太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年09月08日

373 大分、宮崎県境の山上神社へ “大分県佐伯市宇目町の鷹鳥屋神社”

373 大分、宮崎県境の山上神社へ “大分県佐伯市宇目町の鷹鳥屋神社”

20170324

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班)古川  清久

 降りしきる雨の中、熊本、宮崎県境の五ヶ瀬町鞍岡の祇園神社周辺で二十数名規模のトレッキングを行い、高千穂から延岡に向かい、一旦は、これまで未踏の地であった延岡市北浦町三川内の数社を見た後、一転して北に向かい豊後大野に向かいました。

 それは見ておきたい神社があったからでした。

 延岡から大分にかけての祖母山、傾山、大崩山の東の一帯は、地形が非常に険しく、人口も薄く、ほんの三十年程前まではこれでも国道かと言った離合も叶わない悪路が続く秘境中の秘境といった場所でした。

 ダムが出来たことによる付け替え道路なのでしょうが、準高速道路と言っても良いような326号線沿線は風景が一変してしまいました。

 勿論失った物もあまりにも大きく、個人的には秘境としての神秘性が失われ、地域としての魅力の一切が失われてしまいました。

無題.png

このダムの底に沈められた集落の守り神だったと思われる神社が鷹鳥屋神社です。

同社には北川ダムからの取り付け道路を10キロ近く登らなければなりません。

 車が入る道なのかどうかも分からなかったのですが、離合もままならぬ急傾斜の林道を30分ほど走ると、

真弓という数戸ほどの集落に出くわしました。

 良くも、このような僻陬の地に住み着いたものと感服もしたのですが、一体如何なる情念がこの人達をこの地に導いたのかを思わざるを得ません。

 いつか、民俗学的関心を満たすためにも再度訪れて見たいと思わざるを得ません。

無題.png

さて、真弓の集落からはそれほど遠くはありませんでした。山頂に近い鞍部にかなり広い駐車場があった事から、恐らく祭礼の日には神楽が奉納されるのでしょう。

 その駐車場からは広葉樹林の中に歩道(工事用の車両は入るでしょうが)が延びていました。

 清浄かつ神威の満ち満ちた神社ですが、鷹鳥屋と言う名からヤタガラス系の神社と考えていましたが、神紋には違い鷹羽が設えられており、表面的には阿蘇系の神社と言えそうで、逆に愕かされました。

 神秘性を留める素晴らしい神社でしたが、祭神については宮司とお会いできそうですので、ここでは中途半端な話をする事はやめておきましょう。

 いずれ、神社神名帳を入手し改めて検討したいと思います。

無題.png

違い鷹羽の神紋(左)と珍しい鷹の狛犬(右)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: