太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年04月22日

327 龍王とは豊玉彦=ヤタガラス 那賀町日浦の龍王神社の神とは豊玉彦 

327 龍王とは豊玉彦=ヤタガラス 那賀町日浦の龍王神社の神とは豊玉彦 

20161009

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

神社研究に於いて、龍王とか八大龍王といったものが何であるか分からないといった話を良く聞きますが、元々は仏教の概念であり、神仏混交によっていつしか神様の一つと考えられる様になった結果、この混乱は拡大している様に思います。

そもそも「龍王」とは神ではなく王であり、神よりも人間との印象を与えています。

 このことにようやく気付き、意外と多く存在する龍王神社なるものがある程度理解できるようになってきました。

 元々龍王と呼ばれていたか後に龍王と呼ばれるようになったかは不明ですが、確かに龍王と呼ばれた神がいた事は分かるようになってきました。

 別に四国まで来てその話をする必要もないのですが、たまたま龍王神社があったことから取り上げる事にしたまでの事です。 

 豊かな社叢林に囲まれた神社はそれだけで心惹かれるものですが、龍王神社の祭神が誰であるかは同社由緒書をお読み頂ければ、お分かり頂けるでしょう。

 龍王神社の祭神が豊玉彦であることには気づいていました。

 同社の由緒書きによると、豊玉彦命はヤタガラスで良いとして、豊玉媛命とはお妃ではなく櫛稲田姫との間に産れた娘=鴨玉依姫の事と考えられそうです。それは、神武天皇の御祖母と書かれているからです。

つまり、ここでの神武とは神武僭称贈)崇神天皇を意味しているのです。

無題.png
無題.png

同社御由緒


さて、龍王と言えば海幸山幸神話が頭に浮かんできます。以下、山幸彦と海幸彦で検索。


名前のごとく、山の猟が得意な山幸彦(弟)と、海の漁が得意な海幸彦(兄)の話である。兄弟はある日猟具を交換し、山幸彦は魚釣りに出掛けたが、兄に借りた釣針を失くしてしまう。困り果てていた所、塩椎神(しおつちのかみ)に教えられ、小舟に乗り「綿津見神宮(わたつみのかみのみや)」(又は綿津見の宮、海神の宮殿の意味)に赴く。

海神(大綿津見神)に歓迎され、娘・豊玉姫(豊玉毘売命・とよたまひめ)と結婚し、綿津見神宮で楽しく暮らすうち既に3年もの月日が経っていた。山幸彦は地上へ帰らねばならず、豊玉姫に失くした釣針と、霊力のある玉「潮盈珠(しおみつたま)」と「潮乾珠(しおふるたま)」を貰い、その玉を使って海幸彦をこらしめ、忠誠を誓わせたという。この海幸彦は隼人族の祖である。

その後、妻の豊玉姫は子供を産み、それが鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)であり、山幸彦は神武天皇の祖父にあたる。綿津見神宮          ウィキペディア(20161009 21:15による


百嶋神社考古学では塩椎神とは博多の櫛田神社の主神の大幡主であり、その子が豊玉彦にあたるのです。

つまり、釣針を失った山幸彦に息子である龍王のいる龍宮に行けとアドバイスをしたのであり、そこには鴨玉依姫=豊玉姫がいたのです。

無題.png

無題.png阿波は忌部の国です。

 当然にも大幡主の子である豊玉彦=ヤタガラスの国である以上、龍王を祀る神社は多いはずなのです。

 結論から言えば、龍王とは豊玉彦であることが確認できたことになるのです。 

そして、龍宮とは対馬の海神神社、和多都美神社であろうと考えていますが、大幡主自体も船で多くの港を行き来していた海人であろうことは言うまでもありません。

阿波には龍王神社、八大龍王神社が数多くあります。

龍王と八龍との区別はまだつきませんが、同種の神社であろうことは間違いないでしょう。

それはともかく、境内には摂社と思しきものがありました。

祭神は、左の通りです。

蛇王権現社というものは初めて見ましたが、まだ何の事だか見当も付きません。

龍王神社、八大龍王神社については見当があるのですが、もう少し多くのファクターを押さえてからでなければ結論は出せないようです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 10:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: