2019年06月30日

600 出羽から陸奥への道 S “東北遠征を終えて手にした小さな成果について”

600 出羽から陸奥への道 S “東北遠征を終えて手にした小さな成果について”

20180627

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


今回も15日間を走り抜く往復4200キロの大遠征でしたが、何とか無事に戻ってくることができました。

その中でも大きな発見の一つは山を「森」と表現する顕著な傾向でした。

始めはマタギのエリアだけの現象かと思ったのですが、若干の例外はあるものの新潟県と福島県より北の出羽、陸奥の全域に認められる現象のようなのです。

戻って来て「東北圏(新潟県)広域道路地図」(東京人文社93.8刊)という旧地名が良く残る25年前の地図で見ましたが、それこそ地域差はあるものの東北全域の山の名称が確認できたのでした。

新潟、福島でも県境を中心に「森」地名は確認できますし、青森県では多少薄くなるのですが、これは南部が甲斐から入っており消されているからかも知れませんが、古くは、ほぼ、東北全域の山は「森」と呼ばれていた事が分かってきたのでした。

無題.png

真室川音頭で有名な山形県真室川町周辺の地図ですが、八森、鉤掛森、丸森、黒森と盛りだくさんです


元々、この民俗現象については二十年ほど前に気付いていました。しかし四国西部の特殊な現象と考えていました(勿論、九州でもそれらしきものは幾つか拾っていましたが)。

ところが、今般、東北全域にこの傾向が確認できるとなると、この東西分裂の理由が不明で混乱しています。

始めはアイヌとの関係を考えましたが、羅臼やトムラウシなど「ウシ」が基本で、北海道に山を「森」と呼ぶ傾向がないことからこれは違いそうです。

断崖絶壁の岩山は「イムカルシュベ」という印象的な呼称であり、本州でも「五十嵐」や「遠軽」などとして残されていますが、アイヌ語ではないだろう…とは当初からの思いでした。

とすると、マタギの言葉なのか山窩の言葉なのか…と思いが馳せます。

 実は出羽三山神社の境内を見て廻っていた時に、摂社や山上の祭神を見ると圧倒的に大山祗系祭祀じゃないか…と考えたあたりから、この月山、湯殿山周辺にも多くの「森」表記が拾えることから、四国西部と瀬戸内海の大三島の三島神社とを連想し彼らが持ち込んだのではないか?と考えたのですが、では、何故、月山(ガッサン)、湯殿山(ユドノサン)、出羽三山(デワサンザン)、羽黒山(ハグロサン)と呼んでいるのかと混乱の極に貶められたのでした。このため、現在、尚、苦しんでいるところです。

しかし、九州王朝の総本山久留米の高良大社が鎮座する高良山はかつて「高牟礼」と呼ばれていました。

さらに言えば、この「牟礼」地名は「室」「群」「森」などとも置き換えられ、「花牟礼」など○○牟礼、○○群…型地名が大分県の豊後大野市などに色濃く拾えます。

この「牟礼」は古朝鮮語の集落、山、村、城、砦…といったものを表しており、故)百嶋由一郎氏もこれは蒙古高原から持ち込まれた地名と言われていました。「山の名前で読み解く日本史」では、“牟礼の付く名の山が大分県に集中する”としています。これ以上は進めませんので、ここでは一般的にも指摘されている古朝鮮語の「ムレ(山)」ぐらいにしておきますが、この古朝鮮語というのが半島の民族が目まぐるしく変わっているため単純に朝鮮人の地名とは考えられないのです。このテーマは今後とも疋き摺ることになるでしょう。まだ、良く分かりません。「森」は銛かも知れませんが、今は大山祗系が「牟礼」を付し、この祭祀を継承したニギハヤヒ系が「山」としたのではないかと考えているところです。

無題.png

こちらは秋田県の旧東成瀬村ですが、笹森山、栃ケ森山、大森山、小滝森、雨田森…が森山は両論併記か


さて、やはり重要なのは、九州には九州の神様が、東北には東北の神様、奈良には奈良の神様がいる…と錯覚されているのですが、独自の神様が鎮座しているのではなく、九州から広がった神々が名を変えており、九州で見ない神々も九州から広がった次世代、後裔の神々である事が良く分かったのでした。

何ーだ!と思われた方は多いでしょうが、私にとっては非常に重要な事なのです。

 ただ、移動に時間が取られますので、今後は福井県限定とか岩手県限定という形で丹念に見て廻るつもりです。

 全国で車中泊時の電力、駐車場、水の提供でご協力頂ける方を探しています。09062983254 古川

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 17:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: