太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png読者の皆さんに…真実の神社研究へのご支援を…


太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久




ひぼろぎ逍遥、ひぼろぎ逍遥の読者の皆様、また、グループのブログをお読みの皆様、暑い中、丹念無題.pngにお読み頂き有難いと思っています。


 古田武彦が亡くなり、また、百嶋由一郎氏が亡くなり数年が流れました。


 当初、貴重極まりない百嶋研究の一部でも残せないだろうかと考え、手書きデータや神代系譜文書のDVD化、音声データの保存、複製、宣伝という作業を続けて来ました。しかし、単にデータの保管、配布の体制を確立するだけでは継承ができないと考え、blogで百嶋研究の説明、現場実調を徐々に進め公開してきました。この結果、全国にも理解者が増え始め、神社研究ではなんとか特異な勢力を形成できる所まで漕ぎ着けました。


 既に、百嶋研究の一部でも接点を持った全国の二十五人を超えるブロガーが独自の側面から研究を進めておられますし、ブログは書かないまでも、神社調査を行い記録を残している方もおられます。


 勿論、統一性は取れてはいませんし、なかなか難解な内容だけに、解明できない問題についてはメンバーの若い世代に託すことになるでしょうが、なお不明なものは後世の研究者に期待する事に成るでしょう。


 百嶋先生と知り合いになったのは七年ほど前だったと思いますが、もしも後数年生きておられたならばもう少し古代、神代の謎を継承できたかも知れません。しかし、未熟な者だけで作業を行わざるを得なかった事から今尚皆さんにご迷惑をお掛けしているものと理解しております。


しかし、私達の能力を考えれば、むしろ上出来といったものかも知れません。


さて、メンバーの背骨を形成している中心的思想とは、当然にも九州王朝論です。


 百嶋先生も“私も九州王朝論が分かっていない人に神代史を教えても意味がないし、教えたくないですね…”と言われていた事が今でも耳に残っています(吾は百嶋由一郎の面受の弟子なり!)


さて、四月の近江〜但馬、五月の糸魚川〜諏訪〜山梨、六月の青森と15日間づつ三度に亘って長躯の神社調査を行いました。


ぶっ続けで調査すれば良さそうですが、落ち着いてリポートも書かなければならず、研究会のスケジュールもあってそういう訳にも行かず、各々3,0004500キロの往復の調査とならざるを得なかったのです。


今後も、三重、和歌山、岐阜、福井…と、よりきめ細かい調査に入るつもりですが、もはや資金が底を尽きつつあります。


元々、福島の原子力災害辺りから、これ以上行政機関に留まりたくないとの思いが募り、後先き考えずに58歳で早期退職した事から(当時上の娘は大学に在学中だったのですが)年金と言ってもギリギリ暮らせる程度の物で、なんとかここまで働かずに神社調査を行ってきましたが、既に限界点を越え始めたようです。事実、当会は研究を優先するためメンバーから会費を取る事なく僅かな参加費で運営しています。


人手不足の時代、まだ、働こうと思えば職はあるはずですが、拘束時間が長くなれば、研究を進める事ができないまま人生の終末期を迎える事にもなりかねず、できるだけ体力がある間に遠距離の調査に入りたいと思っています。このため、出来る事ならばこのまま神社研究に専念したいものと考えています。


基本的には年金生活で何とかやっていますので、月額であと二〜三万増やせれば、車の維持、車検、保険、介護保険料、研修所の維持、研究会の組織化、ネット規制に対応するためにもう一つ別の発信のためのサイトの準備……と増加する負担にも対応できるのではないかと考えています。


今後、研究内容を保全するためにも、外付けハード・ディスクをタイム・カプセル化して鍾乳洞に保管する(太陽フレアによる磁気データの消失への対策)とか、研修所の維持、後世に残すためにユーチューブ化してオンエアするなど新たな作業に入る必要も生じており、もし可能であれば、通説とは全く異なる百嶋神社考古学の保護と継承のためのご支援をお願いできないかと考えています。


無題.png



年間一口2000円以上の任意の百嶋神社考古学研究会の支援会員となって頂ければ、九州においでになった際に会員待遇として温泉付き研修所に一泊お泊めできます。九州での神社調査の拠点として活用下さい。


振込用の銀行預金講座、郵便貯金番号は以下の通りです。


 大分銀行 若宮支店 000093−7505802 フルカワ キヨヒサ


 ゆうちょ銀行 店番 778 預金種目 普通預金 口座番号 1165562 氏名上に同じ


また、もし差支えなければ、以下のメールにお名前と住所と電話番号を以下のメールに送信して頂き、カンパした旨の連絡を頂ければ、神代系譜のDVD(既にお持ちの場合はそれに代わる音声データなど)をお送りできるものと考えています。


 携帯のメール・アドレス ariakekai@ezweb.ne.jp携帯 09062983254 (常時対応)


無題.png


E784A1E9A18C-25568.png


無題.png

o0572009514345098971.png

無題.png



2019年01月28日

ビアヘロ075 トルコ系匈奴が持ち込んだ地名について 

ビアヘロ075 トルコ系匈奴が持ち込んだ地名について 

20180812

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 これまで何度も申し上げてきた事ですが、百嶋由一郎氏は大山祗系の人々とは半島の金海金氏であり、金首露王とアユタヤ王国王女(高木大神の同族)から送り込まれた許黄玉との間に産れた金越智氏と白山姫(白族)との間に生じているとお考えだったようです。

 さて、今回はこのトルコ系民族が持ち込んだのではないかと考えている地名の話です。

無題.png

百嶋由一郎015金印神代系譜(部分)


百嶋由一郎氏が残された音声CD、手書きデータ、神代系譜を必要とされる方は09062983254まで


これはトルコ語そのものといったものではないものの、この民族が定着した所に付されやすい地名と言った程度のものでしかありません。

吾平(アイラ)のようにハッキリしたトルコ語の音の置換えを意味してはいないものの、地域の祭祀と地名が対応することから、この地区は彼らが住み着いたものではないかと言った程度の話です。

「吾平」は神武僭称偽神武こと崇神(ハツクニシラス…)ではなく本物の神武天皇(カムヤマトイワレヒコ)の本物のお妃となったアイラツヒメの「アイラ」がトルコ語のアイラール(月)と対応する明らかなトルコ語であることは依然お話しました。


ひぼろぎ逍遥 スポット055 吾平津姫をご存知ですか? “アイラツヒメとはトルコの月姫だった”


 同様にグループの関東・ビューローメンバーの宮古の縁側日記でも本格的に取り上げておられます。

無題.png

アイラと言う意味2016-08-01 12:41:04 テーマ:自然

前ブログでアイラツ姫について書いたのですが、他に気が付いた事があったので少しまとめておきます。


aylar- 名詞, トルコ語 | sprawk - ウェブ、あなたの道を翻訳 

https://www.sprawk.com/ja/term/トルコ語/aylar

aylar [Noun] 1. , つき (日本語) - one of the twelve divisions of the calendar year; 用語 "aylar"トルコ語翻訳、定義、例と一般的な関連語を持っています。

無題.png

そうです、トルコ国旗に描かれる通り、アイラツヒメとはアイラールaylar)姫(月子ちゃん)の事だったのです。

ニニギの墓とされる吾平山陵も良くよく考えれば奇妙な事に思えてくるのです。

ニニギの妃は神武の妃のアイラツヒメではなくコノハナノサクヤなのですから…。

 アイラール問題は一先ずおくとして、星は何かと調べるとユリディズ 「Yıldızでした。

地球:デュニャ 「Dünya月:アユ 「Ay 星:ユリディズ 「Yıldız 木:アアチュ 「Ağaç」(Tree)、タフタ 「Tahta」(Wood) 海:デニズ 「Deniz」 雪:エレクティリック 「Elektrik」 風:ルズガル 「Rüzgar

火:アテシ 「Ateş」 水:ス 「Su

トルコ語で地球、月、星、木、海、雪、風、火 から

星は何かと調べるとユリディズ Yıldızが気になりますが、まさか融月王のユーヅーではないでしょうね…。水:ス 「Su」もそのまま気になります。中国の淮水、弱水…といった川名は彼らによるものでしょう。

馬は…まあ、思考の暴走に陥るのでこの辺りでとめますが、神社のフィールド・ワークを続けていると、地名と大山祗、大国主系の領域にある種の対応に気付く様になってきます。

はっきり分かるのが、三日月であり、石垣、柿ノ木、牟礼、群、諸…といったものですが、一度には片づけられませんので、少しずつ試みて見ようと考えています。

ちなみにトルコ語の三日月は Hilal ay (ayはアイラールですね)であり、馬は atだそうです。

では、第一回目として、気になっている三日月地名を拾うことにしましょう。

下調べのための作業用のノートをそのまま公開するのも申し訳ないのですが、所詮専門家でもない素人の作業とお笑いください。

しかし、三日月は現在のトルコの国旗にも採用されており、彼らにとっても最もシンボリックなものである事は確実です。

このように列島のどこかには必ず痕跡を留めているはずなのです。そして不思議な事に、日本は日の丸として太陽を、彼らは月と星を描いているのです。どちらにせよ、神武天皇のお妃の名がトルコ語だったのですから、外来語として色々な形で取り込まれているはずなのです。

三日月地名

無題.png

兵庫県佐用町三日月

佐賀県佐賀市三日月(旧三日月町)

千葉県松戸市三ヶ月(ミコゼ)

三日月山:福岡市東区立花山の一峰が三日月山でその下に三日月温泉がある。

三日月山:岩手県一関市と宮城県栗原市との境界にある。標高294m

三日月山:鳥取県日野郡日野町と岡山県新見市との境界にある。標高993m


以下は以前も使わせて頂いた

無題.pngという有難いサイトからのデータです。


青森県弘前市       三日月   (みかつき)      「みかつき」と読む

青森県弘前市       三日月神社(みっかつきじんじゃ)「みっかつき」と読む

岩手県一関市       三日月山  (みかづきやま) 

栃木県鹿沼市       三日月神社(みかづきじんじゃ) 

東京都小笠原支庁小笠原村 三日月山  (みかづきやま) 

愛知県名古屋市中川区   三日月橋 (みかづきばし)

愛知県名古屋市中川区   富田町江松 三日月(みかづき)      *情報頂きました。

愛知県愛西市大野山町   三日月  (みかづき) 

三重県伊勢市尾上町    三日月山 (???)           *情報頂きました。

兵庫県佐用郡佐用町    三日月   (みかづき) 

福岡県福岡市東区     三日月温泉(みかづきおんせん) 

福岡県福岡市東区     三日月湖  (みかづきこ) 

福岡県福岡市東区     三日月山 (みかづきやま) 

佐賀県小城市       三日月町 (みかづきちょう) 

大分県日田市       三日月山  (みかづきやま) 

宮崎県児湯郡都農町    三日月原  (みかづきばる) 

鹿児島県大口市      三日月   (みかづき) 


関西圏は兵庫県の旧佐用町程度ですが、明らかに九州と一部愛知に北関東、東北と辺境に分布している事が分かります。まず、始めに大山祗神社との対応を見ましょう。

無題.png

青森県弘前市       三日月 青森県弘前市       三日月神社  

無題.png

岩手県一関市       三日月山  

栃木県鹿沼市       三日月神社 

無題.png


無題.png東京都小笠原支庁小笠原村 三日月山   

愛知県名古屋市中川区   三日月橋 

愛知県名古屋市中川区   富田町江松 三日月

愛知県愛西市大野山町   三日月  

三重県伊勢市尾上町    三日月山 


兵庫県佐用郡佐用町    三日月  

播磨、但馬はスサノウと大国主の一大決戦が行われた地であり、勝者となった大国主一派は兵庫県の大半を制圧しています(「播磨国風土記」)。ここでは息子の大国主(もうそろそろ馬鹿げた出雲王国賛歌は止めて頂きたいですね…漫画でしかありません)祭祀としてトルコ系匈奴が反映されているようです(古川)。


福岡県福岡市東区     三日月温泉

福岡県福岡市東区     三日月湖

福岡県福岡市東区     三日月山 

佐賀県小城市       三日月町 

大分県日田市       三日月山    ここも直ぐ傍の西側に濃厚な大山祗祭祀が存在します。

宮崎県児湯郡都農町    三日月原

鹿児島県大口市      三日月

九州についはコメントを省略しますが、宮崎県児湯郡都農町三日月原は本拠地の一つであり震源地ですね。

一応、不完全ながらもかなりの付合を見せているようです。ただ、茨城県に気になる地名があります。

無題.pngからご紹介しましょう。


【難読地名を行く−茨城編】三日月に由来? ウサギの伝承も 稲敷市月出里(すだち)2016.5.28 15:00PR


無題.png現地でみつけた「月出里」の3文字=茨城県稲敷市月出里(桐原正道撮影)

 茨城県の旧江戸崎町の田園地帯。

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が横断する一角は、「月出里」と書いて「すだち」と読む。同県稲敷市の大字だ。有名な難読地名で、これまでも数々の書籍で紹介されてきた。どのような由来があるのだろうか。

 月出里の自宅前で家庭菜園の手入れをしていた60代の大工、大竹正義さんは「気になって色々な本で由来を調べたことがある」と話す。しかし結局、由来は分からなかったという。

 「角川日本地名大辞典」(角川書店)には「もとは月出と書いて『すたち』と読んだが、のちに月出里(すだち)と改めた」とある。読み方の由来については「地内に大清水という字があり、清水の湧き出る地に由来する」という説と、「上谷原という字があり、州がたっている地に由来する」という説が紹介されていた。

 一方、「筑波地方の地名の由来」(中山満葉著)の説明は実に興味深い。

 「月出里の『月出』は『朏(ひ)』のこと」だと書かれている。は「みかづき」とも読み、「三日月の里」が「朏の里」と転化し、「月出里」になったのではないかとしている。


実はこの「月出」地名が熊本市(熊本市東区月出)と大分県日田市にあります。

以前から気にしていた地名ですがようやく糸口を手にした思いがしています。


【難読地名を行く−茨城編】三日月に由来? ウサギの伝承も 稲敷市月出里(すだち)2016.5.28 15:00


無題.png現地でみつけた「月出里」の3文字=茨城県稲敷市月出里(桐原正道撮影)

 読み方については「新月の現れを小鳥の巣立ちに見立てた」のではないかと推察している。月の満ち欠けで月日の長さを決める太陰暦では、新たな月に入ってから初めて見える月は三日月だ。そのことから三日月のことを新月とも呼ぶ。月に入ってから初めて見える三日月(新月)を、鳥の巣立ちになぞらえたのではないかという説だ。

 前出の大竹さんは「月にちなんでいるのか、月出里にはウサギは食べてはいけないという言い伝えがある」と教えてくれた。諸説あり確かな由来は分からなかったが、三日月にちなんで付けられたのだとすれば、ウサギの伝承もうなずける。(桐原正道)

無題.png

日田市月出(ツキデ)町+月出山(カントウ)岳 下は左「三日月」姓、右)「月出」姓


月出山(カントウ)岳は月出だけでカントウと呼んでいるようですが、山+岳と呼んでいる事から二つの民族の二つの呼称が共立されているようです。勿論、「カントウ」が何かは今のところ分かりません。

無題.png

月出、月田、月足…の方は、まず、トルコ系匈奴ではないかと考えています。

無題.png

ご覧になってお分かりの通り、伊豆半島の中央部に少ないものの「月出」姓のピークを示しています。

三島、伊東がトルコ系匈奴でありもしかしたら関東武士団(源家)がそういう人々だったのではないかを考えさせます。この三島も愛媛県大三島の大山祗神社とも符合する事がお分かり頂けるのではないでしょうか?

無題.png

今回は冒頭の神代系譜を見て頂くことが主眼で、この作業稿を公開させて頂きました。

大山祗、大国主の一族がトルコ系匈奴であり、大国主が現出雲の人だなどと言う(藤原が創った「出雲神話」と出雲テーマ・パーク)馬鹿げたお伽話でしか無い事を知って頂きたいと思って作業中のことながら公開させて頂きました。彼らは主要には九州で活動しており追放された地が現出雲だったのです。

最期になりましたが千葉 地名の由来を歩く という面白いサイトがありますので蛇足ながらご紹介致します。この千葉氏のことには当方も気づいており、ひぼろぎ逍遥 563 七山村に宗五霊廟があるのは何故か? “佐賀県唐津市七山村馬川の馬川神社”として書いています。

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 21:12| Comment(0) | ビアヘロ

539 近江散歩 A 塩津神社 “滋賀県西浅井町塩津浜”

539 近江散歩 A 塩津神社 “滋賀県西浅井町塩津浜”

20180407


太宰府地名研究会 古川 清久


近江散歩(447日)の初日の安曇川では、若宮神社(高良玉垂命と神功皇后の長子=仁徳天皇を祀る)を二社、大荒比古神社、大国主神社(五十猛神社)などに訪問し、早々にも主たる目的地である長浜を目指しました。

足早な理由は前回の近江調査で訪問できなかった塩津神社に行きたかったからでした。

 場所は戦国期の浅井、朝倉、徳川、織田の戦いで著名な賤ヶ岳の合戦で著名な賤ヶ岳の北西に位置する湖岸ですが、実は同名の下鹽津神社(滋賀県長浜市西浅井町集福寺455)があるのですが、こちらは、まだ訪問していない事からまたの機会にまわすとして、まずは、枝垂桜が美しい塩津神社をご紹介する事にしましょう。

無題.png
無題.png

御祭神 塩土老翁神 御神紋 三ツ巴

御由緒 当社創立の年代は詳かではないが、伝えるところに拠れば、上古この地「志波谷」に塩池あり。ささやかな池ながら、塩水間断なく湧出で、これを汲んで製塩の業を行うもの23戸あった。この人等その遠租塩土老翁神を祀り、後又縁の神、彦火火出見尊、豊玉姫尊をも合わせ祀るに至ったと伝える。玉朝時代以降縉紳顕門の来遊もあり、当社を崇敬せられたのである。わけても和気仲世近江呂介に任ぜられるや、数次参籠して霊示の随に、誉田別尊を本社境内に、瀬織津姫尊を境外に奉祀した。文和元年、足利高氏の子義詮、後光厳帝を奉じて当社に参拝され当地の熊谷兵庫直高、治左衛門尉直久等当社を崇敬し、社殿修復に尽くしたが元亀元年火災に罹り殿舎鳥有に帰した。嘉永年中伏見稲荷神社の分霊を勧請して、相殿に奉祀し、居成明神又稲荷神社とも称した。明治5年稲荷の神霊を境外地字清水に奉遷し、社名を塩津神社と復称し、同9年村社に、同17年、郷社に列した。延喜式内未定社。同43年神饌幣帛料供進神社に指定された。尚、当社は中葉「海北之宮」の別称があった。


塩土老翁神とは山幸彦(実はニギハヤヒ=猿田彦)が釣針を失い途方に暮れている時に現れ、龍宮に行き龍王に逢う事を勧めた神として知られていますが、実は博多の櫛田神社の大幡主の事であり、ヤタガラスの父神でもあるのです。

縁起は読み辛いでしょうから前掲の神社庁の由緒をご覧ください。

無題.png
無題.png
無題.png

愛宕権現は金山彦であり秋葉権現でもあるのですが愛宕山とある以上金山彦祭祀でしょう

無題.png

伝えるところに拠れば、上古この地「志波谷」に塩池あり。ささやかな池ながら、塩水間断なく湧出で、これを汲んで製塩の業を行うもの23戸あった。この人等その遠租塩土老翁神を祀り、後又縁の神、彦火火出見尊、豊玉姫尊をも合わせ祀るに至ったと伝える。


 琵琶湖は淡水でしょうから、上記の話は俄かには信じがたいのですが、温泉に食塩泉があるように、内陸部でもミネラル塩たっぷりの塩水が得られる場所があるものです。

 海に恵まれない近江ですが、海に出る事無く塩が得られるとすればこれほど便利なものはなく、しかも船を操る安曇族の入ったところであり、琵琶湖を利用し販路は滋賀県全域をカバーしたのではないかと思われます。ただ、それほどの塩泉ならば、必ず瘡湯や眼病に効く泉といった話が残っているはずであり、今の時代の事温泉センターの一つでもありそうなのですがどうもなさそうなのです。

ちなみに、塩土翁の勧めで龍宮に向かった山幸彦とはニギハヤヒ=猿田彦のことなのです。

 これは結論を急がず、もう少し調べて見たいと思います。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


研究目的で百嶋神社考古学関係資料を必要とされる方は09062983254までご連絡ください

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 21:00| Comment(0) | 日記

2019年01月26日

538 近江散歩 @ 白鬚神社“滋賀県安曇川町”

538 近江散歩 @ 白鬚神社“滋賀県安曇川町”

20180406

太宰府地名研究会 古川 清久

ひぼろぎ逍遥 600 花の舞鎮の先に鎮座する式内社 “京都府舞鶴市の阿良須神社”

その前ブログ 599 花に浮かぶ八幡神社 “山口県山口市阿東の徳佐神社”ではこのように書きました。

 このところ北部九州から近江に移動した人々の具体的な姿を描く作業に追われています。

既に、以下のブログを公開していますのでご覧になった方もおられるでしょう。


ひぼろぎ逍遥(跡宮)

489 神功皇后は佐賀県の脊振山中で産まれた! “宮原誠一の「神社見聞諜」からの転載”

ひぼろぎ逍遥

スポット144 三瀬村トレッキング現地リポート

スポット171 近江の伊吹山の麓に移り住んだ人々

スポット172 姉川と妹川という名を付した人々と息長系氏族

スポット173 亀屋佐京

598 遠い古代に佐賀県東部と筑後から琵琶湖周辺に移動した人々について (縮刷版)


 研究会のスケジュールを縫って再び、近江に足を踏み入れることにしました。

それは、伊藤まさ子女史の丹波丹後の調査に随行する前についでに近江の調査をやってしまおうと思ったからでした。

こうして、おっとり刀の調査旅行が始まりました。

日田市を4216:00に出発したのですが、関門橋を渡り王司パーキング・エリアで最初の車中泊、二区間目の小月インターチェンジで降りれば500円未満で済みますので、渋滞を避けて国道2号線から9号線で山陰に入りました。

 以来、日本海側の無料の高速道路は利用するも、基本的には一般道を利用して750キロを走り、現在は福井県小浜市の手前の高浜町(高浜原発の高浜です)の道の駅の温泉施設の休憩室でブログを書いています。

などと言っていたのは44日までで、既に近江で二日目が終わり、明日の午前中で甲良町、安食町の「高良神社」調査を終えて福井県の小浜市〜高浜町周辺に戻るつもりです。

そこで、どんな温泉でも良いのでのんびりとブログが書けるような所で忘れないうちにブログを書きたいと思っています。

今後、前後もバラバラに思いつくままの第二次近江調査の簡単な備忘録を書きたいと思います。


無題.png

初見の神社ばかりでもあり、地元の詳しい方から見れば馬鹿にされるかも知れませんが、遠来の訪問者の目で見た場合はどのようなものになるかとご容赦願いたいと思うものです。

 さて、安曇川です。そもそも滋賀県の「滋賀」とは志賀島の海人族の移動によってもたらされた地名移動であることは一目です。

 その上で、安曇川も安曇(アヅミ、アドゥミ)族が入っている領域にこの地名が齎されている事は既に述べています。当然にも安土城の安土も同様です。

 このため、この地で最も際立つ神社である白髭神社はというと、この安曇族を率いる大幡主(博多の櫛田神社の主神=ヤタガラスの父神)の配下の神こそがこの神社の本質である事を改めて意識するのです。

無題.png

由緒書きによれば、崇神以降に倭姫命による創建とされています。

 何故、伊勢神宮の鎮座地を探し求められた倭姫命が関係しているのでしょうか?

 結論を急ぎますが、この白鬚神社の祭神こそ山幸彦=猿田彦=ニギハヤヒであり、そのお妃こそが豊受大神=アメノウヅメ=伏見稲荷様=伊勢外宮様であり、ご夫婦神なのです。

 伊勢の外宮の豊受大神の夫神であるからこそ倭姫命が関係しているのです。

 無題.pngによると主祭神は以下の通りです。

 しかし、少しおかしなことに気付きます。

それは一般的にも言えることですが、背後の高地に置かれている神様の方が遥かに神格が高いのです。

ここでもその例に違えません。


御祭神 猿田彦大神

境内社(摂社・末社)若宮神社 天照皇大神宮社 天満宮 豊受大神宮社 八幡三所社 稲荷神社 岩戸社


そして、県神社庁も隠しておられるようですが、若宮神社=仁徳天皇(高良玉垂命と神功皇后との間の実子五人の長子)の父神である高良神社(高良玉垂命)も境内摂社として存在しているのです。

無題.png
無題.png

さて、それほど格式が高くもない猿田彦大神が本来の祭神なのか、格式の高い高良の神や稲荷が元々鎮座してものの何らかの事情があって、猿田彦が表に出されているのかは不明です。

 ここでは、倭姫命が何故登場しているのかという側面についてだけ推定させて頂きます。

 実は、摂社に回されている豊受大神の夫神は、始めは海幸彦=草部吉見=武甕槌命を夫神とされていたのですが、後には山幸彦=ニギハヤヒ=五十猛命=猿田彦を夫神とされ添い遂げられています。

 見てきたような話をしていますが、故)百嶋先生は、伊勢神宮、猿田彦神社の解析によって突き止めておられるのです。

 倭姫命は海幸彦(阿蘇高森草部吉見)と市杵島姫(宗像三女神)との間に産まれた大山咋神と鴨玉依姫(ヤタガラスとの櫛稲田姫の女神)の子である崇神の弟 倭(ウヅ)彦=椎根ツ彦の子である黒砂(イサゴ=砂金)であることから言わば海幸系、阿蘇系の方なのです。

 このことから、この猿田彦のお妃であった豊受大神(伊勢外宮)と天照大神(伊勢内宮)の鎮座地を求めて彷徨われた倭姫命との繋がりができているのです。

 しかし、海幸彦系、阿蘇系でありながら山幸系、ニギハヤヒ系の猿田彦の神社を祀るのは奇妙なのです。

 してみると、元々海幸彦が豊受大神をお妃としていた時代に、豊受大神を祀る神社として成立していたのではないかという可能性があるのです。

 つまり、本来の主神は豊受大神であるとすれば納得が行くのです。

無題.png

では、百嶋由一郎最終神代系譜をご覧ください。

無題.png
無題.png

研究目的で百嶋神社考古学の資料を必要とされる方は09062983254までご連絡ください

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記