太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年01月17日

ビアヘロ030 阿蘇の神社群はπやφは元よりフィボナッチ数列を駆使するピラミッドの法則で造られていた

ビアヘロ030 阿蘇の神社群はπやφは元よりフィボナッチ数列を駆使するピラミッドの法則で造られていた

20171221

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

神社のパワー・スポット・ブーム(ぱあ・スポット?)とは、ほとんど人為的に創り出されたものでしかありません。

当然、大手マスコミ(新聞、TV)や「トランプ報道」、「不正選挙」も世論操作がなされたものでしかなく、戦後のマッカーサー〜GHQの占領政策以来、ほとんど全ての情報が管理されていると思うべきでしょう。

今は極限まで愚民化政策が完了しており、世界最高水準の8Kテレビジョンを創る国家に於いて、芸人、オカマ、ハーフ、外人による安物番組ばかりという世界最低水準の番組を享受しているのが我が日本列島(劣等)民族の成れの果てと言えるでしょう。最早何をか言わんと言うばかりの様相を呈しているのです。

無題.png

神社のパワー・スポット・ブーム(ぱあ・スポット?)に関しては一部仕掛けられた形でこの阿蘇でも起こっているのですが、この本物中の本物と言えるパワー・スポットと言えるものがあるのです。

実は、阿蘇の神社群とピラミッドを形成する“南阿蘇村の八坂神社は、殆ど知られる事もなく、現在も静かに鎮座しているのです。 この事については、以前にも何度かお伝えしています。


ひぼろぎ逍遥

92

阿蘇の神社群とピラミッド “南阿蘇村の八坂神社を訪ねてみよう”

181

南阿蘇村八坂神社の炎のピラミッド @


ひぼろぎ逍遥(跡宮)

90

驚愕の“炎のピラミッド” 004 図26-1,2 “八坂神社両神社の、境内地の具体的な対称性”

89

驚愕の“炎のピラミッド” 003 図24-2  “草部吉見神社と神域」(本境内地面積1,900u)”

88

驚愕の“炎のピラミッド” 002 はじめに “阿蘇南北の大地の形成を考える”


などに於いて、何度かとり上げていますが、阿蘇の神社配列 阿蘇郡内8社と郡外の3社、甲佐神社(甲佐町)、健軍神社(熊本市)、郡浦神社(宇土市三角町)は各々標高も全く異なるのですが、非常に正確に三次元的なピラミッドの一部を形成する様に配列され、しかも、参道、参拝殿、神殿配置から境内地の形状さえもが計算され尽くされて造られているのです。

この驚愕の事実は既に平成9年の地理情報学会(通常は東京大学)に於いて、「古代火の国の『ピラミッド状の神社配置の謎と意味(炎のピラミッド)』について」として田尻盛永八坂神社宮司(0967-62-9611)阿蘇郡南阿蘇村一関660より発表されています。

無題.png

一関八坂神社(祇園社)


再掲載


092 阿蘇の神社群とピラミッド “南阿蘇村の八坂神社を訪ねてみよう”

20140603

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

阿蘇の神社と言えば、健磐龍命(たけいわたつのみこと)を祀る一の宮町の阿蘇神社と相場が決まっているようですが、密かに湧きあがりつつある神社ブームの中で、それ以外の重要な神社にも目が向けられつつあるようです。

 参拝者増加に当会も関係している草壁(草部)吉見神社、決してクニノミヤツコなどと間の抜けた呼び方をなさらないようにして頂きたいのですが、北宮 阿蘇国造(コクゾウ)神社、境内に入られた方だけならば最も多いはずの、白川水源の白川吉見神社、遠く離れて小国町の両神社(小国神社)や御船町の甲佐神社など、徐々に参拝者が増加しているような気がしています。

 ところが、自分自身の認識も遅れていたのですが、非常に重要で無視できない神社があったのです。

 それが、これからお知らせする、ど偉い神社 八坂神社です。

 まず、阿蘇に八坂神社があるのか?と、お思いの方が多いと思います。


 最低でも、ご紹介したblog五本を読まれれば驚愕の事実に直面し、それこそパー・スポット・ブームなど吹き飛ぶような問題に思考が狂わされるような事になるでしょう。

無題.png

左から、この神額が非常に珍しいことから、まずは、実見となったものです。もしかしたらメノーラかも知れません。社殿はこの階段を上がります。見た目は小さな砦ですね。社殿は至って穏やかでした。

無題.png

本殿上の紋章


本殿の紋章は丸に花沢瀉(オモダカ)のようですが、今のところ保留します。

これは、神紋ではなく同社を庇護した一族の家紋ではないでしょうか?


 当然ながら、祇園神社とか出雲系とか評価が一般的ですので、阿蘇に?となるのは自然な成り行きかも知れません。

 少なくとも、祭神を考えれば、:素戔嗚尊、櫛稲田姫命、その子(八島篠見神、五十猛神、大屋比売神、抓津比売神、大年神、宇迦之御魂神、大屋毘古神、須勢理毘売命)となるのですから仕方がないのかも知れません。

 ただ、太宰府地名研究会の神社考古学班としては、スサノウとアマテラスの衝突も九州を舞台にして起こったこととして探索を進めており、事実、メンバーの数名は、結局、「出雲神話」の舞台は九州だったいった話を日常的にやっています。

 このような話をするとご迷惑をかける向きもありますし研究途上の話でもあることから、通常はオオッピラには申しあげておりません。

 ただ、今回、ご紹介したいのは、国造神社を中軸に阿蘇神社と霜神社が、阿蘇山を挟み寸分たがわず、八坂神社と竜王社に対して配置されているということと、他の重要な神社も正確に配置されているという事実であり、その具体的事実を発見されたのが八坂神社の宮司であるということです。

 この手の話は安本美典による奈良の地名の話などと同様なものと考えられるかもしれませんが、大雑把な地名対応程度の話ではなく、最低でも古代の正確な測量技術を浮かび上がらせるものだったのです。

 宮司は2008年に『古代「火の国」の象徴「炎のピラミッド」の発見』田尻盛永/著(熊本出版文化会館)\4500.-として公刊されています(百冊程度の残部あり)。冒頭から、ほんの一部をご紹介しましょう。


…こうした火の国全土に亘る神社群配置の中心は、阿蘇谷と南郷谷とに「対」にして奉祭されている「阿蘇神社と八坂神社」にあるが、この2社に、それぞれ補完社である「霜神社と竜王社」を加えて4社。この4社を結ぶと「北北西22.7度」(2242分)に傾いた「性格無比な細長い平行四辺形」が浮上してくる。…


 当然にも、この重要性にいち早く気づいた地理情報システム学会において、平成91997)年「古代火の国の『ピラミッド状の神社配置の謎と意味(炎のピラミッド)』について」を発表されています(於:工学院大学/事務局:東大)。

無題.png

参拝殿横にもこの図面が金属板で掲示されています


著書には高等数学に基づく多くの数式と図が配されていますが、全てをお知らせする事は不可能で、著書を購入されるなり、論文を入手されるなり、お近くの方は、直接、神社に訪問され著書を入手されたい方は購入できると思いますのでご参拝頂きたいと思います。

差し障りないと考えますので、住所連絡先をお知らせします。なお、詳報は別稿とします。


無題.png869-1504 熊本県南阿蘇村一660 八坂神社 0967-62-9611


風光明媚な南阿蘇、白川沿いに社殿、宮司宅はあります。南阿蘇鉄道の中松駅付近とお考えください。


さて、2012年公開の映画「ピラミッド5000年の嘘」をご覧になった方は多いと思います。

DVDも販売はもとより、レンタルも行われていしたので、かなりご存知の方はおられるでしょう。

本編の中でも、ギザのピラミッドが4面体ではなく8面体だったとか、メートル法、円周率π、黄金分割、フィボナッチ数列といった数式を駆使してピラミッドが造られていたといった高等数学のオンパレードでしたが、あの時代にピラミッドが黄金分割などの言わば秘法が駆使して造られたものだったという衝撃的な事実が明確になったのでした。映画を見られた方は是非…。

そして、これと同じ構造が阿蘇の神社群にも適用されているといった話になってくるのですが、それはまたにして、まずは、南阿蘇の八坂神社におでかけ頂きたいと思います。神社の維持には多額の資金が必要ですので、お賽銭はお忘れなきようお願いします。詳しくは神社にお尋ねください。

無題.png

さて、以前の御著書は4,500円と多少高めでしたが(勿論、立派な想定ではあったのですが)、改訂版はコンパクトにまとめられ1,500円と求め易くなっています。

無題.png

田尻盛永八坂神社宮司(0967-62-9611)阿蘇郡南阿蘇村一関660


 に直接お問い合わせされれば早めに手にする事ができるでしょう。

無題.png

阿蘇小国両神社と八坂神社の対称性を考えると、両方の神社の性格を改めて考えざるを得なくなります。

無題.png

 11の神社群が正確無比な対称性とピラミッドの配置になっている事には脅威をすら感じますが、これらが、宮司の想定では6世紀前後に全て成立していると言われるのですから、最低でもピラミッドを造った人々が入って来ているぐらいの話は必要になるのです。

ぱあ・スポットを追い求める方は、せめて、同社を訪れ、驚愕の事実を知るべきではないでしょうか?


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: