太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年09月02日

371 蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜 C 宮崎県五ヶ瀬町鞍岡の祇園神社の更に深部へ

371 蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜 C 宮崎県五ヶ瀬町鞍岡の祇園神社の更に深部へ

20170214

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班)古川  清久


 このところ宮崎県五ヶ瀬町鞍岡の祇園神社を何度も訪れ考え続けていますが、また、新たな問題を意識するようになりました。

無題.png

跡宮370 蘇民将来 巨旦将来と百嶋神代系譜 B 分離先行トレッキング において、何故、大山祗が、また、妙見社(アメノミナカヌシ)、冠八面大明神(クラオカミ)、権現神社(大幡主+クマノフスミ=イザナミ+ヤタガラス)という狗奴国系=匈奴系と大幡主(白族)系の神々が境内摂社として神殿には入れられていないのか?若しくは神殿から排除されているのかを考えていました。

 明治政府の廃仏毀釈と修験道廃止令によって修験道は姿を消しました(息の根を止められました)。

 まず幕藩体制を下から支えていた寺院勢力への優遇が消されるとともに、直後に起こった神仏分離への動きは神仏混合の神々を純化する事を口実に、パルチザン戦争さえも引き起こしかねない山岳修験の勢力も注意深く除去されたのですが、この大山祗の排除が朝敵の熊襲の除去、そして熊野系の排除が神仏分離による除去と考えれば、この現象も明治維新を契機に高々百数十年前に起こった事なのかも知れません。

 由緒に依れば、まず、神殿にはスサノウ、大国主、イザナミ、そして、奇稲田姫、五瀬命…(蘇民将来 巨旦将来は阿蘇系というか耳族=黎族=多氏ですのでここでは無視できます)と、金山彦系の瀛氏が残されている事に気付きます。

無題.png

さらに、この一帯には天狗の影も付き纏います。そもそも天狗には外来民族の気配が付き纏いますが、祇園神社にもその影が宿しています。


秋祭りにも「ヤンボシ踊り」や「山伏問答」などの山伏伝承があり、地名も「ヤンボシ」、「ヤンボシ塚」や山伏の象徴とされる天狗を祀った冠岳、奥儀(巻物)をご神体とする天狗神社など、山伏を彷彿とさせるところが随所に見られます。

無題.pngによる

そして、この五ヶ瀬町一帯にも鉱山があったことが想像できるのです。


•三ヶ所鉱山(さんがしょ)

【廻淵】…銅・亜鉛・黄鉄鉱(明治時代中期〜1953年閉山)日窒鉱業(株)-西臼杵郡五ヶ瀬町

•荒谷鉱山…マンガン(1940年代〜閉山)-西臼杵郡五ヶ瀬町

•大祇鉱山…マンガン(1940年代〜閉山)-西臼杵郡五ヶ瀬町

日本の鉱山一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/26 15:12 UTC )

無題.png

そこまで考えてくると、また新たなイメージが湧いて来ました。それは、祇園神社の傍に丁子(チョウジ)という集落があることに以前から気付ききになっていたのでしたが、多少ともその意味が分かってきたのでした。

 まず、「丁子」が何かをご存じない方が多いと思うので説明しておきましょう。


クローブ(英語: Clove)は、フトモモ科の植物チョウジノキ(Syzygium aromaticumsyn. Eugenia aromatica)の開花前の花蕾を乾燥させた香辛料の名。

原産地はインドネシアのモルッカ群島。日本では漢名に従って丁子、丁字(ちょうじ)、丁香(ちょうこう)とも呼ばれる。

クローブの花蕾は釘に似た形をしているため、中国では「釘」と同義の「丁」の字を使って「丁香」、「丁子」の名があてられ、フランス語では釘を意味する Clou と呼ばれ、英語の Clove もこれを語源とする。

非常に強い香気を持っているので、百里香という別名もある。

ウィキペディア20170315 0908 による

丁子紋
モルッカ原産の薬味や漢方薬の原材料、
日本には中国から伝来、その香と高貴性が尊ばれた。

無題.png

 インドネシアモルッカ群島原産のフトモモ科の植物でクローブのこと、ユーカリやグアバと同種の植物である。クローブの花蕾は釘に似た形をしているため、中国では「釘」と同義の「丁」の字を使って「丁香」「丁子」の名があてられた。
 非常に強い香気を持っているので百里香という別名があり、インドや中国では紀元前から殺菌・消毒剤に使われていた。また薬味や生薬の原材料でもあり、漢方薬では花蕾を公丁香と称し、果実を母丁香と称して医療に用いた。日本にもかなり古くから伝来していたようで、 正倉院の宝物のなかにも当時輸入され
た丁子がある。中世の貴族は花蕾を干して香料にし、薬としても役立てていたようだ。また、丁子は高貴薬で香料であったことから、七宝のひとつにも数えられている。
 無題.png図案化され紋章となったのは花蕾の公丁香であった。丁子が家紋に用いられるようになった理由は明確ではないが、貴重な輸入品であったこと、七宝に数えられていたこと、むかし行灯の燈芯が丁子形になると福徳入来の前兆として喜ばれたことなどから、紋章としても人気が出ていったようだ。丁子はときに丁字と書くこともあり、「十字の間違いかな?」とか「沈丁花のこと?」と勘違いするひともある。また、紋章の図柄を見て「大根の一種?」と間違うひともある。


無題.png

この丁子紋については、これまでにも古代史関係、神社調査の中で何度か出くわしてきました。

 そして、この家紋を使う人々には地域の有力氏族が多い事にも気付いていました。

 ただ、国際貿易とか外洋航路といった事との繋がりが凡そ認められない脊梁山地の麓の地域にどうして丁子紋をシンボルとする人々の痕跡があるのかはいまだ不明です。

 ここから先はただの引き延ばした仮説のそのまた仮説のような話でしかないのですが、瀛氏の金山彦と白族の大幡主の妹神にあたる埴安姫との間に産れたスサノウのお妃の櫛稲田姫(クシナダヒメ)から考えて見ましょう(この祇園神社では「奇稲田神」と…)。

「名字と家紋」氏も “紋章の図柄を見て「大根の一種?」と間違うひともある。”と書かれている様に、もしかしたら「違い剣」紋の使用を禁じられた氏族が抱き丁子を使用しているのではないかと言う考えです。

まず、博多の櫛田神社と佐賀県神埼市の櫛田神社を同一のものとして考える事は全くの誤りになります。

博多の櫛田神社とは櫛稲田姫の母神である埴安姫=大幡主系の妹の系統つまり大幡主系氏族を祀る神社であり、神埼市の櫛田神社とは櫛稲田姫の父神である金山彦の系統を祀る神社になるのです。

 もうお分かりでしょう。神埼の櫛田神社の神紋とは金山彦の神紋の一つのはずなのです。

 この問題についてはいずれ詳しく取り上げる事にしますのでここまでとしておきます。

無題.png

櫛田宮 カーナビ検索 佐賀県神埼市神埼町神埼419番地1 (神埼市庁舎隣)

実は先年亡くなった高倉 健も丸に抱き丁子紋の家らしいのですが、丁子紋とは本家以外は禁止された氏族の使う紋であり、丁子という地名に至っては、それを強要された人々の住む土地だったのかも知れません。

無題.png

思えば、平家の全盛期、神埼の荘は平氏の最大の貿易拠点だったのです。

ここでモルッカ原産の「丁子」が入手できなかったとは凡そ考えられないのですが、それで繋がりが発見できるかは今後の課題です。

神埼は平安後期には「神埼荘」と呼ばれる皇室領だった。忠盛は鳥羽上皇の信任が厚く、神埼荘の管理に当たっていた。神埼は日宋貿易の拠点で、忠盛は宋からの貿易品を大宰府に納めず、神埼荘で横取りしていたという話もある◆清盛は忠盛の死後、大宰府の大弐(だいに)官となって宋との交易を独占する。平治の乱の年には、肥前でも反乱が起き、鎮圧した清盛には杵島郡の大功田(たいこうでん)が与えられた。

無題.png
無題.png

祇園神社の入口に置かれた由緒

 これまであまり気にしていなかった同社由緒でしたが、ここに来て再度考え直す事にしてみました。

 縁起自体に欽明が出てくることからして相当に古い神社である事は間違いないのですが、「冠八面大明神(闇龗神)正五位下の神階奉授の古い神社である」との記述から見て、この闇龗神が何故神殿に祀られていないのかは非常に奇妙です。

 さらに凄いのは「曽男神(素戔嗚尊)並びに冠八面大明神(闇龗神)正五位下の神階奉授の古い神社である」としている事です。

 まず、「曽男」の意味ですが、普通に考えれば熊襲の男という事になりそうです。

 勿論、スサノウはイザナギとイザナミの間に産れた新羅の王子様なのですが、そもそも、「多婆那国」とは熊本県玉名市ではないかとして、半島の学者も調査に入って来ていると聴いています。

 とすると、スサノウも「曽男」との表現は理解できるかも知れません。

もう一つの可能性は、蘇我、曽我、曾我…とは、金山彦(イスラエル)系の人々が住む地名との話を聴いており、「曽男」とはその意味なのかもしれません。

何故ならば、スサノウの母神であるイザナミは金山彦の妹神でもあるからです。


多婆那国とはいずこに

「多婆那国」とは、「三國史記」卷第一 新羅本紀第一 脱解尼師今の段に出てくる「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」にある国名で、倭國はどこにあったかは分からないとは言え、日本の学者は元より朝鮮半島の学者も現在の「日本国」と解しているようである。日本()人が新羅の王とは娘婿(新羅第二代王南解次次雄の長女の夫という)とは言え穏やかならざることだが、当時の新羅は韓人と倭人が入り乱れていたようであり、韓人の勢力が強いときは韓人が王となり、倭人が優勢になると倭人が王となっていたようである。したがって、王家も三家(朴・昔・金)あったと言う。そのうち昔(ソク)氏が日系の王家で八名が王位に就いた。昔(ソク)姓は朝鮮半島でも珍しい姓のようだが、「三国遺事」によると箱が流れ着いたときに鵲(カササギ)がそばにいたことから鵲の字を略して「昔」を姓としたと言う。

無題.pngによる


今回は思いっきり引っ張った話になりましたので、甘い仮説としてあまり真面目に考えないで下さい。

 ただ、このような思考の冒険の延長上に深層に辿り着ける場合もあるのです。


 あまり公開していない百嶋神代系譜から半島との古代を考え下さい。

無題.png

研究のために、百嶋由一郎音声データ、手書きデータ、神代系譜を必要とされる方は、随時090062983254まで直接ご連絡ください。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: