太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年07月03日

472 突然涼しくなったので丹波丹後の神社調査に…C 大宮売神社(京丹後市)上

472 突然涼しくなったので丹波丹後の神社調査に…C 大宮売神社(京丹後市)上

20170910

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 九州から進出し丹後半島へ向かうとなると、当然にも兵站基地は京丹後市となります。

 早朝から大野神社(大阪城の大野治長の本拠地)に参拝し、次に足を向けたのが大宮売(め)神社でした。

無題.png

大宮売神社 カーナビ検索 京都府京丹後市大宮町周枳1020 0772-64-2454


いよいよ近畿大和朝廷のお膝元の神社調査に踏み込み始めました。

初見の神社であるとしても好い加減な事は書けないことから、九州王朝論者にとっては緊張が走ります。

京丹後市において始めに足を向けるべき神社は、京丹後市旧丹後町宮の竹野神社と大宮町周枳(スキ)の神社となるでしょう。

竹野神社は後回しにしますが、この神社には短期間でもう一度訪問する事になります。

実は、但馬に二つの勅使門を持つ神社を発見した事から、急いで内倉武久氏(元朝日新聞記者で「太宰府は日本の首都だった」ミネルヴァ書房外3著の著者)を大阪から呼び寄せ、同氏もこの神社を見落していた事からと再度同行し二度参拝したのでした。

ともあれ、美周瑜ならぬ秀麗この上ないといった手入れの行き届いた美しい神社です。

無題.png

丹波郡は丹後国も含む古大丹波国の中心地と考えられている、そこでの唯一の名神大社で、しかも二座(大宮売・若宮売)である。与謝郡温江には名神大社が二社あるが、ここは一社二座である。のちの行政の中心地は、ここを避けて丹波郡丹波郷(峰山駅のあたり)であったろう、だから丹波国などとその地名が拡張され呼ばれてこちらが中心のように思われているが、丹波国の古代よりの、弥生よりの祭祀(また政治)の中心地はここで、そこで信仰された飛び抜けて大事な神様を祀る社であったと思われる、女神様である、古丹波国の大将は女性だったのかもなどと思われる。
豊受大神そのものを祀る神社は丹後の名神大社にはない、意外と豊受大神とは縁遠くなっていったものか、伊勢外宮の神様となられては恐れ多いのかのようで、この社も豊受大神を祀るより身近な巫女を祀った神社であろうか。
 周枳社()とも呼ばれるから、元々はその名ではなかったか。中央の支配者側も大丹波国の心臓を重要視しただろうと思われる、大宮売とかその祭神等が整備され、早くから国家の祭祀体制に組み込まれていったものと思われる。別に証拠もないので思うしかない。
しっかり国家的な枠組みに組み込まれてしまってからの話は私はあまり興味がない、もっと古い不明の時代が知りたい、古丹波王国の主神格ではなかったかと思われるの時代を考えてみたいと思うが、手に負えるか、まずは一般的に見ておこう。
 祭神は大宮比売命・若宮比売命(大宮売・若宮売)とされる。「延喜式」神名帳に丹波郡「大宮売神社二座名神大」、同書神祇(臨時祭)にも「大宮売神社二座」とみえる。 売はメと読んで女の意味で、女神様を祀った社のようである。


以前も参考にさせて頂いた無題.pngによる

無題.png

境内には多くの摂社分社がありました

無題.png

 三社宮             弁財天社(宗像大社の市杵島姫)


境内摂社はこれまでの歴史を反映したものに見え、それ以前の神々が反映されているようです。


三社の社 天照皇神社(天照大神)、春日神社(天児屋根命)、八幡神社(誉田別命)

弁財天社(市杵島姫)

無題.png

これも境内社ですが、神殿背後地の禁足地のさらに左奥に天満天神社があります。

 これを単に菅原道真公と見るのは容易いのですが、恐らく道真の御先祖である父方、母方のいずれかに置かれていること自体、金山彦〜長脛彦の姉の=オキツヨソタラシヒメ系の先祖神の天神社ではないかと考えています。そうでもなければ禁足地の傍の人目の入らない所に祀るはずはないのです。古い神様です。

 また、庚申(カノエサル)の庚申社がありますが、猿田彦の置換えの場合、荒神の置換えの場合も考えなければなりません。

 猿田彦であれば、大宮売神(伊勢の外宮の神=伏見稲荷)の後の夫神に相当します。

無題.png

八幡社(社殿右奥の神殿背後)               神殿に並ぶ五社殿


今のところ、この八幡社は749年から九州の=列島全国の祭祀権を奪った宇佐神宮の応神を祀る八幡なのか、それ以前の大幡主を祀る本物の正八幡なのかは見当が着きません。

 ただ、本殿より深い場所に置かれている事から正八幡のように思えてなりません。

 それは三社社の中にも八幡神社(誉田別命)が置かれているのですから古い八幡神である以上、大幡主(博多の櫛田神社の主神であり、第3代安寧天皇でもあるのです)の可能性が高いと思います。

無題.png

大歳神社(大歳命、御年命)、武大神社(素戔嗚命)、大川神社(保食命)、秋葉神社(訶具土命)、稲荷神社(倉稲魂命)、佐田彦神社(猿田彦命、事代主命)


さて、五社殿の神様です。大歳はその子御年命と祀られていますから阿蘇の草部吉見で間違いなく、春日神社の表向きの主神でしょう。武大神社はスサノウかヤマトタケルと考えていましたがスサノウの可能性が高いでしょう。

大川神社は舞鶴市などにもありますが、どう見ても金山彦系の神様です。

大川神社でも、主神 保食神、相殿:句句廼馳神(木神)、軻遇突智神(火神)、埴山姫神(土神)、金山彦神(金神)、罔象水神(水神)と強面の神々が並んでいます。

実は、次の秋葉神社は訶具土命ですので、強力な神々が並んでおられる事になります。

稲荷神社は伊勢の外宮の神様ですので、その隣の佐田彦とご夫婦神になります。

ただし、佐田神社は佐田彦神社とは異なり大山咋神ですので間違えがないように。猿田彦命、事代主命が同社内に祀られている理由は不明です。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)研究のため必要とされる方は09062983254まで

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: