太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年06月02日

461 南さつま市の辺境に市杵島姫と草部吉見の故地を発見した? 阿多の白川の日枝神社

461 南さつま市の辺境に市杵島姫と草部吉見の故地を発見した? 阿多の白川の日枝神社

20170819

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


これは、「ひぼろぎ逍遥」517520で書いたものの関連ですので、「ひぼろぎ逍遥」に書くべきかも知れませんが、内容がかなり神社考古学に絡むものである事から、ひぼろぎ逍遥(跡宮)で扱うことにします。

無題.png

517520は九州王朝論の導入部のような話であり、無関係と言えば無関係になりますので、これから話す事からは遠い話であり、恐らくこれで良いのでしょう。

いずれにせよ、この4〜5本のblogについてお話しするために350キロを走り貫き、南九州市の手前の南さつま市を訪れたのでした。

その二週間前には兵庫県但馬を訪問していたのですから距離は半分で直ぐに届く距離です。

無題.png

南九州市金峰町白川阿多の南東、旧加世田町の東にあることがお分かり頂けますか?


無題.png実は、百嶋由一郎氏の音声記録の中に“阿蘇の草部吉見さんと市杵島姫はご夫婦として若いながら阿多で村長をされていました。”(不正確ですかね?)といった話をされていました。

この他にも、市杵島姫は甑島(甑島には鹿島がありますね、これも鹿島大神=草部吉見と関係があるのです)のカノコユリが好きで、別名の佐用姫とはサユリを愛したからではないかとも思うのですが、それはともかく、このお二人がどこにおられたかは百嶋先生から聴いておらず、市杵島姫がカノコユリと関係がある事だけは 437 勝沼ワインの里の大善寺(特別版)に触れています。

どちらにしてもその話だけは耳に残っており、阿多を通過する度にその事を考えていました。

今般、南九州市川辺町を訪れたついでに、南さつま市に白川集落がある事に気付き、彼らはここに居たのではないかと考え、今回入って見ることにしました。市杵島姫は白山姫の後裔でもあるのです。

言うまでもなく、白川とは白川伯王(天御中主命)の一族が居た場所に付けられる地名であり、日枝も日吉大社=松尾大神を意味しており、草部吉見と市杵島姫の間に産まれた大山咋神=佐田大神を意味しており、まさにピッタリなのです。

無題.png

あの売国奴小○純一郎の父小○純也は東加世田村の出身でここからもそう遠くはない 後に朝鮮銀行に勤務とか…

無題.png
無題.png

縁起では祭神を猿田彦としています。鹿児島、宮崎は維新政府の中核だったためか、主要な祭神で祭神の入れ替えを行っている事が分かっていますので、真に受けることは出来ません。

全国でも草部吉見=海幸彦を祀る神社が非常に少ない事は事実です。

このことには海幸彦に対して山幸彦が勝利したことが反映されているのだと思いますが、この祭神が猿田彦で無い事は明らかで、それは日枝神社や日枝という地名からも分かります。

面白いのは縁起にある“鎌倉期の橋口又太郎が白川宇治野に御神体を安置した”という部分であり、白川とは市杵島姫系統の象徴的な地名であり、宇治は阿蘇氏、それも阿蘇を健磐龍に任せ東に進出した本当の阿蘇氏を意味する多氏、宇治氏を意味する地名である事から、この時点までは、市杵島姫と草部吉見の共同祭祀は残っていたものと思います。

今後この地区の調査は心掛けますが、最早、痕跡は辿れないのではないかと思うばかりです。

多分、山幸彦=猿田彦祭祀に変えたのは島津か明治維新以降の人々だろうと思うものです。

少なくとも、白川、日枝、宇治、出水(泉)という地名がセットで在る事が脅威的で、二番目の地図の端に高良地名があり、ここにも高良神社がある事は既に書いています。

泉も初期の九州王朝を暗示します。九州王朝の初期の形態が辿れる重要な場所である事は明らかです。

元々加世田とは地名からも分かりますが、干拓地としての地名であり、本来、古代に人が住み着いていたのは微高地の阿多や安全で水の豊かな白川などであったはずなのです。

殊更、日枝という地名があり日枝神社として残っている事はもしかしたら大山咋はこの地で産まれたのではないかとまで思うのですが、無論、思考の冒険、暴走である事は否定しません。

しかし、水の豊かな古代の一等地です。

無題.png

大山咋=日吉=日枝こそお二人の神様の子神なのです

研究目的で百嶋由一郎神代系譜を必要とされる方は直接09062983254までご連絡下さい


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: