2018年10月03日

502(前) 大山祗とは月読命が貶められたもの!? A

502(前) 大山祗とは月読命が貶められたもの!? A

20171128

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


501 大山祗とは月読命が貶められたもの!? @ によって石○地名、石○姓が大山祗、大国主と関係があるのではないかという提案を致しました。勿論、ご同意の方は少ないでしょうが。

さて、ネット上には面白いものが転がっています。

この方の意図は不明ですが、この石+α地名に関心をお持ちだったようです。私自身はそのレベルより下の意識しかないのですが、興味深いので使わせて頂きます。

もしかしたら、トルコ系匈奴の展開が反映されているかもしれないのです。


無題.png同じ様に感じるのですが・・・違うのでしょうか?



岩手県一関市   岩城(いわき)

   秋田県秋田市   下新城岩城(しもしんじょういわき)

   秋田県湯沢市   岩城(いわき)岩城橋(いわきばし)

   秋田県由利本荘市 岩城(いわき)道の駅岩城(みちのえきいわき)

   秋田県南秋田郡  五城目町 岩城町(いわきまち)

   群馬県高崎市   岩城(いわき)

   三重県津市    岩城(いわき)

   島根県江津市   岩城山(いわきやま)

   愛媛県越智郡   上島町 岩城島(いわぎじま)

   熊本県芦北郡   津奈木町 岩城(いわき)

   熊本県球磨郡   錦町 岩城(いわじょう)

福島県大沼郡   昭和村 石城山(いしじろやま)

   福井県坂井市   丸岡町 石城戸町(いしきどちょう)

   京都府八幡市   男山石城(おとこやまいししろ)

   鳥取県東伯郡   湯梨浜町 羽衣石城址(うえしじょうし)

   山口県光市    石城山(いわきさん)石城山神籠石(いわきさんこんごうせき)

            石城神社(いわきじんじゃ)

   愛媛県大洲市   石城峠(いししろとうげ)

   福岡県福岡市   博多区 石城町(せきじょうまち)

   長崎県対馬市   金石城跡(かねいしじょうあと)

   大分県別府市   石城川(せきじょうがわ)

   大分県由布市   石城川(せきじょうがわ)

   青森県弘前市   岩木川(いわきがわ)岩木高原(いわきこうげん)岩木山(いわきさん)

            岩木茜橋(いわきあかねばし)岩木橋(いわきばし)

            上岩木橋(かみいわきばし)岩木山神社(いわきさんじんじゃ)

            岩木川(いわきがわ)

   青森県黒石市   岩木町(いわきまち)

   青森県五所川原市 岩木川(いわきがわ)

   青森県つがる市  岩木川(いわきがわ)

   青森県中津軽郡  西目屋村 岩木川(いわきがわ)

   青森県北津軽郡  板柳町 岩木川(いわきがわ)

   青森県北津軽郡  中泊町 岩木川(いわきがわ)

   岩手県八幡平市  岩木(いわき)

   秋田県大仙市   岩木沢(いわきさわ)

   山形県西村山郡  河北町 岩木(いわき)

   山形県最上郡   鮭川村 岩木(いわき)

   群馬県多野郡   吉井町 岩木(いわき)

   新潟県糸魚川市  岩木(いわき)岩木トンネル(いわきとんねる)

   新潟県上越市   岩木(いわき)

   富山県富山市   岩木(いわき)岩木新(いわきしん)

   富山県南砺市   岩木(いわき)

   京都府京丹後市  岩木(いわき)

   兵庫県赤穂郡   上郡町 岩木(いわき)岩木川(いわきがわ)

            岩木トンネル(いわきとんねる)

   岡山県真庭市   岩木(いわき)

   愛媛県西予市   岩木(いわき)

   山形県米沢市   石木戸(いしきど)

   埼玉県本庄市   石木沢(いしきざわ)

   岐阜県加茂郡   白川町 石木(いしき)

   奈良県奈良市   石木町(いしきちょう)

   徳島県三好郡   東みよし町 石木(いしき)

   高知県高知市   小石木町(こいしぎちょう)

   佐賀県鹿島市   石木津川(いしきづがわ)

   佐賀県小城市   石木(いしき)

   長崎県東彼杵郡  川棚町 石木(いしき)石木郷(いしきごう)石木川(いしきがわ)

   長崎県北松浦郡  佐々町 石木場免(いしこばめん)

   熊本県芦北郡   津奈木町 石木田(いしきだ)


個人的には 佐賀県嬉野市塩田町の石垣、福岡県久留米市田主丸町の石垣の月読神社、熊本県の玉名市の石貫、宮崎県西都市の石貫、神埼市の石動(イシナリ)、山梨県の石和(イサワ)周辺の石尊神社…も加えたいのですが、それは後に回すとしても、上のリストの地名、地名等の周辺の神社、神社伝承、祭神…を少しずつ調べて行けば面白い事が分かって来るのではないかと思っています。

 簡単にはできませんが、今後も作業を進めるとして、まずは近い所から祭神や墓制といったものを考えて行く事にします。

この事に気付いたのは、勿論、百嶋由一郎氏による“石貫地名と大山祗=トルコ系匈奴との間には関係がある…”との示唆があったからですが、はっきり間違いがないと確信を持ったのは、山口県の石城山神籠神籠石の山頂にある石城神社を見た時からでした。

その後、宮原誠一氏による久留米市田主丸町の石垣神社の祭神が月読命(ここに至って大山祗=月読命という方程式への確信を持ったのですが)である事を知った事から、一層、確信を深め、物部氏と言われるものの中心が如何なる勢力なのかという事まで個人的には解決したとの思いを持っています。

まずは分かりやすい山口県光市の石城神社からご紹介しましょう(ここは明治天皇すり替え説=大室寅之祐の田布勢町でもあるのです)。この神籠石は光市と田布勢町に跨って存在しているのです。

この間、ムル、ムレ、ムロはトルコ系匈奴と関係があると言ってきましたが、すり替え説で言う(鹿島昇、鬼塚英明)大室(ムロ)姓=明治天皇にも反映されている事がお分かり頂けるのではないでしょうか?

また、九州王朝の本拠地である高良大社が鎮座する高良山は古くは高牟礼(タカムレ)と呼ばれていたのです。

いずれにせよ、室、群、牟礼…表記、石○表記、大山祗、大国主…が重なれば、かなりの蓋然性があるのではないかと考えます。


無題.png石城神社(いわきじんじゃ)は、山口県光市大字塩田にある神社。式内社で、旧社格は県社。

古代山城の石城山神籠石(国の史跡)で知られる石城山(標高362メートル)の山頂部に鎮座する。

現在の祭神は次の3柱。大山祇神(おおやまつみのかみ)-主神。雷神(いかづちのかみ)高龗神(たかおかみのかみ)かつては祭神の本地仏として、大山祇神には釈迦如来、雷神には普賢菩薩、高龗神には文殊菩薩があてられていた。

                           ウィキペディア(2017 1203 21:27による

 ここで面白いのは、「石城神社(いわきじんじゃ)は、山口県光市大字塩田にある神社」と書かれている事です。

 実は、佐賀県の現嬉野市となった旧塩田町にも石垣地区があるのですが(リストにある佐賀県鹿島市石木津川も数キロのところです)、私事ながら愚妻の出身地でもあるのです。

 してみると、彼女はトルコ系(父)と海人族と思える(母)との間に産まれたと言えるのかも知れません。

 さらに面白いのは、この神社の摂社には若宮神社も含まれており、九州王朝の痕跡もあるのです。

無題.png

今回のテーマは大山祇神=月読命(百嶋説)を検証する事ですが、まず、月山の月読が頭を過ります。

出羽三山の出羽神社には羽黒山大神(倉稲魂神)が、月山神社には月読神が、湯殿山には大山祇神が祀られています。

 この事をどう見るかです。だから別神と見るか関係があるとしか思えないと見るかはあるでしょう。

 九州では少ない月読命ですが、鹿児島県鹿児島市の桜島に月読神社があります。

無題.png

月読神社 カーナビ検索 鹿児島市桜島横山町1722



posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: