえ)の神」とも呼ばれ、紡績業・製紙業の神となる。

また天日鷲神は一般にお酉様として知られ、豊漁、商工業繁栄、開運、開拓、殖産の守護神として信仰されている。忌部神社や鷲神社などに祀られている。

ウィキペディア(20161203 19:11による

もちろんこの方向で問題はありません。

無題.png
無題.png

同社神社略記


由緒書も何もない神社でしたが、連携サイトの「常陸国ふしぎ探検隊-それは天津甕星から始まった」

氏が 2.鷲子山上神社探検記、3.鷲子山上神社探検記2 8.鷲子山上神社の不思議な石碑 …他 として、十分すぎるほど書かれていますので、初見の私が書くことは何もありません。お奨めは8.ですかね。

 以下、一部ですが、引用させて頂きます。

無題.png

天日鷲命は百嶋系図によれば大幡主(神皇産霊神)の子天太玉(豊玉彦=八咫の烏)と高木神(高皇産霊神)の娘杉山大神(天豊ツ姫=アソツ姫)の子で八咫烏の子なので、と・り・の・こ」と言われているとのことです。さらに、百嶋系図を見てみると豊玉姫(宗像三女神のタゴリヒメ、ウガヤフキアエズ=アジスキタカヒコネの母)の異母の弟にあたることがわかります。

ン?じゃあ、豊玉姫だって「とりのこ」ではないか?弟が「とりのこ」だったら、姉だって「とりのこ」

でしょう、普通。だったら、女千木を持つ本殿の祭神は豊玉姫ではないか?

百嶋先生によれば、豊玉姫は青竜大権現であり、青袖の舞=かんの舞=からむしの舞を踊る。

踊る話は良く聞きこんでいないので、踊ることしか今はわかりません。

記紀では、海神とされ、サメとか鰐(海亀)とか龍とかナマズとか言われています。

このサメとか鰐とかナマズが常陸国に大きく関係してくるとひらめきました。今後の神社探検記を乞うご期待!?


引用だけではつまらないので、百嶋神代系譜から天日鷲命をご説明させて頂きます。

無題.png

阿蘇系譜A


百嶋神代系譜によれば、天児屋根こと阿蘇高森の草部吉見=春日大神=鹿島神社の武甕槌の娘で阿蘇神社の健磐龍の妃となったものの問題が起き、最期は豊玉彦=ヤタガラスのお妃として納まった阿蘇ツ姫の子が天日鷲でありその子が天富命です。

阿波の忌部の祖ともされる天日鷲ですが、その子かその一族が北関東に進出してきたのでしょうか?

この鷲子山付近には富山という地名も拾え、富山川という川も流れています。

結局、北関東には北関東の土着の神様などがおられるのではなく、全て、九州、九州王朝系の一族が進出、避退、征服…により展開している事が見えるのです。


百嶋由一郎神代系譜、同講演音声CD、同手書きデータ・スキャンニング資料等を必要とされる方は、直接 09062983254までご連絡ください。

また、共に神社研究を行っていただける方を探しています。いつでも電話をお掛けになって下さい。

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 23:02| Comment(0) | 日記

2017年05月13日

335 鹿児島、宮崎のヤゴロードンの痕跡か?栃木に弥五郎坂があった 北関東への神社調査 A

335 鹿児島、宮崎のヤゴロードンの痕跡か?栃木に弥五郎坂があった 北関東への神社調査 A

ひぼろぎ逍遥 ひぼろぎ逍遥(跡宮)共通掲載

20161107

太宰府地名研究会 古川 清久


既に、ひぼろぎ逍遥(跡宮)220 鹿児島のヤゴローどんは 山幸彦(ニギハヤヒ)“鹿児島県曽於市の岩川八幡宮” 291大宮神社と猿田彦大神 J “古代日向のヤゴローどん も猿田彦なのです“ などで、鹿児島に広く分布する”ヤゴローどん“とは、山幸彦=ニギハヤヒ=猿田彦…であることを書いていますが、茨木、栃木一帯の神社を見て回っていると、宇都宮市の東、さくら市に弥五郎坂がある事に気付きました。

 それだけならば、それほどには気にしないのですが、付近に、今宮神社が二社拾えることから、急に色めき立ち、同社を見せて頂くことにしました。

無題.png

何故ならば、故)百嶋由一郎氏からは“今、イマ、伊○○…といった地名は山幸彦、ニギハヤヒ、猿田彦の領域を意味しており、福岡市の西には、今宿、今山、今津…と並んでいます”“今とは射+魔を意味しています”とお聴きしていたからです。

 無題.png上の地図を見れば、赤枠が弥五郎坂であり、緑枠が現地の石碑弥五郎坂の場所を示しています。

 当方は、新潟(ニイガタ)県柏崎市の二田(ニタ、フタタ)物部神社を中心に、筑豊(鞍手郡小竹町新多=ニイタを始めとして新延=ニノブ、新北=ニギタ…)から西日本沿岸に展開した物部氏の本隊が、本州の脊梁山脈を越え、北関東の群馬、栃木、茨木に進出したと考えており、上州新田郡三日月村で知られる木枯らし紋次郎(フィクションではありますが)の出身地とされた新田、仁井田、二田、熟田…といった表記の地名として痕跡を留めていると考えているところです。

 してみると、今宮神社の直ぐ傍に弥五郎坂がある事に何らかの関係性を求めざるを得ず、北関東に進出したニギハヤヒ系=物部の人々によって、尚も、山幸彦は弥五郎、弥彦、彌(イヤ)彦などと呼ばれていた事が見えるのです(新潟県の一の宮も彌彦神社ですね)。一方、現地の公式の見解は以下の通りです。

無題.png

現地の説は、1549(天文18)年にあった宇都宮氏と那須氏の激戦の際に活躍した鮎ケ瀬弥五郎の名をとって「弥五郎坂」と呼ばれるようになりました。

さくら市


 こんなものは、弥五郎坂があったから、鮎ケ瀬弥五郎と名付けられただけの事でしょうが、まあ、こだわる必要もないでしょう。

では、弥五郎坂をご覧ください。

無題.png
無題.png

さくら市には四社ほど今宮神社がありますが、「栃木県神社誌」など用意しているはずもなく、以下のサイトを参考にさせて頂きましたが、直接的には山幸彦の痕跡は確認できませんでした。

無題.png

ただ、内二社に稲荷神社が祀られている事から、伏見稲荷かどうかの判別はともかくも、稲荷様のご素性は山幸彦のお妃であり、この中に紛れ込んでおられる可能性もあるのではないかと考えているところです。

無題.png

栃木県さくら市氏家の白鬚神社


付近には白鬚神社もある事から、こちらは猿田彦、ニギハヤヒ、山幸彦で間違いはなく、もしかしたら、分離され、独立の神社とされているのかも知れません。

では、最期に、「新」と書いて、ニイ、ニッ、ニュウ(まさしく英語のニュウですね)と発音する傾向を持った人々の進入の痕跡地名の類例を幾つかお知らせしましょう。

新潟県は言うまでもありませんが、ここは栃木県です。

無題.png
無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 10:38| Comment(0) | 日記