太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png読者の皆さんに…真実の神社研究へのご支援を…


太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久




ひぼろぎ逍遥、ひぼろぎ逍遥の読者の皆様、また、グループのブログをお読みの皆様、暑い中、丹念無題.pngにお読み頂き有難いと思っています。


 古田武彦が亡くなり、また、百嶋由一郎氏が亡くなり数年が流れました。


 当初、貴重極まりない百嶋研究の一部でも残せないだろうかと考え、手書きデータや神代系譜文書のDVD化、音声データの保存、複製、宣伝という作業を続けて来ました。しかし、単にデータの保管、配布の体制を確立するだけでは継承ができないと考え、blogで百嶋研究の説明、現場実調を徐々に進め公開してきました。この結果、全国にも理解者が増え始め、神社研究ではなんとか特異な勢力を形成できる所まで漕ぎ着けました。


 既に、百嶋研究の一部でも接点を持った全国の二十五人を超えるブロガーが独自の側面から研究を進めておられますし、ブログは書かないまでも、神社調査を行い記録を残している方もおられます。


 勿論、統一性は取れてはいませんし、なかなか難解な内容だけに、解明できない問題についてはメンバーの若い世代に託すことになるでしょうが、なお不明なものは後世の研究者に期待する事に成るでしょう。


 百嶋先生と知り合いになったのは七年ほど前だったと思いますが、もしも後数年生きておられたならばもう少し古代、神代の謎を継承できたかも知れません。しかし、未熟な者だけで作業を行わざるを得なかった事から今尚皆さんにご迷惑をお掛けしているものと理解しております。


しかし、私達の能力を考えれば、むしろ上出来といったものかも知れません。


さて、メンバーの背骨を形成している中心的思想とは、当然にも九州王朝論です。


 百嶋先生も“私も九州王朝論が分かっていない人に神代史を教えても意味がないし、教えたくないですね…”と言われていた事が今でも耳に残っています(吾は百嶋由一郎の面受の弟子なり!)


さて、四月の近江〜但馬、五月の糸魚川〜諏訪〜山梨、六月の青森と15日間づつ三度に亘って長躯の神社調査を行いました。


ぶっ続けで調査すれば良さそうですが、落ち着いてリポートも書かなければならず、研究会のスケジュールもあってそういう訳にも行かず、各々3,0004500キロの往復の調査とならざるを得なかったのです。


今後も、三重、和歌山、岐阜、福井…と、よりきめ細かい調査に入るつもりですが、もはや資金が底を尽きつつあります。


元々、福島の原子力災害辺りから、これ以上行政機関に留まりたくないとの思いが募り、後先き考えずに58歳で早期退職した事から(当時上の娘は大学に在学中だったのですが)年金と言ってもギリギリ暮らせる程度の物で、なんとかここまで働かずに神社調査を行ってきましたが、既に限界点を越え始めたようです。事実、当会は研究を優先するためメンバーから会費を取る事なく僅かな参加費で運営しています。


人手不足の時代、まだ、働こうと思えば職はあるはずですが、拘束時間が長くなれば、研究を進める事ができないまま人生の終末期を迎える事にもなりかねず、できるだけ体力がある間に遠距離の調査に入りたいと思っています。このため、出来る事ならばこのまま神社研究に専念したいものと考えています。


基本的には年金生活で何とかやっていますので、月額であと二〜三万増やせれば、車の維持、車検、保険、介護保険料、研修所の維持、研究会の組織化、ネット規制に対応するためにもう一つ別の発信のためのサイトの準備……と増加する負担にも対応できるのではないかと考えています。


今後、研究内容を保全するためにも、外付けハード・ディスクをタイム・カプセル化して鍾乳洞に保管する(太陽フレアによる磁気データの消失への対策)とか、研修所の維持、後世に残すためにユーチューブ化してオンエアするなど新たな作業に入る必要も生じており、もし可能であれば、通説とは全く異なる百嶋神社考古学の保護と継承のためのご支援をお願いできないかと考えています。


無題.png



年間一口2000円以上の任意の百嶋神社考古学研究会の支援会員となって頂ければ、九州においでになった際に会員待遇として温泉付き研修所に一泊お泊めできます。九州での神社調査の拠点として活用下さい。


振込用の銀行預金講座、郵便貯金番号は以下の通りです。


 大分銀行 若宮支店 000093−7505802 フルカワ キヨヒサ


 ゆうちょ銀行 店番 778 預金種目 普通預金 口座番号 1165562 氏名上に同じ


また、もし差支えなければ、以下のメールにお名前と住所と電話番号を以下のメールに送信して頂き、カンパした旨の連絡を頂ければ、神代系譜のDVD(既にお持ちの場合はそれに代わる音声データなど)をお送りできるものと考えています。


 携帯のメール・アドレス ariakekai@ezweb.ne.jp携帯 09062983254 (常時対応)


無題.png


無題.png



2018年05月31日

460 姫島の比売語曽神社初見 “大分県姫島村比売語曽神社”

460 姫島の比売語曽神社初見 “大分県姫島村比売語曽神社”

20170731

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 姫島上陸は二度目ですが、前回は黒曜石を見る(路頭から離れた海岸でも拾える)事が目的であったため比売語曽神社までは行っていませんでした。

 今回、フェリーを降りると直ぐにお迎えを頂いており、ご挨拶もそこそこに直ちに比売語曽神社に向かいました。

ひぼろぎ逍遥 451 姫島の女神とは何か? “大分県 伊美沖の比売語曹(ヒメコソ)社”下調べ版

20170724

に、於いては、このように書いていました。以下、画像は新たに撮影したものを使用しています。


古代史、神代史に踏み入った者のハシクレとしては、姫島と言えば実に強烈なイメージが湧いてきます。

宗像三女神、神武僭称贈)崇神天皇(ツヌガノアラシト)、スサノウ(アメノヒボコ)、アカルヒメ(実は大幡主の娘でヤタガラスの姉)ですが…、古代の解明にはこれら神代史を飾る人物を多少は交通整理をしなければが全く理解できないほどの偽装、混乱、錯覚、誇張が相互に絡んでいるようなのです。


無題.png

まず、ご覧の通り比売語曹(ヒメコソ)社には都怒我阿羅斯等(ツヌガノアラシト)が名を出しています(同社由緒)。しかし、それをそのまま真に受けると何も分からなくなってしまうのです。


アラシトはスサノウではないはずですが…無題.png

無題.png

まず、姫島と言えば、「阿加流比売」の話が頭を過ります。

半島から逃げてきたお姫様の話なのですが、この方と、追っかけてこられた(途中までとも…)新羅の王子様の話があり、しかも、混乱が生じているようなのです。


比売語曽社は姫島の名前の由来となった比売語曽神を祀る神社であり、旧村社・国史見在社。創建年代は不詳。毎年43日に春の大祭が開かれる。

ひめこそは姫社とも表記し、姫を祀った神社という意味の古語である。

祭神の比売語曽神について、『日本書紀』では、垂仁天皇の時代に、意富加羅国(おほからのくに。現在の韓国南部にあったと考えられている。)の王子の都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)が、白石から生まれた童女(阿加流比売神)に求婚すると、美女は消え失せ、都怒我阿羅斯等が追いかけると日本に渡り、摂津及び姫島に至って比売語曽社の神となったと伝えている。このうち、姫島の比売語曽社が当社であり、摂津の比売語曽社は大阪府東成区の比売許曽神社であるとされる(ただし、後者については異説あり)。

また、比売語曽神については他に、新羅王の子天之日矛の妻、新羅王波沙寝錦の妃、大己貴命の女である下照姫命、辛国息長大姫大目命、真野の長者の娘の玉依姫(般若姫)などの諸説がある。また、宇佐神宮の祭神のうちの比売大神を比売語曽神とする説もある。

広島県呉市の亀山神社は、白鳳8年(679年)に姫島の神が遷座したものとされ、古くは日売島神社(ひめしまじんじゃ)等と呼ばれた。

ウィキペディア(20170724 20:19)による


旧村社

式外社 比売語曽社 日本書紀 垂仁天皇

御祭神

比売語曽神

比売語曽神 に関して以下の説がある。

@ 都怒我阿羅斯等が追って来た、白玉から生まれた女神

A 新羅の王子・天之日矛の妻

B 新羅王・波沙寝錦の妃

C 大己貴の娘、下照姫命

D 辛国息長大姫大目命

E 真野の長者の娘、玉依姫=般若姫

敬愛する「玄松子」による


無題.png 百嶋神社考古学としては(といっても直接の解説は受けてはいませんが)、玄松子氏がまとめておられる説の A 新羅の王子・天之日矛の妻 が妥当であろうと考えています。

勿論、都怒我阿羅斯等は豊の国にいましたし、真野の長者にしても豊前大野の話です。大己貴も出雲に移動する前は北部九州で活動していたのです。

いずれにせよ、半島からの神々の来訪をそのままに伝える場所だけに、列島の神々がどのようなものかを直接意識させる現場なのです。

無題.png

神武僭称贈)崇神天皇こと都怒我阿羅斯等(ツヌガノアラシト)が、阿加流比売神を追いかけたはずがないことは百嶋最終神代系譜では明らかなのですが、「記」「紀」はどんな話でも創るのです。

そもそも、ツヌガノアラシトとは敦賀にいた半島のアラカヤ(古代新羅)の人(シト=関東は「ヒ」と「シ」の発音が区別されませんね)という意味なのです。

無題.png

百嶋由一郎極秘系譜(部分)


兵庫県の但馬に出石がありますが、この地に鎮座の出石神社に朝鮮半島の新羅の王子が祀られています。

アカル姫(実は博多の櫛田神社の大幡主の娘でヤタガラスの姉=神話では、コノハナノサクヤは残されニニギから返されたイワナガヒメ)と結婚したのですが、アカル姫は喧嘩別れで実家に帰ってしまいます。

その姫神の実家は博多だろうと考えますが、旧新羅から船出すれば通常但馬辺りに着きます。そこから山越えし九州に入るとなると勢い瀬戸内海、姫島へと向かう事になります。

多分、この時両者の間に産まれた市杵島姫も連れて来ていると思うのです。それは、出石神社の境内摂社に弁天社=市杵島姫があることでも分かるのですが、いずれにせよ、アメノヒボコも追いかけて列島にやってきます。神話では、別の女性と再婚していますが、姫島までは追いかけて来てはいないようです。現地、出石では出石氏の祖神とされています。以降はトレッキング後に書きましょう。

無題.png

無題.png現地を踏んでちょっと驚いきました。始めから違和感と言うより誤りどころか捏造だと考えていたツヌガノアラシト絡みの話です。

以前から存じ上げていた大帯八幡社の宮司が、この「日本書紀」そのままの「比売語曹社の由来」を作られたとは思えなかったからですが(宮司は通説は通説としても地元には固有の伝承や祭礼や祭神もあるのでそれは配慮されるべきと言われていましたので)、おかしいと思ってお尋ねしたところ、これを作ったのは村の教育委員会であり、神社にも宮司にも何の相談もなく書かれたとの事でした。

 公園の敷地は神社ではなく村だからだそうですが、普通は考えられない事で、比売語曹社も大帯八幡宮の宮司が扱われている以上、仮に法律上必要ないとしてもありえないと思ったところでした。

 既に、“兵庫県の但馬に出石がありますが、この地に鎮座の出石神社に朝鮮半島の新羅の王子が祀られています。アカル姫(実は博多の櫛田神社の大幡主の娘でヤタガラスの姉=神話では、コノハナノサクヤは残されニニギから返されたイワナガヒメ)と結婚したのですが、喧嘩別れで実家に帰ってしまいます。

その姫神の実家は博多だろうと考えますが、旧新羅から船出すれば通常但馬辺りに着きます。そこから山越えし九州に入るとなると勢い瀬戸内海、姫島へと向かう事になります。

多分この時両者の間に産まれた市杵島姫も連れて来ていると思うのです。それは、出石神社の境内摂社に弁天社があることでも分かるのですが、いずれにせよ、アメノヒボコも追いかけて列島にやってきます。

 さて、このような「記」「紀」に追従するどこにでもあるくだらない話はどうでも良いとして、すぐに境内を見せて頂きました。“

と、前述していますが、百嶋神社考古学ではイザナギと別れた後のイザナミ(実はクマノフスミ)と大幡主(博多の櫛田神社の主神)との間に産まれたのがアカルヒメであり、そのアカルヒメを追ったスサノウとの間に産まれたのが市杵島姫とするのです。してみると杵築の奈多宮の話が頭に浮かんで来ます。


無題.png

神殿(右) 神紋(笹)は平家方ではないと主張したなごりか


その話は地元の方のものと思われる小稿をご紹介する事にします。


ナダ宮というから「灘」があったのか、くらいな認識だった。奈多氏が治める土地をナダと称したもので、それどころではない。

「八幡宇佐宮御託宣集」に拠ると、宇佐神宮6年一度の御行幸の時。薦神社三角池の真薦で作った御験(みしるし。薦枕)を新しい御神体として納めるに際し、古い御験は当社に渡された。つまり宇佐の御神体は薦神社→上宮→御炊殿(みけどの。下宮)→奈多宮の順に下げ渡された訳で、処分を任された奈多宮は、これを或いは放流し、或いは庫に納めた。そんな事情で、大分県最古の宇佐神像(木像)は奈多宮にあるという。

小生も知らなかった奈多宮、古くは宇佐の別宮として機能していたらしい。しかも宮司が大友宗麟の舅で、当社は焼かれずに済んだ。しかし慶長豊後地震の津波に遭い悉く沈没し、失ったものも多い。

当社は海岸にあり、砂浜を向いて建っている。国道213号から東側の旧道に入ると、当社の北に駐車場がある。車を停め鳥居を潜り進むと、砂浜に出るので驚く。沖合の小島に鳥居が立つのは、最初は気がつかなかった。砂浜を伝って門前へ至る神社は初めて。

海から上がると真っ直ぐに社殿へ至る造りは、どう見ても海の神。前に和間浜の浮殿(和間神社)を宇佐の外宮と推定したが、当社こそが宇佐の外宮だったのかも知れない。

一条天皇より、初中後(過去、現在、未来)にわたり最上八幡であるとして「日本最上八幡初中後廟」十字の額を賜る。宇佐宮を差し置いて。藤原道長は「一宮海雲楼」「三韓降伏」額を、大江匡房(まさふさ)は「一楼台」額を奉納。平安時代には、朝廷が意識する程の大社だった訳だ。

宇佐に同じく、宗像三女神を比賣(ひめ)大神として第一座に、応神天皇を第二座に、神功皇后を第三座に祀る。但し日本書紀に拠ると、神代紀の一書に宗像三女神について「葦原中つ國の宇佐嶋に隆居せしむ」とあるのに対し、八幡宇佐宮御託宣集に「比賣大神は、先に國前郡奈多沖市杵島に示現される」というので、当社では沖に浮かぶ小島を市杵島(厳島)といい、市杵島姫が降臨した元宮とする。

安心院にも降臨説話があり、御許山を宇佐嶋とするので、比賣大神は海にも山にも降臨したことになる。

拝殿が左右に延びて敷地を塞ぎ、本殿へ回り込めない。着いた時間が遅かったからか、社務所に人がおらず、話は聞けなかった。                    行った時期:2017611


日本最上八幡初中後廟 - 八幡奈多宮の口コミ 三文詩人 による


 但馬の出石神社に朝鮮半島の新羅の王子(アメノヒボコ)が祀られています。アカル姫と結婚したのですが、喧嘩別れで実家に帰ってしまいます。その姫神の実家は博多だろうと考えますが、旧新羅から船出すれば通常但馬辺りに着きます。そこから山越えし九州に入るとなると勢い瀬戸内海、姫島へと向かう事になります。この時両者の間に産まれた市杵島姫も連れて来ていたと考えたのですが、それは奈多宮の話を知っていたからでした。

 さて、比売語曹社では小さな発見がありました。奥宮があったのです。

無題.png

宮司の話では海食洞らしく中には石造りの祠が泥に埋もれていたとの話でしたが、風穴の可能性や風穴起源の海食洞で泥とは、海食洞に砂が吹上られたのかも知れません。

 この海食洞の岩肌には鉄分が確認できたことから風穴ではないかと感じたのですが、当然ながら姫島全体が火山島であり、噴火口の上に姫島村があるのですからどのような事もありえそうなのです。

無題.png

この神社にはもう一つ面白いものがあります。拍子水温泉です。

 この温泉の事は承知していたのですが、まさか境内の一角と言うか隣接していたとは思いもよりませんでした。

 強烈な炭酸泉で、砂糖さえあれば直ぐにサイダーとかラムネになりそうなもので、ご覧の通りの自噴泉でこの温泉を利用した施設も造られていました。

無題.png

この自噴泉も火山群島起源の姫島を表したものであり、もし地続きであれば、凄い観光資源なのですが、個人的にはこのままそっとしておきたいと思うばかりです。

最後にツヌガノアラシトの話をせざるを得ません。

教育委員会が金科玉条の如く引用した「日本書紀」の意富加羅国の王子の都怒我阿羅斯等が阿加流比売神に求婚するとは世代(生きた時代)としても考えられないのです。

都怒我阿羅斯等とはツヌガのアラカラ(カヤ)からやって来た人という意味でしかなく、今も敦賀の気比神宮に祀られている本来の祭神(実は神武を僭称している贈る崇神天皇であり、阿蘇の草部吉見と市杵島姫=アカルヒメの子との間に産まれた大山咋咋の子なのです)であり、スサノウニ肖ろうとしたのか、スサノウを消そうとしたのか、どちらにしても後世の藤原によって偽装されたストーリーが大手を振ってまかり通っているのです。

その偽装は、藤原がその流れ(阿蘇氏でも草部吉見系の氏族)にあるからで、それにおどらされているのが学芸員と通説派の学者どもなのです。

無題.png

研究目的で百嶋由一郎神代系譜を必要とされる方は09062983254までご連絡ください。


※ ツヌガノアラシト(贈る崇神)は敦賀であって、宇佐の正面の姫島では宇佐八幡のスポンサー=贈る崇神の影響が強く、姫コソをスサノウとしたくなかったためツヌガノアラシトの業績としたかったのではないかと考えています。当然、但馬の出石に追ってきたアメノヒボコは出石と考えています。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: