太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年08月15日

366 熊本県産山村で遭遇した神社探訪者から問われた玉祖神社と八女津媛神社について B

366 熊本県産山村で遭遇した神社探訪者から問われた玉祖神社と八女津媛神社について B

20170228

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 残されたもう一つの課題に入ります。

 勿論、玉祖神社と八女津媛神社に直接的な関係があるという意味ではありません。

 八女津媛神社と言っても「景行紀」にその名が登場する程度で、女神様であっても、通常、山奥の神社が注目される事はありませんし、実際に現地に足を運ばれる方はほとんどおられないと言っても過言ではないでしょう。

無題.png

八女津媛(やめつひめ)神社

大和朝廷の時代、景行天皇が八女の地に巡幸の折、水沼の県主猿大海が「この地方に女神あり。その名を八女津媛といい、常に山中におる」と奉上したことから八女の地名が起こったといわれ、その女神を祀った1300年の歴史があるとされる神社。

八女市HPによる


丁酉 到八女縣 則越藤山 以南望粟岬 詔之曰 其山峯岫重疊 且美麗之甚 若~有其山乎 時水沼縣主猿大海 奏言 有女~ 名曰八女津媛 常居山中 故八女國之名 由此而起也

日本書紀 卷第七 大足彦忍代別天皇 景行天皇


 そもそも日向神ダムが造られたために急峻な付け替え道路を登り、ダム湖畔として残された町並みからさらに奥まった谷あいの集落からさらに登り込まなければならず、場所が非常に分かり難い上に隘路を抜けなければ届きません。

 このため安易に引用され「日本書記」の記述だけが踊っていると言った印象を拭えません。

 そうした中、“「八女」と「矢部」が同一の地名である”として久留米大学でも講演した永井正憲氏による古代のM音とB音の入れ替わり現象の解析だけが輝いているという個人的な印象は持っているのですが、これとて、著書も持たずHPblogも持たなければ埋もれてしまうだけの事にしかならないのです。

 多少とも関心を持たれる方はyahooでもgoogleでも「八女と矢部」とか「M音B音」などで検索されればユーチューブの講演だけは出てくるものと思います。

 極めて簡略化して言えば、八女市に矢部川が流れ、矢部村に八女津媛が祀られていること自体が非常に印象的であり、本blogの名称である「ひぼろぎ逍遥」も「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」…とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が存在するという日本語の一つの重要な側面から付されているのです。

 この現象も呉音と漢音の問題を胚胎している上に、何らかの民族の進入による権力の交替、言語特性の混在化といった問題と無関係ではなく、この点にスポットを当てない学会の体質と言ったものにまで考えを巡らさざるを得なくなりそうです。

 ともあれ、このようなつまらない国家に於いて、埋もれるものは埋もれるとして放置し、また、「記」「紀」の九割方を嘘と看破した百嶋由一郎氏の説に沿ってこの神社への簡単な解析を試みて見ましょう。

 この八女津姫神社に関する「福岡県神社誌」(中巻277p)の記述は極めて簡素であり、「日本書紀」の仰々しい書きぶりの割には拍子抜けしてしまうほどです。

無題.png

 事実上は、全く何も書いてないのと同じであり、この面からは手の出しようがありません。

 勿論、南北朝争乱期に宮方として最後まで抵抗を続けた五条家の拠点であった土地だけに、寄進する有力豪族と言ったものもないでしょうが、古文書としては全17巻に及ぶ「五条家文書」には八女津媛を探る手掛かりはないのか、中近世史には関心がないため、棚上げにしてしまっています。

 一方、神社の解析、神社の祭神を探るには、神紋、縁起、伝承、近隣の神社、地名、遠方でも同名の神社、摂社、末社、分社…といったものを最大限利用するのですが、表面的にはそのほとんどが使えない事から事実上手におえません。

 しかし、百嶋由一郎氏はその解読を行っておられるのです。

 不思議でなりませんが、恐らく百嶋先生が活動を始められた六〜七十年ほど前までは、伝承、神社の賢い宮司間の秘密の研究会が存在していたと言われていましたので、その延長線上に何らかの情報が残されていたのだろうと思います。

 神社庁、教育員会…といったものが本来はそのデータを確保し後世に伝えるべきでしょうが、何の使命感も無く権力に尾を振り年金と天下り先の心配しかしない方々しかいない状況ではとても期待できそうにはありません。

 もし、そうではない、ちゃんとやっていますと言われるのならば、この福岡県にとっても八女市にとっても貴重な文化遺産をただのお伽話として放置するのではなく、僅かであっても真実に近づく為の作業の一端でも出して欲しいものです。そうでない以上は百嶋研究に依存せざるを得なくなるのです。

無題.png
無題.png

お分かりでしょうか?八女津媛とは神武僭称 贈)崇神の子である豊城入彦(久留米市田主丸町豊城にいたと百嶋先生は言われていました)のお妃であり、別名が天種子胤、また、傀儡相撲で有名な福岡県築上郡吉富町小犬丸353-1の八幡古表神社(細男舞・神相撲)の美奴売大神でもあるのです。

無題.png

では、八女津媛とはどういう素性の方なのでしょうか?

 百嶋由一郎氏は玉名のご出身で有力な大地主の家系でしたので生のデータが得られる立場にあったのだと思いますが、それによれば、ニニギとコノハナノサクヤの子である古計牟須姫と熊本県玉名市の疋野神社(熊本県玉名市立願寺460)の主祭神の御年神=贈)孝安天皇の間に産れた宇佐ツ姫と景行天皇との間に産れた生目入(ニュー)彦=贈)垂仁天皇の妹が八女津姫になるのです。

また、生目入(ニュー)彦の「入」と豊城入彦の「入」とは恐らく丹生で通底しているのです。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: