太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年04月30日

450 中国地方の製鉄神とは誰なのか?“島根県川本町のたたら神社の例から”

450 中国地方の製鉄神とは誰なのか?“島根県川本町のたたら神社の例から”

20170722

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


当方が何故神社調査に拘っているかと言えば、現状の利権構造から生まれた考古学などからは古代が全く探れない事から、別の方法として神社を手段にしようとしているものです。

このため、人畜無害の民俗学の対象である土俗的民間信仰や製鉄業者や造林業者などが寄進したような、言わば、民立神社(このような言葉はないでしょうが)にはこの間全く光を当てて来ませんでした。

 それは、お伽話風に神社を理解される可能性があるからであって、民族と民族、混血したとしても異なる氏族と氏族の衝突、融合という政治的対立が神社にも反映されている事を理解して頂きたかったからでした。

 しかし、たまには息抜きも必要である事から取り上げてみたいと思います。


無題.png

現場は江の川沿いの県道31号線とJR三江線が交差する場所で、数百メートルも走れば川本町の中心部に入る町の入口のような場所です

無題.png

JR三江線川本踏切(これは素晴らしい写真でしたので思わず無断借用)「一億人の最寄り駅」より

無題.png

ただの道路端のお地蔵さんといった風情ですが、ここは江の川に沿った古代からの幹線街道であり、旅をする人々からも行路の安全を願うお賽銭がたいそう入れられた時代があったものと思います。

 さて本題の祭神です。たたら神社の祭神とは如何なる神でしょうか?

 直ぐに頭に浮かぶのは金山彦(加具土命、軻遇突智)なのですが、どうもこの系統は中国の瀬戸内側、四国から熊野そして関東方面に入っているようで、山陰ではあまり目にしません。勿論、金山彦系の三宝荒神が相当にあるのですが、まだ全貌が掴めません。

 この手の製鉄、造林関係の信仰の対象は、山陰では等しく大山祗である事が多いような印象を持っています。

 その大山祗がたたら製鉄の神とされているのは、「山の神」とされていたからでしょうが、そもそも、鉱山も「山」と呼ばれることが何に起因しているかが分からないのです。

 ところで、百嶋神社考古学では、山の神とは大山祗、田の神を大幡主(ヤタガラスの父神)と九州に居た具体性のある人物と考えています。

 その事をお伝えしてこの話をおしまいにしておきます。

 今回は、小さな民間の神社の話でしたが、ある種心の休まる神社でした。

本当は宮本常一風に旅を楽しみたいのですが、九州王朝論の戦闘集団には心休まるところがありません。

古代史の世界は利権まみれの嘘つきばかりで、一部、真面目な人間がいたとしても畿内説論者のようなとんましかいないため死ぬまで気が抜けないのです。

無題2.png

同社由緒

無題2.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


 今回は心惹かれる風景に引き摺られてあまり意味のない事を書いてしまいました。

 有力神社氏族に支えられた神社ばかりでなく道祖神的な神社にも魅かれた一瞬でした。


 研究目的で百嶋由一郎氏が残された資料を必要とされる方は09062983254までご連絡
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: