太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年01月24日

418 奥出雲の神々 25 三澤の三沢神社

418 奥出雲の神々 25 三澤の三沢神社

20170512

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 奥出雲町の中心部から西に十キロ足らず移動した山間に小さな三澤町があります。

このようなところに式内社があるのですから驚きますが、珍しい事にアジスキタカヒコネを祀る神社がありました。

無題.png

写真手前の方向に神社があります


この三澤集落が三澤と呼ばれている事については多少の違和感があります。

 それは、基本的に西日本は「谷」であり、東日本は沢と呼ばれるという地名研究の一定の法則性(それほど厳密でもなく大袈裟なものでもないのですが)があり、「三沢」は東日本から入った人々の集落ではないかと思ってしまうのです。

 しかし、直ぐに氷解しました。三沢氏は信濃から入った源氏の系統だそうで、新参の氏族の居住地がこの地なのです。従って、アジスキタカヒコネことウガヤフキアエズは、彼ら進駐軍が持ち込んだ彼らが信奉する神のようなのです。

無題.png
無題.png
無題.png

県神社庁の資料によれば 祭神は 阿遲須枳高日子根(アジスキタカヒコネ)命 とされています。

無題.png

同社神殿


一般的にはそれほど有名な神様ではないため簡単に確認しておきましょう。


アジスキタカヒコネ


大国主命と宗像三女神のタキリビメの間の子。同母の妹にタカヒメ(シタテルヒメ)がいる。農業の神、雷の神、不動産業の神として信仰されており、高鴨神社(奈良県御所市)、都々古別神社(福島県東白川郡棚倉町)などに祀られている。別名は賀茂社の神の意味である。すなわちこの神は大和国葛城の賀茂社の鴨氏が祭っていた大和の神であるが、鴨氏は出雲から大和に移住したとする説もある。『古事記』で最初から「大御神」と呼ばれているのは、天照大御神と迦毛大御神だけである。

神名の「スキ(シキ)」は鋤のことで、鋤を神格化した農耕神である。『古事記伝』では「アヂ」は「可美(うまし)」と同義語であり、「シキ」は磯城で石畳のことであるとしている。他に、「シキ」は大和国の磯城(しき)のことであるとする説もある。アメノワカヒコとそっくりであったとの記述から、元々アメノワカヒコと同一の神で、穀物が秋に枯れて春に再生する、または太陽が冬に力が弱まり春に復活する様子を表したものであるとする説もある。

ウィキペディア(20170512 0709による


 恐らく本来の祭神もおられるはずですが、境内には色々と興味深い神様達が摂社として並んでいます。

無題.png

まず、荒神社ですが、石塔や祠がないことから最も原型に近い祭祀形態と思われます。神の憑代としてのやどる「木」そのものを祀り、それを示すために「柴刺」(シバサシ)が行われています。

無題.png

荒神様に関しては奥出雲のblogのどれかで詳しく書いていますのでここでは触れません。

無題.png

次は足守社ですが、これも石塔や祠がないことから最も原型に近い祭祀形態と思われます。神の憑代としてのやどる「木」そのものを祀り、それを示すために「柴刺」(シバサシ)が行われています。

ただ、残念なことに多少解釈を違えられておられるようです。

無題.png

八衢比古命、八衢比当スを足守社とされている事なのですが、猿田彦、天鈿女命と解釈し道案内の意味で足守社とされているようなのです。

八衢比古、八衢比売は一般的には猿田彦と天鈿女命などと考えられていますが、百嶋先生からも、“皆間違えているが、これはスサノウの息子と娘である長脛彦(岐神)ナガスネヒコと瀛ヨソ足姫(オキツヨソタラシヒメ)”と聴いています。

神武天皇に弓を引き楯を突いた長脛彦(民族の対立ですから仕方が無い事ですが…)を隠す意図で行われた事が、何時しか忘れられてしまったのでしょう。

出雲では、出雲大社の東数百メートルに密かに祀られている出雲井神社(岐神)をご存じの方がおられると思いますが、心惹かれる長浜神社外にも散見されます。


出雲には社日神社は多いですね。解説不要でしょう。これも古い祭祀のような気がします。

無題.png

原田八幡宮は申し訳程度の八幡宮と言った印象です


さて、肝心の主祭神です。確かに神社庁の資料によれば、祭神は阿遲須枳高日子根(アジスキタカヒコネ)命ですが、私の印象は違っていて、本来の神様は荒神社、長脛彦(兄妹)だっただろうと思います。

 その理由にこの地区に「原田」と言う地名があるからですが、ここでは触れません。

 今回、奥出雲の神社調査でも最も興味深い地区と神社の一つがこの三沢神社でした。

アジスキタカヒコネですが、その実体は、ニギハヤヒ=猿田彦=山幸彦と宗像のタゴリヒメ=豊玉姫との間に産れた物部の分派というか一支流がこの神様で、その子が安曇磯羅=表筒男命となるのです。

従って、出雲では珍しい神様になるのです。


このため、ウィキペディア氏が「大国主命と宗像三女神のタキリビメの間の子。同母の妹にタカヒメ(シタテルヒメ)がいる」とされていることは、「山幸彦と宗像三女神のタキリビメの間の子。義理の母の妹にタカヒメ(シタテルヒメ)がいる」とすべきでしょう。

これはあくまでも百嶋神社考古学の立場からの見解ですので鵜呑みにはされないように。

と言っても、ほとんどの皆さんは学会、通説、神社庁見解、有力神社見解を鵜呑みにされているのですが。

もっとも、学会通説を鵜呑みにする方が増えれば増えるほど、逆に、特異な百嶋神社考古学は際立ち、聳え立つ事になるだけですのでどちらでも構いませんが。

無題.png

研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 16:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: