2020年01月06日

673 有明海を挟んで久留米を正面に見据える高良玉垂宮 “佐賀県武雄市武雄町永島の玉垂社”

673 有明海を挟んで久留米を正面に見据える高良玉垂宮 “佐賀県武雄市武雄町永島の玉垂社”

                                     20181018


太宰府地名研究会 古川 清久


無題.png

玉垂社 カーナビ検索 佐賀県武雄市武雄町永島14658-3(武雄永島簡易郵便局付近)


 邪馬台国畿内説論者などは古代史など云々する資格などない方々ですからどうでも良いとしても、古代の真実に少しでも迫ろうとする九州王朝論者の大半がいわゆる「邪馬台国本読み」であり、良くて事実上の文献史学論者である上に、九州王朝の現場が九州に集中している事から、全国の方々にそれを求める事はできませんが、九州に居ながらフィールド・ワークなどほとんど無視し、九州など踏んだ事もない古代史家の本を読みああでもないこうでもないと議論するだけの九州王朝論を楽しむ会の方々には軽蔑の念しか抱けないのです。

 自分では何一つ調べようとも、記録を残そうとも、貴重な古文書や伝承を拾おうともせずに、ただ、おしゃべりをしているだけ、それどころか通説派の畿内説論者の学芸員の御高説を拝聴するに至ってはさぞかし古田武彦氏も嘆き呆れきってしまっている事でしょう。

 従って、この神社の存在も、同じく武雄市の北方駅の焼米溜池の付近にあったという玉垂宮の存在も誰も知らない有様なのです。

 最低でも久留米の高良大社に残された「高良玉垂宮神秘書」に高良玉垂命(百嶋神社考古学では第9代開化とします)と仲哀死後の神功皇后が夫婦であった事、その長子が仁徳天皇であると考えられる事(応神の子などとんでもない)ぐらいは知って頂きたいものです。

 事実、この永島の玉垂社も「佐賀県神社誌要」にも纏まった記述どころか社名さえないありさまで、これほどの境内と社殿を持ちながらもまさに無視された神社としか言いようがないのです。

境内には目立った祭神表示もないのですが、薄暗い参拝殿から神殿に向かう通路の右上に非常に読み難いながらも由緒らしきものがありました。

無題.png

花島玉垂社は玉垂の命を祭る太古は御船山東麓にあ里(リ)寛喜年間此の地に祀る

         武雄神社本紀に

 在郡花島村明神■寛喜年中村名主僧長■有珠■之由緒以所以崇祀武雄明神也

 武雄神社古文書に長順の寄進状

         寄進…

寛喜年間 鎌倉期の12291231年(後堀河天皇)


 今回はこの存在を知って頂くことが目的ですので、これ以上は踏み込みません。

 ただ、既にヒヤリングできる古老も失われ、宮司は何も知らない、氏子総代は盥回しで関心を持たない状態では、既に戦後の古代史研究、郷土史研究が神社を無視し続けて来たことの延長に全てが失われてしまっているという悲しい歴史の砂漠が広がっているのです。

 今ならば、まだ、多くの謎を解く手掛かりが残されているのですが村興し町興し世界遺産登録の管制運動に協力する九州王朝論者まで出る有様では、早めに九州王朝論の幟は降ろして貰いたいものです。

無題.png
無題.png

細密系譜原本(部分)


百嶋由一郎氏が残した神代系譜、音声CD、手書きスキャニング・データが必要な方は09062983254まで

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: