太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年08月18日

367 健男霜凝彦を祀る神社が久住町にもあった “大分県竹田市久住町久住神社”

367 健男霜凝彦を祀る神社が久住町にもあった “大分県竹田市久住町久住神社”

20170303

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


久住山と言えば祖母山と並び称せられる北部九州の登山のメッカです(でした)が、この久住山(登山者にこの表現で良いかは不明ですが)の東南に竹田市久住町があり久住山に向かって久住神社が鎮座しています。初見の神社でしたが、誰が祀られているかは参拝する瞬間まで知りませんでした。

 この点、地名を冠した神社とは○○八幡宮とか○○天満宮といったもののように参拝する直前まで祭神を含めて分からないのです。

 勿論、「神社誌」といった物を見れば分かるのですが、大分県の場合はこれが無い事から、貧弱ながらも他の資料に依る事になります。

 大分県の場合、これもあまり頼りになる物ではないため、明治に作成された「神名帳」に頼る事になります。

 これは後で見て頂くことにしますが、始めは大分の事だからどうせ八幡宮絡みのどこにでもある神社だろうと思いながらも、少しずつ潰していくしかないため、一応、見ておこう、仮に、神名帳に書いてあったとしても、実際に見れば面白い摂社、分社が発見できるかもしれないから…といった感覚だったのです。

 ところが、由緒書を見て驚きました。

無題.png

なんと、健男霜凝彦を祀る神社だったのです。

この驚きが直ぐにはお分かり頂けないと思いますが、この祭神こそ百嶋神社考古学でも最先端の最も難解な問題で、同じ竹田市の大分県竹田市神原(1822)に鎮座する「健男霜凝日子神社」の祭神だからなのです。

 しかも、参拝殿最上部には久留米の高良大社の奥に隠された本物の門光の神文紋が打たれていたのです。

無題.png

さて、同社由緒筆頭に書かれた祭神 彦五瀬命、健男霜凝彦神、姫神が誰なのかです。

 彦五瀬命は「神武皇兄五瀬命」と知られる本物の神武天皇である神武(カムヤマトイワレヒコ)の本物のお妃である吾平津姫(アイラツヒメ)の兄であることから神武兄五瀬命と呼ばれるその人ですが、健男霜凝彦神が問題なのです。

今のところ、この神名で鎮座している神社で承知しているのは前述の祖母山直下の大分県竹田市神原の健男霜凝彦神社外数社なのです。

無題.png

竹田市神原。

 健男霜凝日子(たけおしもこりひこ)神社は実は複数あり、神原には3つある。1つは祖母山頂(1756m)の石祠の上宮、2つめは神原集落にある遥拝所、そして3つめがここ下宮、もうひとつ穴森神社もこのグループに入る。 現在は遥拝所を普通本社とよんでいる。

うたひめロード 奥の奥豊後 による


 竹田市ではなく豊後大野市の緒方町上畑にも健男社がありますので(以下)、竹田市久住町と併せ5社が確認できたことになります。

無題.png

数多い大蛇伝説

 大蛇伝説はこの「姥嶽(うばだけ)伝説」だけでなく,日本各地,いや,アジア各地に存在している。

 『古事記・崇神天皇の条』には次のような伝説が書かれている。

 活玉依毘売(陶津耳命の子)のもとに、正体不明の麗しい男が夜ごとに訪れ、やがて娘は懐妊する。

 怪しんだ両親は「赤い土を床に散らし、へそ(麻の糸巻)の紡麻(つむいだ麻の糸)を男の衣の裾に刺しなさい」と教える。

 夜が明けてみると、糸は戸の鍵穴を通って三輪山の社の所で終わっていた。そこで初めて、娘は男が大物主神であることを知る。その時、戸の内には麻糸が3巻残っていた。そこで、その付近を「三輪」と呼ぶようになった。姥嶽伝説というのは,蛇体の神と人間の娘が交わり子を産むという「神婚説話」を借用して,姥嶽大明神の化身である大蛇と人間の娘が交わり子を産み,その子惟基が大神氏を名乗り,さらに緒方氏の祖となるという筋書きである。この奇異な話は豊後中南部に勢力を張った豊後大神氏の独自性と神秘性を示すための最高の伝説であったことは間違いない。

 そして,この伝説を裏付けるような洞窟や御神木がきちんと存在するところがこの姥嶽伝説のすごいところである。そこで,これからこの伝説と物証?を検証していきたい。

無題.png

  活(ハエ)玉依姫とは通常言われるところの玉依姫ではないので注意を要します。

  藤原が格上げした神武僭称贈)崇神天皇や椎根ツ彦の姉が活玉依姫なのです。

無題.png

お分かりでしょうか?祭神の健男霜凝彦神と五瀬命は同一人物であり、重複している事になります。

 ただ、三神の内の姫神が良く分かりません。

 一応、健男霜凝彦神=五瀬命の妹で本物の神武天皇のお妃アイラツヒメならば順当で、特に根拠はありませんが無難な解釈となりそうです。

 ただ、祖母岳は別名姫岳とされていることから、祖母岳は姥岳でもあり、百嶋神代系譜に於いてウガヤフキアエズの母である豊玉姫を姫神としている可能性もあるのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 11:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: