太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年06月06日

462 南九州市の川辺町の九玉神社とは何か?

462 南九州市の川辺町の九玉神社とは何か?

20170819

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


川辺町の市街地から北に数キロ入った所に九玉神社という変わった名の神社があります。

 南に逃げた九州王朝の後裔氏族と考える高良一族の調査から何度も入っている川辺町ですが、この神社については未踏だったのです。九玉神社なるものが薩摩半島を中心に数多く存在する事は承知しています。

 別に九柱の神様が祀られている形跡もないのですが、多少思い当たる事はあります。

無題.png

九玉神社はこの地図以外にもかなりの数が確認できます


少し思い当たる事があるとしましたが、それは伊勢の二見が浦の興玉神社の事です。

九州では、畿内のO音がU音に対応する場合がかなりあり、「オッタマゲタ」は「ウッタマゲタ」、「オオトシデカシタ」は「ウーゴツシデカシタ」、栂の「トガ」は「ツガ」に対応するのです。

してみると、興玉(コウギョク)神社が九玉(キュウギョク)神社(後にクダマ?)になっても一向におかしくはなく、もしかしたら、薩摩の児玉 源太郎陸軍大将の児玉姓もこの神社の関係者かも知れないのです(まあ違うでしょうが)。

無題.png

もしこれが正しいとすれば、祭神は猿田彦とかアメノウヅメ=豊受大神となるのですが、後で鹿児島県で最も名の通った郷土史家のA氏、N氏のA氏の方ですが、「祭神は猿田彦かヒコホホデミか何かになっているのではないでしょうか?」とお尋ねすると、直ぐに鹿児島県神社庁の資料で確認して頂き、猿田彦一神となっていると教えて頂きました。今回は当たりでした。

少なくとも川辺町神殿の九玉神社は猿田彦=ヒコホホデミ=山幸彦である事が確認できたのです。


二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)は、三重県伊勢市二見町江にある神社である。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社。境内の磯合にある夫婦岩(めおといわ)で知られる。

猿田彦大神と宇迦御魂大神(ここでは神宮外宮の豊受大神の別名とされる)を祭神とする。


無題.png20170819 21:37による

無題.png

この神殿は川辺の中心地から百メートル近く上がった山上平野とも言うべき様相をしています。

 多分、古代には池か沼だったのでしょうが、この辺りから初期の稲作が開始されたのではないでしょうか?

 何度も言う事ですが、大平野は概して大河川が流れ川面が低く、このため上流に大型の井関を建設せざるを得なく人口が相当に増え、技術が上がらなければ稲作は行えず、往々にして山の中の小河川など扱いやすい所から稲作は開始されたのです。

 では、何故、猿田彦が祀られたのでしょうか?

 これについても、ある程度の仮説を持っています。

まず、赤米です。民俗学では知られた話ですが、種子島の宝満神社のお田植え祭という神事に猿田彦が登場します。

その外にも、鹿児島県の川辺町(現南九州市)の飯倉神社(「高良酒造」の高良家が宮司)のお田植え祭に猿田彦が登場するのを内倉武久氏と一緒に見たことがあります。

このように、かつて(数十年前まで)は高良大社でも行われていたお田植祭が南九州にもかなりの広がりを見せていたようなのです。そして、その多くに猿田彦の陰が認められるのです。

ここで、始めに俗な結論を申し上げておけば、そもそも猿田のサルとは、シャーリータのシャリであり、銀シャリのシャリなのです。

無題.png

種子島の宝満神社では宝満御神楽猿田彦舞が舞われます。


銀シャリは仏舎利塔のシャリ、シャリコウベのシャリとの説が横行しているようですが、サンスクリット語では、ご飯を「シャ−リ」とも呼ぶそうですので、全く見当違いでもないようです。

今のところ、非常に大雑把ながら、大和朝廷に先行する九州王朝において、猿田彦=山幸彦は、ヤゴローどんとして南九州への水田稲作の導入に働き掛けた痕跡として、各地のお田植神事に猿田彦が登場しているのではないかと考えているところです。


下野敏見 著 「南九州の伝統文化」(ネット上にPDFファイルがあり全文を読めます)

無題.png

なお、蛇足になりますが、本州では、佐田大神(大山咋神、日吉神社、松尾神社…)を猿田彦だとする向きがありますが、佐田大神(出雲の佐田神社…)は猿田彦では全くないので申し添えます。

 これについては、現在、当の出雲の佐田神社も神社庁の圧力に屈して猿田彦を受け入れていますが、ネット検索を詳しく行えば、それが祭神の入れ替えでしかないことがお分かりになるでしょう。

 詳しくは、ひぼろぎ逍遥(跡宮)から以下をお読み下さい。


296

大宮神社と猿田彦大神 O “猿田彦は何故猿田彦と呼ばれたのか?”


 猿田彦と稲作とには深い関係があるのです。

 ただ、この祭祀形態が本当に古いものなのか、明治期の国教化の影響にあるものなのか?についてはもう少し多くのファクトに当たる必要があるでしょう。

 一〜二社では判断できないため、結論は当面保留させて頂きます。

 いつか、自信を持ってこうだと言いたいのですがそう上手く行くかどうかは今のところは分かりません。

 しかし、九玉神社を全て確認しようとすると大変です。特に、インターネット上にも住所程度しか情報がなく、僅かな情報から判断せざるを得ないからです。

無題.png
無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


研究目的で百嶋由一郎の資料を必要とされる方は09062983254までご連絡下さい


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 23:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: