太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年08月18日

367 健男霜凝彦を祀る神社が久住町にもあった “大分県竹田市久住町久住神社”

367 健男霜凝彦を祀る神社が久住町にもあった “大分県竹田市久住町久住神社”

20170303

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


久住山と言えば祖母山と並び称せられる北部九州の登山のメッカです(でした)が、この久住山(登山者にこの表現で良いかは不明ですが)の東南に竹田市久住町があり久住山に向かって久住神社が鎮座しています。初見の神社でしたが、誰が祀られているかは参拝する瞬間まで知りませんでした。

 この点、地名を冠した神社とは○○八幡宮とか○○天満宮といったもののように参拝する直前まで祭神を含めて分からないのです。

 勿論、「神社誌」といった物を見れば分かるのですが、大分県の場合はこれが無い事から、貧弱ながらも他の資料に依る事になります。

 大分県の場合、これもあまり頼りになる物ではないため、明治に作成された「神名帳」に頼る事になります。

 これは後で見て頂くことにしますが、始めは大分の事だからどうせ八幡宮絡みのどこにでもある神社だろうと思いながらも、少しずつ潰していくしかないため、一応、見ておこう、仮に、神名帳に書いてあったとしても、実際に見れば面白い摂社、分社が発見できるかもしれないから…といった感覚だったのです。

 ところが、由緒書を見て驚きました。

無題.png

なんと、健男霜凝彦を祀る神社だったのです。

この驚きが直ぐにはお分かり頂けないと思いますが、この祭神こそ百嶋神社考古学でも最先端の最も難解な問題で、同じ竹田市の大分県竹田市神原(1822)に鎮座する「健男霜凝日子神社」の祭神だからなのです。

 しかも、参拝殿最上部には久留米の高良大社の奥に隠された本物の門光の神文紋が打たれていたのです。

無題.png

さて、同社由緒筆頭に書かれた祭神 彦五瀬命、健男霜凝彦神、姫神が誰なのかです。

 彦五瀬命は「神武皇兄五瀬命」と知られる本物の神武天皇である神武(カムヤマトイワレヒコ)の本物のお妃である吾平津姫(アイラツヒメ)の兄であることから神武兄五瀬命と呼ばれるその人ですが、健男霜凝彦神が問題なのです。

今のところ、この神名で鎮座している神社で承知しているのは前述の祖母山直下の大分県竹田市神原の健男霜凝彦神社外数社なのです。

無題.png

竹田市神原。

 健男霜凝日子(たけおしもこりひこ)神社は実は複数あり、神原には3つある。1つは祖母山頂(1756m)の石祠の上宮、2つめは神原集落にある遥拝所、そして3つめがここ下宮、もうひとつ穴森神社もこのグループに入る。 現在は遥拝所を普通本社とよんでいる。

うたひめロード 奥の奥豊後 による


 竹田市ではなく豊後大野市の緒方町上畑にも健男社がありますので(以下)、竹田市久住町と併せ5社が確認できたことになります。

無題.png

数多い大蛇伝説

 大蛇伝説はこの「姥嶽(うばだけ)伝説」だけでなく,日本各地,いや,アジア各地に存在している。

 『古事記・崇神天皇の条』には次のような伝説が書かれている。

 活玉依毘売(陶津耳命の子)のもとに、正体不明の麗しい男が夜ごとに訪れ、やがて娘は懐妊する。

 怪しんだ両親は「赤い土を床に散らし、へそ(麻の糸巻)の紡麻(つむいだ麻の糸)を男の衣の裾に刺しなさい」と教える。

 夜が明けてみると、糸は戸の鍵穴を通って三輪山の社の所で終わっていた。そこで初めて、娘は男が大物主神であることを知る。その時、戸の内には麻糸が3巻残っていた。そこで、その付近を「三輪」と呼ぶようになった。姥嶽伝説というのは,蛇体の神と人間の娘が交わり子を産むという「神婚説話」を借用して,姥嶽大明神の化身である大蛇と人間の娘が交わり子を産み,その子惟基が大神氏を名乗り,さらに緒方氏の祖となるという筋書きである。この奇異な話は豊後中南部に勢力を張った豊後大神氏の独自性と神秘性を示すための最高の伝説であったことは間違いない。

 そして,この伝説を裏付けるような洞窟や御神木がきちんと存在するところがこの姥嶽伝説のすごいところである。そこで,これからこの伝説と物証?を検証していきたい。

無題.png

  活(ハエ)玉依姫とは通常言われるところの玉依姫ではないので注意を要します。

  藤原が格上げした神武僭称贈)崇神天皇や椎根ツ彦の姉が活玉依姫なのです。

無題.png

お分かりでしょうか?祭神の健男霜凝彦神と五瀬命は同一人物であり、重複している事になります。

 ただ、三神の内の姫神が良く分かりません。

 一応、健男霜凝彦神=五瀬命の妹で本物の神武天皇のお妃アイラツヒメならば順当で、特に根拠はありませんが無難な解釈となりそうです。

 ただ、祖母岳は別名姫岳とされていることから、祖母岳は姥岳でもあり、百嶋神代系譜に於いてウガヤフキアエズの母である豊玉姫を姫神としている可能性もあるのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 11:45| Comment(0) | 日記

2017年08月15日

366 熊本県産山村で遭遇した神社探訪者から問われた玉祖神社と八女津媛神社について B

366 熊本県産山村で遭遇した神社探訪者から問われた玉祖神社と八女津媛神社について B

20170228

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 残されたもう一つの課題に入ります。

 勿論、玉祖神社と八女津媛神社に直接的な関係があるという意味ではありません。

 八女津媛神社と言っても「景行紀」にその名が登場する程度で、女神様であっても、通常、山奥の神社が注目される事はありませんし、実際に現地に足を運ばれる方はほとんどおられないと言っても過言ではないでしょう。

無題.png

八女津媛(やめつひめ)神社

大和朝廷の時代、景行天皇が八女の地に巡幸の折、水沼の県主猿大海が「この地方に女神あり。その名を八女津媛といい、常に山中におる」と奉上したことから八女の地名が起こったといわれ、その女神を祀った1300年の歴史があるとされる神社。

八女市HPによる


丁酉 到八女縣 則越藤山 以南望粟岬 詔之曰 其山峯岫重疊 且美麗之甚 若~有其山乎 時水沼縣主猿大海 奏言 有女~ 名曰八女津媛 常居山中 故八女國之名 由此而起也

日本書紀 卷第七 大足彦忍代別天皇 景行天皇


 そもそも日向神ダムが造られたために急峻な付け替え道路を登り、ダム湖畔として残された町並みからさらに奥まった谷あいの集落からさらに登り込まなければならず、場所が非常に分かり難い上に隘路を抜けなければ届きません。

 このため安易に引用され「日本書記」の記述だけが踊っていると言った印象を拭えません。

 そうした中、“「八女」と「矢部」が同一の地名である”として久留米大学でも講演した永井正憲氏による古代のM音とB音の入れ替わり現象の解析だけが輝いているという個人的な印象は持っているのですが、これとて、著書も持たずHPblogも持たなければ埋もれてしまうだけの事にしかならないのです。

 多少とも関心を持たれる方はyahooでもgoogleでも「八女と矢部」とか「M音B音」などで検索されればユーチューブの講演だけは出てくるものと思います。

 極めて簡略化して言えば、八女市に矢部川が流れ、矢部村に八女津媛が祀られていること自体が非常に印象的であり、本blogの名称である「ひぼろぎ逍遥」も「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」…とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が存在するという日本語の一つの重要な側面から付されているのです。

 この現象も呉音と漢音の問題を胚胎している上に、何らかの民族の進入による権力の交替、言語特性の混在化といった問題と無関係ではなく、この点にスポットを当てない学会の体質と言ったものにまで考えを巡らさざるを得なくなりそうです。

 ともあれ、このようなつまらない国家に於いて、埋もれるものは埋もれるとして放置し、また、「記」「紀」の九割方を嘘と看破した百嶋由一郎氏の説に沿ってこの神社への簡単な解析を試みて見ましょう。

 この八女津姫神社に関する「福岡県神社誌」(中巻277p)の記述は極めて簡素であり、「日本書紀」の仰々しい書きぶりの割には拍子抜けしてしまうほどです。

無題.png

 事実上は、全く何も書いてないのと同じであり、この面からは手の出しようがありません。

 勿論、南北朝争乱期に宮方として最後まで抵抗を続けた五条家の拠点であった土地だけに、寄進する有力豪族と言ったものもないでしょうが、古文書としては全17巻に及ぶ「五条家文書」には八女津媛を探る手掛かりはないのか、中近世史には関心がないため、棚上げにしてしまっています。

 一方、神社の解析、神社の祭神を探るには、神紋、縁起、伝承、近隣の神社、地名、遠方でも同名の神社、摂社、末社、分社…といったものを最大限利用するのですが、表面的にはそのほとんどが使えない事から事実上手におえません。

 しかし、百嶋由一郎氏はその解読を行っておられるのです。

 不思議でなりませんが、恐らく百嶋先生が活動を始められた六〜七十年ほど前までは、伝承、神社の賢い宮司間の秘密の研究会が存在していたと言われていましたので、その延長線上に何らかの情報が残されていたのだろうと思います。

 神社庁、教育員会…といったものが本来はそのデータを確保し後世に伝えるべきでしょうが、何の使命感も無く権力に尾を振り年金と天下り先の心配しかしない方々しかいない状況ではとても期待できそうにはありません。

 もし、そうではない、ちゃんとやっていますと言われるのならば、この福岡県にとっても八女市にとっても貴重な文化遺産をただのお伽話として放置するのではなく、僅かであっても真実に近づく為の作業の一端でも出して欲しいものです。そうでない以上は百嶋研究に依存せざるを得なくなるのです。

無題.png
無題.png

お分かりでしょうか?八女津媛とは神武僭称 贈)崇神の子である豊城入彦(久留米市田主丸町豊城にいたと百嶋先生は言われていました)のお妃であり、別名が天種子胤、また、傀儡相撲で有名な福岡県築上郡吉富町小犬丸353-1の八幡古表神社(細男舞・神相撲)の美奴売大神でもあるのです。

無題.png

では、八女津媛とはどういう素性の方なのでしょうか?

 百嶋由一郎氏は玉名のご出身で有力な大地主の家系でしたので生のデータが得られる立場にあったのだと思いますが、それによれば、ニニギとコノハナノサクヤの子である古計牟須姫と熊本県玉名市の疋野神社(熊本県玉名市立願寺460)の主祭神の御年神=贈)孝安天皇の間に産れた宇佐ツ姫と景行天皇との間に産れた生目入(ニュー)彦=贈)垂仁天皇の妹が八女津姫になるのです。

また、生目入(ニュー)彦の「入」と豊城入彦の「入」とは恐らく丹生で通底しているのです。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記

2017年08月14日

365 熊本県産山村で遭遇した神社探訪者から問われた玉祖神社と八女津媛神社について A

365 熊本県産山村で遭遇した神社探訪者から問われた玉祖神社と八女津媛神社について A

20170228

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


引き続き防府市の玉祖神社について書くことにしましたが、正直言ってあまり気が進みません。

それは三度目の訪問の時でしたが、社殿の写真を撮らせて頂いていると、こちらから話し掛けた訳ではないのですが、宮司だか禰宜だかに高飛車な態度を取られて非常に嫌な印象を受けたことから、きちんとしたリポートを書こうという気持ちが綯えてしまいそれっきりにしていた事によるのです。

まあ、このような事は良くある話であって、いちいち過剰反応するのも大人気がないのですが、その印象は私だけのものではなく、前述の広島からの女性も同様の印象を受けられたとの事、あながち的を外しているとも言えないのかも知れません。

従って、真面目に時間を掛けるつもりはない事から、要点だけを簡略化して書くことにします。

まず、神功皇后紀の話の舞台が穴戸の豊浦宮であったように、古代に於ける豊の国とは穴戸を挟む海峡の両岸に存在していたのではないかという印象を持ち続けています。

事実、しばらく前まで豊北町や豊浦町が存在していましたし、北九州の門司〜小倉一帯が旧豊前国企救郡であったあった訳です。

その範囲がどこまでであったかは不明ですが(当方は近畿大和政権成立以前の豊の国を想定しているので悪しからず)、防府の中心部から富海辺りまでは考えても良いのではないか思っているところです。

無題.png

同社縁起


無題.png玉祖神社の由緒には触れられていませんが、玉祖神社の祭神に関しては「玉祖命外一座不詳」(「山口県神社誌」459p)と書かれており、一般にも関心を呼びそれなりに謎解き動きがあったものと思われます(神社誌参照の事)。

「日本書紀」690年(持統天皇4年)の持統天皇即位を初めとして忌部氏が「神璽の剣鏡」を奉ったとされますが、玉に関する言及はありません。

また「古事記」では、岩戸隠れの際に玉造連の祖神となる玉祖命が作り、八咫鏡とともに太玉命が捧げ持つ榊の木に掛けられた。後に天孫降臨に際して瓊瓊杵尊に授けられたとまではされています。

同社由緒では五伴緒神と「古事記」に沿った書き方がされていますのでそれに従いますが、「記」では五伴緒神とは瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の降臨に従った五神で、天児屋命(アメノコヤネノミコト)、太玉命(フトダマノミコト)、天鈿女命(アメノウズメノミコト)、石凝姥命(イシコリトメノミコト)、玉祖命(タマノオヤノミコト)とされています。

 問題はこれが誰かの見当が付いておられない事だろうと思います。

 百嶋神社考古学では天児屋命(アメノコヤネノミコト)とは藤原の祖であり、阿蘇高森の草部吉見=ヒコヤイミミ=春日大神=武甕槌=海幸彦になりますし、太玉命(フトダマノミコト)は豊玉彦=ヤタガラスになります。

天鈿女命(アメノウズメノミコト)は良く知られていますが、一般的にはストリッパー扱いにしかなっておらず(これは「記」による貶め)、これが山幸彦=ニギハヤヒ=猿田彦のお妃であり、実は伊勢の外宮の豊受大神とはこれまで百嶋神社考古学に接してこられた方は十分にお分かりかと思います。

 ただ、石凝姥命(イシコリトメノミコト)に関しては、百嶋先生の手書き資料の中に天鈿女命(アメノウズメノミコト)と同一とするものがあり、その方向で考えているところです。

 最後の玉祖命(タマノオヤノミコト)ですが、これこそが、同社の主祭神であり、実際には博多の櫛田神社の主神の大幡主命となるのです。この点、同社の神紋が亀甲であることとも通底しています。

もうこれまでにも幾度となく述べてきたのですが、太玉命(フトダマノミコト)の父神にあたる最重要の神であり(同時に天理教の主神でもある)、ニニギより遥かに格上の神なのです。

 つまり、五伴緒神とは実際には四神であり、その中心には忌部の玉祖命と太玉命の親子神が書き留められているのです。してみると長門に忌宮神社が鎮座し、この防府にも忌部の中枢とも言うべき玉祖神社が周防の一の宮として鎮座していることから、この一帯が大幡主系の領域である事が分かってくるのです。

 その証拠に今は陸続きになっていますが、防府市にも田島地区があり、そこにも玉祖神社が置かれています。そうです、現在の宗像大社(辺津宮)が置かれている場所が田島であり(佐賀県の唐津市呼子町の田島神社も同様)、この防府の沖の玉祖神社もその田島に置かれている事からも宗像も忌部であり、三女神も大幡主の一族=忌部だからなのです。

無題.png

では、最後の問題に入りましょう。「玉祖命外一座不詳」(「山口県神社誌」459p)と書かれた謎の一柱とは実はイザナミのことなのです。何を馬鹿な?と思われるでしょうが、イザナギと別れたイザナミは大幡主のお妃となり、熊野那智大社の熊野牟須美神(クマノフスミ)命と名を変えておられるのです。

 それは先夫であるイザナギへの配慮だったと百嶋先生は言われていましたが、東に行けば行くほどイザナミ+イザナギがセットで祀られる事例が低くなる事は神社フリークの方にはある程度お気付きになっておられる方があると思います。

 イザナギはイザナミとセットで祀られますが(多賀神社が代表的)、イザナミがイザナギなしで祀られるケースが非常に多い背景にはこの問題があり、どうやら「古事記」成立時点では、阿蘇系の藤原氏はこの事は伏せたかったのでしょう。従って「一座不詳」とされている理由は、再婚後のイザナミが祀られていたからなのです。前述した理由からこれ以上は書く気にならないのでここまでとしておきます。

無題.png
無題.png

玉祖命とは豊の国の支配者でもあったヤタガラス=豊玉彦の父神であることから玉の祖と呼ばれているのです。従って、残る一神とは金山彦の妹神で、伊邪那岐(イザナギ)命と別れた後ですので、大幡主の妃神としての伊弉冉命(イザナミ)=熊野牟須美(クマノフスミ)命となるのです。


玉造部 たまつくりべ

「たますりべ」とも訓()む。古代、勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)、平玉(ひらだま)などの玉類の製作に従事した職業部である。『日本書紀』神代紀の一書には玉造部の遠祖を豊玉(とよたま)とするほか、玉作の遠祖を伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の子天明玉(あまのあかるたま)などと記している。『古語拾遺(しゅうい)』によると、出雲(いずも)の玉作の祖を櫛明玉命(くしあかるたまのみこと)としているが、これは忌部(いんべ)の祖太玉命(ふとたまのみこと)に率いられた五神の1人という。玉作の地名は、河内(かわち)、大和(やまと)、武蔵(むさし)、下総(しもうさ)、常陸(ひたち)、摂津(せっつ)、近江(おうみ)、周防(すおう)、讃岐(さぬき)、出雲などに及ぶように全国的に玉造部は分布し、中央の玉作造(たまつくりのみやつこ)(玉作連(たまつくりのむらじ))に統率されていたらしい。古代の玉は呪能(じゅのう)をもつと考えられ、『出雲神賀詞(かむよごと)』に「白玉の大御白髪(おおみしらが)まし、赤玉の御赤(みあか)らびまし、青玉の水の江の玉の行相(ゆきあい)」と唱えられるように長寿や健康を祈るものであったから、玉造部は宗教的儀礼に深くかかわっていたようである。[井上辰雄]

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 03:01| Comment(0) | 日記