2018年11月12日

515 2018年山陰落ち穂拾い三社詣りの旅 B “鳥取県大山町の大神山神社”

515 2018年山陰落ち穂拾い三社詣りの旅 B “鳥取県大山町の大神山神社”

20180108

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


米子から鳥取に掛けては無料の高速道路がかなり発達している事からついついパス・スルーしてしまいがちになりますが、今回は途中で降りることにして懸案だった大神山神社を参拝する事にしました。

高速を走っていると伯耆の国のシンボルである雪を被った大山が見えて来ました。

この大神山神社は大山山上の奥の宮を降ろしたもので、ちょうど都合が良い事にICも造られており、容易に参拝できるのです。

無題.png

訪問したのは7日の幕の内ですので、どんど用の前年のお札とか破魔矢を持参する方も多いようでした。

 田舎に立地した神社であるに関わらず、ぞろぞろという事はないのですが、結構な参拝客でまずは喜ばしい限りです。

 御正月ですので敬愛する「玄松子」のサイトからトップ画面を張らせて頂きます。

無題.png

米子の宗形神社は過去二度ほど足を運んでいますが大神山神社は初見です


無題.png

非常に読み辛いのですが、大巳貴大神 又ノ御名を大国主命、相殿、大山津見神、須佐之男神、少彦名命 と書かれています。また、延喜からは「大化」(これは九州年号の「大化」かも…)以前までは確実に遡る神社である事が確認できます。

無題.png

神殿は秀麗ですね

無題.png

大山は日本海に聳える巨峰です。これが大国主命で良いかは多少疑問を持つのですが、基礎調査の段階ですのでゴチャゴチャ言うのはやめておきましょう。

神紋は二重亀甲劔花菱で大国主命を表しています。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: