太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年02月24日

298 大宮神社と猿田彦大神 Q “岡山県津山市の大美禰神社も天宇受賣命を祀る古社”

298 大宮神社と猿田彦大神 Q “岡山県津山市の大美禰神社も天宇受賣命を祀る古社”

20160827

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 津山市の西隣に鏡野町があります。その鏡野町の香々美にこの大美禰神社が鎮座していることから、まずは、同町の中心的な古社であることは明らかです。

無題.png

「香々美」の意味は単に鏡の置換えではなく「蛇」の意味があるのですが、この際、その話は置くとして、今回は、この古社の祭神がテーマです。

 鏡野の総社といった神社ですから、明治以降、林神社、登々呂神社、沖神社、八幡神社、など多くの神社が合祀されたようですが(同社沿革)、神殿内に持ち込まれた神々と稲荷社、金刀比羅神社は境内摂社として、神殿背後地に別の神殿を持ち鎮座しています。

 ただ、須佐之男社(下記)については合祀記事がないため、相当に古い時代の地主社の可能性があるように思えます。まず、近畿大和朝廷に先行する古社であることは間違いないと考えられます。

無題.png

須佐之男社  同社沿革(部分)


埼玉県の大宮氷川神社を始めとして北関東に数多くの大宮神社が展開しています。

百嶋神社考古学では、埼玉県というより広義の武蔵の国は大国主の領域であり(武蔵大国魂神社…)、スサノウを含め、博多の櫛田神社(同社の三神の一つにもスサノウが祀られていますね…)の大幡主の一族が広く展開した領域であると考えますので、大宮氷川神社がスサノウを主神とすることにどうしても共通性を認めてしまうのです。ここでは、あまり深入りし足早な結論を出すことを避け、大宮神社なるものが、アメノウヅメ(オオミヤノメ)を祀るものである可能性を念頭に、この物部氏が色濃く展開する美作の領域にも大宮神社が在り、スサノウ、アメノウヅメ(実は伊勢の外宮の豊受大神)を主神として祀っている(いた)ことが確認できることをお伝えしたいと思います。百嶋最終神代系譜(部分)下。

と、ここまで書いたのですが、恐らく百嶋先生は「ヘヘー…それは違う」と笑って言われそうです。

 事実、百嶋先生は、「大宮神社はオオミヤノメノオオカミを祀るものではない…」と言われていました。


さて、その次、これも難しいですよ。『大宮のメの大神』、大宮の根本は宗像の田心姫です、昔の名前の豊玉姫です。

さて、この大宮の大宮はどこにあるかというと、丹後の宮津の天の橋立から、地図をご覧になって左に数10km行った所に、大宮神社があります。

現在二つの書き方、大宮神社或いは大宮のメの大神という書き方もありますが、このお宮さんがそもそも豊玉姫を大宮のメの大神と言い出された元凶です、混乱しやすいですね。


「肥後翁のblog 民俗・古代史及び地名研究の愛好家」 より

22 9 2013百嶋由一朗先生講演 神社研究会 2011528CD テキスト版


 百嶋先生は滋賀の大宮神社を念頭に話されていたようですが、大宮と名乗る神社は全国的にはかなりの数あり、オオミヤノメノオオカミで全てが塗り潰されている訳でもないようです。

 かく言う私も、今回、吉備に大美禰神社を見出だし、祭神大宮能賣神又の名を天宇受賣命とされていますのでそのまま受け入れてしまいそうでしたが、やはり、怪しいのです。

無題.png


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 11:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: