太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年05月03日

331  薩摩半島に岐(クナト)の神を発見した @ “みなみ薩摩市坊津の船戸神社”

331  薩摩半島に岐(クナト)の神を発見した @ “みなみ薩摩市坊津の船戸神社”

20161028

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


百嶋由一郎氏の音声資料の中に、“薩摩半島の最南端の坊津に田の神様(タノカンサー)が大山祗と大幡主の二神による擬神体であることが分かる石柱があります…”といった話があります。

今回、久しぶりに薩摩の青い海を見たいと思った事と、この話を確認しようと一路南薩を目指しました。

結果は、これだけの情報では探し出すことができずに次回以降への持ち越しとなったのですが、面白いものを発見できたことからお知らせしたいと思います。

それは、九州では見たことがない岐(クナト)の神です。

無題.png
無題.png

地元の雰囲気を探るために以下をお読みください


船戸神社と庚申塔  南さつま市坊津町坊


NPO法人・坊津やまびこ会(観光ボランティア)サイト「坊津へようこそ」史跡の案内による説明は、次のとおり。


     こさっどん   船戸神社

下浜の県道の南側突き当りに船戸神社があります。祭神は猿田彦命ですが、これは中国の岐神(くなど)道祖神で、もともとは道路の神様でしたが、日本へ渡って狩猟や農業の神、地元では漁業の神として祭られてきました。

また、この辺りを「こさっどん」と言う所から高札の場所(法度などを記した立札を立てていた場所)であったと言う説と、沖縄県の石垣島にある崎原御岳(さきはらうたき)の伝説の白髪の老人が、八重山から坊津に鍬、鋤、鎌などの農具を求めに来、開けてはならない「櫃(ひつ)」を授けたと言う話が、沖縄の琉球国由来記の14に伝えられています。これらから推定しますと「こさっどん」は「耕作」つまり農業の神として祭っていたことも想定されます。

現在でも石垣島の大浜村に有名なヒルマクイ、幸地玉ガネ兄弟が坊津へ渡った話と、その時の「櫃」の中の神を崎原御岳に新神と称して祭ってあるとのことです。


     庚 申 塔   市指定文化財

下浜集落の船戸神社の上手の細い道の脇にあります。指宿市山川町でしかとれない黄色っぽい山川石と称する石で出来た三重層の塔で、県下でも二番目に珍しいものである。

下層正面に青面金剛(しょうめんこんごう・病魔や病鬼を追い払う菩薩)を中心に鶏、三匹の猿が彫ってあり左側に奉寄進庚申結衆中、右側に宝永8年(西暦1711年)などの文字が鮮明に判読できます。 道教の影響を受けた庚申講(こうしんこう)と関連があると言われています。

これは平安時代以降盛んだった民間信仰組織で、干支(えと)の庚申(かのえさる)にあたる夜は徹夜して、会食・談合を行う信仰があり、後に社交の場として継続されて来たようではありますが、現在では以前の様な習慣は途絶えています。

無題.pngより


「くなど」は「来な処」すなわち「きてはならない所」の意味。もとは、道の分岐点、峠、あるいは村境などで、外からの外敵や悪霊の侵入をふせぐ神であり、道祖神の原型とされる。読みをふなと、ふなど -のかみともされるのは、「フ」の音が「ク」の音と互いに転じやすいためとする説がある[2]。以下のように、意味から転じた読みが多い。岐(ちまた、巷、衢とも書く)または辻(つじ)におわすとの意味で、巷の神(ちまたのかみ)または辻の神(つじのかみ)、峠の神、みちのかみとも言う。また、障害や災難から村人を防ぐとの意味で、さえ、さい -のかみ(障の神、塞の神)、さらに「塞ぐ」の意味から転じて生殖の神、縁結びの神、手向けの神の意味を併せるところもある。

神話では、『古事記』の神産みの段において、黄泉から帰還したイザナギが禊をする際、脱ぎ捨てた褌から道俣神(ちまたのかみ)が化生したとしている。この神は、『日本書紀』や『古語拾遺』ではサルタヒコと同神としている。また、『古事記伝』では『延喜式』「道饗祭祝詞(みちあえのまつりのりと)」の八衢比古(やちまたひこ)、八衢比売(やちまたひめ)と同神であるとしている。

『日本書紀』では、黄泉津平坂(よもつひらさか)で、イザナミから逃げるイザナギが「これ以上は来るな」と言って投げた杖から来名戸祖神(くなとのさえのかみ)が化生したとしている。これは『古事記』では、最初に投げた杖から化生した神を衝立船戸神(つきたつふなどのかみ)としている。

ウィキペディア(20161028 18:23による


ウィキペディア氏の見解は一般的なものですし良く纏められていますが、まず、百嶋神社考古学では八衢比古(ヤチマタヒコ)、八衢比売(ヤチマタヒメ)を猿田彦、アメノウヅメとはしません。

事実、百嶋先生も良く“この点を間違え易いことから注意をするように”と言われていました。

岐の神も辻の神のように貶められていますが、実は、神武天皇に歯向かった長脛彦(ナガスネヒコ)その人なのです。

父はスサノウ、母は櫛稲田姫というスーパー・スター同士の超エリートの長脛彦、そして、その妹になる武内足尼(タケウチタラシニ)が、八衢比古(ヤチマタヒコ)、八衢比売(ヤチマタヒメ)とするのです。

この岐神については出雲大社の東側に密かに祀られている出雲井神社が知られており当方も二度ほど足を運んでいます。他にも出雲の長浜神社の境内摂社にもあったと記憶しています。

ひぼろぎ逍遥 174 「出雲井神社 初見」 として書いていますので、関心をお持ちの方はそちらをお読み下さい。

この坊津は薩摩藩が琉球経由で密貿易を行っていたところであり、そこに博多の商人が買い付けに来て売りさばいていた事が、隣の浦に博多と言う地名が残っている事からも読み取れるのです。

恐らく、この船戸神社を持ち込んだのも、そういった抜け荷紛いの博多商人だったはずであり、博多祇園山笠の祇園神社=スサノウの子が長脛彦と思えば、ストンと落ち着くのです。

この神社の直ぐそばにも旧密貿易屋敷があり、暫く前までは民宿もされていたのです。

そういえば倉浜荘でした。実は、かく言う私の新婚旅行は釣竿を持ってこの雑魚寝の密貿易宿に泊まる事だったのですが、当時、予約もせずに枕崎から飛び込みで電話を掛け、民宿の御婆さんに「なんで無理してこんなところにまで来るんですか、食事は枕崎で食べてこられるならなんとかしましょう…」と言われたものでした。

今考えればとんでもない事をしたと思っています。

無題.png

無題.png
無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: