2021年08月28日

ビアヘロ183 9月講演予定の「炎のピラミッド」田尻盛永八坂神社宮司 は西原村講演に変更されました!

ビアヘロ183 9月講演予定の「炎のピラミッド」田尻盛永八坂神社宮司 は西原村講演に変更されました!

太宰府地名研究会(神代史研究班) 古川 清久


画像阿蘇山を中心に“ピラミッドの法則”により肥後の11の神社が精密に配置されている! 注)古川

 以前、南阿蘇の八坂神社(祇園社)の田尻宮司による精密な数理研究をご紹介しました。

 とっかかりとしては以下のブログを中心にお読み下さい。


 ひぼろぎ逍遥(跡宮)90 驚愕の“炎のピラミッド” 004 図26-1,2 “八坂神社両神社の、境内地の具体的な対称性”〜86驚愕の“炎のピラミッド” 001 阿蘇小国両神社と阿蘇南郷谷八坂神社の境内地の不思議な対応  年間500社もの神社を巡る二十年近い神社探訪でも最も驚いた事がこの田尻宮司による阿蘇を中心とする11社の研究でした。南阿蘇村八坂神社の田尻宮司は1997年の地理情報システム学会(東京大学)ばかりではなく、当時、熊本県観光連盟主催(県観光振興課後援)の「ふるさと寺子屋塾」においても講演されていました。今、明らかになる「火の国の炎のピラミッド」以下要約。


自然の阿蘇五岳と人為の神社群。それらの位置関係を調べると、驚くべき事実が浮かび上がってきます。それらの神社群が黄金比の拡大数列であるフィボナッチ数列と呼ばれるものによってキチンと配置されているのです。具体的に言うと、阿蘇神社とその補完社である霜宮、八坂神社とその補完社である竜王社(久木野神社)、この4点に囲まれた図形は、きれいな平行四辺形になります。そしてその中心に阿蘇五岳があります。ちょうど噴火口と火口湖の中間地点が中心となります。その中心を通る北北東に傾いた二十二度四十二分の線の延長上に国造神社があります。その他の阿蘇郡内の小国両神社、草部吉見神社、吉松宮、群外では健軍神社、甲佐神社、三角の郡浦神社、これらは阿蘇の三摂社といわれ、特別に所縁のある神社ですが、これらの火の国最古の十社と阿蘇五岳の山頂の三角点を厳密に結ぶと、きれいに配置がなされています。そして、神社の境内の造り、石垣、建物までも、すべて類似性と対称性を持って造られていることがわかりました。それらの配置のすべて数学的に計算されており、阿蘇五岳の中で、高岳の炎を噴き上げる姿を核となし、自然の五岳と人為の神社群の組み合わせによって、ピラミッド状に造形されているのです。
無題.png

阿蘇神社(阿蘇市)国造神社(阿蘇市)霜神社(阿蘇市)吉松宮(阿蘇市)両神社(小国町) 八坂神社(南阿蘇村)龍王社(南阿蘇村)草部吉見神社(高森町)甲佐神社(甲佐町)健軍神社(熊本市)郡浦神社(宇城市)これら数十キロ離れた肥後の重要な神社群が、大きな高低差がある中三次元的に正確に配置され社殿、境内地までも計算され建設されているのです。


この素晴らしい研究を神社本庁、県神社庁、文化庁…は無視し続けていますが、宮司も80歳になられ、講演を企画したものの、小倉では不可能となり西原村の伊藤邸での収録を代行講演の予定です。ご参集を!

無題.png

八坂神社(北山神社・祇園社)カーナビ検索熊本県阿蘇郡南阿蘇村一関671

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 21:03| Comment(0) | ビアヘロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: