太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年05月05日

332  薩摩半島に岐(クナト)の神を発見した A “鹿児島県出水市野田町の熊野神社”

332  薩摩半島に岐(クナト)の神を発見した A “鹿児島県出水市野田町の熊野神社”

20161028

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


その後えびの経由で宮崎に向かう事から坊津からの帰路とは言えないのですが、今は、同じく隣町の高尾野町とともに鹿児島県出水市に編入された野田町があります。

高尾野町と言えは旧出水市の一部と併せ海軍航空隊出水基地(個人的には高尾野の航空隊と呼んでいた記憶があるのですが、実体としては海軍の特攻基地だったところです)の在った町ですが、直ぐ隣の野田町に熊野神社があります。

 野田町の郵便局の近くにある事から、まずは、この地域の中心的神社であることが分かります。

無題.png

 祭神は“伊邪那美命、泉津(ヨモツ)事解男命、速玉男命の熊野三神を祀る“と、されていますが、そこは薩摩の事、恐らく明治期に地元に馴染みのある神々で、なお、かつ、通りの良い祭神に入れ替えられたことはが易に想像ができそうです。

 そう思って見回すと、境内の一角に本物と思える摂社が置かれていました。

 間違いなく、この三神、四神こそが、野田町の皆さんが古来祀ってきた祭神と思われるのです。

八衢比古(ヤチマタヒコ)、八衢比売(ヤチマタヒメ)に猿田彦(通説と異なりサルタが前のヤチマタヒコと異なる事を証言しているようですね)と、もう一神が祀られていました。

言うまでもなく、神武天皇に逆らった逆賊の長脛彦(兄、妹)の事ですが、だからこそ明治期に主神から外されたのでしょう(あくまでも推定ですが)。

無題.png

八衢比古、八衢比売は一般的には猿田彦と天鈿女命などと考えられていますが、百嶋先生からも、“皆間違えているが、これはスサノウの息子と娘である長脛彦(岐神)ナガスネヒコと瀛ヨソ足姫(オキツヨソタラシヒメ)”と聴いています。ここで面白い事に気付きます。

 この野田町には非常に興味深い姓の方々が住んでおられます。

個人的にも学生時代以来の友人でもあった学校の先生に徳手(コッテ)さんがおられましたが、野田町の山手の方に、特手と言う集落もあるのです。

これが、「特牛」と書き西日本全域で見掛ける特牛地名と同一のものと考えて間違いないでしょう。

確認はしていませんが、前ブログで取り上げた坊津の裏にも尊牛山(318m)がありますが、これもコット山と思います。

 山陰本線の駅にコットイと呼ぶ特牛駅(下関市豊北町大字神田字大場ヶ迫)がありますし、九州でも犢牛(コットイ)岳、特牛岳と呼ばれるが数多くあることは、山登りをされる方などは良くご存じだと思います。

 そして、このコッテ、コットイが強力(ゴウリキ)のコッテ牛のコッテであることも間違いないのです。

 そして、熊野神社と関係が深いスサノウが牛頭(ゴヅ、ゴッヅ)天皇とされ、牛をシンボルとしている事とも通底しているのです。

 そうです、それがゴット=神にまでなっているはずなのですが、思考の暴走はここまでとして、特手姓の分布を見ましょう。

 例によって、いつも使わせて頂いている「姓名分布&ランキング」というサイトによるものです。

 全国で24件という相当に珍しい姓ですが、この野田町、高尾野町が中心であることがお分かりだと思います。

 特牛という姓がないことから、特手がこの地名をもたらした中心的氏族だと考えているところです。

 そして、熊野神社の主神の座から外されたナガスネヒコ(スサノウの子)の後裔が特手さんではないかと思うのですが、これ以上は思考の暴走になるでしょう。

 そして、鹿児島県出水市の出水も和泉、泉、白水と通底しており、これらの民族が大量に入った結果が反映されている様にも見えるのですが、ここは、百嶋神社考古学に精通された方でなければ分かって頂けないと思います。

 いずれにせよ、九州では確認できないと考えていた岐の神=ナガスネヒコ(決して猿田彦=山幸彦ではない)が、図らずも薩摩の辺境で確認できたことは望外の喜びでした。

 まずは、一勝一敗という事で今回の薩摩遠征もなんとか恰好が付いたようです。

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: