2018年02月01日

422 奥出雲の神々 28 上三所の居去神社

422 奥出雲の神々 28 上三所の居去神社

20170514

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 上三所は中心部の三成から5キロほど日本海側に下ったJR出雲八代駅から東に入った奥出雲町北部の集落です。

無題.png
無題.png
無題.png

県神社庁の資料によれば 祭神は 大名持命・少彦名命とされていますが、

大名持命 少彦名命 伊邪那岐命 伊邪那美命 須佐男命 速玉雄命とするものもあります。

無題.png
無題.png
無題.png

出雲市斐川町の万九千神社ですね


万九千神社は、神在祭(毎年の神在月、旧暦10月)に際し、全国から出雲へと参集された八百万神が最後にお立ち寄りになるとの神話を今に伝えています。 八百万神は当社において、出雲路における神議り(かみはかり)を締め括り、神宴(直会=なおらい)を催したのち、神在月26日から翌未明にかけて諸国へとお旅立ち(神等去出=からさで)なさるとされています。

同社HPより

無題.png

求めていたものがありました 左端の鷺神社です 今はこれがニギハヤヒ=五十猛と分かるのですが


ここでは触れませんが、詳しく知りたい方は「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)108 伊勢天照御祖神社 “久留米の佐岐神社は誰を祀るのか?”をお読みください。五十猛=ニギハヤヒ=山幸彦=猿田彦かそのお妃の豊受大神=伊勢の外宮様=伏見稲荷を祀っておられるはずです。

このように仁多郡には基層部にニギハヤヒ祭祀が流れているのです。

無題.png

安来市に縄久利社があります 同社HPより


無題.png

金毘羅は説明不要ですが、百嶋神社考古学では大国主ではなく大山咋=本当の佐田神社の神(断じて猿田彦にあらず)=松尾大神=日吉神社とします。

境内には五角柱の社日神もあります。

県神社庁のデータの通り大名持命、少彦名命を祀るものであれば、それはそれで良いのでしょうが、出雲で通りの良い祭神にしたものと考えると、どうも愛宕、鷺神社が本来の祭神ではないかと言う印象を受けます。

現地での聴き取りができていない(現地での社名も含めて)段階では何も言えません。

圃場整備事業などで、近くの別の祭祀を移したものなのか、元々あったものなのか、野良に人がいない時代になってしまっており、フィールド・ワークによっても聴き取りができないため判断は保留します。

ただ、最低でも仁多郡にニ田物部の影がちらつく事は確認できました。

無題.png
無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: