太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年02月01日

423 奥出雲の神々 29 三成の八幡神社

423 奥出雲の神々 29 三成の八幡神社

20170516

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 写真は仁多郡の中心地三成を流れる斐伊川。

無題.png

路面から2030メートルもあるでしょうか?この三成を見下ろす位置に八幡宮が鎮座しています


正面の斐伊川は出雲平野を流れ宍道湖に注ぐ八岐大蛇伝説の川であり、出雲神話の簸川(ひのかわ)となるのですが、百嶋神社考古学ではそのようには考えていません。出雲神話の舞台は九州であり、櫛稲田姫の産まれたのは山鹿市の正面を流れる菊池川(肥の川)と考えています。

 また、福岡市城南区樋井川が流れ出し、桧原、柏原もあるのですから天照も神武もこの地にいたのです。

無題.png
無題.png

県神社庁の資料によれば 祭神は 息長足姫尊・譽田別尊・武内宿禰命とされていますが、

八幡神社の祭神としては姫大神or玉依姫が入らないタイプで、しかも、神功皇后を入れずに武内宿禰命が入るタイプは初見です。それだけでも元は八幡神社ではなかったような印象を受けてしまいます。

無題.png

「元は八幡神社ではなかったような印象を受けてしまいます」と前述しましたが、この神紋もその理由の一つです。

亀甲に雀は見掛けますが、二羽の鳩(?)は初めてです(神殿上部にもこの神紋が打たれています)。三沢氏は丸に三つ引き紋と蔦紋ですから領主のものではないでしょう。

通常、八幡神が亀甲紋(通常大国主の出雲系と言われますが、当然、大幡主の紋章に鳥が二羽入る珍しい紋章です)を使う事はありませんので、摂社と併せ考えるとそう言わざるを得ないのです。

無題.png

大宜津比売神

高天原を追放されたスサノオは、空腹を覚えてオオゲツヒメに食物を求め、オオゲツヒメはおもむろに様々な食物をスサノオに与えた。それを不審に思ったスサノオが食事の用意をするオオゲツヒメの様子を覗いてみると、オオゲツヒメは鼻や口、尻から食材を取り出し、それを調理していた。スサノオは、そんな汚い物を食べさせていたのかと怒り、オオゲツヒメを斬り殺してしまった。すると、オオゲツヒメの頭から蚕が生まれ、目から稲が生まれ、耳から粟が生まれ、鼻から小豆が生まれ、陰部から麦が生まれ、尻から大豆が生まれた。…

…オオゲツヒメは『古事記』において五穀や養蚕の起源として書かれているが、『日本書紀』では同様の話がツクヨミがウケモチを斬り殺す話として出てくる。

なお、ここでオオゲツヒメはスサノオに殺されている筈だが、後に大年神の系譜においてハヤマトの妻として八神を生んだとの記述がある。

穀物・養蚕の神として信仰されるが、後に同じ穀物の神である稲荷神と混同されるようになり、ウカノミタマの代わりに稲荷社に祀られていることがある。

ウィキペディア(20170516 19:09による


山姥、オオゲツヒメ、月読、ハイヌエレ神話…は大林太良教授の世界です。

和久産巣日神は伊勢の外宮の豊受大神と考えますが、大宜津比売神は見当が付きません。

無題.png

パチンコ屋やゲーセンなどの吐き気を催す建物と比べるのは僭越の極みですが、なんとも言えない素晴らしい景色です。

無題.png

脇参道


無題.png

こちらには幾つかの摂社、末社が祀られています。

無題.png

足尾大神とはあまり見かけない神様ですが何とか見当がつきます


九州では見掛けません。北関東に入り始めましたので、何とかなりそうです。

栃木県の足尾銅山などを意識し始めたのでタイムリーでした。茨城県石岡市の足尾神社については玄松子氏は國常立命 面足命 惶根命とされています。

主祭神は面足命とされていますが、これは金山彦に相当します。

百嶋神社考古学では面足命は金山彦であり、足名椎(アシナヅチ)は金山彦、手名椎(テナヅチ)は埴安姫で、櫛稲田姫(クシナダヒメ)のご両親になります。

どうやらこれは三沢氏が山梨あたりから持ち込んだもののようですね。

無題.png

これは粟島神社ですので少彦名命で良いでしょうし、どう見てもこの八幡神社の基層には大国主祭祀があるようです。

なかなか一筋縄ではいきません。でも、初見にしては何とか解読できたようです。

多分、元は大国主命を祀る神社だったものが八幡神社のご機嫌を取った良くある神社のようです。

無題.png
無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 02:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: