太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年06月24日

468 2017年8月豊後高田トレッキング B 二つの身潅神社(豊後高田市真玉)

468 20178月豊後高田トレッキング B 二つの身潅神社(豊後高田市真玉)

20170831

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


いったん豊後高田の中心地に戻り、昼食を済ませて次に向かったのは身潅(ミソギ、ミススギ)神社でした。

神道用語の「禊」、みそぎ【禊(ぎ)】罪・けがれをなくすために、川に行って水で体を洗い清めること。「―を行う」と知らぬ者のない言葉ですが、この地の身潅(ソソグ)神社、身濯(ススグ)神社、身滌(アラウ)身灌(ソソギ)、身灌(ススギ)灌ぐは注ぐ(古くはそそく)には正直言って驚かされました。色々な表記が神額やネットや地図に踊っていたからでした。

もしかしたら宗像のミアレ祭も身(アラウ)滌祭りかも知れないのです。

まず、言語学、方言研究からしても非常に面白いと思うことしきりでした。

「ソソグ」とは液体を入れることであり、「ススグ」とは洗濯のススギですから直ぐに意味は分かります。

いずれも水で洗い、穢れを洗う事と理解すべきでしょう。

勿論、用法、ニュワンス、文字が異なる事から、日本語としても異なるものに発展していることは認めざるを得ないでしょう。

しかし…です。九州王朝論者にとってと言っても、どうせ、ほとんどの九州王朝論者もこのような事には全くお気付きではないでしょうが、九州王朝の本拠地と考える太宰府〜久留米〜八女〜熊本を中心とする=所謂瀬戸内海沿岸(大分北半)以外の九州全域でU音が畿内中心のO音と入れ替わる傾向、九州のU音が畿内のO音として発現した傾向を意識せざるを得ないのです。

これまで何度も言ってきた事ですが、この問題は、「大事」「オーゴト」と「ウーゴト」、栂「トガ」「ツガ」、「ホウヅキ」「フウヅキ」…といくらでも例があり、これを意識して考えていると色々な事に気付くようになるのです。

どうやら今回の神社に関しても、その名称から気付かされたのですが、ススグが転化してソソギに発展した事が見えるのです。

勿論、畿内中心の見方しかしない通説の学者はそんなことは一笑に伏すでしょうが。

つまり、九州王朝の畿内への移動(神武の時代とか卑弥呼の時代に移動したのでは=さもしい東遷説 ではないので勘違いして欲しくはないのですが)の主力が、身濯(スス)ぎ を身潅(ソソ)ぎと呼びたい、読みたい(M音×B音)人々だったように見えるのです。

逆に言えば、主として豊前の人々によって畿内の開発が行われたように見えると言う意味もあるのです。

従って、身濯(ススギ)神社と表記している方がより九州王朝的で、身潅(ソソギ)神社と表記している方が近畿大和朝廷的に見えるのです。

身濯神社と表記している濯ぎ=洗濯機の「濯」が「ススギ」を強く意識した神社となるのでしょう。

無題.png

身濯神社 カーナビ検索 大分県豊後高田市真玉黒土588


注ぐ・灌ぐ・潅ぐ そそぐ       .

大辞林 第三版の解説

そそぐ【注ぐ・灌ぐ・潅ぐ】

( 動ガ五[四] ) 〔室町頃まで「そそく」と清音〕

(自動詞)

@  水 が流れ込む。 「東京湾に−・ぐ川」

A 雨・雪などが降りかかる。 「竹の葉に−・ぐ雨」

二(他動詞)

@  液 体を容器などに流し込む。 「田に水を−・ぐ」 「椀わんに汁を−・ぐ」

A 上からふりかける。 「甘茶を−・ぐ」 「降り−・ぐ光」 「痛き傷には辛塩を−・くちふがごとく/万葉集 897

B (涙を)流す。おとす。 「花にも涙を−・ぐ」

C 心・力などをそのほうに向ける。集中する。 「愛情を−・ぐ」 「完成に力を−・ぐ」 「全員の視線が−・がれる」 「心血を−・ぐ」

[可能] そそげる

[慣用] 朱を− ・火に油を−                                                           大辞林


すすぐ【濯ぐ・雪ぐ】

( 動ガ五[四] )

〔古くは「すすく」と清音〕

@

水で洗って汚れを落とす。洗剤などで洗った後、水で洗う。 《濯》 「水をかえて−・ぐ」 「足を−・きて導かむと欲ふ/霊異記 下訓注」

A

汚名・恥などのつぐないをする。恨みをはらす。 《雪》 「汚名を−・ぐ」 「爾なんじが為に恨うらみを−・がん/こがね丸 小波」

B

けがれを清める。 「この世の濁りを−・ぎ給はざらむ/源氏 朝顔」

[可能]すすげる

[表記] すすぐ(濯・雪・漱

「濯ぐ」よごれを洗い落とす。ゆすぐの意。「洗濯物を濯ぐ」  「雪ぐ」不名誉を取り除くの意。仮名で書くことも多い。「汚名を雪ぐ」「恥を雪ぐ」  「漱ぐ」口の中を洗う。うがいをするの意。仮名で書くことも多い。「口を漱ぐ」                                                大辞林

無題.png

身潅神社 カーナビ検索 大分県豊後高田市真玉加礼川


さて、濯ぎと注ぎは似てますね…九州は濯ぎ、関西は注ぎ…U音とO音の問題で実は同じなのです

無題.png

「鬼と仏の国東半島めぐり」による

祭神についてもふれておかなければなりません。


大直日命は大山咋神であり、草部吉見神と市杵島姫の間に産まれた佐田大神=松尾大神=日吉神社で良いでしょう。近くに春日神社があるのですから、草部吉見の子である大直日は覆い被さっているのかも。

また、佐賀長崎県境の竹崎観世音寺の修正会鬼祭、久留米市大善寺玉垂宮の鬼夜、天念寺外の修正鬼会は全て繋がっているのです。

ただ、埼玉県長瀞の宝登山神社に隣接する玉泉寺の巨大松明も全て同じもののようなので(…昨年現認しました)今後、この点についても考えを進めるべきでしょう。

無題.png

真玉の春日神社

無題.png
無題.png

佐賀長崎県境の竹崎観世音寺の修正会鬼祭       久留米市大善寺玉垂宮の鬼夜


この祭は恐らく高良玉垂命と神功皇后の九州王朝による熊襲(トルコ系匈奴大山祗)退治なのです

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 09:38| Comment(0) | 日記

2018年06月20日

467 2017年8月豊後高田トレッキング A 春日神社(豊後高田市真玉)

467 20178月豊後高田トレッキング A 春日神社(豊後高田市真玉)

20170831

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 若宮神社を跡にして次に向かったのは南の春日神社です。

 勿論、豊後高田の中心部にも春日はあるのですが、あれもこれもではなく丹念に、丁寧に踏んで行く事が出来る場合は、できるだけ楽しみを後に残したいのです。

 春日と言えば、言うまでもなく奈良県奈良市春日野町160 0742-22-7788 の春日大社になります。

 多くの神社を見てくるとそれだけで分って来るのですが、多くの重要な港湾=河川=湾奥地=古代の船着き場のそばには決まって春日神社が置かれているのです。

 宇佐も駅館川の河畔に、豊後高田もそうですし国東の中心部に近い真玉でも同様なのです。

 当然、藤原が税金を取っていた痕跡と見れば分かり易いでしょう。

 その事に最初に気付いたのは、十五年も前でしたか、八代の球磨川の河口にも新旧二つの春日神社が置かれていたからでした。その一つは見た目にも古色蒼然たる由緒正しきものに見えたからでした。

無題.png

まず、地名の草地ですが、「草」は「伽耶」の置換え若しくは書き替えであり、この神社の一端を垣間見せているのです。

 社殿に向かうと、たまたま宮司と遭遇し、うちのひねくれたメンバーの鋭い質問の多くに的確にお答え頂き、皆、感銘を受けていたようでした。

無題.png

そもそも、春日神社とは権力を掌握した藤原氏(中臣氏…実は阿蘇氏=多氏=宇治氏)が自らの一族を守るための軍神を祀ろうとして造営したものであり、本来、その神官もその一族その系統の人々が禰宜を務めるもので、事実上の阿蘇系氏族の経営拠点であり戦略拠点であったと考えられます。

 問題はその軍神であり、それを阿蘇の草部吉見なのですが、彼らはそれを知っていながら政治的に知らぬふりをしているだけなのです。

 そもそも、阿蘇の草部吉見神社にしても草部をクサカベと読んではアウトで、伽耶ケ部=伽耶を抑えていた高木大神=高御産巣日神、高皇産霊尊の次女である栲幡千千姫(タクハタチヂヒメ)への入り婿となり高木大神の配下に入った事から草部(カヤベ、カヤカベ)と名乗ったのです。

 それが、この春日神社の鎮座地にも反映されており、草地とはまさしく伽耶地を意味しているのです。

ここで考えておく必要があるのは、阿蘇系の草部吉見は雲南省麗江から海南島を経由し阿蘇に入って来た黎族であり、高木大神系と阿蘇系のスクラムと考えるべき事です。

従って、宮司自体も高木大神系=彦山修験(正勝吾勝勝速日天忍穂耳命=草部吉見の別名)氏族が就いている事が想像できるのです。

軍神建借間命のご先祖の一族(黎族=多氏=宇治氏=支那人)は、雲南省麗江からメコン川を下り、海に出て海南島に集結し、黒潮に乗り、熊本県の天草下島の苓北町に上陸し(この時点で杵島山方面に移動した分派があったと考えています)、その後阿蘇に移動して、先住者であった高木大神(高御産巣日神)の傘下に入ったのです。

本物の初代神武の時代に随行したのが建借間命のはずであり、崇神の時代とされる四道将軍の中にも草部吉見系氏族がいたことから千葉〜茨城に鹿島(海幸彦)、香取(山幸彦)、息栖(ナガスネヒコ)が鎮座しているのです。

その後(神武後)、九州王朝の時代、第9代開化天皇の時代の四道将軍が東日本に送り込まれるのです。

建借間命が直接送り込まれたのか、この神を奉祭する一族が進出したのかは、まだ、見当が付きません。

無題.png

その後、七、八世紀になり藤原が権力を掌握し、一族を守る軍神が必要とされ春日大社が造られる事は良く知られています。

時に、自らの先祖である草部吉見=建借間命の武勇譚を伝え聴いていた藤原系氏族は常陸の鹿島から軍神鹿島大神=武甕槌命を、急遽、奈良の春日野の地に呼び寄せる事にしたのです。

 だからこそ、縁のある熊本の南に嘉島町があり、「常陸国風土記」に登場する杵島振りの歌垣=筑波山の嬥歌=カガイに対応する杵島山の歌垣がある佐賀県白石町の隣に鹿島市が存在しているのです。

 ともあれそうして成立した春日神社ですが背景はさらに複雑です。

ここでは、この奈良の春日の背景には踏み入らずこの三笠山春日神社に限定した話にしましょう。

無題.png

同社由緒


まず、呉崎への塩井汲み神事が巡行の大行列として行われていた事を知った時、これは九州王朝の神事の名残ではないかと感じました。

それは、以前から気にしていた呉崎の地名がそう思わせていたのですが(倭人は呉の太伯の裔)、久留米の高良大社の巡行も二千人の大行列だったのです。

 そう思わせたのも豊後高田の若宮八幡神社の神殿に勅使門らしきものを見たからでした。

無題.png

菊の紋章も鮮やかな豊後高田の若宮八幡神社の勅使門(?)左 門表 右 門裏


 勅使井戸〜勅使門が豊前の大冨神社から呉橋を使う薦神社、宇佐神宮は中継点でしかなく、本当の本拠地は豊後高田つまり国東であり、官道も六郷満山の仏教王国の国東まで伸びていたと考えれば、大松明神事が佐賀長崎県境の観世音寺から久留米の大善寺玉垂宮の鬼夜がとして国東半島の付け根の豊後高田の若宮八幡宮から身潅神社の修正鬼会として繋がっているのではないかという事が見えてきたのでした。

 だからこそ国東は国の東、つまり、九州王朝の東と呼ばれたのだと考えるべきなのです。

 そして、高良大社の正門も唐破風屋根があるのです。「高良玉垂宮宮神秘書」にも一部竜骨船の話が出て来ますが、これも竜骨の入った外洋船を駆使していた九州王朝の栄えある伝統を残すもので、船をひっくり返した構造がそのまま門の構造になっているのです。

無題.png

再び三笠山春日神社に話を戻します。

 経津主命が山幸彦=ニギハヤヒは良いとして、祭神について多少の違和感を覚えるのは、武甕槌命と天児屋根命は同一神と考えるからです。

 ただ、代襲、襲名の意味もあり、後裔の誰かが充てられている可能性はあるでしょう。

 一つの可能性として、常陸に進出した鹿島(カシマ)、香取(カトリ)、息栖(イギス)=ナガスネヒコの三神のナガスネヒコが神武に弓を引いた逆賊として排除され天児屋根命と入れ替えられている可能性は考えておく必要があるように思えます。

 最後の姫大神ですが、これが宇佐神宮の第二御殿の姫大神(宗像三神)や妻垣神社の玉依姫と同一神なら話は簡単ですが、この春日の姫大神には九州王朝正統皇統である呉の太伯の後裔を見るのです。

 それほど国東には古い祭祀形態が残されているように思えてなりません。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


春日神社とは表面的には阿蘇系の草部吉見を祀る神社とされていますが、本当の祭神はお妃である伊勢の外宮の豊受大神=伏見稲荷であり、もっと深くは、その母神の神大市姫=罔象女神(ミズハノメ=大国主命の姉で大山祗命の娘)なのです。

 その痕跡がないかと境内を探ったのですがそれは確認できませんでした。しかし、上の系譜を見て下さい。

 関係する摂社に厳島神社(市杵島姫)があり、スサノウから逃れて姫島に上陸したとされるアカルヒメと言い、アカルヒメを追ってきたとされるスサノウと言い役者がこの一帯に集中している事だけはお分かり頂けるのではないでしょうか?

 呉崎への塩井汲みの巡行と言いこの春日には只ならぬものを感じるのですが、この一帯の調査は始めたばかりであり、これらを調べるにはもう少し多くの事例に当たってからする事にしたいと思います。

無題.png鹿島神宮の跡宮

「ひぼろぎ逍遥」199 「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)の“跡宮”とは何か? で書いたように、「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)の“跡宮”の跡宮も、実は、常陸の鹿島神社の武甕槌大神の跡宮から採題したのでした。


  研究目的のために百嶋由一郎神代系譜、音声CD、手書きデータ…を必要とされる方は09062983254までご連絡下さい。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月18日

466 2017年8月豊後高田トレッキング @ 若宮八幡神社(豊後高田市)

466 20178月豊後高田トレッキング @ 若宮八幡神社(豊後高田市)

20170830

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 大分県では20173月から「大分県神代史研究会」(仮称)を目指しトレッキングを続けていますが、今回は、頻繁に九州のフィールド・ワークを続けておられる内倉武久氏(元朝日新聞記者で「太宰府は日本の首都だった」外3著)と併せ、ブログ数6本、著書数6冊を持つ研究者、フィールド・ワーカー、神社探訪者ばかりのトレッキングとなりました。

 これ以外にも、毎回、入れ替わりながらあと数名が参加される方がおられる事から、徐々にメンバーが増えつつあります。少なくとも学芸員の話を拝聴するだけの研究会が研究会ではない事だけは明らかなのです。特に一番必要なのは地元大分の若手の研究者であり、通説にとらわれない自由で柔軟な思考ができる方です。これもそのうち増えてくるだろうと探査を継続しているところです。

自らの足を使い自らの目と頭を使う方であれば、常時、ウェルカムです。

無題.png

既に3月から5回のトレッキングを続けています。

これまでは見栄えのする大社ばかりを選んでいましたので、今回は、あまりご存じの方も多くない地味な神社ばかりだった事から企画した者として多少は心配をしたのですが、あにはからんや極めて中身の充実したものになったようで、大きな発見もあり、参加者も、皆、満足してくれたようで非常に良い企画だったようです。

無題.png

いずれにせよ多くの目で複眼的な探査が行えることは非常に良い事で今後も継続します。

 既に本質に迫る神社を研究する匿名による秘密の研究団体を創ろうとの話も出ていて、右から聴いて←に貫けるような学芸員の退屈な話を聴かされるだけの講演会と異なる真実に迫る研究会に発展すればと考えています。間違っても「九州王朝論」を楽しむ会や「邪馬台国本を語る会」は無意味です。

 今回はこの @ 若宮八幡社 A 春日神社 B 身灌神社(二社)を巡るもので、blogでも取り上げることにします。

無題.png

これまで、伊美を中心とする国東市周辺、別府市側の杵築市周辺、姫島、そして今回の豊後高田周辺、残るは田渋荘一帯、国東の中心部を巡れば粗方、国東全体の傾向が掴めることになるでしょう。

 ただ、次回(924日)は少し目先を変え、福岡県の豊前市に四公神社と大冨神社を探る事にします。

 さて、国東と言えば六郷満山で知られた仏の国であり天台古刹や修験を感じさせる土地です。

 国東を訪れる人は年年歳歳減っているでしょうが、国東で神社を巡る人はめったにいないでしょう。

 実際、「神社を調べているんです」と言えば妙な顔をされ、あまつさえ神職からも言われるのですからどうしようもないのです。

 さて若宮八幡宮の祭神です。紀氏の国 国東は宇佐神宮の威光に平伏しつつ応神天皇や宇佐の三神を受入れつつも、本来の祭神である高良玉垂命とその長子である仁徳天皇=若宮、当然、母神は神功皇后を祀るものが多いのですが、宇佐に最も近い豊後高田に九州王朝最後の天皇である仁徳が堂々と主神として祀られている事には驚愕をすら感じさせられます。


主 神 大鷦鷯尊 

配 祀 天照大御神、玉祖命、隼總別皇子、大葉枝皇、 小葉枝皇子、雌鳥皇子、多紀理毘賣命

市寸嶋比賣命、天之忍穗耳命、天之菩卑能命、天津日子根命、活津日子根命、 熊野久須比命


 何とも祭神が多いのですが、はっきり分かる祭神は一部です。

 天照は良いとして、玉祖命はお分かりにならないと思います。実は、この神を祀る山口県防府市の玉祖神社=タマノミオヤ神社(同市内に4社)の主神(同社でもこの神が何者かお分かりになっておられないようですが=タマノミオヤ神として理解されているだけ)であり、豊玉彦の祖神にあたる大幡主なのです。

次の隼總別皇子は、はっきりとは分かりませんが、恐らく応神天皇なのでしょう。

大葉枝皇、 小葉枝皇子、雌鳥皇子も見当が着きませんが、もしかしたら神功の連れ子かも知れません。

多紀理毘賣命、市寸嶋比賣命は当然にも宗像の三女神のお二人ですが、大国主のお妃となったお二人の

𧏛貝比売、蛤貝比売に相当する方です。

天之忍穗耳命は、勿論、阿蘇高森の草部吉見であり、天之菩卑能命は玉祖神の子である豊玉彦=ヤタガラスで良いでしょう。

天津日子根命、活津日子根命は宗像の三女神のお二人同様、天照スサノウの子産みの神ですが、最後の熊野久須比命は違います。勿論、熊野三神のお一人ですが、誰もお分かりになっていない事があります。

実は、イザナギと別れた後のイザナミが名を変え玉祖命の(名目上の)お妃となったのが熊野久須比命=ヤタガラスの母神になるのです。

 しかし、隠されている神はあるもので、まず、数が合わないのです。

 全て合わせても14神になり、どう見ても12神隠されている勘定なのです。

 由緒記でも大鷦鷯尊(仁徳天皇)他15神の意味は通常合計15神のはずです(外15神は16神)。ただ、混用もあるため、12神が隠されているとしたのですが、神殿に入ると分かりました。

 神殿に向かって右の脇殿に皇産霊社(高木大神ではないはずですから大幡主=玉祖命)はヤタガラスの親神になるでしょう。

無題.png

そして、向かって左の脇殿が問題でした(予想通りでしたが)。

無題.png

非常に読み辛いのですが、メンバー全員がうっすらと残った高良神社と読んだようですので間違いないと思います。

 やはり、高良玉垂命は隠されているのです。

無題.png

これは本殿の神額ですが、若宮八幡宮と同行の書道家のT氏が読んでくれました。

 結局、祭神の数が合わなかったのは最低でも高良玉垂命隠しだった事がお分かり頂けたと思います。

 その理由は仁徳が高良玉垂命と神功皇后との間に産まれた長子である事実を隠す必要があるからなのです。

 下は久留米の高良大社に残された「高良玉垂宮神秘書」の一部と、百嶋由一郎極秘神代系譜の一部分ですが、系譜の皇宮皇后こそ神功皇后その人であり、仲哀死後の彼女と高良玉垂命との間に産まれた5人の皇子の長子こそ若宮こと斯礼賀志命(シレカシノミコト)=九躰皇子の筆頭であり、事実上九州王朝最後の天皇なのです。

 通常の九州王朝論者の方々はフィールド・ワークができない「記」「紀」を聖典とする文献史学派が主流ですから、どなたも問題としていないのです。

 古田後継若しくは九州王朝論の後継と称する九州の組織も、九州に居ながら自らは一切フィールドに出ず、大半は通説派の教育委員会学芸員などから御高説を賜わる下僕に成り下がっているのですから、故)古田武彦も嘆いていることでしょう。

無題.png
無題.png
無題.png

  研究目的のために百嶋由一郎神代系譜、音声CD、手書きデータ…を必要とされる方は09062983254までご連絡下さい。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記