太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png読者の皆さんに…真実の神社研究へのご支援を…


太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久




ひぼろぎ逍遥、ひぼろぎ逍遥の読者の皆様、また、グループのブログをお読みの皆様、暑い中、丹念無題.pngにお読み頂き有難いと思っています。


 古田武彦が亡くなり、また、百嶋由一郎氏が亡くなり数年が流れました。


 当初、貴重極まりない百嶋研究の一部でも残せないだろうかと考え、手書きデータや神代系譜文書のDVD化、音声データの保存、複製、宣伝という作業を続けて来ました。しかし、単にデータの保管、配布の体制を確立するだけでは継承ができないと考え、blogで百嶋研究の説明、現場実調を徐々に進め公開してきました。この結果、全国にも理解者が増え始め、神社研究ではなんとか特異な勢力を形成できる所まで漕ぎ着けました。


 既に、百嶋研究の一部でも接点を持った全国の二十五人を超えるブロガーが独自の側面から研究を進めておられますし、ブログは書かないまでも、神社調査を行い記録を残している方もおられます。


 勿論、統一性は取れてはいませんし、なかなか難解な内容だけに、解明できない問題についてはメンバーの若い世代に託すことになるでしょうが、なお不明なものは後世の研究者に期待する事に成るでしょう。


 百嶋先生と知り合いになったのは七年ほど前だったと思いますが、もしも後数年生きておられたならばもう少し古代、神代の謎を継承できたかも知れません。しかし、未熟な者だけで作業を行わざるを得なかった事から今尚皆さんにご迷惑をお掛けしているものと理解しております。


しかし、私達の能力を考えれば、むしろ上出来といったものかも知れません。


さて、メンバーの背骨を形成している中心的思想とは、当然にも九州王朝論です。


 百嶋先生も“私も九州王朝論が分かっていない人に神代史を教えても意味がないし、教えたくないですね…”と言われていた事が今でも耳に残っています(吾は百嶋由一郎の面受の弟子なり!)


さて、四月の近江〜但馬、五月の糸魚川〜諏訪〜山梨、六月の青森と15日間づつ三度に亘って長躯の神社調査を行いました。


ぶっ続けで調査すれば良さそうですが、落ち着いてリポートも書かなければならず、研究会のスケジュールもあってそういう訳にも行かず、各々3,0004500キロの往復の調査とならざるを得なかったのです。


今後も、三重、和歌山、岐阜、福井…と、よりきめ細かい調査に入るつもりですが、もはや資金が底を尽きつつあります。


元々、福島の原子力災害辺りから、これ以上行政機関に留まりたくないとの思いが募り、後先き考えずに58歳で早期退職した事から(当時上の娘は大学に在学中だったのですが)年金と言ってもギリギリ暮らせる程度の物で、なんとかここまで働かずに神社調査を行ってきましたが、既に限界点を越え始めたようです。事実、当会は研究を優先するためメンバーから会費を取る事なく僅かな参加費で運営しています。


人手不足の時代、まだ、働こうと思えば職はあるはずですが、拘束時間が長くなれば、研究を進める事ができないまま人生の終末期を迎える事にもなりかねず、できるだけ体力がある間に遠距離の調査に入りたいと思っています。このため、出来る事ならばこのまま神社研究に専念したいものと考えています。


基本的には年金生活で何とかやっていますので、月額であと二〜三万増やせれば、車の維持、車検、保険、介護保険料、研修所の維持、研究会の組織化、ネット規制に対応するためにもう一つ別の発信のためのサイトの準備……と増加する負担にも対応できるのではないかと考えています。


今後、研究内容を保全するためにも、外付けハード・ディスクをタイム・カプセル化して鍾乳洞に保管する(太陽フレアによる磁気データの消失への対策)とか、研修所の維持、後世に残すためにユーチューブ化してオンエアするなど新たな作業に入る必要も生じており、もし可能であれば、通説とは全く異なる百嶋神社考古学の保護と継承のためのご支援をお願いできないかと考えています。


無題.png



年間一口2000円以上の任意の百嶋神社考古学研究会の支援会員となって頂ければ、九州においでになった際に会員待遇として温泉付き研修所に一泊お泊めできます。九州での神社調査の拠点として活用下さい。


振込用の銀行預金講座、郵便貯金番号は以下の通りです。


 大分銀行 若宮支店 000093−7505802 フルカワ キヨヒサ


 ゆうちょ銀行 店番 778 預金種目 普通預金 口座番号 1165562 氏名上に同じ


また、もし差支えなければ、以下のメールにお名前と住所と電話番号を以下のメールに送信して頂き、カンパした旨の連絡を頂ければ、神代系譜のDVD(既にお持ちの場合はそれに代わる音声データなど)をお送りできるものと考えています。


 携帯のメール・アドレス ariakekai@ezweb.ne.jp携帯 09062983254 (常時対応)


無題.png


無題.png



2018年12月13日

525 白川の向こう側 “熊本県菊陽町の楠森天神社と井口天神社”

525 白川の向こう側 “熊本県菊陽町の楠森天神社と井口天神社”

20180211

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 一般的に熊本県には阿蘇神社しか存在しないと思われていますが、「熊本県神社誌」27pによれば、3237社(甲・乙社)中その三分の一近くの1012社が菅原系神社であって特に阿蘇郡、菊池郡の約半数が天満系の神社になるのです。つまり、阿蘇系神社はその後に続くのです。

その原型のようなものに気付いた事から今般取り上げることにしました。

場所は熊本市の東隣、大津町の西隣といったところなのですが、白川の両岸に広がり、近年、空港にも繋がる熊本市のベット・タウンとして人口が増加中のところでもあるのです。

まず、白川の左岸の馬場楠公民館の傍に社殿が無い鳥居と結界だけの神社があります。

無題.png

南には2017年の熊本地震(人工?)によって破壊しつくされた益城町が今も惨状を呈していますが、この菊陽周辺にもそれなりに破壊された場所を見掛けます。

 話が逸れましたが、社殿が存在しないまでも普通は石塔などが御神体として崇敬を集めるのですが、ここでは楠そのものが神体とされているのでしょうか、神社誌を見ても何も記述がないためここではこのような祭祀も存在する事だけをお伝えするに留めます。

 このような何の情報もない場合には、多くのファクトを押さえて帰納演繹する以外に手はないのですが、下流にもう一つの井口天神社が存在する事から見て頂きましょう。 こちらも社殿はありません。

度重なる白川の氾濫の結果絶対に流されない石塔と大楠といったものに信仰が託された可能性はあるのですが、定かではありません。

無題.png

井口の場合はその地名から明らかですが、加藤清正の農業土木による用水路の整備が反映されたもののようにも見えます。馬場楠も含めてエリア外の益城町の大社津守神社の境外摂社の意味合いも持っているようで、同社の甲斐宮司にそのうちお尋ねしたいと考えています。有難いことに立派な縁起が置かれています。そもそも津守神社がある益城町一帯は阿蘇系神社が全く存在しない所であり、阿蘇氏が列島に進出(侵入)するまでの神々も投影されているように思うのですが、それが的を得ているかは不明です。


【天神七代】

日本神話で、天地開闢(かいびゃく)の初めに現れた7代の天神。日本書紀では、国常立尊(くにのとこたちのみこと)、国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)、(以下は対偶神。二神で1代と数える)埿土煑尊(ういじにのみこと)・沙土煑尊(すいじにのみこと)、大戸之道尊(おおとのじのみこと)・大苫辺尊(おおとまべのみこと)、面足尊(おもだるのみこと)・惶根尊(かしこねのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)7代。古事記では、国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神(とよくもののかみ)、(以下は対偶神)宇比地邇神(ういじにのかみ)・須比智邇神(すいじにのかみ)、角杙神(つのぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)、意富斗能地神(おおとのじのかみ)・大斗乃弁神(おおとのべのかみ)、於母陀流神(おもだるのかみ)・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)7代。神代七代(かみよななよ)→地神五代(ちじんごだい)

デジタル大辞泉の解説

無題.png

神世七代 20140930

別天神(ことあまつかみ、別天津神とも)の五柱(造化の三神であるアメノミナカヌシノカミ、タカミムスヒノカミ、カミムスヒノカミのほか、ウマシアシカビヒコヂノカミとアメノトコタチノカミ)に次いで誕生した、古事記の最初に記されている神々の総称。全部で十二柱。一代目、二代目はそれぞれ一柱で、別天津神と同じく独神(ひとりがみ)。三代目以降七代目まで、それぞれ兄妹・夫婦神であり、十柱(男神五柱、女神五柱)いる。

神世七代

一代目:クニノトコタチノカミ - 独神 二代目:トヨクモノノカミ - 独神

三代目:ウヒヂニノカミ | スヒヂニノカミ - 大地が徐々に出来上がっていく

四代目:ツノグヒノカミ | イクグヒノカミ - 生物が発成し育つ

五代目:オオトノジノカミ | オオトノベノカミ - 大地が完全に凝固した

六代目:オモダルノカミ | アヤカシコネノカミ - 人体の完備

七代目:イザナギ | イザナミ - 国産み、島産み、神産み

イザナギとイザナミの子にあたるのがアマテラスで、地神五代に続いていくことになり、初代神武天皇および現在の皇統まで連なる。

敬愛する 無題.png による


まず、宇摩志阿斯訶備比古遲神の神が書かれています。通常の神社探訪ではまず出くわさない消された神様ですが、具体的には出雲大社の客人(マロウド)間以外では目にしないのです。

かく言う私も富士山浅間神社周辺と福岡市名島辺りで見ただけですのでめったに遭遇しないものです。

それが、書かれているのはびっくりしましたが、結局「古事記」を準えているだけと言う事でしょう。

この神が隠されたのは鎌倉期以降の半島系の神を排除する傾向からでもあるのですが(元寇の主力部隊はモンゴルではなく朝鮮、江南だった)、私はこの神がトルコ系匈奴=熊襲の主力部隊だった事から隠されたのではないかと思うのです。

 しかし、通常、天満宮、天神社、天神神社などと呼ばれるものの本質が見えた気がしています。

 つまり、天神様を菅原道真公を祀るものと考えるのは間違いで、立派な人物であったと思うものの、神様に祀り上げられる程の方ではない事は当然であって、藤原の指示で全国に道真を祀れとしてある種の神社群の本当の祭祀を消したのが本質ではないかと思うのです。

 この井口天神社もその一例なのかも知れないのです。

 また、宮崎、大分などで見掛ける天神社は天神神社、天満宮とは異なるものなのかも知れません。

 さて、つい数日前にも“百嶋説では「国常立神」は大幡主=神産巣日神だろう…としていますが、「天常立神」とは誰なのか…といった質問が持ち込まれました。

 メンバーの宮原誠一氏は天御中主命だろうとされているのですが、百嶋神代系譜との対応を考えると私の仮説は、神産巣日神の父神の白川伯王ではないかと思うようになりました。

 勿論、「天」は半島で、「国」は九州で、両方を行き来しているものの本拠地をどちらに於いているかの問題のような気がしています。

 ただ、井口天神社由緒でも神産巣日神と国常立神が別神扱いになっている事が気になりますが、この程度の混乱は良く遭遇するもので、混乱は列島全土に及んでいるのです。今後も悩みは続きます。

無題.png

上は「白川伯王神代系譜」 研究目的で百嶋神社考古学の資料を必要とされる方は09062983254に…

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年12月09日

524 姶良町山中で遭遇した若宮神社 “鹿児島姶良市北山の若宮神社初見”

524 姶良町山中で遭遇した若宮神社 “鹿児島姶良市北山の若宮神社初見”

20180203

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 鹿児島県内にも若宮神社祭祀がかなり存在する事については以前から承知していました。

 事実、薩摩川内市の新田神社にしても境内参道脇には高良神社=何故か祭神を天鈿女命?とするもの が鎮座(高良社、猴等神社とも呼ばれる)しています。

百嶋神社考古学では高良玉垂命(第9代開化天皇)と神功皇后との長子が仁徳天皇こと若宮神社であるとすることから、薩摩にも高良神社+若宮神社祭祀が存在する事を認識するのです。


無題.png

若宮神社 カーナビ検索 鹿児島姶良市北山837-13


姶良市においても姶良市三拾町1896に若宮神社が存在します。

 さて、この北山若宮神社は姶良市からさつま町や薩摩川内市へと山中を抜けるかなりハードなルートの途中で遭遇したものです。

 今回のリポートは、この鹿児島の山中にも高良神社と関係が深い若宮神社が存在した事を報告するだけのものでありそれほどの意味はありません。

無題.png
無題.png

神社正面にはこのような掲示板が置かれていました。

このような山中でそれなりの解説がされている事には頭が下がります。

無題.png

記述からこの地には石清水八幡宮系の橘一族が入っている事が分かります。

 この橘一族(ヤタガラスの後裔)こそ九州王朝を支えた最重要氏族なのです。

また、鎌倉政権に馳せ参じた武士(モノノフ)にも多くの物部系氏族が入っており、その一派が仁徳=高良の若宮祭祀を持ち込んでいる事が見えたのでした。

如何なる情念、如何なる執念を以てこの地に住み着かれたのでしょうか?

今となっては知るすべもありません。

 この神社を奉斎したのは平山氏であり、恐らく、北からの備えとしてその後裔が住み着いたのがこの北山の地でもあったのでしょう。

 同時に鹿児島県に正八幡宮が散見されることの理由が見えて来ました。

元々、正八幡宮とは八幡宮以前の本物の八幡宮の意味であり、応神を正面に立てた後追いの八幡が蔓延る中、本物の八幡=正八幡宮とは大幡主を中心とする白族の神社である事を再確認するものだったのです。

無題.png

平山氏 鹿児島県 1282年(弘安5年)頃、京都の石清水八幡宮から下向した善法寺法印了清が築城したといわれている。

善法寺了清は、石清水八幡宮の祠官の一族であったが、当時、石清水八幡宮と関係が深かった大隅正八幡宮(鹿児島神宮)領の帖佐郷平山村の領家職として、石清水八幡宮の神璽を奉じ、一家眷族、僧侶、医者、大工、染師、土器師等873人を率い、船で帖佐松原八幡江湖に到着した。更に別府川 を遡り、清泉が湧き出している折橋山山上を社地に定め、鍋倉八幡神社(帖佐八幡神社)を創建した。大隅正八幡宮に対して、新たに勧請した八幡ということで、「新正八幡宮」と称した。了清は、八幡の脇に、平安山八流寺増長院を別当寺として建立した。更に神社の西に平山城を築き、地名から平山氏を名乗った。…

大隅国の守護であった島津氏と平山氏は養子縁組を行っており、当初は行動を共にしていたが、次第に対立するようになり、享徳年間(1452 - 1454年)に島津氏第9代島津忠国の弟、島津季久が、平山氏第9代平山武豊を討って帖佐郷を領有した。敗れた平山氏は指宿へ、一族は鹿児島の武村へ移された。季久は、別府川の対岸に瓜生野城(建昌城)を築いて居城とし、平山城には次男の忠康を配し、平山氏の名跡を継承させた。また、季久の三男の満久は隣郷の加治木氏の養子とし、季久の威勢は近隣に及んだ。

ウィッキペディア(20180204 0754による

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年12月06日

523 可愛山稜裏のニギハヤヒの墓所 “鹿児島県薩摩川内市の河合陵神社初見”

523 可愛山稜裏のニギハヤヒの墓所 “鹿児島県薩摩川内市の河合陵神社初見”

20180203

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


ひぼろぎ逍遥(跡宮) 522 鹿児島県姶良市寺師の大王神社初見 において以下のように書きました。


当会にも熱心な道真ウォッチャーもいることから、最低でも藤川天神を見ておいて頂こうという思いから企画したものです。このため、単に藤川天神への参拝などと言ったどこかにあるような郷土史会や史談会の慰安旅行にはしたくない事から、藤川天神内の道真墓地と本物の墓地の確認と併せ、薩摩川内の新田神社や可愛山稜背後地の伝ニギハヤヒの墓の探訪を行なおうと考えているところです。


 姶良市にお住いのアン・ルイス風の女性にご案内頂き、その俄かには信じがたいニギハヤヒの墓所を訪れました。

 このニギハヤヒの陵墓を守るとする奇妙な祭祀については正直言って面食らっています。

無題.png
無題.png

可愛(エノ)山稜の西側の新田神社の境外末社との事ですが、確かに天火明命=ニギハヤヒ=山幸彦

=猿田彦が祀られており墳墓まで整っているのです。

無題.png

ただ、面食らったと申し上げた通り、筑後から筑豊を本拠地として活動した物部氏の中心的神様ですから、何故、この地に…との思いを持ったのは致し方ないのです。


『新撰姓氏録』ではニギハヤヒは、天神(高天原出身、皇統ではない)、天火明命(アメノホアカリ)は天孫(天照大神の系)とし両者を別とする。

19世紀初頭に出現し、後世偽書とされた『上記(ウエツフミ)』にもニギハヤヒへの言及がある。上記によるとニギハヤヒは別名・火明(ホアケ)の命であり、天孫の斎(いつき)として、九州・臼杵の河内山に降臨したとある。その後、第70代ウガヤフキアエズの命の時代に、お后の矢野姫にお告げがあり、奈良の斑鳩山に祀られた。物部氏の祖先は、この二人の間に生れたウマシウチ(第71代と高倉下の弟)であり、ナガスネヒコの甥のウマシマテとは別人であると書かれている。なお、「ニギハヤヒ九州発祥説」の有力な根拠ともなっている。饒速日命の墳墓は、奈良県生駒市白庭台にある白庭山である。

ウィキペディア(20180203 13:47による

無題.png

同社参拝殿神殿(上) 付近は元々川内川の湿地帯だったところのようで殆ど知られていません(下)

無題.png

 薩摩川内市の五代地区と言えば、薩摩焼酎の「五代」が頭に浮かびますが、事実、付近には山元酒造もあるようです(鹿児島県薩摩川内市五代町2725)。

無題.png

このニギハヤヒの墓についてはそのままでは受け取れない部分があるのですが、基礎研究の段階ですから、一から排除する事はやめておきましょう。

 敗残した物部氏の一派がニギハヤヒの遺骨を以て避退した(薩摩に墜ちる)事も考えられますし、危険回避のための分骨も無いとは言えないでしょう。

 この薩摩川内とは球磨川河口の八代と並んで河童渡来伝承のあるところですので、多くの民族、氏族が様々な理由で雪崩れ込む土地柄ではあるのです。下図の大将軍神社はバラつきが大きいが武甕槌神祭祀。

無題.png

謎多きことではありますが基礎調査の段階ですので、先入見に捕らわれることなく落ち着いて考える事にしましょう。

 いずれにせよ、百嶋神社考古学に於けるニギハヤヒのポジションは金神神代系譜のとおりです。

 特に重要に思えるのは同社が新田神社の境外分社とされる関係についてです。

新田神社はニニギ陵墓とされる可愛山陵があることから、ニニギを祀る神社の様に考えられているかも知れませんが、現在は天津日高彦火邇邇杵尊(ニニギ)、天照皇大御神、正哉吾勝々速日天忍穂耳尊(海幸=草部吉見)が祀られているものの江戸時代までは応神天皇、神功皇后、武内宿禰の八幡三神を祀っていた神社のようであり、どう見ても明治期に上位の神社に認められたいとの意向があっての作為が感じられます。その意味で考えれば、陵墓の主であるニニギさえもが疑わしく思えてくるのであって、維新政府に食い込んだ薩摩島津の意向が感じられるのです。

対して、頑強にこの河合山稜神社とチョッポ岡とをニギハヤヒを祀る神社としその陵として祀る人々がいる事に何がしかの信憑性を感じるのは私だけではないと言わざるを得ないでしょう。

 その意味で、この地にニギハヤヒ系の人々が住み着いていた事だけは間違いがないようです。

河合山稜神社の傍には羽田という集落があることから(グーグル・アース画像)、当然、海路南に展開した秦氏=波多氏を思わせるのです。

無題.png

百嶋由一郎 金神神代系譜(部分)


 話は変わりますが、「可愛」「高屋」「吾平」三山陵は明治期に納まりが着かず、結局、鹿児島、宮崎に各々三つづつ割り振られています。要は両県に二つづつ存在しているのです。その意味でバカバカしさを感じるのは常識を持たれる方には説明不要でしょう。

 また、「可愛」と書いて何故「エノ」と呼び習わされているのかについては、ひぼろぎ逍遥 「釜蓋」とは何か?“民俗学者 谷川健一の永尾地名から”@〜Gと、ひぼろぎ逍遥(跡宮)009 なぜ、「可愛」と書いて「エノ」と読む(呼ぶ)のか?(他にもいくつか書いていますが)をお読み頂きたいと思います。この小論で永尾(釜蓋)地名と河合(川会)地名が関係している事を書いています。

 そして、可愛山稜正面にも川内川と隈城川が合流した部分に永尾地名が形成されているのです。


 百嶋神社考古学に関する音声CD、神代系譜、手書きDVDなどの資料を必要の方は09062983254まで

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記