太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年01月13日

415 奥出雲の神々 22 鴨倉の鹿島神社

415 奥出雲の神々 22 鴨倉の鹿島神社

20170509

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 鴨倉の建御名方神社から一キロほど山に登ると上鴨倉地区になるのでしょうか、山間の奥まった場所に鹿島神社があります。

 目立たない場所にあったことから場所が分からず、たまたま、野良で鍬を振るっておられたお婆さんに鹿島神社をお尋ねすると、直ぐに目の前の“桜の木の奥にあるよ”と教えて頂きました。

無題.png

建御名方が父大国主命の国譲りに最後まで抵抗した弟神、国譲りを強要した軍神が鹿島神社となると、鹿島神社側は占領軍であり、建御名方神社側は植民地側の神といった関係になるのです。

本来は一食触発の関係のはずなのですが、満開の桜は散らんばかりでした。


無題.png

鹿島神社 カーナビ検索 仁多郡奥出雲町鴨倉686番地

無題.png

神額のない神社はやはり神秘的ですね

無題.png

社殿は古色に満ちていますが、やはり谷あいの神社は湿度が高くこのようになりがちです

無題.png

鴨倉の鹿島神社は、島根県神社庁データに基づくと 主祭神を 武甕槌命 としています。

鴨倉と呼ばれる地に鹿島神社があることは象徴的ですらあります。鴨は上賀茂、下賀茂の「鴨」であり大幡主〜ヤタガラス=豊玉彦=豊国主のエリアを示す地名です。そこに、国譲りを強要した武甕槌を祀る鹿島神社があるのですから、占領軍集落と監視集落と思わざるを得ないのです。

無題.png

さて、この神様が当ブログの「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)の跡宮であると言えば驚かれるかも知れません。

詳しくは 199 「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)の“跡宮”とは何か? をお読み頂きたいのですが、簡単に言えば、この軍神武甕槌とは阿蘇高森の草部吉見神社の神様なのです。


ただ、「(跡宮)って何だ?」という声も聞かれますので、ここで、説明しておこうと思います。

「跡宮」と聞けば古い方ならば、戦後の焼跡ラジオ・ドラマ(NHK連続放送劇と言うべきですか?…実に古い表現ですね…)として全国を沸かした「君の名は」の主人公、氏家真知子の恋人役の後宮春樹を思い出される方もおられるでしょう。

無題.png

勿論、「宮跡」という言葉は存在します。言うまでもなく神社の移転後の跡地程度の意味ですが、実は「跡宮」という表現を残す神社があるのです。

これは、恐らく後置修飾語(フランス語、スペイン語、イタリア語…)の名残などではなく、“確かに御神霊をお移しした跡地ですが、ちゃんと分霊を今もお宮としてお祭りしているものですよ。”といった気概が込められた名称のように思います。


その神社とは、剣豪塚原卜伝が信奉した武甕槌大神を祀る常陸の国の鹿島本宮(跡宮)です。


みなさんは、鹿島神宮に実は「本宮と跡宮」がある事をご存知でしょうか?このことは「新鹿島神宮史」にも記述があり以前より気になる場所でした。今回の探訪は、今までの鹿島散策とは、一味違った散策となりました。本宮と云われているのは、茨城県潮来市大生にある大生(おおう)神社です。
ここは、毎年11月中旬に開催されている茨城県無形民俗文化財ともなっている「巫女舞神事」で、有名です。大生神社は、建御雷之男神を祭神としていますが、梅原猛が「神々の流竄」の中でこの神社の事を言及しています。同著の中で氏は、大生神社が建つ地は大生氏すなわち多臣氏が開拓した地であるという説を紹介していて、これらのことから鹿島は建借間命の名をとって地名としたのではないかと結論づけています。確かに「タケカシマ」から「カシマ」そう言われると尤もに感じてしまうわけですが、ここ常陸の国の大半が多氏によって開拓されたのは事実のようです。ここ、大生神社は多臣の氏神様の地でもあるわけです。 …中略… 鎌倉時代に「光俊朝臣」は歌に


みそらより 跡たれそめし 跡の宮 その代もしらす 神さいにけり

  
と詠み、この跡宮が「鹿島社の大明神がはしめて天くたらせ給いし所なり云々」と伝えています。この跡宮に降りた神こそ、鹿島の神なのでしょうか…。

無題.png

「(武甕槌大神が)神護景雲元年に奈良にご遷幸の際ここから出発されたのでその跡宮として祀る」とあります。                               ブログ「日々平穏」より


お分かり頂けたでしょうか?「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)奥の院 の“跡宮”とは、この神社から採題したものでした。

さて、ブログ「日々平穏」氏がお書きになっているとおり、大生神社は、建御雷之男神を祭神として、大生神社が建つ地は大生氏すなわち多臣氏が開拓した地す。

その多氏こそ「ひぼろぎ逍遥」「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)奥の院 で何度となく書いてきた阿蘇氏の事であり、建御雷之男神、建借間命武甕槌尊…とする阿蘇高森の草部吉見神社の祭神=彦八井耳命=海幸彦=大年神=天児屋根=天忍穂耳=支那ツ彦=贈)孝昭天皇(勿論、本物の天皇ではない)なのです。

この草部吉見神社については、その重要性から「ひぼろぎ逍遥」でも過去何度となく取上げ書いてきました。

「ひぼろぎ逍遥」掲載分のみで「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)奥の院 のものは含まれていませんが、少なくともこれだけは取上げています(以下、関心をお持ちの方はお読みください)。


162

神沼河耳(綏靖天皇)から阿蘇氏を考える“草部吉見が神武の皇子と称する訳”

122

草部吉見神社の深夜の遷座祭

119

阿蘇草部吉見神社の日子八井命御陵

42

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か?  I “肥後人は支那人だった!?”

41

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か?  H “阿蘇から筑後に移動した阿蘇氏”

40

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か?  G “阿蘇ご一家神代系図”

39

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か? F  “八井さんを探して下さい”

38

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か? E  国造神社と風宮神社

37

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か?  D  “草壁吉見神社の参拝客急増”

36

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か?  C  “龍田の神を立野に祀る!”

35

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か?  B   神代系譜

34

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か? A  立田阿蘇三宮神社

33

阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か?  支 那

1

阿蘇外輪山外延部、谷底に沈められた謎の古社「草壁吉見」神社、2011年夏の大祭


ブログの冒頭001から書いている様に、この俗称海幸彦は、山幸彦(実は香取神社の祭神)とともに、常陸の国=日高見の国=北上の国(H音とK音の入れ替わり現象)まで進出していたのです。

これが九州王朝の最大版図であり、第二ブログをスタートさせる時点で、「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)とした理由なのです。

では、この鹿島神宮の鹿島とは何でしょうか?

それこそが、肥前の国(佐賀県)有明海西岸の小都市鹿島市の事であり、佐賀県白石町、嬉野市、武雄市…と境を接する「万葉集」に歌われた杵島山の河岸の間である対岸の鹿島市(鹿嶋アントラーズの鹿嶋と鹿島市は市の名称を巡り多少のトラブルがあったことはご存じでしょう)の意味だったと考えるのです。

この地には、建借間命が東に向かったと言う伝承があり、この「万葉集」に歌われた杵島山は歌垣(嬥歌:かがい)の伝承地であり(常陸の筑波山の歌垣と対応します)、「常陸国風土記」に登場する“だまし討ち”とも対応するのです。

これについては、分かり易いブログがありますのでご紹介します。


 『肥前国風土記・逸文』(万葉集註)にある杵島の峰は比古神・比売神・御子神が鎮座していて、「郷閭(ムラザト)の士女、酒を提へ琴を抱きて、歳毎の春と秋に、手を携へて登り望(ミサ)け、樂飮歌ひ舞ひて、曲盡きて歸る。歌の詞に云はく、「あられふる杵島が岳を峻(さか)しみと草採りかねて 妹が手を執る」是は杵島曲(キシマブリ)なり」

…中略…

 再び常陸国。行方郡の話。

 崇神天皇のとき、健借間命という人が国巣(=土蜘蛛)のヤサカシとヤツクシを倒すため、油断をさせようと「天の鳥琴・天の鳥笛、波の随に潮を逐ひて、杵島唱曲を七日七夜遊び楽ぎ歌ひ舞ひき。時に賊の党、盛なる音楽を聞きて、房(イエ)挙りて男女、悉尽に出て来て、浜傾かして歓咲(ヱラ)ぎけり」。そこで我等がタケ・カシマ、「堡を閉ぢしめ、後より襲ひ撃ちて、尽に種属を囚へ、一時に焚き滅しき」。その戦勝を記念して各地にヨクコロシタとかカンタンニコロシタとかいう意味の地名をつけた……。

 記紀で崇神天皇が東国に使わした四道将軍は「健沼河別命」(古川注:草部吉見の父)であった。この人は、同時期に強敵・越(つまりヤマタノオロチの出身地)を平定した大毘古の息子で、二人がそれぞれ攻めあがって、再会したところを「相津」=「会津」と名づけた。ちなみに大毘古は八代・孝元天皇の息子で・次の開化天皇古川注:高良玉垂命のお兄さんでもある…。ふうむ。タケカシマなんて、鹿島大神を思わせる武人名。やっぱ、タケミカヅチは後付なのかな?          

…中略…

 で、この土着マツロワヌ勢力の二人組みを、だまし討ちにしたり・歌にからめて滅ぼすっていうのは、神武軍・大久米命の得意技じゃあないか! このあたり神武=崇神=ハツクシシラシシスメラミコトのミックスジュースを還元できるかどうかワクワクするところであります。で、やっともとの神武天皇の話にもどった。

ブログ「不思議なことはあったほうがいいより

無題.png

恐らく阿蘇五岳の一つに杵島山があり熊本県にも氷川町(旧竜北町)鹿島や益城郡嘉島町があることもこの通称杵島山や鹿島から建借間命の阿蘇への移動と関係があると考えています(鹿島の前の鹿島は鹿児島県薩摩川内市市の甑島かも…)。

無題.png

写真提供:松尾紘一郎(糸島市)


杵島山より対岸(古代には杵島山は島だった)の鹿島方面を望む(さらに先は雲仙岳)


軍神建借間命の一族(黎族=多氏=宇治氏=支那人)は、雲南省麗江からメコン川を下り、海に出て海南島に集結し、黒潮に乗り、熊本県の天草下島の苓北町に上陸し(この時点で杵島山方面に移動した分派があったと考えています)、その後阿蘇に移動して、先住者であった高木大神(高御産巣日神)の傘下に入ったのです。

その後(神武後)、九州王朝の時代、第9代開化天皇の時代の四道将軍が東日本に送り込まれるのです。

建借間命が直接送り込まれたのか、この神を奉祭する一族が進出したのかは、まだ、見当が付きません。

さらに七〜八世紀になり藤原が権力を掌握して一族を守る軍神が必要とされ春日大社が造られる事は良く知られています。今回は、「跡宮」の意味をお知らせしただけでしたのでここまでとします。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)上、阿蘇ご一家系譜(部分)下

無題.png

研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 23:38| Comment(0) | 日記

2018年01月09日

414 奥出雲の神々 21 鴨倉の建御名方神社

414 奥出雲の神々 21 鴨倉の建御名方神社

20170509

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 鴨倉は大きな谷の集落です。この風景を見ただけでここまでやって来た価値があったと思うほどの素晴らしい景観が広がっていました。

無題.png

 桜満開の鴨倉は大きな谷の集落でした。その割には傾斜がきつくなく、比較的水張り面積の大きい田んぼが広がっています。

訪れたのは四月の半ばでしたが、既に荒起こしや代掻きどころか田植えまで行うところまでありました。

無題.png

鴨倉の建御名方神社は、島根県神社庁データに基づくと 主祭神を 建御名方命 としています。

無題.png

昔は参道に電信柱を置くなど憚られて絶対にありえなかったのですが、今や情けない有様です。

スパンを調整し少しずらすだけで良かったはずなのですが、せっかくの景観が台無しですし、無粋極まりません。


まず、鴨倉と呼ばれる地に建御名方神社があることは象徴的ですらあります。

鴨は上賀茂、下賀茂の「鴨」であり大幡主〜ヤタガラス=豊玉彦=豊国主のエリアを示す地名です。

 そこに、国譲りに抵抗した建御名方神社があるのですから、建御名方命が大国主命、大幡主、豊国主の配下にあった事が想像できるのです。

無題.png
無題.png

境内には幾つかの摂社があります 五穀豊穣様と書かれていますが、当然にもスサノウを祀る石塔です


島根県神社庁データによれば、主祭神は 建御名方命となっています。

境内の摂社を見る限り、スサノウ以外はなく(出雲の場合イソタケルと考えられている可能性も排除できませんが…)問題はないでしょう。

 では、建御名方を考えましょう。

 神代には、武、猛、健、建…と書かれタケル、タケと呼ばれる神様がかなりおられます。

 直ぐに頭に浮かぶのは、「日本武尊」「倭建命」(ヤマトタケルノミコト)や日子波限鵜草葺不合命、彦波瀲盧茲草葺不合尊 (ヒコナギサテケウガヤフキアエズノミコト)ですが、建御名方 も、猛々しい、勇敢な、荒々しい…勇者の意味であろうことは間違いないでしょう。

 残りの「御名方」ですが、そういう名のお方で良ければそれだけの話になってしまいます。

 兄の(あくまでも兄とされただけですが)対する「事代主」です。

これも物事を良く知っている、無難な道を選ぶ計算高い人と言った響きです(あくまでも通説の印象)。

「主」は大国主、事代主、天御中主、大物主…と同族を意味しているのですが、「主」は「ヌシ」「ノシ」、つまり、「○○の人」(シは人)であろうと考えています。

百嶋神社考古学では、事代主も建御名方も兄弟どころか、大国主の近親者ですらありません。

ただ、二神とも大幡主(博多の櫛田神社の主神)の配下で活動していた大国主の臣下のような人物だったのです。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 11:18| Comment(0) | 日記

2018年01月06日

413 奥出雲の神々 20 下阿井の八幡宮

413 奥出雲の神々 20 下阿井の八幡宮

20170509

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 鬼神神社から遠くないところに大呂神社があります。

無題.png

上阿井の大原神社から数キロ下ったところにある神社ですが、心惹かれる一社です。

周辺地図をご覧になればお分かりの通り、鋳物師(イモジorイモノシ)という地名があるように、早とちりながら当然ながら製鉄によって成立した集落だろうと考えてしまいます。

無題.png

島根県神社庁データに基づく 主祭神は 下阿井の八幡宮 誉田別尊・比賣大神・息長足姫命とされています。

八幡宮という社名、祭神から一般的な八幡宮とすることは容易いのですが、無論、元より八幡宮だったはずはないのです。

八幡宮の隆盛は、鎌倉期、それ以前は宇佐神宮が専横を振るい始める時代89世紀以降(久留米市の高良宮が九州の宗廟=列島の祭祀権を宇佐に譲るのは「高良玉垂宮神秘書」によれば749年)、それ以前は所謂八幡神とされる誉田別尊などが祀られているはずはないのであって(八幡神進出以前には祭祀が存在しなかったなどとお考えでしょうか)、必ず何らかの祭神がおられるはずなのです。

そして、往々にしてそれが境内摂社である場合が大半なのです。

無題.png
無題.png

境内には幾つかの摂社があります。

無題.png

子社は武内宿祢社と書かれているようですがこの伊勢神宮は豊受大神か天照か両方かは不明


これが武内宿祢社ならば、九州外では高良玉垂命は武内宿禰に置き換えられているものが殆どで、藤原によって第9代とされた高良玉垂命=開化天皇=仲哀死後の神功皇后の夫神(仁徳の父神)である可能性があるのですが、ひぼろぎ逍遥(跡宮) 091 宇佐神宮とは何か? @ “呉橋から北へと延びる勅使道”〜 同 105 宇佐神宮とは何か? N “そろそろ本殿の探査に踏み込みましょう”までをお読み頂くしかありません。

 この八幡宮の前身は九州王朝の神宮の分社だった可能性を否定できないのです。

無題.png
無題.png

社日神と大宜都比売


オオゲツヒメは鼻や口、尻から食材を取り出しそれを調理していました。スサノオはそんな汚い物を食べさせていたのかと怒りオオゲツヒメを斬り殺してしまいます。すると、オオゲツヒメの頭から蚕が生まれ、目から稲が生まれ耳から粟が生まれ鼻から小豆が生まれ陰部から麦が生まれ尻から大豆が生まれました。

大林太良に従えば、インドネシアのハイヌウェレ神話となるのですが、それが伊勢の外宮の豊受大神に繋がるかはこれからの作業です。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:09| Comment(0) | 日記