太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年04月17日

325 白人神社とは何か? “那賀郡那賀町拝宮の白人神社”

325 白人神社とは何か? “那賀郡那賀町拝宮の白人神社”

20161008

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

無題.png
無題.png

四国の屋根とも言うべき剣山の南麓に白人神社という神社があります。

徳島県美馬市穴吹町にも白人神社がありこちらはどうどうたる神社ですが、今回とりあげるのは秘境中の秘境の山上集落に鎮座する非常に印象的な小社です。

徳島市の南、阿南市に注ぐ那賀川を遡り、現在嵩上げ工事中の長安口ダムのダムサイトを越え5〜6キロ奥に入った日真地区から北に入る山道を上り詰めた辺りにあるのがこの神社です。

 ほぼ離合が不可能と思える急傾斜の曲がりくねった隘路を数キロ上り詰めると標高500メートル辺りに山上集落が現れます。と言っても目に入るのは数戸の人家のみです。

それらを確認する余裕もないまま、さらに登ると川沿いに社殿らしきものが見えてきます。

無題.png
無題.png

 白人神社とは一体なんだ?というのが最初の印象でした。

 まず考えられることは、新羅系の神が奉祭されているのではないかということでしたが、当たらずとも遠からずでした。

 邇邇芸命は高木大神の息子ですから、高木大神の本拠地である古霊(コリョン)は新羅の大邱に近い伽耶ですから新羅とも言えそうな場所であり、邇邇芸命は白人と言えない事もないのです。

 ここでは、剣山北麓の白人神社関連数社を見ていない段階での判断は早とちりになりかねない事から一旦保留し、摂社と思われる八幡神社、若宮神社に目を向けることにしましょう。

 既に、四国の高良神社15社に関しては全て実調しリポートを公開していますが、それに付随し若宮神社も散見される事に気付いていました。

 特に、讃岐、阿波では若宮神社が単独でもあるようで、四国でのフィールド・ワークを重ねるにつれ、これらが久留米の高良大社の高良玉垂命と神功皇后との間に産れた嫡子=斯礼賀志命(シレカシノミコト)=仁徳天皇=大雀命を祀るものであることは間違いないと思う様になってきました。

無題.png
無題.png

清流に浮かぶといった面持の美しい神社でした。

道さえよければ再訪したいと思いますが、正直言って命からがらといったところで、スズキのジムニーなど軽の四駆でもなければ入らない方が無難かも知れません。

 ただ、感動的な一社でした。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 11:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: