太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年03月03日

302 阿蘇高森の草部吉見神のお妃達

302 阿蘇高森の草部吉見神のお妃達

20160911

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

阿蘇高森の草部吉見神は実力者だったが故に多くのお妃がおられました。

 複数のお妃を同時にお持ちだったのかまでは踏み入っていませんが、御子神の生年を詳しく検討すればそれも分かるはずです。

無題.png

草部吉見神には高木大神の次女のタクハタチヂヒメ、宗像大社のイチキシマヒメ、あまり知られていませんが、スサノウとクシナダヒメとの間に産れたオキツヨソタラシヒメ、それに、伊勢外宮の豊受大神=辛国息長大姫大目命がおられます。

各々、有力な御子がおられ、その時代には、それぞれ活躍されたことがうかがい知れます。

大山咋神は出雲佐田大社の佐田大神ですしその御子が贈)崇神天皇に、彦主守の御子はヤマトタケルに、御年神は贈)孝安天皇に…。

このように古代の有力者には各勢力(民族、氏族…)から娘が送り込まれ、また、自らが入婿となって複雑な婚姻関係が成立して行く事になるのです。

無題.png

今回は、百嶋先生の手書きデータからこの部分にスポットを当てた神代系譜を見て頂きますが、この複雑な系譜を作成された百嶋由一郎先生のご努力と天才的な解読能力には驚くばかりです。

 問題は、多くのお妃が入れ替わる中で、互いに名を変える事によって、前のお妃の氏族に配慮するとか、自ら名を変え、新たな氏族との関係を作るといった配慮がされている事が分かるのです。

 次に、その事が分かる一覧表を見て頂きます。

 タクハタチヂヒメがお妃の時は、ヒコハエミミ、アメノテナガオ(壱岐)、国龍命…。市杵島姫がお妃の時は、海幸彦、ホスセリ、大歳、武甕槌…。オキツヨソタラシヒヒメがお妃の時は、安日彦、生島…。辛国息長大姫大目命がお妃の時は、風神、天児屋根命…と言った具合です。

 逆に言えば、これが判れば、お妃や、ご本人のポジションがある程度判別できる事になるのです。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 13:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: