2019年06月27日

ビアヘロ87 続)徳島の天津司神社 @〜A  “四国の「もう一つの歴史教科書問題」氏による近稿からの転載”

ビアヘロ87 続)徳島の天津司神社 @〜A  “四国の「もう一つの歴史教科書問題」氏による近稿からの転載”

20180114

太宰府地名研究会 古川 清久


徳島の天津司神社(天都賀佐比古神社+天都賀佐彦神社)と甲府の天津司神社との間にどのような関係があるかは、調査の端緒に就いたばかりであり軽々には結論は出せませんが、アメノツカサヒコ神社と天津司(テンヅシ)神社というめったにない社名だけに当然にも関係なしとはしないでしょう。

そもそも「もう一つの歴史教科書問題」氏にこの徳島の神社をリポートして頂けないかとご相談した理由も甲府の天津司神社と同様にこの吉野川流域にも神武巡行(本物の神武は東征していない!東征したとされているのはハツクニシラススメラミコトこと神武僭称ハツクニ崇神…)が行われたのではないかと考えたからでした。それほどこの天津司彦神社の呼称は驚くべきものだったのです。

甲府の天津司神社には本物の神武天皇、大日孁貴(後の卑弥呼〜天照ですが通説では同時代の神では無い事になっていますが、実は腹違いの姉、弟なのです)、鹿島大神、経津主、大山祗、大幡主…と神代史のスーパー・スターが揃い踏みし、日本海航路を軸に船による列島の調査旅行を行っていた事が記録されているのです。

この事業を記念する祭が限られた家系の人々(謎の17家族)によって1900年前から継続されている可能性があるのです。以下、甲府の天津司神社をご紹介しましょう。

無題.png

天津司神社 カーナビ検索 山梨県甲府市小瀬町557 右は同社の天津司の舞


まず重要なのは、祭礼に際して「神官を迎えに行く」のではなく諏訪神社(諏訪大社などではない)の宮司が天津司神社(収蔵庫)の神像をお迎えに上がることです(偉いのはどちらか言わずもがなですね)。

また、この天津司が行われる舞台が「御船囲」と呼ばれている事が、彼らが遥か遠くから船に乗ってやってきた事を今に伝えているように思えるのです。

勿論、「天津司」が「傀儡(テヅシ)」舞の民衆芸能であるとされている(笑ってしまいますね)事は承知の上ですが、小瀬の17家(恐らく血盟的な同族集団)で伝承されていると言う事や、ただの民衆が傀儡舞を継承すると言うこと自体があり得ない話なのです。

何故ならば傀儡は商業的な芸能集団なのであって、その元を辿れば大いなる主人持ちの宮廷芸能の継承者だった可能性もあるのであり、一般民衆に伝えるなどありえないのです。

 ここで、神社考古学の立場から故)百嶋由一郎氏が残された天津司舞に関する手書き資料をご紹介する事にしたいと思います。詳しくはそちらを読まれるとして、この9神に加えて、阿蘇高森の草部吉見神=鹿島大神=武甕槌=表面上の春日大神=海幸彦とそのお妃である市杵島姫と神沼河耳=金凝彦(藤原により綏靖天皇とされた阿蘇神社の最奥部に祀られた神八重耳=カミヤイミミ=実は巨胆将来神)の3神が記録されているのです。

 結論は早すぎるかも知れませんが、徳島の天都賀佐比古神社(旧村社)所在地 美馬町字轟の2神=主祭神 級長津彦命・級長津姫命天都賀佐彦(天都賀佐比古)神社(旧無格社)所在地 美馬町字西荒川 主祭神 級長戸辺命 が阿蘇高森の草部吉見神=鹿島大神=武甕槌=表面上の春日大神=海幸彦とそのお妃である市杵島姫(宗像三女神の一神)とピッタリ対応することから、徳島の天津司神社とは、やはり、若き草部吉見神と市杵島姫を祀る神社で、甲府の山上楽園で夫婦神となることとなったお二人を待つ神社でもあるのです。

その名称である天都賀佐比古神社 天都賀佐彦神社から考えると、恐らく別行動を取り、甲府からの帰路、吉野川を遡り西に向かった瞬間を留めた神社であったのではないかとまで思わせるのです。

 この二神は早めに戻り、鹿児島の阿多で新婚生活に入ったとの百嶋メモがある事に注目して頂きたいと思います。このことから、徳島の二社はこの後の鹿島大神と市杵島姫二神を祀るものなのかも知れません。

無題.png

昇天の二神とは阿蘇高森の草部吉見(ヒコヤイミミ)=海幸彦を婿神とした市杵島姫(奴奈川姫)

百嶋メモに依れば、舞に登場する9人の神とは、大日孁貴(オオヒルメムチ)=天照大御神、経津主命とは山幸彦=ニギハヤヒ、黄幡神=博多の櫛田神社の大幡主=ヤタガラスの父神、月弓命は大山祗命、根裂神は金山彦、磐裂神は埴安姫=黄幡神の妹神、磐筒男命=八重(速)思兼(ヤタガラス)、磐筒女命=罔象女(大国主の姉)、豹尾神は本物の神武天皇になり、消えた一神とは神沼河耳(草部吉見の父神)

市杵島姫(奴奈川姫)とは神沼河耳の息子の草部吉見のお妃となったことから呼ばれた様なのです。

無題.png

祭神は異なりますが、糸魚川市の奴奈川神社と天津神社が日本海ルートで信濃、甲斐の天上楽園への進入路を握る神社(事実上の行政機関)であり、その終点が甲府の天津司神社だったと考えられるのです。

 この底流に存在するのが、神武東征(これを行なったのは第9代開化天皇=高良玉垂命の臣下でしかなかった神武僭称贈る崇神でしかなく)とは別の、神武巡行と言われる神武、天照、大山祗、金山彦、大幡主、海幸(草部吉見)、山幸(ニギハヤヒ=猿田彦)…なのであり、天津司神社が如何に重要で如何に古い列島王権成立に関わる神社であるかが理解できるのです。

 所謂「神武東征」(耳川河口からあくまで東征しただろう…程度の話)はやたら大袈裟に描かれていますが、この「神武巡行」はそれに遡る事数世代前に行なわれたもので、北九州の筑豊や瀬戸内海の尾道〜福山周辺などに薄いながらも、今なお痕跡があり(筑豊、広島、福山…は一部ブログで公開しています)、その先端は男鹿半島にまで延びていたのです。

 これは大国主命の「国譲り」やそれに伴う建御名方命の抵抗と屈服などと描かれた「古事記」の偽装(国譲りの現場は九州でありその移動先が現出雲でしかない)よりも前に行なわれた「神武巡行」に関わる神社であり、その物証の一つがこの天津司神社であり天津司の舞になるのです。

無題.png

百嶋最終神代系譜(部分)この上段の神々こそが天津司神社の9人の神々に対応するのです


無題.png最後に、この神社(甲府の天津司神社)の標柱正面上部には九法星が打たれています。これも天御中主命=白山姫=北辰=妙見を意味しており、その民族の後裔としてのプリンセスが市杵島姫(奴奈川姫)でもあったのです。


百嶋由一郎氏の資料(音声CD、神代系譜DVD、手書き資料)を必要とされる方は09062983254までご連絡ください。実費程度で、貴重な資料が手に入ります。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | ビアヘロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: