太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年04月10日

322 阿波の忌部の朝立彦神社初見 “境内摂社の若宮神社とは何か?”

322 阿波の忌部の朝立彦神社初見 “境内摂社の若宮神社とは何か?” 

20161001

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

西日本全域から日本海沿岸部の神社調査を少しずつ進めていますが、唯一、未踏の領域が南阿波から東土佐でした。

 紀州〜伊勢〜滋賀に入りたいのですが、それまでに未踏のエリアを消しておきたかった事から、長雨が上がらぬにも関わらず児島〜坂出ルートで香川に入り、一路、徳島市に向かいました。

 勿論、途中にも幾つかの神社を見ているのですが、重要度の高い順に書いて行く事から順番は無視していますし、触れない神社も数多くあります。

 ただ、書いていない神社が意味がないかと言えば、決してそうではなく、それらの蓄積から見えてくるものもあるのです。

 今回取り上げる神社は、阿波、徳島県でもほとんど知られていないでしょう。

 標高400メートル近い急傾斜の崖にへばり付いた様な小集落で守られる小さな神社であり、現在でも車も入らぬような尾根筋に置かれた山上の神社ですが、愕くことに延喜式内小社とされているのです。

無題.png

朝立彦神社 カーナビ検索 徳島県徳島市飯谷町小竹101

 朝立彦とはどなたでしょうか?言うまでもなく阿波は忌部の国です。考えなくても分かりそうですが、豊玉彦=ヤタガラスを祀る神社なのです。

確認のためネット検索を行うと、「阿波志」には、「和多津見豊玉彦命を祭る」ウィキペディア20161008 1910と出て来ました。

 ヤタガラスが大幡主の子であり、和多津見=海神と認識されていた事も同時に分かります。

無題.png
無題.png

と、これだけなら山上集落に豊玉彦を発見しただけでおしまいになりそうですが、そうではありません。

 境内には一つの摂社が置かれていたのです。

 若宮神社です。

 これは高良玉垂命(第9代開化天皇)と神功皇后との間に産れた仁徳天皇= 斯礼賀志命(シレカシノミコト)だろうと考えられますが、ヤタガラスも大幡主の嫡子として若宮とされる場合もあることから、他に証拠もなく断言はできないのですが、この神社がヤタガラスを祀る神社である以上、高良の若宮で良いのではないかと考えています。

無題.png
無題.png

離合もままならぬ山上集落を縫う隘路を何キロも走りようやく辿り着けるのです。

 気になったのは、この集落が小竹とされている事です。

 筑豊の小竹町は二田物部の起点であり中心地と考えていますが、もしかしたらこの集落を作った人々とは四散した物部氏の一部だったのではないかと思うのです。


「小竹町は二田物部の起点であり」としましたが、最近になって、久留米市田主丸町石垣に二田があり二田月読神社がある事をメンバーの宮原誠一氏が明らかにされ、更に南の八女市星野村一帯が二田(仁田)と呼ばれていた事が分かり、更に南を求めているところです。

熊本市植木町にも二田があるのですが…。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: