2022年06月18日

887 八丁峠を越えて二つの千手集落がある 嘉麻市千手2153の八幡宮

887 八丁峠を越えて二つの千手集落がある 嘉麻市千手2153の八幡宮

20210511

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


福岡県嘉麻郡と朝倉郡との間にはかなりの山があり容易には人々の移動ができませんでしたが、最近、全長4キロ弱の八丁トンネルが穿たれ、朝倉から飯塚(嘉麻)、飯塚(嘉麻)から朝倉まででも車が込んでいなければ(混むことはほぼ無いはずです)それこそ30分そこそこで移動できる事になりました。

このため、分散している多くのメンバーが集まり易くなり、今般の雨で二度延期した「大国主命は朝倉郡を譲らされた(日隅宮の発見)」トレッキングも初回25弱、以降も5回を加え延45名程度が参加するトレッキングとなった次第です。

無題.png
無題.png

まさに山上楽園といった趣の千手集落(嘉麻市側)です


「福岡県神社誌」をご覧になってお分かりの通り、只の八幡宮となっており、千手の他の神社との区別が着きませんでした。

 祭神が応神、神功皇后、玉依姫というかなり珍しい組み合わせに驚きます。

 また、神功皇后と開化天皇との長子若宮=仁徳(シレカシノミコト)俗称オオササギが若宮神社として祀られている事に感動させられます。

 扉のマークが稲荷の紋章ですので、スサノウ、辛国息長大神大目命=伏見稲荷=伊勢外宮豊受大神というスサノウ+大山祗系の祭紙が強く押し出されています。

 故)百嶋先生からは「千」の付く地名、千住、千束、千田…は、物部集落と教えられていますが、ここもその典型と言えるようです。

 福部神、福智神が不明ですが、いずれも製鉄神と考えられ、冬場に南に山を背負い北西方向に風を受ける土地柄は製鉄適地とまでは言えそうです。

 福は金吹きの意味なのでしょう。

無題.png
無題.png

多くの随神が祀られていますが、このようにこの地域の人々が古来祀って来た神々を正しく伝えてこそ神社が継承されるのであって、この努力には惜しみない拍手を送りたいと思います。

ただ、それでも報われないほどに神社を取り巻く環境は危機的としか言いようがありません。

しかし、心を奮い立たせ、この立派な神社の解析を進めたいと思います。

無題.png
無題.png

藤の季節を過ぎていましたが山手の集落では満開でした九州王朝系の神社には藤棚が必ずあるのです


 以前から気にしていた千手の集落の性格の一端が確認できましたが、反対側の朝倉市秋月の千住の神社を確認し、暫く、この一帯の神社を全て確認して見たいと思います。

 そうすれば、もう少し詳しい事が見えてくるはずです。

特に気にしているのが嘉麻市碓井の一帯で、これが群馬県安中市松井田町坂本と長野県北佐久郡軽井沢町との境にある標高960メートルの碓氷峠の地名を付した人々のルーツではと考えているのです。

これも今後の作業です。


百嶋由一郎氏の神代系譜、音声CD、手書きスキャニングデータDVDを必要とされる方は09062983254まで…

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: