太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年03月12日

305 塩土老翁と猿田彦の祭祀圏を天草灘に探る! @ 宮崎の野島神社から

305 塩土老翁と猿田彦の祭祀圏を天草灘に探る! @ 宮崎の野村神社から

20160914

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


既に、ひぼろぎ逍遥(跡宮)278 梅雨明け直前日南市にアイラツヒメを探る!たった四人のトレッキング において、海幸山幸神話に登場する塩土老翁と猿田彦(実は山幸彦=ニギハヤヒ)がセットで祀られる日南海岸の野島神社のお話をしましたが、どうもこの祭祀形態が先行して天草一帯にも広がっていたのではないかという事に気付きました。

 つまり、野島神社は一例であり、元々肥後を中心に不知火海、有明海、天草一帯に存在していたものが東九州にも廻り奇跡的に残されたという気がしてきたのです。

 重要なのは、この野島神社が浦島太郎を祀る神社としている点であり、浦島神太郎を祀る丹後半島の宇良神社の祭神の解析から、浦島太郎とは博多の櫛田神社の大幡主(実は第3代安寧天皇=タマテミ)ではなかったのか?さらにその子が山幸彦=猿田彦だったという事が見えて来たのでした(引用blog参照)。


安寧天皇 日本の第3代天皇。 和風諡号は、『日本書紀』では「磯城津彦玉手看天皇」、『古事記』では「師木津日子玉手見命」。


無題.png

百嶋由一郎(阿蘇ご一家)神代系譜

無題.png

 ここで、289 ひぼろぎ逍遥(跡宮)大宮神社と猿田彦大神 H “猿田彦専門のサイトから”でご覧いただいた一覧表をご覧頂きたいと思います(下)。

 黄色のマーカーの5社は塩○神社という社名になっています。

 恐らくこれらの神社は、製塩を行っていた人々により祀られていたはずであり、本来は塩土老翁を祀っていた(つまり、大幡主と猿田彦の親子)可能性があるのです。

 このデータについては一応「熊本県神社誌」で確認作業を行いましたが、祭神は猿田彦とされており、大幡主は確認できません。

 しかし、どのように考えてもこの5社の社名から考えると、大幡主を祀っていたと考えられます。

 それを消し去ったのは、阿蘇に十五社神社を大量に持ち込んだ阿蘇氏であろうと考えられます。

 つまり、龍王(豊玉彦or大幡主)を祀る神社を十五神社としたのです。龍王→十五(リュウオウ→十五)という訳です。

 これは、机上での推論ですので、台風が近づく中、二泊三日程度の行程で、この五社の調査に入りたいと思います。

 百聞は一見に若かず…か、犬も歩けば棒に当たる…か、初秋の雰囲気が広がり始めた五馬高原から苓州天草へと軽い調査に向かいたいと思います。


山幸彦 = 火遠理命(古事記)、彦火火出見尊(日本書紀)

海幸彦 = 火照命(古事記)、 火闌降命(日本書紀)

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 17:40| Comment(0) | 日記

2017年03月09日

304 打上神社と蟻通明神 

304 打上神社と蟻通明神 

20160914

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


百嶋由一郎氏と初めて接触した時期から頂いていた資料の中に次の物がありました。

 気には掛けてはいたのですが、未だ実踏には至らず、公開もままならないのですが、何時行けるかも分からないまま放置するよりは公開し、現地に近い方々に調べて頂く方が良いのではないか考えお知らせする事にしました。

 本来、現地も踏まずに勝手な翠勺を行うことは危険極まりないもので、ここでは憶測を抑え、簡単なコメントを加えるだけにしたいと思います。

 まず、打上神社です。

無題.png

打上神社 カーナビ検索 大阪府寝屋川市梅が丘1丁目


祭神  武内宿禰  配祀 八大竜王、八幡大神  摂社 住吉社、稲荷社、神明社


敬愛するHP「玄松子」による


「皆さんこの打上の意味がお分かりになっておられません」と言われていたのは百嶋翁でした。

勿論、打ち上げ花火の打ち上げのようですが、そうではなく、御簾の打上(ターシャンという中国語の表記)の意味で、極めて高貴な方の社殿との意味が込められていたのでしょう。

祭神が武内宿祢となっているのは全国的な偽装であり、高良玉垂命その人=第9代開化天皇を祀る超高格式神社の意味なのです。

無題.png無題.png

打上神社(高良神社)

高良大明神と脇神に八幡大神、八大龍王が祀られている本殿へとつづく参道にある大鳥居の前には、「高良神社」と刻まれた大きな石碑が建っている。これは、古くより高良宮、高良明神社として打上村の人々が崇敬していたが、明治時代初めに村社(神社の格式)指定により打上神社とされた。しかし、人々の敬愛の念が強く、今も地元では高良神社と呼んでいる。高い所にあるだけに、古墳石を使った役行者小祠(えんのぎょうしゃしょうし)のある高台に登れば、大阪平野を一望できる眺望がすばらしい。裏山には巨岩をくりぬいて造られた墓室がある極めて珍しい横口式古墳で、国指定史跡の「石宝殿古墳」もある。


HP「観光施設検索」による

無題.png

石宝殿


神殿に御簾が張られているところをご覧になった方は少ないと思います。

 実際、当方も数回の実例があるだけで、よほど高貴な神様なのだろうと思ったものでした。

 天皇の玉座には御簾が張られ直接見通す事が出来ないようになっていた事は良くご存じだと思いますが、

それが神社の神殿にも適用されたものだと考えられそうです。

 まず、関西地区で第9代開化天皇(愚かな御用学者どもが、初代神武を良いとこ取りし、欠史8代などと称して架空としていますが、実は神功皇后と末永く添い遂げた)にお会いになりたければ、住吉大社か、この打上神社に行かれたら良いでしょう。

 ちなみに、御簾の打上に遭遇したのは七支刀のレプリカントが置かれた福岡県旧瀬高町(みやま市)のコウヤの宮からも遠くない、みやま市河内の現仁神社に隣接する玉垂宮でした。

無題.png

蟻通神社


次は蟻通神社ですが、こちらはかなり知られた神社です。

無題.png

蟻通神社 カーナビ検索 大阪府泉佐野市長滝814


表向きは大国主命を祀る神社とされていますが、そうではありません。

 蟻通明神の御正体は中国から与えられた称号である中将を持つヤタガラス=豊玉彦なのです。


紀貫之の故事伝承のお話の後、神社に「蟻通(ありとおし)」と名をつけた由来のお話が続きます。 昔、唐土(もろこし)の国が日本を属国とするため提示した三つの難題に対して主人公の中将が老いた父の助言に従い帝に進言し、問題が解決されます。この三つ目の難題の答となった蟻に糸を結んで七曲りの玉に緒を通したという説話が「蟻通神社」の縁起、社名伝説となりました。智恵のある中将の父によって日本は難を逃れることができました。帝は、褒美を下賜しようとしますが、中将は、老いた両親を助けて欲しいと答えます。  当時、老人は都払いにするという決まりがあったからで、これを聞いた帝は感心して、この習わしを改め、世の人々に親孝行を奨励したといわれています。 後に、この孝養の深い中将と智恵のある両親は、蟻通明神として祀られました。

歌の意味は、「七曲がりに曲がりくねっている玉の緒を貫いて蟻を通した蟻通明神とも人は知らないでいるのだろうか」

同社HP

無題.png

これは下調べですので悪しからずご容赦

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記

2017年03月06日

303 亀甲大の神紋を使う三つの神社“亀甲大紋の意味とは…?” 

303 亀甲大の神紋を使う三つの神社“亀甲大紋の意味とは…?” 

20160911

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

無題.png

御祭神

大巳貴命

左脇殿 天神社(菅原道真公) 右脇殿 綾部神社

福岡県福岡市南区柏原にある。花畑園芸公園の横、道路を隔てて柏原小学校がある。西へ行くと「油山市民の森」。福岡では有名な名所だ。そのため、油山周辺の道路は整備され、当社周辺の道路も綺麗。 玄界灘へそそぐ樋井川にかかる赤い橋を渡ると鳥居があり、階段上は、かなり広い境内。階段途中には神殿跡の碑が建っている。小山全体が神域で、境内も整備され、美しき維持されている。 当社は出羽三山・羽黒山の修験者によって勧請されたとされ、福岡藩主の崇敬も篤かったようだが、なぜか、無格社。大巳貴命を祀り、神紋は、亀甲に大。だが、本社羽黒山の出羽神社の祭神は、伊氐波神で、神紋は巴。ちょっとした謎ではあるが、拝殿には氏子・崇敬者の方々の出羽神社参詣記念の写真なども奉納されている。 大己貴命は、日本書紀では「己」だが、境内案内には「巳」だった。 境内社の天神社祭神は、境内案内には菅原道真となっているが、福岡縣神社誌では埴安神。福岡では埴安神を祀る地禄神社や十六天神社等があり、神紋は梅。天満宮との習合、あるいは関連と思うのだが。

敬愛するHP「玄松子」より

無題.png

五道神社 カーナビ検索  福岡県福岡市西区富士見1丁目23-1


御祭神 大己貴命

この神様は,この地に大国主命や大国様など四十二ものご神名をお持ちで,御神徳は広く,縁結び・家内円満・交通安全特に農耕祖神(たづくりのおやがみ)として知られている。

創建の年月は不詳だが無長きの最も古いものは,元文五年七月(一七四〇年)とあり,それ以前に上川原集落が誕生し,守護神として祭るようになったと思われる。この神社の氏子は,泉・太郎丸川・上川原の広い地域に及んでいる。

空 sora そら 無題.pngより

無題.png

式内社 出雲國意宇郡 熊野坐神社(名神大)

旧國幣大社 出雲國一宮

御祭神

櫛御食野命 別名 素盞鳴尊

伊射那伎日真名子 加夫呂伎熊野大神 櫛御気野命:由緒より

境内 式内社

境内摂社稲田神社 真髪觸奇稻田姫命 相殿 脚摩乳命 手摩乳命 合祀 出雲國意宇郡 前神社 少彦名命

境内摂社伊邪那美神社 伊弉冉命

合祀 出雲國意宇郡 能利刀神社 天兒屋根命 か 太詔戸命

合祀 出雲國意宇郡 田中神社 衢神 か 鈿女命

合祀 出雲國意宇郡 楯井神社 太田命 か 猿田彦命

合祀 出雲國意宇郡 速玉神社 速玉之男命

合祀 出雲國意宇郡 布吾弥神社 埴山姫命 か 埴山姫命 稚産靈命

合祀 磐坂日子命 五十猛命 麓山祇命 爾保都比賣命 山雷神

上の宮境内久米神社 出雲國意宇郡 久米神社

敬愛するHP「玄松子」より

さて、三ページに亘り長々と他のサイトから借用させて頂きましたが、今回のテーマは亀甲大の神紋に関する話です。

 勿論、これ以外でも何度かこの神紋に遭遇した事はあるのですが、類例は少なく貴重なシンボルなのです。

 実は、百嶋由一郎氏が残された手書き資料に次のものがあります。

無題.png

ご覧のとおりですが、この神紋には特別の意味があると考えておられたようです。

 問題はその解読です。

無題.png

未だに意味が解らず逆に公開する事によってアドバイスを受けたいとさえ考えているのですが、上の三社の内二社が大国主命を、一社がスサノウ命を祀っているとしても、本当の祭神は神武天皇(藤原が捏造した贈崇神ではない)の事ですよ、と読み解きなさいとの百嶋先生のメッセジ、アドバイスなのか、それとももっと深い意味があるのかが分からないのです。

 福岡市城南区柏原は神武の本拠地(生誕地は糸島市)だったところであり、腹違いの姉であるオオヒルメムチ=天照大御神=卑弥呼は同じく城南区檜原にいたと百嶋先生は話されていました。

 確かに亀甲紋章は大国主=出雲大社で使われています。

そこで、亀甲紋章のルーツは出雲大社に起源があるなどととぼけたことをおっしゃる方がおられますが、とんでもない馬鹿げた話であり、亀甲紋章は博多の櫛田神社の大幡主の神紋なのです。

 それに大の文字が入っている事から、さらに悪乗りして大国主の「大」が亀甲紋章に入っているのは大国主の意味と単純に考えるべきではないとおっしゃっているように思います。

 そう考えれば、櫛田神社にはスサノウが祀られており、出雲の熊野大社にスサノウが祀られており、亀甲大の神紋である事も整合性が取れるのです。

 スサノウ、大国主共々大幡主の配下で働いておられた事を読み取らなければならないのかも知れません。

 最後に蛇足になりますが、神武がいた福岡市城南区の柏原、天照がおられた檜原の中間に置かれたのが、柏原の羽黒神社なのです。

 その地名が持ち出されたのが当然にも奈良なのです。

 以下の百嶋メモも関連がありそうですが意味が解りません。

無題.png
無題.png
無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 13:45| Comment(0) | 日記