太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年06月24日

468 2017年8月豊後高田トレッキング B 二つの身潅神社(豊後高田市真玉)

468 20178月豊後高田トレッキング B 二つの身潅神社(豊後高田市真玉)

20170831

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


いったん豊後高田の中心地に戻り、昼食を済ませて次に向かったのは身潅(ミソギ、ミススギ)神社でした。

神道用語の「禊」、みそぎ【禊(ぎ)】罪・けがれをなくすために、川に行って水で体を洗い清めること。「―を行う」と知らぬ者のない言葉ですが、この地の身潅(ソソグ)神社、身濯(ススグ)神社、身滌(アラウ)身灌(ソソギ)、身灌(ススギ)灌ぐは注ぐ(古くはそそく)には正直言って驚かされました。色々な表記が神額やネットや地図に踊っていたからでした。

もしかしたら宗像のミアレ祭も身(アラウ)滌祭りかも知れないのです。

まず、言語学、方言研究からしても非常に面白いと思うことしきりでした。

「ソソグ」とは液体を入れることであり、「ススグ」とは洗濯のススギですから直ぐに意味は分かります。

いずれも水で洗い、穢れを洗う事と理解すべきでしょう。

勿論、用法、ニュワンス、文字が異なる事から、日本語としても異なるものに発展していることは認めざるを得ないでしょう。

しかし…です。九州王朝論者にとってと言っても、どうせ、ほとんどの九州王朝論者もこのような事には全くお気付きではないでしょうが、九州王朝の本拠地と考える太宰府〜久留米〜八女〜熊本を中心とする=所謂瀬戸内海沿岸(大分北半)以外の九州全域でU音が畿内中心のO音と入れ替わる傾向、九州のU音が畿内のO音として発現した傾向を意識せざるを得ないのです。

これまで何度も言ってきた事ですが、この問題は、「大事」「オーゴト」と「ウーゴト」、栂「トガ」「ツガ」、「ホウヅキ」「フウヅキ」…といくらでも例があり、これを意識して考えていると色々な事に気付くようになるのです。

どうやら今回の神社に関しても、その名称から気付かされたのですが、ススグが転化してソソギに発展した事が見えるのです。

勿論、畿内中心の見方しかしない通説の学者はそんなことは一笑に伏すでしょうが。

つまり、九州王朝の畿内への移動(神武の時代とか卑弥呼の時代に移動したのでは=さもしい東遷説 ではないので勘違いして欲しくはないのですが)の主力が、身濯(スス)ぎ を身潅(ソソ)ぎと呼びたい、読みたい(M音×B音)人々だったように見えるのです。

逆に言えば、主として豊前の人々によって畿内の開発が行われたように見えると言う意味もあるのです。

従って、身濯(ススギ)神社と表記している方がより九州王朝的で、身潅(ソソギ)神社と表記している方が近畿大和朝廷的に見えるのです。

身濯神社と表記している濯ぎ=洗濯機の「濯」が「ススギ」を強く意識した神社となるのでしょう。

無題.png

身濯神社 カーナビ検索 大分県豊後高田市真玉黒土588


注ぐ・灌ぐ・潅ぐ そそぐ       .

大辞林 第三版の解説

そそぐ【注ぐ・灌ぐ・潅ぐ】

( 動ガ五[四] ) 〔室町頃まで「そそく」と清音〕

(自動詞)

@  水 が流れ込む。 「東京湾に−・ぐ川」

A 雨・雪などが降りかかる。 「竹の葉に−・ぐ雨」

二(他動詞)

@  液 体を容器などに流し込む。 「田に水を−・ぐ」 「椀わんに汁を−・ぐ」

A 上からふりかける。 「甘茶を−・ぐ」 「降り−・ぐ光」 「痛き傷には辛塩を−・くちふがごとく/万葉集 897

B (涙を)流す。おとす。 「花にも涙を−・ぐ」

C 心・力などをそのほうに向ける。集中する。 「愛情を−・ぐ」 「完成に力を−・ぐ」 「全員の視線が−・がれる」 「心血を−・ぐ」

[可能] そそげる

[慣用] 朱を− ・火に油を−                                                           大辞林


すすぐ【濯ぐ・雪ぐ】

( 動ガ五[四] )

〔古くは「すすく」と清音〕

@

水で洗って汚れを落とす。洗剤などで洗った後、水で洗う。 《濯》 「水をかえて−・ぐ」 「足を−・きて導かむと欲ふ/霊異記 下訓注」

A

汚名・恥などのつぐないをする。恨みをはらす。 《雪》 「汚名を−・ぐ」 「爾なんじが為に恨うらみを−・がん/こがね丸 小波」

B

けがれを清める。 「この世の濁りを−・ぎ給はざらむ/源氏 朝顔」

[可能]すすげる

[表記] すすぐ(濯・雪・漱

「濯ぐ」よごれを洗い落とす。ゆすぐの意。「洗濯物を濯ぐ」  「雪ぐ」不名誉を取り除くの意。仮名で書くことも多い。「汚名を雪ぐ」「恥を雪ぐ」  「漱ぐ」口の中を洗う。うがいをするの意。仮名で書くことも多い。「口を漱ぐ」                                                大辞林

無題.png

身潅神社 カーナビ検索 大分県豊後高田市真玉加礼川


さて、濯ぎと注ぎは似てますね…九州は濯ぎ、関西は注ぎ…U音とO音の問題で実は同じなのです

無題.png

「鬼と仏の国東半島めぐり」による

祭神についてもふれておかなければなりません。


大直日命は大山咋神であり、草部吉見神と市杵島姫の間に産まれた佐田大神=松尾大神=日吉神社で良いでしょう。近くに春日神社があるのですから、草部吉見の子である大直日は覆い被さっているのかも。

また、佐賀長崎県境の竹崎観世音寺の修正会鬼祭、久留米市大善寺玉垂宮の鬼夜、天念寺外の修正鬼会は全て繋がっているのです。

ただ、埼玉県長瀞の宝登山神社に隣接する玉泉寺の巨大松明も全て同じもののようなので(…昨年現認しました)今後、この点についても考えを進めるべきでしょう。

無題.png

真玉の春日神社

無題.png
無題.png

佐賀長崎県境の竹崎観世音寺の修正会鬼祭       久留米市大善寺玉垂宮の鬼夜


この祭は恐らく高良玉垂命と神功皇后の九州王朝による熊襲(トルコ系匈奴大山祗)退治なのです

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 09:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: