2019年07月15日

606 古代史から離脱し神代史(本当の古代史)へ移行しよう A

606 古代史から離脱し神代史(本当の古代史)へ移行しよう A

20180803

太宰府地名研究会 古川 清久

無題.png

B  藤原の祖草部吉見の父神で、阿蘇神社の最奥神殿に祀られる金凝彦は蘇民将来伝承の巨胆か?


金凝彦(カナコリヒコ)という神様はあまり知られていませんが、阿蘇神社を訪問された方は一番奥の神殿(熊本地震でも倒壊せずに残った神殿です)に祀られているのがこの神様です。


阿蘇神社の祭神 12柱、阿蘇十二神

一宮  :健磐龍命   初代神武天皇の孫      二宮  :阿蘇都比当ス 一宮の妃

三宮  :國龍神    二宮の父で、神武天皇の子  四宮  :比東芬q神  三宮の妃

五宮  :彦御子神   一宮の孫          六宮  :若比盗_   五宮の妃

七宮  :新彦神    三宮の子          八宮  :新比盗_   七宮の娘

九宮  :若彦神    七宮の子          十宮  :彌比盗_    七宮の妃

十一宮 :國造速瓶玉神  一宮の子 阿蘇国造の祖

十二宮 :金凝神     一宮の叔父 2代綏靖天皇(藤原が自らの血筋を天皇家風に格上げした)


阿蘇高森草部吉見神社の祭神 12柱(参考)

一の宮 日子八井命   二の宮 比東芬q命   三の宮 天彦命    四の宮 天比当ス

五の宮 阿蘇都彦命   六の宮 阿蘇都比当ス  七の宮 新彦命    八の宮 彌比当ス

九の宮 速瓶玉命     十の宮 若彦命     十一の宮 新比当ス  十二の宮 彦御子命


無題.pngこの系譜は草部吉見神社の大祭の時に公開されます。「ひぼろぎ逍遥」035を参照下さい。

無題.png

百嶋神代系譜(蘇民将来、巨胆将来)部分


さて、蘇民将来伝承はかなり知られているようですが、ご存じない方も茅の輪潜りはされた方が多いでしょう。


すなわち、旅の途中で宿を乞うた武塔神(むとうのかみ、むとうしん)を裕福な弟の将来(『備後国風土記』では「或本作巨旦將來也」とあり、巨旦将来〈こたんしょうらい〉と表記され、金神のこととされる)は断り、貧しい兄・蘇民将来は粗末ながらもてなした。後に再訪した武塔神は、弟将来の妻となっていた蘇民の娘に茅の輪を付けさせ、それを目印として娘を除く弟将来の一族を滅ぼした。武塔神はみずから速須佐雄能神(スサノオ)と正体を名乗り、以後、茅の輪を付けていれば疫病を避けることができると教えたとする。

蘇民将来の起源

武塔神や蘇民将来がどのような神仏を起源としたものであるかは今もって判然としていない。

武塔神については、密教でいう「武答天神王」によるという説と、尚武の神という意味で「タケタフカミ(武勝神)」という説が掲げられるが、ほかに朝鮮系の神とする説もあり、川村湊は『牛頭天王と蘇民将来伝説』のなかで武塔神と妻女頗梨采女(はりさいじょ)の関係と朝鮮土俗宗教である巫堂(ムーダン)とバリ公主神話の関係について関連があるではないかとの説を述べている。蘇民将来についても、何に由来した神かは不明であるものの、災厄避けの神としての信仰は平安時代にまでさかのぼり、各地でスサノオとのつながりで伝承され、信仰対象となってきた。   ウィキペディア20170211 0938による


 この蘇民将来伝承に関心を持たれる方は、ひぼろぎ逍遥(跡宮)から以下をお読み下さい。


371

蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜 C 宮崎県五ヶ瀬町鞍岡

の祇園神社の更に深部へ

370

蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜 B 分離先行トレッキング

361

蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜 A 鳥瞰

346

蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜


詳しくは上を読まれるとして、重要なのは、この蘇民将来伝承の巨胆(草部吉見神の父神)と考えられるのです。

 まず、蘇民将来伝承はイスラエルの話にも似て、武塔神(スサノウ)が一夜の宿を断った裕福な巨胆の一族を皆殺しにするが、武塔神は、弟将来の妻となっていた蘇民の娘に茅の輪を付けさせ、それを目印としてその娘を除く弟巨胆将来の一族を滅ぼしたというものです。

 故)百嶋由一郎氏の手書きメモ(018阿蘇系譜@-2)には、豊かな弟の神沼河耳=金凝彦が巨胆であり、

貧しい兄の蘇民の神八井耳が蘇民であると記されているのです。

 阿蘇氏の本拠地が阿蘇谷から南阿蘇そして草部にあることは言うまでもありません。

 そして、スサノウの姉の神俣姫(クラオカミ)=神沼河耳=金凝彦(巨胆)を祀る神社が阿蘇の高森の草部吉見神社の南20キロほどの宮崎県五ヶ瀬町鞍岡に鞍岡神社(祇園神社)があり、今も蘇民将来伝承が色濃く残っているのです。

無題.png

祇園山の麓の祇園神社の縁起に見る「蘇民将来、巨胆将来」


 詳しくは4本の拙稿をお読み頂きたいのですが、まず、阿蘇の草部吉見神社を中心に半径230キロの中に阿蘇神社、草部吉見神社、鞍岡神社(祇園神社)が揃っているのです。

 恐らく、故)百嶋由一郎氏もこの事にお気付きになっていたと思うのですが、この鞍岡神社には神沼河耳=金凝彦(巨胆)のお妃であった闇龗神(クラオカミ)も祀られているのです。

 そもそも、この女神は鞍岡にいたからこそクラオカミと呼ばれていたのです。

 ここまで、見えて来ると、武塔神(スサノウ)が、何故、神沼河耳=金凝彦(巨胆)を皆殺しにしたかも見えてきたのです。

 もう一度、神代系譜をご覧になってください。 そもそもスサノウは金山彦の妹であるイザナミがイザナギとの間に産んだ子であり、金山彦の従姉弟にあたる神です。

無題.png そして、この闇龗神(クラオカミ)はそのスサノウの姉にあたるのです。では、右の方に目を移して下さい。神沼河耳=金凝彦(巨胆)は、闇龗神(クラオカミ)をお妃としながらも、神武天皇のお妃であったアイラツヒメをもう一人のお妃にしているのです。

しかも、そのアイラツヒメは金山彦の新たな敵となりつつあった熊襲(トルコ系匈奴)の大山祗の娘である神大市姫を妃として金山彦との間に産れた女神だったのです。

これを、金山彦の実質的な後継者であったスサノウは姉の不遇、粗末な扱いを絶対に許す事はできなかったと考えられるのです。

このスサノウ × 阿蘇戦争の背後には金山彦系から新興勢力の大山祗もう一つの対立が見えてきたのです。

 これで、高龗神が滅ぼされる時に闇龗神の一族が害されない様に過ぎ越しの印が必要とされた理由が見えてきたのでした。

 本当にイスラエルの過ぎ越しにそっくりの話ですが、それもそのはず、金山彦もイスラエル系であったと言っておられたのも百嶋由一郎先生でした。なんとかそこまでは理解できる所までやってきたようです。

そもそも鳥居の「トリイ」はヘブライ語アラム方言で「門」という意味なのです。

無題.png

百嶋神社由一郎氏の神代系譜、音声CD、手書きスキャニングDVDを必要とされる方は09062983254まで

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: