2019年06月23日

597 出羽から陸奥への道 P “山形県鶴岡市出羽三山神社初見”

597 出羽から陸奥への道 P “山形県鶴岡市出羽三山神社初見”

20180625

太宰府地名研究会 古川 清久


 冒頭から神社ではない画像が出て来ましたが、羽黒山、月山、湯殿山の俗に(これも失礼な表現にあたるかも知れません)出羽三山と呼ばれる巨大信仰圏への入口とも言うべき宿坊群の写真です。

 神仏混交が最後まで色濃く残った出羽三山ですが、無論、初見になります。

 かつては、南北朝争乱期の南朝方の背骨を支えたのは多くの修験者でした。

 一説には、全国の修験者の数は十万を超えていたと言われており、そのほとんどが消え去り、宿坊を利用していた末端の人々も姿を消しつつあるのです。

 九州では彦山が著名ですが、こちらも参拝客が消えさり今や存続の危機に立たされているのです。

では、何故、山岳修験は息の根を絶たれたのでしょうか?

南北朝争乱期にとどまらず、多くの政変で重要な役割を果たし続けてきた修験者のネット・ワークは、パルチザンにも似て反政府勢力の基盤にもなりかねないのであって山岳修験は明治政府にとっては危険極まりないものだったはずなのです。


無題.png

金山町から真室川音頭で有名な真室川町辺りを通り福島県の喜多方市辺りを目指して走っている時でしたが、「常陸の国探検隊」のK氏に携帯で連絡を取ると、出羽三山に回る事を勧められ、急遽ハンドルを右に切り羽黒神社に向かいました。

 もう東北からの帰路ですが、せっかくの機会だったにも拘わらずうっかり駒形神社をパスしてしまいくさっていたところでしたので、代わりに出羽神社(羽黒山)を回る事にしたのでした。

 場所は山形県でも庄内平野の海岸部の酒田市からは相当内陸に入る所にあります。

このため出羽神社はともかく月山や湯殿山へは、冬場は容易に近づけない聖域であるに違いないのです。

 まさに、パルチザンの根拠地のような場所なのです。

無題.png

出羽神社(羽黒山)正面


御由緒

日本の原郷【千四百年の歴史を刻んだ日本人の心のふる里

出羽三山-羽黒山(標高414M)月山(標高1984M)湯殿山(標高1500M)-は「出羽国」を東西に分ける出羽丘陵の主要部を占める山岳である。
 太古の大昔は火山爆発を繰り返す“怒れる山”であった。

 _____時が経ち、再び静寂を取り戻した頃、山には草が生え、樹木が生い茂り小鳥や獣がもどってきた。
 その時、麓の里人たちはそこに深い不思議な“神秘”を感じた。
「あの山こそ、我が父母や祖先の霊魂が宿るお山だ・・・」
「我らの生命の糧を司る山の神、海の神が鎮まっているお山に違いない・・・」

 _____それから更に時を刻んだ推古天皇元年(593年)、遠く奈良の都からはるばる日本海の荒波を乗り越えて一人の皇子がおいでになられた。
 第三十二代崇峻天皇の皇子・蜂子皇子、その人である。
 イツハの里・由良(ゆら)の八乙女浦(やおとめうら)に迎えられ、三本足の霊烏に導かれて、道なき径をかき分けたどりついたのが羽黒山の阿古谷(あこや)という、昼なお暗い秘所____
 蜂子皇子はそこで、来る日も来る日も難行苦行の御修行を積まれ、ついに羽黒の大神・イツハの里の国魂「伊氏波神(いではのかみ)」の御出現を拝し、さっそく羽黒山頂に「出羽(いでは)神社」を御鎮座奉られた。
 今を去ること、千四百年前の御事である。
 出羽三山神社では、この時を以て「御開山の年」とし、蜂子皇子を「御開祖」と定め、篤く敬仰している。
 やがて、御開祖・蜂子皇子の御修行の道は「羽黒派古修験道(はぐろはこしゅげんどう)」として結実し、千四百年後の今日まで“羽黒山伏”の形をとって、「秋の峰入り(みねいり)」(峰中ぶちゅう)に代表される厳しい修行道が連綿と続いている。

 _____以後、お山の内外を問わず、全国六十六州のうち東三十三ヶ国の民衆はもとより皇室、歴代の武将の篤き崇敬に与り、いつしか本邦屈指の「霊山・霊場」としてその地位を築き、四季を通じ登拝者の絶えることがない。

 そもそも、出羽三山は、祖霊の鎮まる“精霊のお山”、人々の生業を司る「山の神」「田の神」「海の神」の宿る“神々の峰”にして、五穀豊穣、大漁満足、人民息災、万民快楽(けらく)、等々を祈願する“聖地”であった。
 加えて「羽黒派古修験道」の“根本道場”として、「凝死体験(ぎしたけいん)・蘇り(よみがえり)」をはたす山でもある。
 すなわち、羽黒山では現世利益を、月山で死後の体験をして、湯殿山で新しい生命(いのち)をいただいて生まれ変わる、という類いまれな「三関三度(さんかんさんど)の霊山」として栄えてきたお山である。

 出羽三山の信仰世界を語る場合、まず挙げなければならないのは、今日なお「神仏習合」の色彩が色濃く遺されているということであろう。
 古来より出羽三山は、自然崇拝、山岳信仰、など“敬神崇祖”を重視するお山であったが、平安時代初期の「神仏習合」の強い影響を受け、以後、明治初年の「神仏分離」政策の実施の時まで、仏教を中心としたお山の経営がなされてきた。

 今日、出羽三山神社は「神道」を以て奉仕しているが、古くからの祭は道教や陰陽道そして密教を中心とする「修験道」を持って奉仕している。
 まさに、これこそ今日の出羽三山神社の大きな特色といってよい。
 歴史をふり返って見ると、鎌倉時代には羽黒山をして、「八宗兼学の山」と称し、全国各地から修行僧が競って入山し、各宗を実践修得していった。

 何故に「八宗兼学の山」であり、諸々の宗教・宗派がこれ程複雑に習合したのか_____。それこそ、出羽三山の大神、神々、そして御開祖・蜂子皇子の“御心(みこころ)”が成したものであろう。
 信ずる者来たれり、出羽三山の大神は何人にも等しく御神徳を授ける、偉大にして永久(とわ)に有りがたい神々である、との民衆の“確信”があったからに他ならない。
 人間の苦しみ・悩みは決して一様ではない。多様にして複雑怪奇、一つの“哲理・教義”のみでは決して救うことはできないということを、出羽三山の大神と御開祖・蜂子皇子は見抜いておられたに違いない。
 出羽三山の神々は寛大である_____

 信仰心は、まず、“信ずること”に始まる。自分の邪念・邪心をむなしくして、「神」を信ずること、それが信仰世界に入る第一歩である。   敬神崇祖(けいしんすいそ)_____。 神を敬い、祖先を崇めること、この一語に尽きる。出羽三山の神々に仕える者は、千四百年間一貫してこの根本精神を以て大神に御奉仕致し、かつ登拝者・信者の方々に等しく接し、教化に勤めてきた。

 出羽三山神社となった明治以降もお山は繁栄御神威の発揚が図られている。今日では東三十三ヶ国からの信者にとどまらず、全国の津々浦々から、四季を通じて登拝者の絶えることがない。
 そして、最近では、日本はおろか外国からもお山においでになられる方も目立って多くなってきている。
 まさに“国際化”である。これも、太古から綿々と受け継がれてきた山麓の宿坊・羽黒山伏の全国に向けた弛まぬ“布教・教化活動”あるいは、出羽三山神社の御神威の“発揚”があったからに他ならない。

 出羽三山の信仰は、いつの時代にも、親から子へ、子から孫へと伝えられる「親子相伝のお山」として著名であるばかりでなく、成人儀礼として男子十五歳になると、「初山駈け」をしなければならないという風習が各地にあって、今も健在である。

 特に関東方面では古くから、出羽三山に登拝することを「奥参り」と称して重要な“人生儀礼”の一つとして位置づけ、登拝した者は一般の人とは違う存在(神となることを約束された者)として崇められた。
 また、西に位置するお伊勢様を意識するように東に存在する出羽三山を詣でることを「東の奥参り」とも称した。つまり「伊勢参宮」は「陽」、出羽三山を拝することは「陰」と見立て“対”を成すものと信じられ、一生に一度は必ずそれらを成し遂げねばならない、という習慣が根強くあった。

 今日、出羽三山のお山が、 「日本の原郷・・・・」 「日本人の心のふる里・・・」
 といわれる所以は、類ない千四百年という歴史だけによるものではなく、“時空”を越えて一貫して顕わされてきた三山の大神の御神威・御神徳、合わせて御開祖・蜂子皇子の“衆生済度(しゅじょうさいと)”の御精神、皇室の御繁栄と民衆の息災を願う御心の「御仁愛」にあることを、私たちは今一度、識るべきであろう。

出羽三山の開祖蜂子皇子上陸の地

 出羽三山の開祖である蜂子皇子が羽黒山へ辿り着くまでのルートについては諸説あるが、その一つに由良の八乙女伝説がある。
崇峻5年(592)の冬、父である第32代崇峻天皇が蘇我馬子(そがのうまこ)によって暗殺された。このまま宮中に居ては皇子である蜂子の身も危ないと、聖徳太子(しょうとくたいし)の勧めにより倉橋の柴垣の宮を逃れ出て越路(北陸道)を下り、能登半島から船で海上を渡り、佐渡を経て由良の浦に辿り着いた。ここに容姿端正な美童八人が海の物を持って洞窟を往来していた。皇子は不思議に思い上陸し、乙女に問おうとしたが皆逃れ隠れてしまった。そこに髭の翁があらわれ、皇子に「この地は伯禽島姫の宮殿であり、この国の大神の海幸の浜である。ここから東の方に大神の鎮座する山がある。早々に尋ねるがよい」とおっしゃられた。そこで皇子はその教えに従い東の方に向かって進まれたが、途中道を失ってしまった。その時、片羽八尺(2m40cm)もある3本足の大烏が飛んできて、皇子を羽黒山の阿久岳へと導いた。これにより、由良の浜を八乙女の浦と称し、皇子を導いた烏にちなんで山を羽黒山と名付けた。
 このように、羽黒神は八乙女の浦の洞窟を母胎として誕生したとされ、しかもこの洞窟は羽黒山本社の宮殿と地下道で結ばれているという言い伝えがある。
伯禽島姫 ー 竜王の娘である玉依姫命(たまよりひめのみこと=竜宮にあっては伯禽島姫)で、江戸時代は羽黒神とされた。

蜂子皇子【羽黒派古修験道を開いた御開祖】

御開山は千四百年余前の推古天皇元年(593年)、第三十二代崇峻天皇の御子蜂子皇子が、蘇我氏との政争に巻き込まれ、難を逃れるために回路をはるばると北上し、出羽国にお入りになりました。そして三本足の霊烏(れいう)の導くままに羽黒山に登り羽黒権現の御示現を拝し、山頂に祠を創建され、次いで月山、湯殿山を次々と開かれました。その後、皇子の御徳を慕い、加賀白山を開いた泰澄や修験道の祖ともいわれる役ノ行者、真言宗の開祖空海、天台宗の開祖最澄などが来山し修行を積んだと伝えられています。
出羽三山の沿革【悠久の歴史に育まれた限りなく深い信仰】

出羽三山とは、山形県(出羽国)にある月山、羽黒山、湯殿山の三つの山の総称です。
 月山神社は、天照大神の弟神の月読命(つきよみのみこと)を、出羽神社は出羽国の国魂である伊氏波神(いではのかみ)と稲倉魂命(うかのみたのみこと)の二神を、湯殿山神社は大山祗命(おほやまつみのみこと)、大己貴命(おほなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)の三神を祀っています。月山と湯殿山は冬季の参拝が不可能であることから、羽黒山頂に三山の神々を合祭しています。また広大な山内には百八末社といわれる社があって、八百万(やおろず)の神々が祀られています。
 出羽三山は元来、日本古来の自然崇拝の山岳信仰に、仏教・道教・儒教などが習合に成立した「修験道」のお山でした。それ故、明治維新までは仏教の、真言宗、天台宗など多くの宗派によって奉仕され、鎌倉時代には「八宗兼学の山」とも称されました。悠久の歴史の中で幾多の変還を重ねながら、多様にして限りなく深い信仰を形成し、「東三十三ヶ国総鎮護」として、人々の広く篤い信仰に支えられて現在に至っています。                                 
同社公式HPから


 無題.pngでは、祭神を考えましょう。

  --------------------------------------


  月山神社   天照大神の弟神の月読命

出羽神社   出羽国の国魂である伊氏波神と稲倉魂命の二神

湯殿山神社  大山祗命 大己貴命 少彦名命

  --------------------------------------


百嶋神社考古学では月読命と大山祗は同一神とします。

 出羽神社の伊氏波神と稲倉魂命は伊勢神宮外宮の豊受大神と夫

神のニギハヤヒ=山幸彦=猿田彦=五十猛…だと考えられます。

 大己貴命 少彦名命は説明不要でしょうが、大己貴命も実は大山祗命の子であり、出羽三山とは実質的に(実はトルコ系匈奴)が非常に濃厚な…と言うより、大山祗系一色の神社である事が分かります。

無題.png

勝手な事を言わせて頂ければ、北に展開した熊襲=トルコ系匈奴と言いたいのですが、理解しては頂けないでしょう。

 問題は大己貴命と少彦名命です。一般的には出雲系の神々などと言われていますが、大山祗系から大幡主系(神皇産霊神)に送り込まれた有力な入婿のようなもので、だからこそ大幡主の一族から豊玉姫(タゴリヒメ)と市杵島姫(スセリヒメ)をお妃(ウムガイヒメ、キサガイヒメ)とされているのです。

 このため最奥部の湯殿山には 単に大山祗系だけではなく大幡主系も反映されているものと思われるのです。

無題.png

羽黒山414m 月山1984m 湯殿山1504m


 縁起にある そもそも、出羽三山は、祖霊の鎮まる“精霊のお山”、人々の生業を司る「山の神」「田の神」「海の神」の宿る“神々の峰”にして… には、やはり…という思いがします。

 実は百嶋由一郎氏は鹿児島県などに数多く見られる“タノカンサーは大幡主と大山祗の犠神体です”と言われていました。

 「山の神」とは大山祗であり「田の神」とは大幡主であり「海の神」とは恐らく豊玉彦(ヤタガラス)=大幡主の子 であろうと思います。

 つまり、一般的に出雲系とされる大幡主系と大山祗系の強力なスクラムが見えてくるのです。

なお、「山の神」「田の神」については、ひぼろぎ逍遥(跡宮)から271 田神社(タノカンサー)は朝倉郡を中心に50社近く存在した をお読み頂きたいと思います。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


百嶋由一郎氏が残された音声CD、神代系譜、手書きデータ…を必要とされる方は09062983254まで

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: