2019年12月09日

654 “ピラミッドの法則”により肥後の11の神社が配置されている! A 阿蘇霜宮 数理編祭神編

654 “ピラミッドの法則”により肥後の11の神社が配置されている! A 阿蘇霜宮 数理編祭神編

20180929

太宰府地名研究会 古川 清久


阿蘇神社の西に霜宮と呼ばれる小さな神社があります。

しかし、非常に重要な神社であって、阿蘇の「火焚き神事」が行われる神社として知られています。

この一帯は阿蘇外輪山、阿蘇五岳からの湧水が多い一帯で、杉が大量に植えられたものの、今でも自噴泉による遊水が見られる場所でもあります。

小さな神社であって、取り立てて問題にする必要のない神社のようですが、田尻研究によると、


阿蘇には開拓の神「健磐龍命(たけいわたつのみこと)」は、弓の達人であった。

往生岳に腰をおろし、北外輪山の大きな石(的石 まといし)に向かって矢を射るのを楽しみにしていた。

家来の鬼八(きはち)が矢を拾っていたが疲れてしまい、命が放った100本目の矢を足の指にはさんで投げ返した。大事な矢を足蹴にされた命は怒り、鬼八を斬りつけます。

鬼八は逃げ、命はを追いかけます。命は南外輪山を超え矢部(現 山都町)で追いつき、鬼八を押さえこみました。

鬼八は隙をみては、また逃げます。追いつ、追われつつ。

命が鬼八の首や銅を斬っても、また元戻り。命はとうとう、首や銅をバラバラにして埋め、鬼八を退治しました。

そのとき鬼八は、「阿蘇谷に霜を降らし、この怨みを晴らしてやる」と言い残し命絶えました。

その後、鬼八の霊は阿蘇谷に霜を降らせ続けます。

農作物は枯れてしまい、命は鬼八の霊を慰めることにしました。

阿蘇谷の真ん中に「霜宮」をつくり、鬼八を祀り、毎年「火焚き神事」を行い、鬼八の御神体を温める神事が行われるようになりました。

【火焚き神事】

幼い火焚き乙女が火焚殿に籠って約60日間火を焚き続けるという神事で、その間は一歩も外には出ていけないという決まりがあります。

昔は学校にも行かず、先生が出張して授業をしていました。食事の世話などは付き添いのお婆さんが行います。

肥後国 くまもとの歴史による

無題.png

霜宮 カーナビ検索 熊本県阿蘇市 役犬原 0967-22-3111


祭神 天つ神7柱(「熊本県神社誌」)実際には不明当方未確認

無題.png
無題.png

グーグル・アースで見ると良く分かりますが、宮司指摘の草部吉見神社との対称性についても再掲載予定ですが、急がれる方はひぼろぎ逍遥(跡宮)から以下をお読み下さい。

89

驚愕の“炎のピラミッド” 003 図24-2 “草部吉見神社と神域(本境内地面積1,900u)”


無題.png
無題.png
無題.png

祭神についてですが、正直言って良く分かりません。神社庁の奥深く調べる必要があるでしょうが、阿蘇神社の下請けのような役割を担わされていますが、その基層には別の民族を考えさせます。

前述の通り 祭神 天つ神7柱(「熊本県神社誌」) この神々が何なのかは全く分かりません。

しかし、家来の鬼八の霊を鎮めるという話と同地の地名「役犬原」という特異な地名から考え、しかも、遊水池という古代に於いて最も重要な資源を持つ土地である事を併せ考えると、この要地の争奪戦が闘われたことが推定できそうです。

「役犬原」は恐らく「忌部」=「瀛」部であって、金山彦系氏族の先住地だったと思われます。

無題.png祭神 天つ神7柱(「熊本県神社誌」)の解明作業は不可能ではないでしょうが、無理してやる必要もないでしょう。恐らく金山彦系の神々のはずです。

現在、阿蘇神社の下請けになっていたとしても、その基層にあるのは阿蘇系の神ではないはずです。

 当日、霜宮の境内からは阿蘇根子岳、高岳が美しいシルエットが浮かび上がっていました。

 この長閑な阿蘇野の風景とは別に、驚愕の数式に基づく神社配置が行われていることについて誰も知ろうとも知らせようともしていないことに列島文化のバカバカしさを感じるのですが、田尻宮司のお話では、深夜、急に思い立ち、奥さんに手伝わせ、懐中電灯とメジャーで同神社の敷地を調べに来たことがあったとお聴きしました。

 このような独自の研究と努力には改めて頭が下がります。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: