太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年12月05日

402 奥出雲の神々 10 稲原光森山の天満宮

402 奥出雲の神々 10 稲原光森山の天満宮

20170504

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


稲原光森山の天満宮も豊かな山上楽園といった農耕地の一角にあります。

無題.png

大馬木の天満宮は奥出雲町でも広島県境に近い最奥部の神社で、大馬木、小馬木という親子地名が拾える辺境の地域です。

とは言っても意外と平坦で、奥出雲町全体がそうなのですが、隠れ里といったおどろおどろした印象など微塵もない山上楽園といった風情を持っています。

正面には庄屋かとも思わせるような大屋敷があり、そのお宅の倉には丸に橘の家紋が打たれていました。

これだけでこの地域が橘一族の定着した土地でもあった事が見えてきます。

天満宮があるのも当然と思えてきます。それは菅原道真公には橘家の血が注がれているからです。

無題.png

天満宮正面の風景


 そもそも菅原道真を祀る神社は全国至るところにあります。

 天満宮を始めとして、天神社、菅原神社、須賀神社、老松神社…と色々な系統が拾えます。

 それは、道真公が博多の櫛田神社の大幡主(実は「紀」の神皇産霊尊であり、出雲では神魂命として風土記で知られた神)の子である豊玉彦=ヤタガラスを父とし、スサノウとクシナダヒメの間に産れた武内足尼(タケウチタラシニ)を母として産れた武夷鳥(タケヒナドリ)の流れを引いているからです。

従って、この集落、天満宮も橘一族=豊玉彦の流れを引いた集落ではないかと考えています。

無題.png

天満宮 カーナビ検索仁多郡奥出雲町稲原光森山756番地

無題.png

参道正面と山門(上)と牛像(下)


無題.png

天満宮参拝殿

無題.png

これといった特徴はありませんが、注連縄は出雲大社風ですね

無題.png

境内摂社の荒神様と平田社(これは分かりません)

無題.png

百嶋由一郎極秘神代系譜(部分)


参拝殿には確かに天満宮と書かれています。

また、神社庁の資料では祭神は 菅原道真公となっています。

天穂日命は豊玉彦=豊国主=ヤタガラス(武夷鳥の父神)の事です。

この武夷鳥の後裔が道真であることから、天満宮と橘一族の関係もお分かり頂けるのではないでしょうか。

よく、藤原氏が雷に恐れ“菅原の祟りじゃ”として、“道真を祀れ”としたのが天神様であるかのように言われますが、そうではなく、その底流には藤原にとって疎ましい先祖神を奉斎する氏族がいたのであり、それを消し去ったのが天満宮だった事が透けて見えるのです。

境内には別の祭祀も認められます。

実は、その一つに荒神様がありますが、この神様も、道真公の母方の流れと関係があるのです。

ただ、ここではその話までは踏み込みません。

関心をお持ちの方は直接お問い合わせください。

余談です。荒神様に関してここではコンクリート・ブロックですが、他の神社でも木や金属の格子などで囲んであるのは、閉じ込めているのか、守っているのか、まだ、意味が分からないでいます。

お分かりの方は、ぜひ、お教え願いたいと思います。


研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 08:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: