太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年06月15日

465 熊本県の興味深いエリア宇城市海東地区の霊符神社初見

465 熊本県の興味深いエリア宇城市海東地区の霊符神社初見

20170824

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 これは一般的に言われている事ではなく全くの当方の印象でしかありませんが、熊本県宇城市から八代市に掛けてのエリアは非常に面白いと思い続けています。

 それは、肥後の印象と言うものがそのまま当てはまらない謎のエリアといった風で、通常の阿蘇氏のエリアであるとか菅原系が強いエリアであるといったとりあえず収まり易い概念が形成できない所であって、そもそもどのような人々が住み着いた所であるのかというテーマが謎のまま残されているのです。

 そもそも、熊本のような保守の権化のような土地柄でありながら半島そのものを思わせるような「東海東」「西海東」という凄い地名が存在する事に驚かされます。


海東村(かいとうむら)は、熊本県中部に位置していた村。現在の熊本県宇城市の海東地区(小川町東海東、小川町西海東、小川町南海東、小川町北海東)にあたる。元寇を描いた蒙古襲来絵詞で有名な、鎌倉時代の御家人 竹崎季長の領地として知られる。

1958年(昭和33年)331日、小川町・益南村と合併し(新)小川町となったため自治体としては消滅した。2005年(平成17年)115日、さらに小川町は、宇土郡三角町・不知火町および下益城郡松橋町・豊野町と合併し現在の宇城市となった。

ウィキペディア(20170824 19:05による


『海東諸国紀』(かいとうしょこくき, 朝鮮語: 해동제국기)は、李氏朝鮮領議政(宰相)申叔舟(しん しゅくしゅう、シン・スクチュ)が日本国と琉球国について記述した漢文書籍の歴史書。1471年(成宗2年)刊行された。 これに1501年(燕山君7年)、琉球語の対訳集である「語音翻訳」が付け加えられ現在の体裁となった。

1443年(世宗25年)朝鮮通信使書状官として日本に赴いた後、成宗の命を受けて作成したもので、日本の皇室や国王(武家政権の最高権力者)、地名、国情、交聘往来の沿革、使臣館待遇接待の節目などを記録している。「語音翻訳」は1500年(燕山君6年)に来訪した琉球使節から、宣慰使成希顔が聞き書きし、翌年に兵曹判書李季仝の進言で付け加えられた。

ウィキペディア(20170824 19:09による

無題.png

これもその一つですが、「霊符神社」という奇妙な名の神社があるのです。

結論から言えば八代の妙見神社の北上を考えれば符合するのですが、ここには百済の正統王族の避退を思わせる話があり、妙見と百済がそのまま繋がるとも思えない事から、尚、すっきりしないのです。

 まず、故)百嶋由一郎先生からは“八代の上に九州王朝の泉地区があります”という話を聴いていました。

 “八代の上“という表現から八代の妙見宮の上流の地区を探していたのですが、そうではなく、”八代の北“の意味で、当然、氷川流域の旧小川町、旧宮原町といった一帯で、元々、「火の君」の本拠地だったとの話もある場所だったのです。

無題.png
無題.png

ここで面白いと思ったのは百済の聖明王の一族の亡命の話です。これについては、過去何度かご紹介していますが、有明海の対岸、佐賀県の現白石町(旧有明町)に稲佐神社(百済の王族が祀られている)があり、この地へ火の君の世話で亡命したという話が残されているのです。

それと同様の話をここでも拾ったのですからその裏を取ったような話なのです。


稲佐神社(イナサジンジャ)


杵島山の東麓、杵島郡白石町(旧有明町)に鎮座する神社です。        

稲佐神社は平安時代初期にはすでに祀られていました。『日本三大実録』の貞観3861)年824日の条に、「肥前国正六位上稲佐神・堤雄神・丹生神ならびに従五位下を授く」とあり、これが稲佐神社が正史に現われた最初の記録です。また、社記には「天神、女神、五十猛命をまつり、百済の聖明王とその子、阿佐太子を合祀す」と記されています。

 平安時代になり、神仏習合(日本古来の「神」と外来の「仏」が融合)の思想が広まると、稲佐大明神をまつる稲佐神社の参道両側に真言寺十六坊が建立され、この一帯を「稲佐山泰平寺」と呼ぶようになりました。

この泰平寺を開いたのは弘法大師(空海)であると伝えられていて、今も弘法大師の着岸した地点が「八艘帆崎」(現辺田)としてその名をとどめています。また、「真言寺十六坊」は、この地方の大小の神社の宮司の立場にあったと言われています。

無題.png

八艘帆が崎(ハスポガサキ)佐賀県白石町稲佐神社の境内地の端に残る掲示板


 ここには県道錦江〜大町線が通っているのですが、稲佐神社付近にこの地名が残っています。

県道沿いの境内地と思えるところには、この八艘帆ケ崎の謂れについて書かれた掲示板が建てられています(平成四年四月吉日 大嘗祭記念 稲佐文化財委員会)。
 これによると、杵島山はかつて島であった。欽明天皇の朝命に依より百済の聖明王の王子阿佐太子が従者と共に火ノ君を頼り八艘の船でこの岬に上陸したとの伝承があるとされています(稲佐山畧縁記)。                    

 百済の聖明王は仏教伝来にかかわる王であり、六世紀に朝鮮半島で高句麗、新羅などと闘ったとされていますが、五五四年に新羅との闘いの渦中に敵兵に討たれます。

これは、その闘いの前の話なのでしょうか?それとも、一族の亡命を意味するものなのでしょうか?また、火ノ君とは誰のことなのでしょうか。私には大和朝廷とは別の勢力に思えます。なお、聖明王は武寧王の子であり、武寧王は先頃の天皇発言で話題になった桓武天皇の生母がこの武寧王の子孫とされているのです(続日本紀)。

このような場合に頼りになるのがHP「神奈備」です。孫引きになりますが紹介します。佐賀県神社誌(縣社 稲佐神社)から として 百済国の王子阿佐来朝し此の地に到り、其の景勝を愛し居と定め、父聖明王並びに同妃の廟を建て、稲佐の神とともに尊崇せり。と、あります。稲佐山畧縁記とありますが、掲示板の記述はこれによっても補強されます。今後も調べたいと思いますが、これらに基づくものと思われます。
 本来、「六国史」や「三大実録」あたりから日本書紀や三国史記を詳しく調べなければならないのでしょうが、当面、私の手には負えません。
 少なくとも、この伝承は、杵島山の東側の山裾まで有明海が近接していたことを語っています。


「ひぼろぎ逍遥」438天地元水(テンチモトミズ) “橘 諸兄の本流が菊池に避退した”より


勿論、この百済の王族の亡命は白村江の戦いに先行する6世紀の話ですから、この霊符神社と直接関係がある話ではないのですが、この地が火の君の本拠地であった事はお分かり頂けるのではないでしょうか。

 まず、球磨川(八代市)から宇土半島(宇城市)に掛けて広がる不知火海(八代湾北半)東岸の巨大平野は、ほぼ、古代には存在せず、古代には、最低でも現在の鹿児島本線、3号線より陸側の地域が波際線であったと考えられ、簡略化して言えば、この海東の一帯辺りが古代のウォーター・フロントであり一等地だったのです。

 特に注目しているのが泉(この地の正面にも実際に柱山水源もあるのですが)という地名です。

故)百嶋由一郎氏からは、初期の九州王朝は佐賀県(近年佐賀市に編入された)の久保泉地区と聴いていますが、この泉が東に移動したのが関西の泉佐野、泉大野なのですが、出水、和泉と名を変えているのです。

無題.png

なお、『海東諸国紀』については以下をお読み下さい。


九州王朝の近江遷都 『海東諸国紀』の史料批判 京都市 古賀達也   (二〇〇四年一月三十日記)


 さて、社殿を見てこの霊符神社が八代の霊符神社と同系統の妙見(北斗七星信仰)に繋がるものである事は分かりました。

 そして、6世紀の火の君もその系統であろうことも粗方見当がついたのでした。

無題.png
無題.png

八代のそれは妙見=北極星、北斗七星が信仰の対照でしたが、これも同種のものなのでしょう。

一般的には旧八代郡の白木山神宮寺に鎮座した霊符神社が列島の最初のものとされていますので、これはその北への展開なのか、泉地名と火の君との関係からそれよりも遡るものなのかは今後の課題です。

私には「肥後国誌」以前が佐賀の久保泉に見えるのですが…。

「肥後国誌」を絶対視すべきではないと思っているのですが、如何でしょうか?

無題.png
無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


 白川伯王こそが九州王朝の全期間を通じて支えた最大の実力者なのですが、初期だけを考えれば瀛氏の一族との強力なスクラムでイザナミ、オチノ姫、大幡主、天御中主…がこの一帯で活動していただろうことは否定できないのです。

 決して草深い奈良の山の中辺りの話ではないのです。

無題.png

  研究目的のために百嶋由一郎神代系譜、音声CD、手書きデータ…を必要とされる方は09062983254までご連絡下さい。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: