2018年10月06日

503 鹿児島県南九州市頴娃町石垣の石神神社は月読命ではなく金山彦だった!

503 鹿児島県南九州市頴娃町石垣の石神神社は月読命ではなく金山彦だった!

20171206

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


羽生善治の永世7冠が掛かった将棋龍王戦第五局の大盤解説会があるため400キロ近く走り指宿市に向かいました。結果的には150席しか準備されておらず、とんぼ返りする事にはなったのですが、ついでに南九州市の頴娃町に廻り、幾つかの神社を見て来ました。

無題.png

30年も前になりますが、この白水館には子供二人と愚妻を連れて一度泊まったこともあるのですが、このような高級旅館よりも気ままな車中泊の方が余程楽しいと思うこの頃です。

 ただ、永世7冠が掛かったビック・イベントに150席しか準備していないというのは考えられない暴挙であって、私達以外にもとんぼ返りされた方が多々あったものと思います。

 宿泊者を当て込んだ客寄せパンダとしか理解していない(つまり接客業でありながら一般の将棋ファンの事は何も考えて頂いていない)事は残念な限りですが、所詮、大盤解説会を見たいだけのわがままな将棋ファンの事など眼中に無い事だけは明らかなのです。

 この間のテーマが“大山祗=月読命説を探る”であったことから、鹿児島市南九州市頴娃町石垣の石神神社は確認しておく必要があるため、帰路でもある事から訪問させて頂きました。

 従って、開聞岳も指宿市からではなく、頴娃町からのものであり、左は矢筈岳(矢を番える矢筈)、右遠方が開聞岳になります。

 さて、頴娃町の頴娃とはスティングレイのエイの意味であるという事はこれまで何度も書いてきましたし、この頴娃町が「続日本記」に登場する近畿大和朝廷に抵抗した頴娃の評督の反乱(九州王朝の抵抗派)と関係がある場所である事もふれて来ました。詳しくは、ひぼろぎ逍遥(跡宮)「高良」を検索下さい。

無題.png

「頴娃」がスティングレイのエイである事についてはひぼろぎ逍遥から以下をお読み下さい。


無題.png

石神神社 カーナビ検索 鹿児島県南九州市頴娃町牧之内5446


「石垣」地名が、「石城」(石の城)「石貫」(石ヌ城)…同様の地名である可能性を考えている事から、多くのファクトを把握する必要からもこの石垣の石神神社は無視できなかったのです。

 ただ、結論から言えば大山祗命を祀るものではありませんでした。

無題.png

ご覧の通りの小さな神社ではあるのですが、向かって左には氏神が置かれています。

 鹿児島県には「県神社誌」に相当する「ふるさとのお社」があります。

 これによると、主神は「賀具刺智」境内社としてウガタマ(不明)とイナリ(普通は豊受大神)とされ、賀具刺智とはカグツチ=火之迦具土神、加具土命、軻遇突智…と表記される金山彦の事で予想に反し大山祗ではありませんでした。

この一帯は製鉄地帯であり、これも一つのファクトなのです。

 ただ、灯篭には○と三日月が描かれ、かつては月読命の祭祀が存在した痕跡がある事に気付きました。

無題.pngアイラールはトルコ語の月なのです

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: