2018年11月06日

513 2018年山陰落ち穂拾い三社詣りの旅 @ “島根県浜田市国分町の大歳神社”

513 2018年山陰落ち穂拾い三社詣りの旅 @ “島根県浜田市国分町の大歳神社”

20180107

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


年末の30日にスケジュールが入ったり、暗闇で神社の境内で足を踏み外して捻挫したりと、通常は年末年始に掛けて神社調査の大遠征に向かうのが普通でしたが、今回は静かな元旦を迎え、人混みが解消したと思う16日から山陰は但馬辺りまで行く事にしました。

 一つは、せっかくスタッドレス・タイヤを装着しておきながら雪がないのはバカバカしいと、雪国に行って神社の雪景色でもアップしたいと思ったからでもありました。

 山陰も無料区間以外の高速は利用しませんし、のんびりと神社を見ながらの旅になります。

 何度となく足を運んでいる山陰ですが、それでも未踏の神社はあるもので、今回はいつでも行けると思いながらも訪問していない神社を落ち穂拾い風に見て廻る事にして(神社を落ち穂に表現するのは正月早々神罰を受けそうですが…今さら何をか言わんかも知れません)目的地は決めていませんでした。

 この浜田市の国分町は以前から注目しているエリアでした。


無題.png

大年神社 カーナビ検索 島根県浜田市国分町1812


 ここには下府=下国府(シモコウ)と呼ばれる地名が残っており、九州王朝時代に成立していた国府が存在していたと考えていた山陰でも重要な経営拠点と考えていました。

 特に下府廃寺塔跡は何度も足を運んでいます。

 日本海側には数多くの礎石などが残され廃寺跡とされていますが、奈良飛鳥で仏教が勃興する時期に何故廃寺が激増しているかは通説では理解できないのです。

勿論、これが近畿大和朝廷のものではないからなのですが、ここではこれ以上触れません。


しもこうはいじとうあと【下府廃寺塔跡】島根県浜田市下府町にある寺院跡。浜田市の東にあたる国分や下府一帯は、国府が置かれた古代石見(いわみ)地方の中心地の一つである。下府廃寺の付近から出土する瓦は奈良時代の様式を備えており、7世紀末〜8世紀初めに創建され、10世紀初めまでには廃絶したと考えられている。寺域は1町(約109m)四方といわれ、巨大な石でつくられた塔の心礎がある。1989年(平成1)〜1992年(平成4)の発掘調査で、下府平野を望む標高14mの微高地を造成したところ、伽藍(がらん)配置は西に金堂、東に塔を配した法起寺(ほっきじ)式であることが確認された。金堂は東西15.2m、南北13mの基壇を、塔は13.2m四方の基壇をもち、その規模から五重塔が想定されている。壇状に削られた土壇上に、心礎と四天柱、側柱の礎石が各1個残されている。花崗岩製の心礎中央には直径86cm、深さ6cmの円柱の孔があり、さらにその中央に直径21cm、深さ12cmの舎利を置く孔がある。石見地方の中核的な寺院跡と考えられ、塔の心楚部分が1937年(昭和12)に国の史跡に指定された。JR山陰本線下府駅から徒歩約20分。

コトバンクによる

無題.png

山陰の漁港としてもかなりの密集度を見せるのがこの下府(シモコウ)ですが、この大集落を見下ろすかのように鎮座しているのが大歳神を祀る大年神社です。

 最も気にしていた神社ですが、今回訪問できて頭の中の蜘蛛の巣が少し取れた思いがしました。

 では、この大歳神とは誰でしょうか?勿論、出雲系の神様などではありません。

 もっとも、百嶋神社考古学では出雲神話の舞台は九州と考えますので、所謂、出雲神話などと言ったものは所詮藤原が創り出したテーマ・パークでしかない事はこれまで何度も申し上げてきた通りです。

 大歳神=大年神は申し上げるまでもなく、阿蘇の草部吉見=ヒコヤイミミその人であり、その後裔が大山咋=佐田大神(断じて佐田彦ではない!ので神社庁などに騙されない様に)=日吉神社=日枝神社=松尾神社となるのです。

 では、何故、この地に阿蘇の神が祀られているのでしょうか?

 簡単に言えば、下府廃寺が消された事と関係がありそうです。要は進駐軍というか占領軍なのです。

無題.png

境内には摂社として蛭子様が祀られていました。

 どうやらこちらが元々の祭神だったようですね。

この神社で面白いものを発見しました。

九本の尾を持つ狛犬です。宮地嶽神社と仁徳天皇(実は九州王朝の高良玉垂命と神功皇后との間に産まれた長子シレカシノミコト)を祀る難波高津宮でしか見たことがないのですが、今のところ何とも言えません。これで、類例が三つに増えました。何らかの意味があるはずなのです。

無題.png

島根県神社庁県内神社一覧による


無題.png
無題.png

なお、研究目的で百嶋由一郎氏が残した神代系譜、音声CD、手書き資料等を必要とされる方は09062983254までご連絡下さい

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: