2018年08月21日

488 賀茂族の立葵が眩しい神社 “島根県安来市加茂の賀茂神社”

488 賀茂族の立葵が眩しい神社 “島根県安来市加茂の賀茂神社”

20171010

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 頻繁に入っている山陰地方ですが、これはドジョウ掬いの安来節で有名な安来市の幾つかある賀茂神社の一社です。

 当日も幾つかの神社を見たついでの通りすがりでしたが、賀茂神社ですから安来との関係を考えていたところから見聞させて頂くことにしました。

 市街地の一部と言っても良いような場所でしたが、それなりに大きな境内地を持つ立派な神社でした。

 そもそもドジョウ掬いとは砂鉄を採っていたのではないかと言われていますし思ってもいますが、ヒョットコ風の男とオカメ顔風の女で面白おかしく仕立てられているものの、ヒョットコとは火吹き男の鍛冶職人を意味しており、火吹きのため口は麻生○○風に曲がっていますし、「メッカチ」という差別語扱いされている言葉も、片目が潰れた鍛冶=「メッカチ」こそ鍛冶職の名人と讃えられていたのでした。

 だからこそ宍道湖を挟んで一畑薬師の目の神様が信奉され続けているのです。

 長年の製鉄で火の子などで片目が見えなくなった職人は鍛冶の名人として神ともなるのです。

無題.png
無題.png

「安来市誌」によれば、祭神は別雷神、神日本磐余彦命とされています。

京都より上賀茂神社を勧請し当初は一社として祀られていたものの約五百年前より二か所に分けて祀られるようになっているとのことです。

無題.png

社門                参拝殿正面

無題.png

境内社の木野山神社が祀られた経緯は不明ですが鷺神社は見当が着きます 


木野山神社は瀬戸内海沿岸と言うか岡山県を中心に分布する木野山神社の事でしょう。

これこそが本来の賀茂族の様な気もしますが、今のところ確証を得ません。

 鷺神社は間違いなくニギハヤヒ=山幸彦=五十猛命…でしょう。

これについては、ひぼろぎ逍遥(跡宮)108 伊勢天照御祖神社 “久留米の佐岐神社は誰を祀るのか?”

をお読み頂く方が良いかも知れません。

 興味深いのは木野山神社の方ですが、これは別に取り上げるべき大きなテーマですのでここまでとします。

 この神社の祭神は、別雷神と神日本磐余彦命とされています。

 そのまま受け入れて良いかの問題はあるのですが、初代神武天皇と別雷神とが別記されている事に信憑性を求めるか、それとも逆に別雷神(=藤原により第10代とされた贈崇神)が初代神武天皇に同一視させようとしているかによって結論が分かれそうです。

 そう考えるのは、鷺神社があるためですが、ニギハヤヒがこの神社の基層にあったという事はある程度言えそうで、後に上賀茂神社が持ち込まれたという印象が強いのです。

 それは、やはり製鉄の中心地であった安来を支配する意味があったはずで、いわば明治期に八幡製鉄所を誰が制えるかと同等の意味があったはずなのです。

 ここでは、改めてこの神社の性格を表面的には上賀茂系の神社であると押さえた上で、山幸系が排除された形跡を留めている事が見えるため、非常に興味深い一社ではあるのです。

 上賀茂系の崇神の神紋は二つ葵である事も改めて考える必要があるようです。

 全ては、クラオカミ、タカオカミ、素盞鳴命、大山積命を祀る木野山神社の解明に有ると思います。

無題.png

百嶋由一郎ヤタガラス神代系譜


 解読は容易ではありません。一つの事を調べるために岡山の木野山神社をある程度見て廻る必要がありますし、安来の現地周辺をもう少し調べる必要があるからです。鍵は右別れ立葵の神紋の氏族です。

 ここでは、このような興味深い神社があるという事をお知らせし、さらに表面だけを理解するのではなく、その幾つかの基層を探る事を考えるべきであろうと思うものです。


研究目的で百嶋由一郎神社考古学の神代系譜、音声データ、手書きデータ等を必要とされる方は09062983254までご連絡ください。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: