太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年12月09日

403 奥出雲の神々 11 中村聞語山の横田八幡宮

403 奥出雲の神々 11 中村聞語山の横田八幡宮

20170504

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 まずは奥出雲町でも最も重要な大社と思えるのがこの横田の八幡宮です。

 よそ者ながら、一般的には櫛稲田姫を祀る稲田神社になるのかも知れませんが、地域の経営拠点という意味ではこの神社になるのではないでしょうか。

無題.png
無題.png
無題.png

大谷神社 カーナビ検索仁多郡奥出雲町中村聞語山170番地

無題.png

祭神:應神天皇・仲哀天皇・神功皇后


参拝殿には確かに横田八幡宮と書かれ、神社庁の資料でも 主祭神 を應神天皇・仲哀天皇・神功皇后としています。

しかし、境内には多くの神々が犇めき合っています。

私見ながら、当方にはこれらの神々こそが本来の神々ではないかと思ってしまいます。

理由は色々とありますが、祭神とされる 應神天皇・仲哀天皇・神功皇后 よりも遥かに格上の神々が摂社に祀られているからです。

無題.png少なくとも、九州の宗廟(これは列島の宗廟を意味する)を宇佐に引き渡す749年(「高良玉垂宮神秘書」)以前までは、摂社の神々こそが主神として崇められていたように思えるのです。

そう思ったのは、左の摂社の最上部に三五の桐紋を見た時でした。

これは神功皇后の神紋であり(仲哀死後の夫であり仁徳の父神である第9代開化=高良玉垂命は五七桐)、本来、贈)応神(ホンダワケ)、仲哀と共に神殿になければならないはずなのです。

 では、境内の神々をご覧頂きましょう。

無題.png

父神 高良社(藤原により第9代とされた開化天皇=ワカヤマトネコヒコ) 子神 同じく第14代仁徳天皇(オオササギ…)

無題.png

一般的には大国主命とかスサノウとか諸説ありますが百嶋神社考古学では金刀比羅社を大山咋とします


 出雲では大山咋と言っても通用しないでしょうが、佐田神社の本当の祭神佐田大神(猿田彦では断じてありえない)で阿蘇草部吉見と宗像の市杵島姫の間に産れた日吉神社の主神と同一神としています。

無題.png
無題.png

牛氏社はスサノウで、宇治社は阿蘇の草部吉見神=春日様=武甕槌で良いでしょう

稲荷社は良いとして(当然伊勢外宮の豊受大神)、松童社(龍宮少童社か)は不明です


 境内の一角には社日大御神(五角柱の天照大神、倉稲魂命、埴安媛命、大己貴命、少彦名命)と小さなしかし立派な社があります。これについては見当が付きません。それに三宝荒神…。

大己貴祭祀に先行するものかも知れませんが、神社誌もなく今のところ確認できません。

無題.png

今回はたまたま宮司が出仕されていました。

 偶然、出くわし目が合ったことからご挨拶させて頂き、それから3040分間お話を聴かせて頂きました。

 御歳をお尋ねすると大正8年のお生まれだとか、99歳になられます。それにしても、30分は立ってお話しされた訳で、実にご立派と感服した次第です。お賽銭はたまたま50円しか入れていないので気が引けましたが木山宮司だそうです。思えば戦時中はこの神社からも多くの出征兵士を送り出されたのではないでしょうか?方言研究では雲伯方言という概念があり、この一帯にはズーズー弁が色濃く残っています。実例に遭遇する事は少ないのですが、木山宮司はその体現者でした。長くなるためここまででとめますが、高良社、仁徳社があることから、恐らく749年までは、九州王朝の高良神社だった可能性さえあると思いました…が、早とちりは禁物です。

 無題.png無題.png社殿を降りると、そこには立派な倉持のお屋敷がありました。この倉の家紋は丸に木瓜でした。

これも九州王朝の初期を支えた金山彦の神紋なのですが、今でも久留米の高良大社の裏紋として使用されています。

 本物の門光(開化の神紋)は未だに高良大社の奥深く隠され続けています。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 04:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: