太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年05月27日

339 石尊神社とは何か? “山梨県笛吹市春日居”の石尊神社

339 石尊神社とは何か? “山梨県笛吹市春日居”の石尊神社

20161213 

太宰府地名研究会 古川 清久


中央本線の石和温泉で著名な旧石和町(現笛吹市)に石尊神社という神社があります。

北杜市などにもあることから、全体を把握せずに大雑把な検討を付けることになるのですが、遠来の調査という事でご容赦頂くとして逃げさせて頂きます。

無題.png

付近には延喜式内社もゴロゴロしているのですが、マイナーな神社こそ地域の本質を探る最良の手段と考える事から、どうしても目はそちらに向いてしまいます。

 離合どころか車の進入さえも危ぶまれる所だけに、それだけでこの地域の歴史が見えて来ます。

 なんとか探し出し、初見の神社に辿り着きました。まず感じたのは山岳修験の雰囲気でした。

 「かつては三柱大神として崇神天皇、天照大神、阿夫利大神を祭っていた」とあります。

 崇神天皇は後の祭神入れ替えの可能性もありますが、四道将軍の故事もある事から何とも言えません。

 問題は、阿夫利大神です。「阿夫利」とは天降りの置換え、アフリをアブリ(aburi)と考えれば、アマオリのアモリ(amori)であり、M音B音の入れ替わり、O音U音の入れ替わりで説明できそうですが、もう少し多くのファクターを押さえる必要がありそうですので、当面は保留します。

 しかし、阿夫利大神こそが主神に見えます。

 これについては、その名を冠した阿夫利神社があり、大山祗命を祀るものであることからそれで良いようです。一例ですが大山阿夫利神社ありますのでご紹介しておきます。

無題.png

そして、戦後、石尊神社と恐らく復し石尊大権現を祀るとしたのだろうと考えますが、富士山を中心に多くの石尊山が確認できることから、大山詣り、富士山山岳修験と結びついた大山祗命を祀る神社なのだろうと思います。

 事実、甲州市勝沼のぶどう寺正面にも石尊山があり、石尊神社もあるのです。 


無題.png

さて、本題はここからです。

 石尊大権現が大山祗命であることがお分かり頂いたとして、この石尊神社の「石尊」、石和温泉の「石和」は通底していると考えています。そして、「石」(イシ)には思い当たる事があるのです。

 それは、大山祗命を追い求めていると不思議と「石」の付された地名、神社名に出くわすことを何度も経験しているからです。

 まず、ひぼろぎ逍遥(跡宮)をお読み頂く必要があります(以下、一部再掲)。


179 天高く、青空に誘われ日向の神社探訪 C “西都原に大山祗命の痕跡がある!”


今回ご紹介するのは西都市の石貫神社です。

無題.png

西都原古墳群に近接(東側)して石貫神社があります。

 この石貫神社については地元では知られているようですが、北部九州にお住まいの方にもほとんど知られていません。

 この事には、そもそも「大山祇命」を直接祀る神社が北部九州には少ない事があり(実際には多いのだけど無格社に落とされているものが多い)、コノハナノサクヤのお父さんといった事以外、馴染みが少なく印象が薄い事があると思うものです。

 ただ、今回の天高く、青空に誘われ日向の神社探訪」は、大国主と大山祇命の痕跡を辿ることがテーマですから、日向に幟を揚げた大山祇命のお社を見出したのは有難い限りです。

 さらに言えば、百嶋神社考古学の立場からは大山祇命(実は月読命)は大国主の父親であり、妹にあたるコノハナノサクヤはニニギと直ぐに別れ、豊玉彦(ヤタガラス)と一緒に古代の日向である溝部町に前玉(サキタマ)神社として祀られ後の埼玉県の地名の起源となった前玉神社になっているとするのです。


由緒

 当社は古くは日能若宮又は石貫大明神と称し、創建は天平五年(733)と伝える。社地は創建時の記録『日能若宮元元由来記』によれば、「大山祇命」(中略)阿佐久良山[木患]木原五百世山元筑波山云留彼所事、歳月遠座也」の地にして、筑波御殿の遺跡と伝える。往時は、社殿、境内、宏壮森厳で、真に筑波御殿の名に背かざるものであった。弘治二年(1556)六月の『古帳神社知行目録』によれば、神田十二町一反歩を有し、応永二十四年(1417)社殿改修に当たり神饌田が加増され、以来応永二十五年、二十六年、二十七年、永享二年(1430)等、幾度に渡り神饌田の増加の記録が現存する。しかし天正十五年(1587)豊臣秀吉、島津出兵の際、羽柴秀長、兵を率いて都於郡に陣営した時、当時の石貫神社の祠官が軍令に従わなかった事によって社地は没収された。

石貫神社の名は、大山祇命の娘の木花咲耶媛を嫁にほしいと云って来た鬼に、一夜で石造の館を造ればと命じた。鬼は夜明けまでに造ったが、大山祇命は窟の石一個を抜き取り、東の谷に投げ、未完成とした。これで鬼の要求をはねつけたと云うことによると伝わる。

敬愛するHP「神奈備」より

無題.png

この石貫神社がもしかしたら本物(大山祗命の墓守神社か)ではないかと考える理由は、この旧溝部町の前玉神社の存在を知っているからですが、大山祗命の娘であるコノハナノサクヤが、埼玉は本より関東全域で桜姫と呼ばれている事の起源が、この神社の直ぐ東側を流れる桜川を起源にしているのではないかと考えるからです。                                  (以上)

実は「石貫」地名は熊本県玉名市(玉名市石貫地区 横穴式石室を持つ古墳で有名)にもあり、故)百嶋先生は同民族の移動による痕跡地名とされていましたが、筑後川左岸(南岸)の久留米市田主丸町石垣地区、佐賀県嬉野市石垣地区など同種の地名があり、大山祗命=月読命の信仰圏でもあるのです。

 まず、石貫神社の「石貫」とは、「石ノ城」の置換えで(U音、O音の置換え)、「石城」「石垣」も「石ガ城」の置換えとなるのです。

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町には「石動」(イシナリ)があります。これも半島系の吉野ケ里の「里」地名ですが、金官伽耶から進出してきた同系統の地名と考えています。

 これこそが、「石和」が「石尊」と通底していると言った理由ですが、これらについても故)百嶋由一郎氏は答えを出しておられたのです。

 新疆ウイグルは勿論のことアフガニスタンにまで何度も入っておられたようで、このシルクロードの石頭城(タシコルガン、タシクルガン)石頭山が「石城」とされ列島まで持ち込まれていると考えておられたのです。

 これまでにも何度も申し上げていますが、百嶋神社考古学では大山祗命=月読命はトルコ系匈奴で金官伽耶の金越智(ウマシアイカビヒコヂ)と天御中主の間に産れた、トルコ系匈奴の血を引くものとします。

無題.png
無題.png

手書きデータ 百嶋神社考古学03 「014猿田彦から女木島」による


恐らく石尊山も石和もこのタシクルガンの地名移動であるはずなのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 16:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: