2019年12月18日

657 “ピラミッドの法則”により肥後の11の神社が配置されている! C 両神社祭神編

657 “ピラミッドの法則”により肥後の11の神社が配置されている! C 両神社祭神編

20180930

太宰府地名研究会 古川 清久


 あと10キロも走れば黒川温泉です。

 この黒川温泉から流れ下る田の原川の河畔に鎮座するのが、あまりにも美し過ぎる小国両神社です。

無題.png

鎌倉期、旧小国郷でも今の南小国町にある満願寺地区は北条家の所領でした。

この神社の清冽さを考える時その事にいつも考えが及ぶのですが、溶岩渓谷に流れる清冽な水と同社を重ねて考えてしまうのです。

無題.png 中近世には疎い為、このようなことを考えても所詮は徒労に帰すことは承知の上ですが、この神社のたたずまいには何がしかの影響を与えているものと考えています。

 さて、同社の本質に少しでも迫りたいと思うのですが、まず、阿蘇系神社と呼ぶべきかに多少のたじろぎを感じています。

 それは、参拝殿に掛けられた幔幕(抱き鷹羽藤竜胆?)から来るものでしょう。勿論、抱き鷹羽も阿蘇系のシンボルではあるのですが、どうしても源氏の旗印が見えてしまうのです。

しかし、境内摂社に宮原祇園社(主神スサノウ)を見出す時、この神社の基層にこの一流の祭祀を意識してしまいます。

 また、境内地の神木に八角形の石囲いがあることにも、潜在化してはいるものの大山祗、大国主祭祀さえも感じてしまうのです。それはともかく現在の祭祀を考えます。

無題.png

「熊本県神社誌」178p 仁徳期 313400年創立

無題.png

まず、「熊本県神社誌」の“健磐龍命の御子 速瓶玉命”との記述が気になります。

速瓶玉命とは草部吉見と市杵島姫の間に産れた大山咋の別名なのです(日吉神社、松尾神社、日枝神社…でもある)。

それを健磐龍命の御子と言っている意味を無理にこじつければ、健磐龍命と天豊ツ姫(草部吉見の娘阿蘇都姫)との間に産れた雨宮姫 の夫神であることから雨宮姫の娘婿の意味で健磐龍命の御子と表現する場合もあり得るとすれば、健磐龍命の御子との表現もギリギリ許容範囲となるかも知れません。

 前置きが長くなりましたが、この雨宮姫と速瓶玉命=大山咋の間に産れた高橋大神、火宮大神の二神(つまり両神社)がこの神社の祭神となるのでしょう。

無題.png

百嶋由一郎神代系譜 017阿蘇系譜@(部分)


 さらに細かい話をしますが、百嶋由一郎神代系譜 017阿蘇系譜@に従えば、「小国両神社由緒略記」の“彦御子神阿蘇大宮司家祖神”との記述も雨宮姫と天忍日・新彦=興ツ彦の間に産れた惟人(阿蘇家初代)も、雨宮姫の御子ではあるものの系統の異なる天忍日を父神とする腹違いの兄弟神となるのです。

 ここまでは、現在の小国両神社の祭神として一応の解読を行なった事になるのですが、私達の目はそ霊場の基層、古層に向かわざるを得ないのです。

 何故ならば、その解読ができなければ、炎のピラミッドには凡そ到達などできないからです。

 ここで、「熊本県神社誌」を見て頂きます。菅原神社が異常に多いと気付かれる方もおられるでしょう。

 実際、阿蘇の神々しかないと思われている肥後ですが、実は三千数百社の神社の実に三分の一の千余社菅原系神社なのです。

特に菊池郡、阿蘇郡では半数を超えており、同社に於いてもそのことが反映されていると思うのです。

このことから分かるように天満宮、菅原神社…こそこの神社の基層にある祭祀であるはずなのです。

炎のピラミッドを如何なる人々が造りだしたのかを考える時、どうしてもこのスサノウ系の祇園社の祭祀を行ってきた人々がこれに関係しているのではないかと思うのです。

では、何故、そこまで言えるのでしょうか?

ここで、前ブログでご紹介した南阿蘇村の祇園神社と小国両神社の境内地の対称性に目を向けて下さい。車でも二時間以上離れた祇園社に異常なほどの対称性を見出すとすれば、このような技術や知識を継承した人々が炎のピラミッドに関与した人々だったと考える事に誤りがあるとは思えないのです。

 この境内地の対称性は、両地に同族が居住していたからこそ成立しいるはずで、このピラミッドの技術を列島にもたらした人々もこの人々だったのではないかと考えるのです。

無題.png

本著(縮刷版)53p

無題.png
無題.png

今なお、湯布院と並んで圧倒的な人気を保持する黒川温泉に行かれた方でも、この小国両神社に足を延ばして頂きたいと思うものです。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


百嶋由一郎氏が残された神代系譜、音声CD、手書きスキャニングDVDを必要な方は09062983254まで

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: