2020年02月01日

681 何度も足を運んでいる宗像大社ですが… G “そもそも三女神とは何なのか”

681 何度も足を運んでいる宗像大社ですが… G “そもそも三女神とは何なのか”

                                     20181027


太宰府地名研究会 古川 清久


現在の公式の見方に沿い宗像大社を考えるならば、第二宮(テイニグウ)に沖津宮の田心姫神、第三宮(テイサングウ)に中津宮の湍津姫神がお祀りされているという「日本書紀」に沿った形で三女神は表現されています。

そのことから辺津宮には市杵島姫を祀っているという事になるはずなのですが、辺津宮の公式は市杵島姫を祀るようにも見えつつも?三社全体で三女神を祀っているというのです。

一見するとそれでバランスがとられウィングを精一杯拡げて勢力を誇示しているようでもあるのです。


無題.png

ただ、良く知られている事ですが、「古事記」では 沖ノ島の沖津宮 多紀理毘売命=奥津島比売命、大島の中津宮 市寸島比売命=狭依毘売、田島の辺津宮 多岐都比売命 …と「日本書紀」とは記述が異なります。

これらは、三女神を祀るとしつつも、古来その各々の勢力の確執が反映されており、それを閉じ込める意味で全てを祀ることにしているうちに、実際にはどなたがどこに祀られるとする関係も含め混乱(もう滅茶苦茶ですね…)が生じたのではないかと考えています。

従って、実際に神殿にはどのような祭神配置がされているのかを確認しなければ何とも言えないのですが、我々が考えている大国主命祭祀も含め…実際にはかなり興味深い問題が残されています。

これらの混乱は、まず、本当に血を分けた三姉妹なら良かったのですが、そのようなお花畑の中のような話はないのであって、同じく天御中主命の系統とは言うものの、全くの姉妹とは言えない間柄であった事から、各々の氏族の系統に対する認識の混乱が生じただろう事は、まず間違いないのではないでしょうか。

つまり、豊玉彦=ヤタガラスを軸に関係のある阿蘇氏、高木大神、阿蘇氏、金山彦系が娘を送り込み、各々の氏族、各々の民族が交差する十字路となっているのだと思うのです。

一方、全体としての三女神に象徴される天御中主系、白族系の人々も政治情勢の変化によって、姫大神とか三女神とか玉依姫とか、また、沖津宮、中津宮、辺津宮の祭神も入れ替えられた可能性が結果したのかも知れません。

辺津宮は「日本書記」に沿って市杵島姫と言われつつも、同社HPは全体として三柱を祀るとしているのは単に混乱を収めたいだけなのかも知れません。

ここで、百嶋神社考古学の立場から再度検討して見たいと思います。

まず、百嶋氏が最後に書き残した最終神代系譜にも三女神が書き留められています。

直ぐ分かるのは、タゴリヒメと書かれている豊玉姫(父=豊玉彦と母=高木大神の長女豊秋ツ姫)であり、豊玉彦の姉のアカルヒメとスサノウとの子である市杵島姫もお分かり頂けるでしょう。

このお二人の女神は他の百嶋神代系譜と併せ考えても三女神のお二人であるうえに大国主命のお妃である事は分かります(ウムギヒメ、キサガイヒメ)。

ただ、百嶋系図でも殆ど伏せられていたのがタギツヒメで、豊玉彦と櫛稲田姫(スサノウのお妃)の間に産れた我々が鴨玉依姫と呼ぶ下賀茂神社の主神こそがタギツ姫になるはずなのです。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)

百嶋由一郎最終神代系譜、音声CD、手書きデータ・スキャニング等を必要とする方は09062983254まで


無題.png そもそもこの三女神とは全て神産巣日神 神皇産霊尊 神魂命と書かれるカミムスビの子の豊玉彦=ヤタガラスに絡む三人の女神のことなのです。

それは、元々スサノウが天照との誓約とか子産み競争の子などではないのですが、腹違いの姉妹や姉の娘も含めた同族と言うか対立含みの腹違い姉妹なのです。

問題はそこにお妃として送り込んだ民族集団であって、これらの意向が各々色濃く反映されているのではないかと考えています。


市杵島姫 外戚 スサノウ、金山彦系


豊玉姫  外戚 高木大神 彦山系


鴨玉依姫 外戚 阿蘇高森草部吉見系

(草部吉見はお妃も高木大神の次女のタクハタチヂヒメであったように、伽耶部の名の通り、高木大神の本拠地である新羅の伽耶系であり実質高木大神系とも言える)。

無題.png


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: