2019年07月14日

ビアヘロ089 お蔭様で ひぼろぎ逍遥(跡宮)日量平均アクセス数が1000件の大台を超えました

ビアヘロ089 お蔭様で ひぼろぎ逍遥(跡宮)日量平均アクセス数が1000件の大台を超えました

20190531

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 以下は、ひぼろぎ逍遥(跡宮)の20195月のアクセス実績を纏めたものです。

 これまで、月間アクセスが平均で900件代になった事は何度もあるのですが、ついぞ1000件を超えた事はありませんでした。しかし、ここにきてなんとか大台超えとなったようです。

 本来ならば、9か月先行しファイル数も多いアメブロ版「ひぼろぎ逍遥」がもっと多くのアクセス数を示していなければならないはずなのですが、CO2温暖化論デマ、ヒート・アイランドは国土交通省と農水省が引き起こした(打ち水大作戦の大間抜け)、昨年の九州北部の人工林崩落災害は林野庁が引き起こした…といった記事を連載していますので、恐らくアクセスを制限しているようです。結果、日量300350件に貶められているのです。本来なら両ブログで100万件でも決しておかしくはなかったのですが、だからと言って真実を書かないなら大嘘つき共の提灯持ちでしか無いことになるのです。

 ましてや、自称九州王朝論者でも行政権力の芸人に成り下がった連中がいる訳で情けない限りです。

無題.png

※ひぼろぎ逍遥に朝倉の豪雨災害など多くの人工林問題などを書いていた事もあり、アメブロはアクセス制限を掛けて来たようです。平均500600件のアクセスがあったものが300350件に落ちています。このため新ひぼろぎ逍遥を桜ブログで今年の11日からスタートさせ、神社専門のひぼろぎ逍遥(跡宮)版と併せ現在3本体制で運営しています。ひぼろぎ逍遥(跡宮)が日量1000件、ひぼろぎ+新ひぼろぎで400450件のアクセスとなり、年間アクセスが50万件を超えました。


ひぼろぎ逍遥は6年前からアメブロで書いてきたものです。

既に900本近いブログを公開しており、それまで500600件と安定したアクセスを保っていたものが、二〜三年前から後発のひぼろぎ逍遥(跡宮)に抜かれるケースが多くなり、今や桜ブログのひぼろぎ逍遥(跡宮)が1000件、ひぼろぎ逍遥が日量300件のアクセスという逆転状況を示すようになってきました。

どう考えても、アクセスや検索の順位…といったものに制限が掛けられているとしか考えられず、早めに手を打つべきと考え、不正をやっていないと考えられる桜ブログに移行したのが今年の1月でした。

既に、新ひぼろぎ逍遥の記事数も70本になり、徐々にアクセスも上がってきましたので、何れはアメブロから完全離脱も考えているところです。

言論の自由が存在しているとか存在すべきであるなどとお花畑のような話はしませんが、ブログを二本立てにしておいて本当に良かったと思うこの頃です。

アメブロが嫌ったのは九州北部豪雨絡みの以下の記事が考えられますが、実はそれ以外にも多くを書いています。

blog ひぼろぎ逍遥

スポット112 行政が引き起こした人災だと何故分からないのか?

スポット115 山に木がある方が安全だと思い込んでいる人に対して!

スポット116災害復旧に意味があるのか?

スポット117ヒート・アイランドを引き起こした無能な国土交通省 “熱 禍”

スポット122大量の土壌流出と大量の木材流出は今後も継続する

スポット123筑後川の南から北の被災地を眺める 悲しい棄民国家の現実

スポット125朝倉から日田にかけての山々の行く末

スポット130九州北部豪雨災害の崩落木材が燃えている!

スポット134九州北部豪雨の棄民とポルトガルの内務相辞任

スポット141林野庁 農水省官僚の照れ隠し

スポット175中津市金吉の土砂崩落はなぜ起きたのか?

スポット191194 2018西日本豪雨〜熱波

スポット203北海道の巨大地震で起こった山崩れの意味するもの


647

SK建設によって水没させられたパテト・ラオの村々の悲惨を思う” @

634

キリシタン史跡世界文化遺産登録に狂奔する列島文化の堕落を撃て

626

行政が引き起こした列島のヒート・アイランド化によって豪雨と災害と灼熱地獄が発生した A

625

行政が引き起こした列島のヒート・アイランド化によって豪雨と災害と灼熱地獄が発生した @

624

日本版ニューオーリンズと化した倉敷市真備町の全町水没


スポット191193豪雨と熱夏

スポット031熊本人工地震について@

スポット032熊本人工地震についてA

スポット037首都圏のダムに水が貯まらない

スポット084地球温暖化が嘘である事をNASAが認めた

スポット085天皇のビデオ・メッセジに寄せて

スポット091 再度の3.11を警戒しクジラが打ち上げられないかと思っていたら…

スポット095半島は北主導で統一される! 2017,4,27

スポット098ケナフを植えたらCO2が減らせるなどと本気で考えた佐賀県職員

スポット100宗像沖ノ島世界遺産登録半潰れ

スポット106CO2温暖化論がデマである事をトランプが暴露した

打ち水大作戦の大間抜け

 まだまだありますが、恐らくこういった記事が商売上気に入らなかったからだろうと思います。

どちらにせよ、ひぼろぎ逍遥(跡宮)版だけでも日量1000件を達成し、他の二ブログと併せれば14001500件⇔年間50万件以上となり、将来的には100万件も視野に入って来たのです。ようやく一つの峠を越えた気がしています。既にグループ全体でのアクセスは200万〜250万件近くなっているはずで、百嶋神社考古学のグループは、古代史、神代史、神社研究に風穴を開ける時が来るかも知れません。

無題.png

本当にようやくですが、青森〜東関東に掛けて4件、愛知県2件、高知県1件、大阪府2件、大分県5件、福岡県11件の合計25件のグループが形成されました。

この外にも、鹿児島県、福岡県、山梨県…からも新規に参加される方もおられ検討しています。

人材を残す必要から、テーブルに着いた神代史研究会も研究拠点として残す方向で動いていますが、今は多くの研究者の連携を拡げ、独立した研究者のネット・ワークを創り、現場に足を運んで自らの頭で考えるメンバーを集めたいと考えています。そのためには少々の雨も寒さも厭わぬ意志を持ったメンバーこそが必要になるのです。勿論、当会にはこのブロガーばかりではなく、著書を持つ人、準備中の人は元より、映像を記録する人、神社のパンフレットを集める人、伝承を書き留める人、blogは書かないものの、徹底してネット検索を行い裏取りを行う人、ただひたすら探訪を続ける人と多くのメンバーが集まっているのです。全ては95%が嘘だと言いきった故)百嶋由一郎氏による神社考古学のエッセンス残すためです。

なお、「肥後翁のblog」」(百嶋テープおこし資料)氏は民俗学的記録回収者であって民俗・古代史及び地名研究の愛好家 グループ・メンバーではありませんがご了解頂いています。この間、百嶋神社考古学の流布拡散に役立っており非常に感謝しております。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:15| Comment(0) | ビアヘロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: