太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年04月22日

448 熊本市に大国主を主神として祀る神社がある “川東大巳貴神社”

448 熊本市に大国主を主神として祀る神社がある “川東大巳貴神社”

20170722

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

 熊本市の北、鹿児島本線が北へと延びる谷筋にJR西里駅があります。

このルートは北から熊本に入るほぼ唯一の通路でした。大きく言えば、このルート方向に西南戦争の激戦地となった田原(バル)坂もあるのです。

 さて、この西里付近には硯川とか和泉といった地区があり、この和泉の川東に大国主命を祀る神社があるのです。

 最近気づいたのですが、この外にも鐙田杵築神社(熊本市北区植木町)があり、主神として大国主命を

祀っているようです。ただ、こちらは多分未踏の神社と思いますので(強く意識しないで踏んでいる神社が多い為)、ここでは、一応、保留します。


無題.png

鐙田杵築神社 カーナビ検索 熊本市北区植木町鐙田525


 では川東大巳貴神社の話に入りましょう。

十年ほど前から気付いてその後も何回か足を運んだ神社ですが、未だに道を間違えてしまいます。

 しかも、近年、祭祀が失われたのではないかといった感もあります。

 それは、あれほど居並んでいた灯篭が僅かに減り(熊本地震のためでしょうか)境内の隅に纏められていますし、参道も進入路にはロープが張られています。

どこかに合祀される準備中と言った印象を持つのですが定かではありません。

将来的にはこのように祀る人がいなくなる神社が続出する事になるでしょう。

その準備と言えば分かり易いのかも知れません。

以前、この境内で車中泊を試みたこともあったのですが、新月の夜でもあり、不気味極まりない雰囲気に圧倒され、とうとう逃げ出して平地に降りて一夜を過ごした記憶があります。


無題.png

川東神社 カーナビ検索 熊本市北区和泉町川東(現地は非常に分かり難いので在住者にお尋ねを)


 では、場所をご確認ください。

無題.png
無題.png
無題.png

何の変哲もないどこにでもある神社と思われるかも知れませんが、重要なのは肥後の中心地の熊本への進(侵)入路のような場所に二千数百坪もの境内地を持つ神社が存在し、その神社が、何故、大巳貴でなければならないかを考えて欲しいからです。

もしも肥後の熊本に大国主命が祀られているかを説明できる方がおられたらご教授願いたいものです。

故)百嶋由一郎氏はトルコ系匈奴である大山祗が、白族である大幡主の妹埴安姫との間にもうけたのが大国主命であると言われていました。

無題.png

そして、邪馬台国の南に展開していたとされる狗奴国こそこの大山祗の一族であり、それが融合し展開した一国が現出雲であると言われていたのです。

無題.png
無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


この越智族をトルコ系匈奴の一派(王昭君の一族)と考えておられたようですが、狗奴国の勝利的北上の結果、埴安姫の兄に当たる博多の櫛田神社の大幡主系の一展開地であった現出雲は、この大国主系の国譲りの結果生じた移動地の一つであり、それをテーマ・パーク化したのが「古事記」だったとお考えだったようです。

 つまり、大国主命の本願地は熊本以南の鹿児島、宮崎、熊本南半部…であったと考えておられたのです。

 こう考えないと、何故、日向の一の宮である宮崎県の都濃神社が大国主命を主神としているのか?

 西都原古墳群で有名な宮崎県西都市に、何故、大山祗命の墓と言われる古墳が存在するのか?

 鹿児島県の阿多半島の吹上浜に何故、大汝牟遅神社(大汝牟遅神社)があるのかが分からないのです。

無題.png

の問題については外にも幾つもの例があり説明したいことがあるのですが、ここまでとしておきます。


 研究目的で百嶋由一郎氏が残された資料を必要とされる方は09062983254でご連絡ください。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: