太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年08月09日

484 有明海のど真ん中 湯島の神社探訪 “上天草市湯島の諏訪神社”

484 有明海のど真ん中 湯島の神社探訪 “上天草市湯島の諏訪神社”

20170929

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 有明海の湯島と言えば天草島原の乱の談合島として知られていますが、一般にはほとんど知られておらず、“そんな島ってあったっけ?”…といった認識の方が多いかも知れません。

 まずは場所を確認して頂きましょう。

無題.png

これまで、熊本では数十人単位の大規模なトレッキングを行っていましたが、最近は各自五月雨的に神社トレッキングを行い始めています。調査をする側としては少人数の方が動きやすく調査にもなるのです。

 熊本では女性メンバーが多く土日に休みに難い事があるため、今後は小規模トレッキングを連発した方が密度も上がり、機動的に動ける事から重複が避けられ(勿論、何度も行くことによってようやく分かる事もあるため必ずしも重複が良くない訳でもないのですが)平日に何度か行う方が良いのではないかと考えていました。

第一、何台もの(時として10台も超える)車で狭い神社に移動するのは大変な事なのですから。

今回は、三人で神社を訪問するという話があった事から急遽湯島諏訪神社を見に行くことにしました。

これは、以前、船着き場に上陸しただけの湯島に上り、湯島の諏訪神社を見たと言うだけの小規模トレッキングのリポートになります。

無題.png

この湯島には二十年近く前でしたが、一度だけ、舟釣り(タイ、カサゴ釣り)で波止着けした事がありました。

 それ以来、アコウと猫島としても知られた島をじっくり見たいと思ってきました。

 まさに、個人的には「渡りに船」だった訳で、神社と民俗と猫とアコウが一度に堪能できる「湯島」は一度は踏むべき島だったのです。

 天草島原の乱後、この島も徹底して弾圧が行われたはずで(何しろ反乱の武器である弾丸まで造っていた場所なのです)、キリシタンの痕跡は存在していないはずです。

 こういったところまでもが湯島訪問までのイメージでしたが、30分足らずの船旅(渡船往復1200円)を楽しむ間もなく、直ぐに南側斜面に家並が密集する湯島の集落が見えて来ました。

 勿論、神社研究に於いてはそれほどの重要性はないのでしょうが、有明海の出口とも言っても良い神社は見ておく必要はあったのです。

 まず、「湯島」とは奇妙な名前です。この事が以前から気になっていました。特別温泉が出ている島でもないのに湯島とは…でしたが、意識的に調べさえすれば自ずと理解できる幸運なケースでした。

 以下はネット上にあった有難い資料ですが、調べれば湯島(ユシマ)は石間(イシマ)だった事が書き留められていました。

 火山島だった時代の痕跡は、漁師や船乗りによって代々伝えられていたはずで…もしかしたら岩と岩の間の海底からもガスが沸き湯玉が上がっていた事が地名としても反映されていたのではないかと思うのです。

無題.png
無題.png

明快ですね。普通は他説に容易には順応しないのですが、これは矛盾がなく気になっていたことが払拭できました。もう一つは、東京の「湯島天神」(スサノウ+菅公)との関係です。

「湯島」という名称はこれ以外には見当たらない事から、何らかの関係があるのではないかと考えるのは常識の範囲内です。何やらこの点から町興し村興し風にイベントも行われた事もあるらしいですが、諏訪神社とする湯島神社とは無関係ではないかと考えていました。

 しかし神社を見ると氷解しました。直接の関係があるかは不明ですが、とりあえずは基層に天神様に関係のある神様も祀られていた痕跡があったことからこの点に関しても、一応、関係が全くないとは言えない事が分かり安心しました。祭神はスサノウ→タケミナカタ→金毘羅=オオヤマクイと変わったようです。

今回は息抜きの意味もあったことから、神社さえ見れば、後は、アコウの大木を見て廻り、猫を撫でで、魚でも食べて帰れば満足できそうですので、離島の旅としてはそれだけで完結するのでした。

 さて、「熊本県神社誌」には湯島神社は湯島諏訪神社として建御名方を祀るとそっけなく祭神が書かれているだけでした。

 島には天草五人衆(豊臣政権下の小西領の土豪)でもあった大矢野氏の居城跡もあることから、この建御名方神と言えども、後に大矢野氏が自ら祀ったものである可能性が高く、本来の神は別にあるのではないかと考えていました。

 そこで、神社を見ると思ったとおりで、やはり二つの摂社が境内に置かれていたのです。

無題.png

さて、境内には二つの摂社が置かれていました。

 社殿に向かって左に置かれたのが金刀毘羅神社で、右が祇園神社です。

無題.png

 ここからは推定ですが、恐らく幕藩体制下には金刀毘羅神社が祀られていて、明治か戦後になって、島原の乱で天草が実質的な天領となる前に祀られていた諏訪神社に戻されたのではないかと考えています。

 では、祇園神社は何でしょうか?それこそが、最も古い祭祀であり、肥後3,500社中1,300社を占める菅原系神社がこの天草の離島にまで及んでいたのではないかと考えるものです。

 では、由緒書をご覧ください。「貞観十八年」の記事の通り、これが最も古い祭祀であり、湯島の人々が古来守り祀ってきた神様であろうと思うものです。

 所謂、金毘羅さんは、家康のフィクサーであった天海僧正によって流布された日吉神社=日枝神社の事であり、これは島原の乱後に持ち込まれたものなのでしょう。

無題.png
無題.png

南方系の海岸性樹木であるアコウはイチジク科の木でしたか、イチジクのような実を着けることから磯ヒヨドリのような恰好の餌となり、この鳥の糞と共に海岸に頻繁に種が撒かれます。

塩分を必要とするため海岸から遠く離れては生きていけないのですが、性の強い木であることから成長も早く右側の木でもほんの25年程度なのです。

そして驚くほどの根を張る事から、別名「絞殺しの木」とも言われ、波際の道路や敷地の護岸のために意図的に植えられる事もあるのです(劣化の激しいコンクリートなどよりよほど強いのです)。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:48| Comment(0) | 日記

2018年08月06日

483 古代の痕跡を今に留める高千穂峡の手前に鎮座する不思議な神社 “高千穂町上野 上野神社”

483 古代の痕跡を今に留める高千穂峡の手前に鎮座する不思議な神社 “高千穂町上野 上野神社”

20170922

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 熊本のメンバー数十人単位で大規模なトレッキングを行っていましたが、最近は各自五月雨的に神社トレッキングを行い始めています。

 女性はむしろ土日に休みに難い事もあるため、今後は小規模トレッキングを連発した方が密度も上がり、機動的に動ける上に、重複が避けられ(勿論、何度も行くことによってようやく分かる事もあるため必ずしも重複が良くない訳でもないのですが)平日に何度か行う方が良いのかも知れません。

 第一、何台もの(時として10台も超える)車で狭い神社に移動するのは大変な事なのですから。

 これは、急に時間ができたお二人が神社を訪問するという話を聴き急遽私が加わった小規模トレッキングのリポートなのです。

 これまでは、読者の皆さんにはどうでも良いような話でしょうが、やっている方はそれこそ真剣で、見落としがない様に注意して時間に追われる遠距離の調査を行っているのです。


無題.png

烏岳と愛宕岳との線上に上野神社が置かれている事が分かります。

 また、上野(カミノ)集落の正面に四恩山があるのです。

 愛宕岳は二つ、烏岳も二つあり、この一帯がイスラエル系、瀛(イン)氏の集落である事が分かるのです。

 それにしても四恩岳とは凄いですね…。祇園はシオンの置換えでありシオニストのシオンなのです。

無題.png
無題.png
無題.png

さて、高千穂の神社を取り上げることにします。

 神社研究者にとって高千穂に関して全く触れない訳にも行かないのですが、実のところ、どのように解釈するかはかなり難しく、島津が造った南の高千穂はともかくも、ある程度の信憑性をもった北の高千穂

の分析には注意を要します。

 故)百嶋由一郎氏からは“高千穂と言うか三田井は、元々、高木大神の支配下にありました。長崎県の島原一帯から高千穂まで高木大神が支配しておられたのです。…”といった話を聴かされていました。

 この事からも、隣の熊本県高森町の草部吉見神社の本当の支配者が実は高木大神=ニニギの親父(祖神)であり、草部(クサカベ)の意味も朝鮮半島の伽耶の支配者でもあった高木大神の影響が及んでおり、伽耶部→茅部→草部との表記の変化(鈍化)が起こっているのです。ついでに言えば鹿児島もカヤカベ教も草部のつまり伽耶部なのです。

無題.png

高木大神の次女である栲幡千千姫命(タクハタチヂヒメ)は草部吉見のお妃になられていますね。

無題.png

祭神を見て真っ先に驚いたのは、神日本磐余彦命(カムヤマトイワレヒコ)、吾平津比売命(アヒラツヒメ)という本物の神武天皇と本物のお妃が大切に祀られている事でした。

 インチキ神話の宮崎の事、普通なら神武僭称ハツクニシラス崇神が美々津から東征に出たなどと書きそうなものですが(勿論これは正しいのですが、それは開化天皇=高良玉垂命の命により畿内の支配に入ったのであって、この男が事実上の最初の天皇だなどと言うのは大嘘で、それもただの臣下でしかなかったのです)、これだけでもこの縁起には信憑性が認められるのです。

 次に、伊弉冉命(イザナミ)が祀られるものの、伊邪那岐命(イザナギ)が書かれていない縁起が相当にある事は神社研究者の方はどなたもご存じかと思います。

 これは、直ぐに分かれ、イザナミ=クマノフスミは博多の櫛田神社の大幡主(ヤタガラスの父神)のお妃となられているからなのです。

無題.png

百嶋由一郎極秘系譜(部分)


死んで黄泉国にいかれた伊邪那美神を、伊邪那岐神が追っていったところ、 すでに伊邪那美神の遺体は腐ってうじがたかり、遺体の各部に八雷神が生まれていた。

『古事記』や『日本書紀』本文では、伊邪那岐神は慌てて逃げ帰ったと記されているが、一書には、穏やかに「もう縁を切りましょう」と言い、「お前には負けないつもりだ」と言って唾を吐いた。

その唾から生まれた神が速玉男命。次に掃きはらって生まれた神が泉津事解之男。唾が玉となって飛ぶ姿の神か。絶縁の神だろうか。

なお、速玉神と記す時、速玉男命とする場合と、熊野速玉大社の祭神・伊弉諾尊とする場合がある。


敬愛する玄松子による

この速玉男命(豊玉彦=ヤタガラス)と泉津事解之男こそが金山彦なのです。

日子火火出見命(ヒコホホデミ)=ニギハヤヒと鸕鷀草葺不合命(ウガヤフキアエズ)とは親子関係ですので、当然の配神です。

由緒で、一柱だけ分からぬ神様がおられます。花房比売命(ハナブサヒメ)です。これが全く見当が着かないのです。

分からないものを分かったように書くのが一番危険な事ですので、これは今後の課題とします。

最後の応神天皇(ホンダワケ)=こんなものは天皇などではありはしない…などが加えられていますが、これは宇佐神宮が羽振りを利かした時代の名残でしょう。

 神話の故郷などと持ち上げられすぎた感のある高千穂ですが、今後少し真面目に考えて見たいと思います。ただ、いなければいけないはずの五瀬命が何故おられないのかが不思議です。


研究目的で百嶋神代系譜を必要とされる方は09062983254までご連絡ください

無題.png

ネット検索を続けていると、「花房姫」が出て来ました。しかも、何と直ぐ近くだったのです。

このPDFファイルを発見し何とか見当が着きました。


無題.png

これでは名前を変えても丸わかりで、彦山の正勝吾勝勝速日天忍穂耳命、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(耳が着いているので阿蘇系黎族と直ぐわかりますよね)、この話の花房姫が誰かはタクハタチヂヒメしかありようがないのです。

ただ、この神社は金山彦系(贏氏)、大幡主系(白族)の神社であり、阿蘇系は全く見当たりません。

してみると五瀬命がいないのは不思議です。

 ただ、三田井は元々高木大神(イスラエルorユダヤ系)の領域だったのであり、タクハタチヂヒメがいても良いのです。


ネット上には花房姫の墓まで出て来ます。そのうち遠くはないので足を延ばして見ようと思います。

無題.png

どうやら守実温泉で英山社を探せば良いようです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年08月03日

482 突然涼しくなったので丹波丹後の神社調査に… M 朝来市の粟鹿神社再訪

482 突然涼しくなったので丹波丹後の神社調査に… M 朝来市の粟鹿神社再訪

20170915

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


本稿は7月の但馬調査の際に訪問した朝来のリポートとして書いていた「ひぼろぎ逍遥」515 但馬に勅使門を持つ神社がある “兵庫県朝来市の粟鹿神社”を改訂し「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)に転載するものです。

20170808

 今回の但馬遠征の最大の目的はこの粟鹿神社を見る事でした。

 以前から何度も行こうと思いながらも養父の調査に重点を置いていた事からこれまで果たせなかったのですが、ようやく叶いました。しかし、ここから大きな疑問が湧いて来ることになったのです。

無題.png

当勝(マサカツ)神社は正勝吾勝勝速日天忍穂耳命を祀る神社のようで彦山神社と同類の神社のようです

無題.png

一説ではこの神社の歴史は2000年以上あるとも言われていて、『古事記』や『日本書紀』よりも古い和銅元年(708)に記された『粟鹿大明神元記』には大国主命を祖とする神直が当社の祭祀を執り行ったとことなどが記されているという。

粟鹿神社は『延喜式』式内社のなかでも社格の高い名神大社(みょうじんたいしゃ)のひとつで、朝廷の信頼厚く、国家の大難に対して4度の勅使参向があったことが記録に残っているそうだ。上の画像は勅使門で、朝来市指定文化財となっている。

「しばやんの日々」による


 文中の「大国主命を祖とする神直が当社の祭祀を執り行った」は少し疑問があり、「神直が」は「神直日が」が正しいのではないかと思ってしまいます。しかし、HP玄松子氏も採用されており、誤植と言ったものとは考えられず、ここでは神直(カミノアタイ)が何か?と保留しておきます。

神直日は知られていませんが、故)百嶋由一郎氏作成の神代系譜によれば以下のようです。


直毘神

直毘神(なおびのかみ、なほびのかみ)は神道の神である。穢れを払い、禍(まが)を直す神とされる。

日本神話の神産みにおいて、黄泉から帰ったイザナギが禊を行って黄泉の穢れを祓ったときに、その穢れから禍津日神が生まれた。この禍津日神がもたらす禍を直すために生まれたのが直毘神である。『古事記』では八十禍津日神・大禍津日神が成った後に神直毘神(かみなほびのかみ)、大直毘神(おほなほびのかみ)と伊豆能売の三柱が成ったとしている。『日本書紀』第五段第六の一書では八十枉津日神が成った後に神直日神(かみなほひのかみ)大直日神(おほなほひのかみ)の二柱の神が成ったとしている。同段第十の一書では少し異なっており、イザナギが禊の際に大直日神を生み、その後に大綾津日神(大禍津日神と同一神格)を生んだとしている。

ナホは禍を直すという意味である。ビは神霊を意味するクシビのビとも、「直ぶ」の名詞形「直び」であるともいう。いずれにしても、直毘神は凶事を吉事に直す神ということである。ナホ(直)はマガ(禍、曲)と対になる言葉であり、折口信夫はナホビの神はマガツヒの神との対句として発生した表裏一体の神であるとしている。また、直毘神は穢れを祓う神事を行う際の祭主であり、伊豆能売は巫女であるとも考えられる。

ウィキペディア(20170808 18:02による

無題.png

百嶋由一郎 008イヨ系譜(部分) 神直日を確認して下さい 勿論通説とは異なります


 朝来市和田山の赤淵神社にも勅使門があるのですが、寺院に比べて神社の勅使門は非常に少なく、勅使殿とか勅使館はあるとしても、これまで宇佐神宮(宇佐市)、薦神社(中津市)の呉橋以外見たことがありませんでした(最近、国東半島国東市の岐部神社、豊後高田市の若宮八幡社にそれを疑うものを見出しています)。


無題.png

御祭神 彦火々出見尊、あるいは日子坐王(玄松子による)


百嶋神社考古学では、彦火々出見尊=山幸彦とは、猿田彦でありニギハヤヒでもあるのですが、もしも主神が彦火々出見尊であるとすると、摂社の猿田彦が何なのか?という問題があるのです。

多分、彦火々出見尊=山幸彦が猿田彦は別神としているからなのでしょうが、その点、日子坐王説は受け入れやすい所です。

 大阪から急遽お呼びした内倉武久氏(元朝日新聞社記者で「太宰府は日本の首都だった」ミネルヴァ書房 外3著)と共に同社の女性宮司に詳しくお話しをお聴きしました。深謝。

無題.png

菊と抱茗荷の合神紋に男千木

粟鹿神社

御祭神 彦火々出見尊、あるいは日子坐王兵庫県朝来市(旧山東町)にある。梁瀬駅から、427号線を南東に2Km。そこから南へ1Km弱、粟鹿川の南、粟鹿にある。道路の西側に白い鳥居が立ち、参道をあるくと、土塀に囲まれた境内。北側に勅使門、南側に日の出門がある。勅使門は、神功皇后が新羅から凱旋して当社に参拝したことに因むものという。日の出門をくぐると、境内北側には南向きの社殿。

境内社は、南側に天満宮(菅原道真公)。西側の池の中に厳島神社(市杵島姫命)。その後方、丘の上に稲荷神社(保食神)。丘の麓に、茗荷神社(草野姫命)と床浦神社(大己貴命)がある。また、社殿の東側に馬舎のような猿田彦神社(猿田彦神)。 創祀年代は不詳。一説には、崇神天皇の御代、粟鹿山の麓に創立されたといい、また、景行天皇十二年、天皇が筑紫の熊襲を征圧した時に勅して天皇の祖を祀ったとも。神功皇后三韓征伐の際に神助ありて凱旋後に奉幣使を立てたという。天正九年(737)の『但馬国正税帳』(正倉院文書)にも「朝来郡粟鹿神戸祖代六十六束二把」とある古社。粟鹿の名は、昔、粟鹿山の洞穴に住む一頭の鹿が、粟三束をくわえ、村に現われ、人々に農耕を教えたという。その鹿を祀ったのが、当社であるという。また、粟鹿山の荒ぶる神を祀ったとも。 但馬国一の宮。 祭神は彦火々出見尊。

以前は上社、中社、下社とわかれていたらしく、上社に彦火々出見尊、中社に龗神、下社に玉依姫を祀ったとも。あるいは、四道将軍の一人であり、日下部連の祖、丹波道主の日子坐王とする説もある。

本殿裏側のこんもりとした丘が、日子坐王の墳墓という伝承も。

さらに、粟鹿の社号から、伊和大神の妹・阿和加比売命を祀るという説もある。

近年発見された『粟鹿大明神元記』和銅元年(708)八月に、大国主命を祖とする神直が当社の祭祀を執り行ったとある。神紋は、茗荷と菊の合せ紋。茗荷紋は、境内社・茗荷神社に由来するらしい。

敬愛するHP玄松子による

無題.png

由緒 当社は但馬国最古の社として国土開発 の神と称す。国内はもちろん、付近の数国に わたって住民の崇敬が集まる大社であり、神徳高く延喜の制では名神大社に列せられた。人皇第一〇代崇神天皇の時、第九代開化天皇の第三皇子日子坐王が、四道将軍の一人として山陰・北陸道の要衝丹波道主に任ぜられ、 丹波一円を征定して大いに皇威を振るい、天皇の綸旨にこたえた。粟鹿山麓粟鹿郷は、王 薨去終焉の地で、粟鹿神社裏二重湟堀、現存する本殿後方の円墳は王埋処の史跡である。 旧県社。−『全國神社名鑑』−


 九州王朝論者の皆さんに対して、嘘つきの畿内説論者や愚かな東遷論者など相手にせず、是非とも知って頂きたいのは、この無題.png第九代開化天皇こそ久留米市の高良大社の高良玉垂命なのであり四道将軍を送り込んだのも九州王朝そのものであるという事実です。

 すると藤棚がある事も、日子坐王が祀られている事も、勅使門がある事もすんなり理解できるのです。右は「高良玉垂宮神秘書」のほんの一部です。

 勅使門は、神功皇后が新羅から凱旋して当社に参拝したことに因むものという。話一つにしても、高良玉垂命と神功皇后が夫婦であったとの話を理解するならば理解できる事であり、捏造の書でしかない「記」「紀」を真に受けて議論する事から離脱されるべきではないかと思うものです。

遠く九州を廻らなくても畿内の一部の但馬にも播磨にも九州王朝を垣間見ることができる現場はあるのですから少しは文献から解き放たれ現場を重視して欲しいものです。

無題.png

百嶋由一郎038重要系譜裏



研究目的で百嶋神代系譜を必要とされる方は09062983254までご連絡ください


 同社由緒を以下に掲載しています。

由緒は「古事記」に遡る事4年の和銅5年の文献に基づくもので朝来市の前身に該当する旧教委の尽力には敬意を払わざるを得ません。なお、百嶋神社考古学では天足彦は形式的に開化の子とされたとします。

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記