2020年01月09日

ビアヘロ 113「宮原誠一の神社見聞牒」からB “細石神社と八雲神社の金印「漢委奴國王」の保存説”

ビアヘロ 113「宮原誠一の神社見聞牒」からB 細石神社と八雲神社の金印「漢委奴國王」の保存説”

                                                                      20191127


太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 メンバーの宮原誠一氏による「宮原誠一の神社見聞牒」にかなり重要な論文が連続して掲載されています。ご好意により全文を転載させて頂く事になりました。

 利権だけで「邪馬台国畿内説」などと言った大嘘を吹聴している考古学協会とか京都学派エピゴーネンどもは別にしても、九州王朝の現場に住みながら本州在住の「九州王朝論者」が書いた所謂「邪馬台国本」と半ば教条的な九州王朝論系の論説だけで古代史の最先端にでもいるかのように錯覚しごたいそうな話をしている堕落した古代史研究者の方にこそお読み頂きたいと思います。

(古川)


無題.png

宮原誠一の神社見聞牒(125)
令和元年(2019)1022

No.125 細石神社と八雲神社の金印「漢委奴國王」の保存説


前回の記事にて、金印が糸島の細石(さざれいし)神社に収蔵されていた、という伝承を紹介しました。《 古田武彦氏の『失われた九州王朝』(ミネルヴァ書房)「志賀島の金印」は,本当に志賀島で発見されたのか? 》


その金印が侍によって持ち去られ、博多の米屋才蔵がこれを買い取り、交流のあった津田源次郎に見せた。二人の相談を受けた亀井南冥(かめいなんめい)は、津田源次郎の私領地の志賀島の叶の崎(金の崎 かなのさき)から金印が出土し、現地の百姓がこれを源次郎に「さし出した」形とし、源次郎から黒田藩に「納入」したこととしました。亀井南冥は直ちに『金印弁』を発表し名声を博した。


この金印が細石神社の神宝として神殿(本殿)に保管されていたのか、あるいは宮司宅に保管されていたのか分かりませんが、いつの頃から細石神社に保管されていたのでしょうか? 宮司の名は?持ち去った侍の名は? と疑問が湧きます。

無題.png
金印公園内の金印レリーフ


現在の細石神社の境内は古昔より狭くなっていますが、その広さを考えますと、境内に王墓の三雲南小路遺跡があったことになります。王墓遺跡のすぐ近くに細石神社があり、現実身はあります。細石神社の祭神は磐長姫命・木花開耶姫命です。
現在、糸島には王墓級の墳墓遺跡が三ヶ所発見されています。
平原遺跡は卑弥呼《=大日孁貴(おおひるめむち)=天照大神(あまてらすおおみかみ) 》の墳墓と、私は想定しています。

◎三雲南小路遺跡(弥生時代中期後半)
 甕棺墓。鏡(34)、細形銅剣、有柄中細銅剣、中細銅文、中細銅矛、ガラス製壁、
 ガラス製勾玉、管玉、金銅製四葉座飾金具等
◎井原鑓溝遺跡(弥生時代後期初頭)
 甕棺墓。鏡(21)、武器類、巴形銅器、鎧の板の如きもの
◎平原遺跡(弥生時代終末―古墳時代前期)
 方形周溝墓(割竹形木棺墓)。鏡(39)、ガラス製の勾玉・管玉・小玉、
 メノウ製の管玉・小玉、コハク製丸玉・管玉、刀子、鉄素環頭大刀。

細石神社 福岡県糸島市三雲432
祭神:磐長姫命・木花開耶姫命

無題.png

細石神社は宝満山と飯盛山の真東に鎮座。
弥生時代に神祭りを始めた頃は、東から上る太陽は大切だったことでしょう。
奥に見える森が細石神社です。田圃の中の道は参道ですが、何故ここに長い参道が造られたのでしょう。別に集落を結ぶ道ではありません。途中に川があって真っ直ぐ東には進めません。しかし、まっすぐの道があります。これは古代からの神祭りの道でしょうか。
ここは、古代の東西ラインの中で、最高のパワースポットです
志賀島出土の国宝の金印は、この神社の御神体(宮司の口伝による)だったとか、そんな話もあるのです。
細石神社は伊都国の王都に残る神社である。
三雲地区には、上覚・ヤリミゾ・南小路・宮ノ下・屋敷・中川屋敷・楠木屋敷・塚回り・下西・八反田・サキソノ・番上・鬼木・郡の後・・などなど小字があります。
ほとんど遺跡の上にあるということですね。
細石神社の辺りが三雲南少路遺跡、端山古墳のある辺りが三雲番上遺跡、その南に三雲加賀石支石墓があります。加也山が見える広々とした番上遺跡が、弥生の対外交流の拠点でした。ここから楽浪系の土器がたくさん出ているそうです。

                     ブログ「地図を楽しむ・古代史の謎」伊藤管理人
                          卑弥呼宗女壱与(2) 2018-03-12 から


「ここは、古代の東西ラインの中で、最高のパワースポットです。」
細石神社と三雲南小路遺跡と井原鑓溝遺跡の地域は特別の場所のようです。
字名の「鬼木 おにき=きき」は「姫城 ひめぎ=きき」であり、姫氏天皇家の住まいです。
三雲南小路遺跡は神武天皇の遺跡でしょうか?
細石神社と金印の繋がりは強くあります。捨てがたい説です。
ところが、神社に絡む金印保存説が他にもあります。
高祖山の北麓の福岡市西区今宿青木上ノ原の八雲神社です。


古田史学の会「古賀達也の洛中洛外日記」によると、福岡市西区姪浜の川岡保さんから古賀達也氏に「志賀島から出土したとされている国宝の「金印」は福岡市西区今宿青木の八雲神社の御神宝(御神体)であり、亀井南冥が持ち主から借りたとする「借用書」が存在していたという」話がもたらされています。

無題.png

古賀達也の洛中洛外日記 第1781話 2018/11/04 「亀井南冥の金印借用説の出所」


川岡保さん(福岡市西区)から教えていただいた、亀井南冥が八雲神社から金印を借用したとする説の出所は博多湾に浮かぶ能古島の能古博物館から発行されている『能古博物館だより』でした。
川岡さんからいただいた資料は『能古博物館だより』29号と30号のコピーで、次の記事が掲載されていました。
 能古博物館だより29(平成87) 「亀井南冥と金印の謎を追って」 大谷英彦
 能古博物館だより30(平成810) 「国宝『金印』について」 庄野寿人
大谷稿(29)では、庄野寿人さん(同館初代館長)から聞かれた戦後間もない頃の思い出として次の話が紹介されています。
 以前、あの金印は今宿にある神社の御神体だったものを南冥が持ち出したという話を聞いたことがある。
 戦後、福岡市役所の市史編纂室の所長をしていた小野有耶介さんが・・・・ある日、朱印を押した半紙を机上に広げて腕組みをされていた。小野さんは
これは亀井南冥が八雲神社から御神体の金印を借りだす時に神社に借用を示すためにした金印の印影だよと私に説明された。(中略)小野さんが見せてくれた半紙はその後どうなったか分からない。
 この話から私も、同神社と金印印影を実見するため現地を訪ねて事実を確認しています。以来、三十年になりますね。

亀井南冥が金印を借り受けたとする「借用書」が存在したという話の流れは、次のようになります。

川岡保さん(福岡市西区)から、亀井南冥が八雲神社から金印を借用したとする説が記載された能古島の能古博物館が発行する『能古博物館だより』を紹介された。
◎能古博物館だより29号の記事によると、大谷英彦さんの思い出として、能古博物館初代館長の庄野寿人さんから聞かれた戦後間もない頃の話が紹介されます。
◎福岡市市史編纂室所長の小野有耶介さんが・・・・ある日、朱印を押した半紙を机上に広げて腕組みをされていた。小野さんは
これは亀井南冥が八雲神社から御神体の金印を借りだす時に神社に借用を示すためにした金印の印影だよと私に説明された。
◎次号の30号で庄野寿人さんの証言が紹介されている。
「私も紙面をのぞいたが、一見して国宝金印が中央に鮮やかに押されている。朱色もよく古色を帯び、紙も近代のものでないとわかった。」
「後に、亀井学と南冥父子に意識し始めると、南冥と志賀島金印出土は、当然に小野さんの金印押捺紙、また今宿青木の神社(八雲)の話には強い不審を持った。」

「これは亀井南冥が天明四年、糸島の神社から持ち出した時に此の紙面を預けて形代にしたものだ。以来、金印は戻っていないことは知っての通り…だ」

◎八雲神社の側の(あおき)正南の古老を訪ね、同所の小野さん国宝印の話をすると「そのお宮は、自分の家の隣である」と言われた。「金印を神宝にしていたというが、今はない。亀井南冥が持ち出したという話もある・・・」と、小野さんの話通りであったが、紙に捺印された形代の話は出なかった。
◎後に、故人の檍(あおき)宅の檍令夫人を再訪して話を伺っている。
「戦後は専従の神主さんもなく、金印と南冥にかかわるお話は、聞き伝えていないとのことであった。」


要約しますと、福岡市市史編纂室所長の小野有耶介氏が、国宝金印が半紙の中央に押された朱印影を見ておられ、「これは亀井南冥が八雲神社から御神体の金印を借りだす時に神社に借用を示すためにした金印の印影だよ」と庄野寿人氏(能古博物館初代館長)に言われたのが始まりです。
金印は八雲神社の御神体としてあったものを、亀井南冥が借り受け、神社に借用書を預けたということです。
話の流れは次のように引き継がれています。小野有耶介氏 → 庄野寿人氏 → 大谷英彦氏 → 川岡保氏 → 古賀達也氏 しかし、よく考えてみましょう。
半紙の中央に国宝金印の朱の印影が押された半紙が借用書になるでしょうか。
借用書は、借用品名、持ち主名、借用日付、借用者の署名がないと形になりません。
もし、亀井南冥が金印を持ち出し、借用書を預けたとなれば、亀井南冥の筆字があり、筆跡を鑑定すれば、事は明確です。
後の檍(あおき)夫人の話では、「金印を神宝にしていたというが、今はない。亀井南冥が持ち出したという話もある・・・小野さんの話通りであったが、紙に捺印された形代の話は出なかった」とされ、金印が八雲神社の神宝とされていた可能性をほのめかされているのみです。
むしろ、半紙の中央に国宝金印の朱の印影が押された半紙は複製品の試し押印か、または、
戦前の黒田家による本物の金印の試し押印ではないか、と思うところです。
歴史の伝承は、当人から直接聞いて状況を納得することが大事かもしれません。


金印「漢委奴国王」の来歴(Wikipedia
1931(昭和6年)に、同金印は当時の国宝保存法に基づく国宝に指定された。金印の出土地および発見の状態は詳細不明。福岡藩主黒田家に伝えられたものとして、明治維新後に黒田家が東京へ移った際に東京国立博物館に寄託された。
1973
(昭和48年)に黒田家・東京国立博物館・文化庁の許可を得て、福岡市立歴史資料館が複製品を作成。翌年1974(昭和49年)より福岡市立歴史資料館にて展示。
その後、福岡市美術館の開設に際して1978(昭和53年)に黒田茂子(黒田長礼元侯爵夫人)から福岡市に寄贈。1979(昭和54年)から福岡市美術館、1990(平成2年)から福岡市博物館で保管・展示されている。


八雲神社 福岡市西区今宿上ノ原(青木)416
祭神:素盞嗚命、櫛稲田姫命、大己貴命

無題.png

福岡県神社誌によれば、本殿の左の「少名彦社」に少名彦一柱が祀られています。
本殿には素盞嗚命、櫛稲田姫命、大己貴命(大国主命)の三柱が祀られていますが、この配祀は日本書記の神話に基づくものでしょう。大国主命は素盞嗚命・櫛稲田姫命夫妻の子ではありません。
少名彦社には少名彦一柱のみでなく大国主命の二柱が祀られていました。
右の「一の宮神社」は福岡県神社誌に記載がありせんが、祭神は那()国王の埴安命(大幡主)です。
この八雲神社の祭神は本殿に素盞嗚命・櫛稲田姫命夫妻、少名彦社の祭神は大国主命・少名彦、一の宮神社の祭神は埴安命(大幡主)であり、出雲の神々で配祀が整います。
この配祀の状況では金印との関係は薄いようです。

庄野寿人氏は「能古博物館だより30号」の(編集後記)で次のように述べられている。

「糸島の神社について、私が小野さんに聞き、檍正南さんにも聞いた神社名は、青木の神社、青木のお宮と覚えているが、いづれも二十年を経過しており、もしや社名に聞き違えがあるやも、と少々自信を無くしている。ただ、檍老人が、家の近くだと云ったことは確かで、それが八雲神社を確定したことになる。
檍老人は物故されているが、同姓のお家が近くにあり、これをお訪ねしたことも書いた通りである。
この檍家の御婦人は、・・・・・昔にお聴きになっていることがあれば、確実にお教えいただけると思うが、金印に関することは何もお聞きできないとなって、ハタと詰まっているところである。」


二十年を経過し、氏は記憶も曖昧になられているようであるが、「青木の神社」「檍老人宅の近く」は確かとされているが、檍老人宅の近くの檍家の御婦人は「金印に関することは何もお聞きできない」となって、ハタと詰まっておられる。
「青木の神社」「檍老人宅の近く」がポイントですが、「八雲神社」は「八雲の神社」の聞き間違いではないか、さらに、「八雲の神社」は「三雲の神社」の思い違いではないか、と思うのです。「出雲」と「八雲」の潜在意識が強すぎたのではないか。
糸島の「三雲の神社」となれば、その神社は「細石神社」となります。
すると、庄野氏の話は、細石神社の金印収蔵伝承と重なってくるのです。
庄野氏には失礼ながら、綴ってみました。

参 考 資 料 能古博物館だより

無題.png

能古博物館だより』29(平成87)
亀井南冥と金印の謎を追って 大谷英彦(亀陽文庫客員理事)

この話は、能古博物館で秋田書店の「歴史読本」を示されたのが始まりです。その雑誌には「志賀島の金印が発見された場所を福岡県土木課が県道設計のため基盤調査を実施したところ金印発見の地点は海であること。また九大による同場所のボーリング調査でも海面で、金印が地上に出る状況はなかったという調査結果が出た」ということでした。
このことについて、博物館の庄野先生は「亀井南冥の金印鑑定に、その出処と誤りがあると再三教えてくれる人もあって私も以前から関心を持っていたが、福岡市が同場所に金印公園を造成されるに至って、あまりとやかく言わないことにしなければならないと考えている」と感想をのべられました。
金印自体は、まぎれもない本物ですから、問題は金印が本来どこにあったのかにしぼられます。
「以前、あの金印は今宿にある神社の御神体だったのを南冥が持ち出したという話を聞いたことがある」と庄野先生は戦後まもない頃の思い出を次のように語られました。

「敗戦で陸軍省を退職し、福岡市役所の市史編纂室の所長をしていた小野有耶介さんという方は、なかなかの変わり者で九大で国史学を専攻し『陸軍省戦史編纂室勤務』から戦後、福岡市史編纂を担当された。
私はよく話を聞きに行ったがある時、私に『君は鼠は嫌いか』と、ご自分は弁当のおかずに鼠料理を召し上がっていたのには驚いた。
本に埋まるような部屋で、よく見ると鼠取りが隅に仕掛けてある。ある日、その小野さんが朱印を押した半紙を机上に広げて腕組をされていた。小野さんは、『
これは亀井南冥が八雲神社から御神体の金印を借りだす時に神社に借用を示すためにした金印の印影だよ』と私に説明された。
私は、糸島郡青木の八雲神社の側に住んで昔から同宮をお守りしていた『檍あおき正南』さんをよく知っていた。この檍さんは福岡に出る時は、必ず唐人町の私の家でお茶を飲みながら昔話などされたが、小野さんが見せてくれた半紙はその後どうなったか分からない。
この話から私も、同神社と金印印影を実見するため現地を訪ねて事実を確認しています。
以来、三十年になりますね」

戦後間もない頃の若き庄野寿人と″変わり者〃史家との交流。それを聞く私の胸にも感慨がよぎりました。
専門家によれば、アオキという朝鮮語は「高貴なもの、偉大なものを見る時に発する嘆声」だそうです。
となると、どうやら金印の謎を解く鍵は八雲神社にありと感じ、三十年前の庄野先生の古い記憶を手掛かりに今宿に向かいました。
今宿を出て右へ行き、踏切を渡り三菱電機の工場沿いに南へ歩くと目下工事中のバイパスの向こうは福岡市西区今宿青木。字こそアオキが登場して来て、近くに県の保存木に指定された「もちの木」の巨木もありました。八雲神社の入口の石柱には天保の刻字があり、神社の由来を記した絵馬によっても古い歴史を持つ郷社であることがうかがえました。
珍しいと思ったのは境内の「日露戦役従軍碑」と「シベリャ出兵記念碑」でした。戦没者の碑は各地でよく見ますが、ここの石碑は出兵従軍し帰艦した人達の勲位、氏名が年齢順に刻まれていて、最後部に亡くなった数人の名がありました。
「俺たちは戦地に行って戦ってきたぞ」と胸を張っているような記念碑でした。
庄野先生の記憶どおり神社の左隣に「檍俊策」という表札の家もありました。
庭に御霊屋の社殿まであり由緒をしのばせました。呼び鈴を押すと上品な奥様が出て来られ、やはりそうか! と感じ入る話がいくつか聞けました。
「檍(あおき)という姓は宮崎県の南郷村に何軒もあります」南郷村といえば、百済滅亡で多くの貴族が亡命して来て、現在もその祭りや風習を残していることで有名な村です。
「福岡市役所にいた小野は、私共の一族で、親類の間でも有名な変わり者でした」
「私の祖父小野鴻之助は玄洋社の頭山満さんのもとで働いていました」
「家が頭山さんの家の隣で、曾祖母は頭山さんが小さい時、膝に抱いてエッキー飴を食べさせたとか話していました」
ここまで聞いて私は思わず唸りました。

亀井南冥以下の亀門の人達が真藤慎太郎を通じて亀陽文庫・能古博物館←庄野寿人につながると同じように、金印←亀井南冥、八雲神社、檍 正南、頭山 満、小野鴻之助、真藤慎太郎、玄洋社…という連環が見えるのではありませんか。
庄野先生にお聞きしますと、小野さんの祖父で頭山満さんのもとで働いておられたという小野鴻之助さんは、玄洋社が陸軍に要請された満州義軍の編成に幹事を努められた方で、これに真藤慎太郎も参加しました。
小野さんは義軍の現地活動中に露軍の銃弾を左膝関部に受け、左大腿部を切断される。なお晩年まで玄洋社幹部として永く勤められた方です。
いずれにせよ、あの金印が、黒田の殿様に献上され、亀井南冥が「後漢書」に照らして金印の由来を解明、これが「筑前に亀井南冥あり」と全国に名をとどろかすことになったのは、歴史上の事実です。
その影に「儒侠」と呼ばれ「狂死」したとさえ言われる亀井南冥の人間くささが、私にはたまらないのです。
その魅力をさらに追い求めて、もう一度庄野先生と一緒に奥さんをお訪ねすることを約してお宅を辞した次第です。その顛末はまた次号に載せていただきます。

無題.png
『能古博物館だより』30(平成810)
国宝『金印』出土について 庄野寿人

この私記録は、大変な問題を提起することになると思われるが、敢えて発表しておく。
私は、以前から郷土史を熱心にしていた。勤務の余暇に、市史編纂室を再三訪問した。昭和三十五年頃、小野有郁介さんという方が一人で頑張っておられた。
小野さんは、九大国史専攻で卒業されると、陸軍省戦史編纂室勤務と順調なコースに進んでおられたが、敗戦で急転。失意の帰郷であった。幸い、奥村市長から市史編纂室はどうか、と。以来、助手もなく、本が天丼まで積上げられたような中にご自分の机一つである。
初対面のときお互いに自己紹介の後で、あまり人も尋ねて来ないよ。いつでも来なさい、これで何度か足を運ぶうちに、小野さんも私を心待ちされるようになった。
人は、小野さんを奇人と評したが私は格別に気兼もしなかった。
こうした或る日、私が顔を出すと小野さんは腕組みをして、一紙を前にご思案のようである。
私も紙面をのぞいたが、一見して国宝金印が中央に鮮やかに押されている。朱色もよく古色を帯び、紙も近代のものでないとわかった。
国宝金印は、黒田家所蔵。しかも日本銀行金庫に保管され、一般に気軽く扱われることはないと聞いており、すぐに不審を思った。
やがて、小野さんが「
これは亀井南冥が天明四年、糸島の神社から持ち出した時に此の紙面を預けて形代にしたものだ。以来、金印は戻っていないことは知っての通り…だ
この紙は、今朝お宮さんから市史編纂のため借出して来たばかり、と説明を加えられた。
糸島の神社というのは、今宿青木の八雲神社であると教えられた。
同所には「檍(あおき)正南」という古老で、この人も奇人にされる存在がある。ただ私とは至って懇意、古い修猷館卒で、話もわかる。早朝、福岡に出られると、すぐ私宅に来られ私の出勤まで必ず在宅される習慣がある。
この檍(あおき)老人に市役所の小野さんとの国宝印の話をすると「そのお宮は、自分の家の隣である」と、いとも明快な答えが出た。「昔、金印を神宝にしていたというが、今はない。亀井南冥が持ち出したという話もある・・・」と、小野さんの話通りであったが、紙に捺印された形代の話は出なかった。
小野さんが借出された国宝捺印の紙が、元のお宮に返されたか、どうかは聞かずに、そのまま月日が過ぎた。当時、私は未だ亀井南冥、昭陽に関心がなく昭和四十年代になって不図した動機から亀井研究を始め、その後「亀陽文庫」に至る以前のことであった。
後に、亀井学と南冥父子に意識し始めると、南冥と志賀島金印出土は、当然に小野さんの金印押捺紙、また今宿青木の神社の話には強い不審を持った。
私のこの気持ちのほかに金印出処の志賀島と南冥話は異論が多いこともよく聞かされていた。それはそれとして、亀陽文庫は南冥『金印弁』を、とくに強調することなく今日に至っている。
本年になって月刊誌『歴史読本四月号』による福岡市土木課と九大考古学研究室による従来の金印出土地の調査とトレンチ実施の記事は、金印の志賀島出上を否定、大いに不審を持たれるもので、益々金印出処の真相を不明にすることになっている、と伝える。
さて、私が以前から市史編纂室での小野さんから示された今宿の神社にあったという金印が捺印された古紙と亀井南冥の話、志賀島の金印出土と、これに付帯した亀井南冥の金印鑑定は金印出処に大きな謎を呈し、その根本に亀井南冥があることに困惑が生じると考えていた。
以前の檍(あおき)正南老は既に故人となり、ただ話によると、もう一つ「檍家」が近くにあると聞いていた。そこで最近、同家を憶面もなくお訪ねしたのである。
問題は、小野さんが生前に思案されていた「金印を伝世されていた神社に金印借用の際に南冥が印面を押したという一紙」を、小野さんが同宮に返却されているかどうか、金印が返納されていない事実からすると同紙は神社に当然おさまっていると思われる。
これを聞く小野さんもすでに亡くなられ、ほかに確認の仕様もない。
金印の現在は福岡市博物館にあるが、その伝来と出所について史的正確を追求する意義は大きい。
まず「檍(あおき)家」に、失礼と御迷惑を事前に謝して訪間を御承諾願っていた。それですぐに御面談できた。わざわざ私らのために、田舎でなにもありませんので、と御婦人自らお手製の洋菓子などお心づかいされており真に恐縮した。用件は、委細を述べた。
これにまず、檍令夫人から市史編纂室勤務の小野さんは、同家の先代からの御親戚で、有郁介さんは私の従弟です、と言われたのには驚き、感銘した。
八雲神社は、旧郷社。古いお宮であるが、戦後は専従の神主さんもなく旧郡内の二、三のお宮を兼帯なされ、年祭にはお出でいただきます、
というお話で、金印と南冥にかかわるお話は、聞き伝えていないとのことであった。
これで、年祭り時に兼帯神主さんの御出張を期す以外にないと思った。
次に、本年になって月刊誌『歴史読本四月号』に金印の志賀島出土に関する記事が出されたので、その主要部分を掲記させていただく。
なお、同記事は、本市の教育委員会史跡整備課長・塩屋勝利氏の寄稿である。(志賀島地図等一部省略)

◎金即出土推定地の発掘調査昭和四十八年に、福岡市経済局が中山推定地後背地の畑地(面積六・一キロメートル) に金印公園建設の計画を立て、このための発掘調査が九州大学考古学研究室によって行われた調査の結果、金印およびその時代に関する遺構や遺物は発見されず、
(中略)
続く昭和六十四年、福岡市土木局がその金印公園前道路の拡幅工事を計画したので、この地点が金印出土山中推定地にあたることから、十二月六日に試掘調査を行った。この地点はまさに中山推定地の至近の位置にあり、しかも『口上書』に記す「田境之中溝」と考えられることから、調査者一同胸を躍らせたが調査の結果、当該地は少なくとも十四世紀以前にはラグーン状を呈した湿地もしくは潟であることが確認された。したがって金印がもたらされた一世紀、もしくは埋められた時代には、この場所には土地がなかったのである。つまり発掘調査のデータでは、この地点と付近は、金印が埋められる地形的環境にはなかったということが知られたのである。
平成六年五月から十月まで、志賀島全島の遺跡分布調査および一部の試掘調査を行った。もちろん、先述したもう一つの金印出土推定地である叶の浜の発掘調査も、島の人々や地権者のご協力を得て実施することができた。トレンチは先学が想定された「田境之中溝」付近に設定し、注意深く掘り進めたが、やはりこの地点においても弥生時代もしくは古墳時代の遺構や遺物は検出されなかった。そうして、この叶の浜なる当該地も、少なくとも十四世紀以前には、人々が何らかの土地利用を行えるような自然環境にはなかったことが証明されたのである。

(編集後記)
国宝金印は、近代になって国宝指定を受け、黒田家に納まったが、福岡市博物館が出来て、いわゆる里帰りしたことになる。以来、市教委の文化財担当者は懸命になって、その出現由来を探求している。直接に関係しない一般市民にしても興味を持ち、ある者は文献資料を探っていると思われ、筆者もその一人になる。そこで、今回の館誌に、いままでの話から最近の文献まで揃えて見たところである。志賀島出土と発見に際して、かなりの人名が出るが、それらは省いている。
糸島の神社について、私が小野さんに聞き、檍(あおき)正南さんにも聞いた神社名は、青木の神社、青木のお宮と覚えているが、いづれも二十年を経過しており、もしや社名に聞き違えがあるやも、と少々自信を無くしている。ただ、檍老人が、家の近くだと云ったことは確かで、それが八雲神社を確定したことになる。
檍老人は物故されているが、同姓のお家が近くにあり、これをお訪ねしたことも書いた通りである。

この檍家の御婦人は、失礼ながら初老にお見受けするが気品のある方で、お話もすこやか、昔にお聴きになっていることがあれば、確実にお教えいただけると思うが、金印に関することは何もお聞きできないとなって、ハタと詰まっているところである。
いま課題にしているお宮の兼任宮司さんを近くお訪ねしたいとしている。
もし、皆さんで別にお教えいただくことがあれば、何卒お願いします。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 20:27| Comment(0) | ビアヘロ

2020年01月07日

ビアヘロ 112「宮原誠一の神社見聞牒」からA “金印「漢委奴國王」は志賀島から出土したのですか?”

ビアヘロ 112「宮原誠一の神社見聞牒」からA 金印「漢委奴國王」は志賀島から出土したのですか?

                                                                      20191127


太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 メンバーの宮原誠一氏による「宮原誠一の神社見聞牒」にかなり重要な論文が連続して掲載されています。ご好意により全文を転載させて頂く事になりました。

 本州在住の「九州王朝論者」の方はともかくも、九州島に住みながら他人が書いた所謂「邪馬台国本」だけを読んで現場も見ようともしない自称「九州王朝論者」の方こそお読み頂きたいと思います。

(古川)

無題.png

No.124 金印「漢委奴國王」は志賀島から出土したのですか?2019-10-16 17:30:00

宮原誠一の神社見聞牒(124)令和元年(2019)1009日 令和元年(2019)1016(訂正)

No.124 金印「漢委奴國王」は志賀島から出土したのですか?


前回のブログで、大日孁貴(おおひるめむち 天照大神)と那()国王・大幡主について触れましたが、那()国王と大日孁貴に触れて『魏志』倭人伝の「ヒミコ」と志賀島の金印「漢委奴國王」を避けることはできません。
金印「漢委奴國王」は日本古代史の馴染みのテーマとなりましたが、その真意はナゾであり結論には至っていません。不明な点が多すぎるのです。

ブログ「常陸国ふしぎ探検隊-それは天津甕星から始まった」【日本史学界の欺瞞】志賀島の金印は日本製 2019-02-23 では、志賀島の金印は、亀井南冥が古印の模作をしていた高芙蓉とともに偽造した疑いが濃厚と断じておられる。
 https://ameblo.jp/kappa1959/entry-12442328956.html

学校の日本史では、志賀島の金印は漢の皇帝・光武帝が日本の「委奴国王」に与えた金印であり、この金印は志賀島で発見されたと学びました。その金印の印字「漢委奴國王」も中国から与えられた刻字と思っていました。
しかし、百嶋神社考古学を学び、神社の訪問を重ねるにつれて、「金印は志賀島で発見された」ことは仮説であり、歴史的事実ではありません。金印の刻字「漢委奴國王」も資料にはありません。金印は漢の光武帝から与えられたことは事実だとしても、福岡市博物館に現存する金印が漢の皇帝から与えられた実物であるか疑問であり、日本での偽作説も根強くあるのです。

無題.png

金印を模したキーホルダー(20年前、福岡市博物館で購入)
      買った当初、違和感があり、使用することなく机の中に蔵ったままでした。

1.金印の発見と事の次第
福岡市博物館「金印」を中心に参考要約します。
http://museum.city.fukuoka.jp/gold/

金印の発見
金印が発見されたのは天明4年(1784)2月23日、今日の暦では4月12日にあたります。発見者は一般には口上書を提出した甚兵衛(じんべえ)となっています。
後の仙崖和尚の『志賀島小幅』(1830年代)には秀治と喜平が追加されています。
甚兵衛が志賀島の海岸の水田を耕作中に、畦傍の巨石を動かし巨石の下に三方石囲いした中にあったという。金印は土に埋もれたものではなかったのです。
甚兵衛が偶然発見したとされるが、発見者は秀治・喜平という百姓で、甚兵衛はそのことを那珂郡奉行に提出した人物という説があります。
金印は郡奉行を介して福岡本藩へ持ち込まれ、亀井南冥は金印を鑑定し、『後漢書』に記述のある金印とし『金印弁』の鑑定書を上げている。

金印の発見場所
叶崎(かなのさき)の金印公園の前に「漢委奴国王金印発光之処」の石碑が大正12(1923)に建立されています。この場所は九州帝国大学の九州考古学者の中山平次郎氏が推定されたものです。
金印の発見場所は推定されたもので、特定されたものではありません。歴史の仮説です。
また、志賀島には金印以外の当時代を比定できる出土品が一切なく、考古学研究上、その位置づけが難しく、扱いが苦慮されているのが現実です。

2.その他の金印の発見場所
古賀達也の洛中洛外日記806 2014/10/19「細石神社にあった金印」
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/nikki10/nikki806.html
次のような記述があります。

江戸時代に志賀島から出土したとされている金印が、実は糸島の細石神社に蔵されていたという同神社宮司の「口伝」が記されているのです。「古田史学の会・四国」の会員、大政就平さんからの情報が古田先生に伝えられたことが当研究の発端となったようです。さらに同地域の住民への聞き取り調査により、「細石神社にあった金印を武士がもっていった」という伝承も採録されたとのこと。

肥さんの夢ブログ「志賀島の金印」は,本当に志賀島で発見されたのか?
http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2010/05/post-8460.html
古田武彦氏の『失われた九州王朝』(ミネルヴァ書房)
「志賀島の金印」は,本当に志賀島で発見されたのか? を参考

・金印そのものは,後漢の光武帝から送られた当の「本物」です。
・前原市の細石(さざれいし)神社にこの金印が収蔵されていた、という伝承があり信憑性が高いものです。
・その金印が「侍(さむらい)」によって持ち去られた,と言われています。
・博多の米屋才蔵がこれを買い取り、交流のあった津田源次郎に見せました。
 相談を受けた二人の知人の亀井南冥は津田源次郎の私領地の志賀島の叶の崎 (「金の崎」)から出土し,現地の百姓がこれを源次郎に「さし出した」形とし、 源次郎から黒田藩に「納入」したこととしました。
・亀井南冥は直ちに『金印弁』を発表し名声を博しました。
福岡県教育委員会の塩谷勝利さんは、その生涯をかけて、この「金印」の出土地を捜し求められましたが、結局どこにもありませんでした。甚兵衛の口上書に言う「ニ人持程之石」や関連の弥

生期の遺物等、一切何もなかったのです。


詳しくは「肥さんの夢ブログ」を読まれてください。これらの話を基にしますと、「志賀島の金印」は,本当に志賀島で発見されたのでしょうか。前原市の細石神社に、あるいは宮司宅に保管されていたとしても、戦乱の多い九州北部に千年以上あるいは長期間保管され続けるのは困難と考えます。いつの頃から細石神社に保管されていたのでしょうか。どのような保管の仕方だったのでしょうか? 江戸時代に細石神社に持ち込まれたのでしょうか? 宮司の名は?持ち去った侍の名は? その年代は?
実は、「志賀島の金印」時代の「倭奴國」は福岡県の糸島地方にはありませんでした。福岡県の西北を伊都国、奴国と呼んだ時代は「ヒミコ」の時代なのです。「志賀島の金印」時代から約100-200年経っています。「倭奴國」は南九州の或る所にありました。

3.金印の刻字
金印「漢委奴國王」は一辺約2.35cmの印面に篆書体(てんしょたい)で、『漢/委奴/國王』の5文字を3行に彫り込んだ白文印で、鈕は蛇形をしています。『後漢書』倭伝の記事「建武中元二年(57)倭奴國奉貢朝賀 使人自称大夫 倭園極南界也 光武賜以印綬」と対応すると判断され、1世紀代の倭国と漢帝国との通交を伝える第1級の歴史資料とされます。
後漢代の匈奴の官印とよく似た特徴が見られ、字体からみて、「漢委奴國王」金印を後漢代とみることに矛盾はないといわれる。

4.金印の読み方
「漢委奴國王」を「漢ノ委ノ奴ノ國王(かんのわのなのこくおう)」とする読みかたが今日の代表的な解釈です。「委奴國」を「わのなのこく」と読むのが代表的であるされる。倭国の中の奴國という考えです。
しかし、「委奴國」を「いとこく」とも読めます。また「倭奴國」も「いとこく」と読めるのです。「倭國」は「いこく」であり、「伊国 いこく」なのです。
すると、「委奴國王」は「いとこくおう」でもあり、「なこくおう」ともなり得るのです。
福岡県の糸島地方の古代国名からすると、「伊都國王」でもあり「奴國王」でもあるのです。
私は、「伊都國」は国名でなく、「伊()国 いこく」の都する所と考えています。
金印時代の1世紀代、南九州には「伊都國」と「奴國」を一地方の一国とした「倭奴國」がありました。


志賀島の金印公園 福岡県福岡市東区大字志賀島1865

無題.png

5.倭国に関する中国の記録
倭国について、中国で記録された主な史料の一部分です。

@『後漢書』倭伝 范曄(はんよう 398-445)編集
 建武中元二年 倭奴国奉貢朝賀 使人自称大夫 倭国之極南界也 光武賜以印綬
 ()建武中元二年(57)、倭奴国が奉貢朝賀す。使人は自ら大夫を称す。
 倭国の極南界なり。光武賜うに印綬を以てす。

 安帝永初元年 倭国王帥升等献生口百六十人 願請見
 ()安帝の永初元年(107)、倭国王帥升等は生口百六十人を献じて、請見を願う。

A『翰苑』倭国の条 『後漢書』からの引用 唐の張楚金 660年編纂
 後漢書曰 安帝永初元年 有倭面上國王帥升至
 ()後漢書に言うには、安帝の永初元年(107)、倭面上國王帥升が来た。
 「面上國」は「面土國」の間違いと思われます。

B 北宋版『通典』 唐の杜佑(とゆう) 801年成立
 安帝永初元年 倭面土國王師升等獻生口
 ()安帝永初元年(107) 倭面土國王師升等が生口を献じた。

C『三国志』の「魏書」魏志倭人伝 陳寿(233297年)
 南至邪馬壹國女王之所都水行十日陸行一月官有伊支馬次曰彌馬升次曰彌馬獲支
 次曰奴佳鞮。可七萬餘戸

 ()南の邪馬壹国に至る。女王が都する所である。水行10日、陸行1月。
 官は伊支馬(いきめ)が有る。次に弥馬升(みましょう)という。次に弥馬獲支という。
 次に奴佳鞮という。推計7万余戸である。
 其南有狗奴國男子爲王其官有狗古智卑狗不屬女王
 ()その南に狗奴国があり男子を王と為し、その官に狗古智卑狗(くこちひく)が有る。
 女王に属せず。
 景初二年六月倭女王遣大夫難升米等詣郡求詣天子朝獻太守劉夏遣吏將送詣京都
 景初2年(238)6月 倭の女王は大夫の難升米等を(帯方)郡に詣いるよう遣わし、
 天子に朝獻を求める。太守の劉夏は吏將をつけて京都(魏の都)に送った。

D 魏略 魚豢(ぎょかん)著 三国志より古い
 自帯方至女國万二千余里 其俗男子皆黥而文 聞其旧語 自謂太伯之後 昔夏后小康之子
 封於会稽 断髪文身 以避蛟龍之害 今倭人亦文身 以厭水害也

 (部訳)自ら太伯(たいはく)の後と称していたとある
『後漢書』倭伝に「建武中元二年 倭奴国奉貢朝賀 使人自称大夫 倭国之極南界也 光武賜以印綬」(建武中元二年(57)、倭奴国が奉貢朝賀す。使人は自ら大夫を称す。倭国の極南界なり。光武賜うに印綬を以てす。) とあります。
金印を光武帝から57年賜綬された時の状況です。ここに「倭国之極南界也」とあります。
金印を賜綬された「委奴国王」は倭国の南端にあったことになります。
倭国の南端は南九州です。
さらに、50年後、「永初元年(107)、倭国王帥升等は生口百六十人を献じて、請見を願う。」、続けて、北宋版『通典』では「安帝永初元年 倭面土國王師升等獻生口」(安帝永初元年(107) 倭面土國王師升等が生口を献じた。) とあります。
「倭面土國王師升」の國王師升は呉の太伯王家姫氏(九州王朝国王)であり、「倭面土國」は熊本県球磨郡免田村(現あさぎり町免田)に比定されます。
倭国王・帥升は南九州におられたのです。
百嶋神代系図では、帥升と神玉依姫の間の皇子を神武天皇(狭野命)、帥升と大伽耶姫の間の皇女をヒミコとします。神武天皇とヒミコは異母姉弟となります。
熊本県球磨郡免田村は慶長年間まで『面田村』でした。
面田村には才園古墳(永才)、本目遺跡(下乙)等があり、この「面田村」を「倭面土國」と気づかれた方がおられます。ブロク「古代・中世・近世の繋がり 先祖について」の管理人・「ひろっぷ」さんです。詳しいことは「ひろっぷ」さんのブログを参照されてください。
 「平安時代までの球磨と面土國」2018-01-10
  https://ameblo.jp/hirom0211/entry-12343058000.html
 「速報 大発見『免田村』は慶長年間まで『面田村』だった」2019-01-15
  https://ameblo.jp/hirom0211/entry-12432667068.html
 「後漢書を読んで。奴国と狗奴国」2019-02-28
  https://ameblo.jp/hirom0211/entry-12442972003.html

6.奴国と狗奴国
『三国志』の「魏書」魏志倭人伝から
 南至邪馬壹國女王之所都水行十日陸行一月官有伊支馬
 (南の邪馬壹国に至る。女王が都する所である。水行10日、陸行1月。
 官は伊支馬(いきめ)が有る。)
魏志倭人伝によるヒミコの「邪馬壹国」の位置は諸説繚乱ですが、文面に間違いがなく、その文字通りに辿ると鹿児島県に行き着くそうです。
官の伊支馬(いきめ)は大国主で、他に生馬(いきめ・いくめ)、往馬(いこま)の名前があります。
倭国大乱の折、姫氏天皇家(神武天皇、懿徳天皇、ヒミコ)は難を逃れ、一時、北部九州糸島地方から南九州に退避されます。その地域が「姫城 ひめぎ」の地名で残っています。


久留米地名研究会にて百嶋講演 201125


魏志倭人伝読んでいらして、全く気付いておられないこと、トウマの国とは阿蘇家の頭領、春日様(天忍穂耳命)が長髄彦の家来だった頃、与えられていた統治地が当麻の国です。場所は奈良県葛城です。あっちの当麻とこっちの投馬をごっちゃにしていますが、倭人伝の投馬は大分県宇佐です。邪馬台国の中心地は今盛んに噴火を繰り返している所、宮崎県の高原町(たかはるちょう)あたりです。もとは姫原(ひめはる)でしたところが、高木大神の一派が、名前を勝手に姫原から高原(たかはる)に変えています。本当の神武天皇のゆかりの地です。姫城(ひめぎ 宮崎県都城市姫城町)は都城市市役所付近の地名です。もとの鹿児島県の国分市及び隼人町(はやと)あの付近一帯を姫城という。それから熊本県の八代のちょっと上に九州王朝のどえらい集落があります(宮原三神宮がある氷川町宮原、以前は「宮原町」その前は「火の村」といった。北東の山手に姫城あり)そこにも姫の城が残っている。


姫城(ひめぎ)は姫氏天皇家がお住まいになる地の名称で、南九州に滞在の折、名がつけられた。今もその地名が残っている場所がある。
 熊本県八代郡氷川町(旧宮原町・竜北町) 八代市泉町の一帯
 宮崎県西諸県郡高原町
 宮崎県都城市姫城町(市役所付近)
 鹿児島県霧島市隼人町姫城 国分姫城
姫氏天皇家は熊本県球磨郡を中心に転々と移動されています。
前期倭国大乱(長髄彦の乱)終結後、また姫氏天皇家は北部九州糸島地方に戻られます。
後漢書の建武中元二年(57) 倭奴国、北宋版「通典」安帝永初元年(107) 倭面土國王師升の記録から「倭奴国」は熊本県球磨郡あさぎり町中心と考えられます。
金印時代の1世紀代、南九州には「伊都國」と「奴國」を一地方の一国とした「倭奴國」があったのです。そして、その南に狗奴国(ヒミコ時代の狗奴国ではありません)があったのです。
其南有狗奴國男子爲王其官有狗古智卑狗不屬女王
 (その南に狗奴国があり男子を王と為し、その官に狗古智卑狗(くこちひく)が有る。 女王に属せず。)
この狗奴国は球磨群の南、宮崎県小林市、生駒地帯を指します。大山祗の領域です。
後に、大山祗ご一統は北上され、熊本県菊池地方に移られます。
そこで、金山彦との衝突が起こり、ヤマタノオロチ神話の形で語られます。
姫氏天皇家、大幡主ご一統も北上され、ヒミコ時代の伊都国、奴国に戻られます。
伊都国に居られた王とは、神武天皇、その子の懿徳天皇、姉のヒミコとなります。
奴国王は大幡主の一代のみです。
よって、魏志倭人伝にいう「世々王有り」の「代々の王」は球磨郡の倭国王帥升以前の歴代の王を指します。歴代の王の墓は熊本県球磨郡一帯に眠っているのです。

7.金印は熊本県球磨からどのように動いた
もし、倭奴国王の金印が熊本県球磨から出土しているとすれば、その金印は人吉相良藩に保管されたと思います。その金印が福岡に動く可能性が相良藩内に見出されるのです。
天明4年(1784)金印が志賀島から出土し、亀井南冥は金印を鑑定し『金印弁』の鑑定書を提出した時代の相良藩の事情です。

肥後人吉藩の第11代藩主は「相良長寛」、この方の母君は筑前福岡藩の第6代藩主「黒田継高」長女「藤子」様です。黒田継高(1719-1769)は黒田家血筋の最後の殿様です。その後、養子を迎えます。
『相良長寛』
生誕宝暦元年126(1752121日、亡1813526)
父:池田宗政(備前岡山藩主 1727-1764)
母:黒田藤子(福岡藩主黒田継高長女)

金印の志賀島出土時、人吉藩11代藩主は相良長寛で、その母は福岡藩主黒田継高の長女黒田藤子です。正室藤子は人吉相良藩内の金印の事情を知っておられたのでしょう。
また、相良藩は慶長年間(1596-1615)「面田(めんだ)」だった村を「免田」に変えておられる。つまり、「倭国王帥升」隠し、引いては「金印」隠しが行われたと見ることもできます。
金印は正室藤子によって持ち出され、福岡藩に持ち込まれた、と私は見るのです。
または、細石神社に一旦保管されたのかもしれません。
そして、亀井南冥に渡り、金印鑑定『金印弁』の鑑定書の創作となります。
熊本県球磨郡錦町の高原(たかんばる)台地があり、そこに「高原」があります。
また、球磨郡あさぎり町に神殿原(こうどんばる)の木原(姫原)があります。
宮崎県高原町の「高原 たかはる」が「姫原 ひめはる」から変更されたように、球磨の高原(たかんばる)は「姫原」の可能性が高い。「姫原」は「姫氏天皇家(王家)の丘」という意味で、王家の住まいです。
球磨郡あさぎり町免田の東の久鹿(くしか)には天子神社、免田の北には荒田大王神社、草津山天子神社があり、この一帯に委奴國王、面土國王師升が居られた可能性が高いのです。
次に考えられるケースです。倭国大乱時、神武天皇、姉のヒミコの移動と共に、球磨から福岡県の糸島に動いたとみることができます。そして、その金印は細石神社に保管され、江戸時代に日の目をみた。
そして、亀井南冥の元に届けられて、金印の志賀島出土説が創作された。
いずれにしても、金印の志賀島出土説は亀井南冥の創作とみました。
金印の出土、あるいは、金印の保管は熊本県球磨が絡み、相良藩で行われたということになります。相良藩は古代の倭国についてかなりの事を知っておられ、いろんな事を隠し続けておられるのではないでしょうか。相良氏の先祖は天皇家姫氏に繋がるのです。しかも、南九州での在地期間は長く、藤原南家の流れをくむ工藤氏の庶流とされるが、これは建前です。
相良藩は熊本県の古代の要地を飛び地として多数藩領されておられるのです。

日本の古代史は、熊本県球磨の古代史がスッポリ抜け落ちています。球磨の古代史が明らかにならなければ、日本の古代史は正確ではありません。

無題.png

高原台地(たかんばる)一帯


 福岡県田主丸町柳瀬村の地名の原点「柳瀬 やなせ」が平原の下に見えます。
 また、「平原」も田主丸町に存在します。「姫治 ひめはる」は浮羽町にあります。

無題.png

百嶋由一郎(極秘)神代系譜(上) 百嶋由一郎008イヨ系譜(下)

無題.png
百嶋由一郎氏が残された神代系譜、講演録音声CD、手書きスキャニング・データDVDを必要とされる方は09062983254までご連絡ください。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | ビアヘロ

2020年01月06日

673 有明海を挟んで久留米を正面に見据える高良玉垂宮 “佐賀県武雄市武雄町永島の玉垂社”

673 有明海を挟んで久留米を正面に見据える高良玉垂宮 “佐賀県武雄市武雄町永島の玉垂社”

                                     20181018


太宰府地名研究会 古川 清久


無題.png

玉垂社 カーナビ検索 佐賀県武雄市武雄町永島14658-3(武雄永島簡易郵便局付近)


 邪馬台国畿内説論者などは古代史など云々する資格などない方々ですからどうでも良いとしても、古代の真実に少しでも迫ろうとする九州王朝論者の大半がいわゆる「邪馬台国本読み」であり、良くて事実上の文献史学論者である上に、九州王朝の現場が九州に集中している事から、全国の方々にそれを求める事はできませんが、九州に居ながらフィールド・ワークなどほとんど無視し、九州など踏んだ事もない古代史家の本を読みああでもないこうでもないと議論するだけの九州王朝論を楽しむ会の方々には軽蔑の念しか抱けないのです。

 自分では何一つ調べようとも、記録を残そうとも、貴重な古文書や伝承を拾おうともせずに、ただ、おしゃべりをしているだけ、それどころか通説派の畿内説論者の学芸員の御高説を拝聴するに至ってはさぞかし古田武彦氏も嘆き呆れきってしまっている事でしょう。

 従って、この神社の存在も、同じく武雄市の北方駅の焼米溜池の付近にあったという玉垂宮の存在も誰も知らない有様なのです。

 最低でも久留米の高良大社に残された「高良玉垂宮神秘書」に高良玉垂命(百嶋神社考古学では第9代開化とします)と仲哀死後の神功皇后が夫婦であった事、その長子が仁徳天皇であると考えられる事(応神の子などとんでもない)ぐらいは知って頂きたいものです。

 事実、この永島の玉垂社も「佐賀県神社誌要」にも纏まった記述どころか社名さえないありさまで、これほどの境内と社殿を持ちながらもまさに無視された神社としか言いようがないのです。

境内には目立った祭神表示もないのですが、薄暗い参拝殿から神殿に向かう通路の右上に非常に読み難いながらも由緒らしきものがありました。

無題.png

花島玉垂社は玉垂の命を祭る太古は御船山東麓にあ里(リ)寛喜年間此の地に祀る

         武雄神社本紀に

 在郡花島村明神■寛喜年中村名主僧長■有珠■之由緒以所以崇祀武雄明神也

 武雄神社古文書に長順の寄進状

         寄進…

寛喜年間 鎌倉期の12291231年(後堀河天皇)


 今回はこの存在を知って頂くことが目的ですので、これ以上は踏み込みません。

 ただ、既にヒヤリングできる古老も失われ、宮司は何も知らない、氏子総代は盥回しで関心を持たない状態では、既に戦後の古代史研究、郷土史研究が神社を無視し続けて来たことの延長に全てが失われてしまっているという悲しい歴史の砂漠が広がっているのです。

 今ならば、まだ、多くの謎を解く手掛かりが残されているのですが村興し町興し世界遺産登録の管制運動に協力する九州王朝論者まで出る有様では、早めに九州王朝論の幟は降ろして貰いたいものです。

無題.png
無題.png

細密系譜原本(部分)


百嶋由一郎氏が残した神代系譜、音声CD、手書きスキャニング・データが必要な方は09062983254まで

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記