太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年02月05日

292 大宮神社と猿田彦大神 K “全国展開された猿田彦大神“

292 大宮神社と猿田彦大神 K “全国展開された猿田彦大神“

20160804

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


猿田彦大神は色々な呼び名をお持ちであることがお分かりになってきたと思います。

山幸彦、五十猛、ニギハヤヒ、彦火々出見命、伊ノ大神、白髭神社、白木神社…

 明治維新以降、当時の神祇官は出雲の佐田大神(松尾大神、日吉大神、日枝山王、大山咋、阿蘇国造=速甕玉…)までもが猿田彦大神であるとの大嘘を強弁するまでの横暴、専横の堕落を見せています。

 また、荒穂神社の神をニニギの尊であるとも…。

 猿田彦大神が最も集中するエリアが肥後熊本である事はこれまでの話でお分かりになったと思いますが、それ以外の地域ではどのような展開を見せているかをご紹介する事にしましょう。

 有名なところでは、鹿島神社(茨城県)の鹿島大神=草部吉見と並ぶ、香取神社(千葉県)の主祭神である経津主も山幸彦=猿田彦大神ですが、それも別稿とするとして、以下をご覧ください。


@  天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(ニギハヤヒ)福岡県宮若市磯光 天照宮  

A  五十猛命                 佐賀県白石町   妻山神社 

B  白木神社、白髭神社            筑豊を中心に数多く分布

C  四公神社                 豊前市に四社分布

D  荒穂神社                 佐賀県東部、太宰府市、嘉麻市…

E  ヤゴローどん               鹿児島、宮崎

F  彦火々出見命               宮崎インチキ神話…


まだまだありますが…これくらいにして、ここでは、あまりご存じない新潟の一の宮に鎮座されている事をご紹介しましょう。


新潟県彌彦村の彌彦神社


神社研究者にとって越後(新潟)の神社と言えば、彌彦神社が頭に浮かびます。

 ただ、直江津より北に行ったことの無い者にとっては当然ながら初見の神社になります。

そのような新参者がこのような大それた話をするのはお気に召さない方がおられる事は重々承知していますが、ここでは同社をご紹介すると同時に、百嶋神社考古学の立場から彌彦神社をどのようなものと理解していたかをお知らせするということでご了解頂きたいと思います。


 彌彦神社(いやひこじんじゃ、常用漢字体:弥彦神社)は、新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦にある神社。式内社(名神大社)、越後国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

正式には「いやひこ」だが、地名などが全て「やひこ」と読む関係で、一般には「やひこ」とも呼ばれる。

無題.png
無題.png

まずは、敬愛する「玄松子」氏のHPから見て頂きましょう。


天香山命
あめのかぐやまのみこと
別名
天香語山命/天香吾山命:あめのかごやまのみこと
手栗彦命:たくりひこのみこと
高倉下:たかくらじ……

天忍穂耳尊の御子である天火明命の御子神。母は天道日女命。尾張連等の遠祖。
『先代旧事本紀』では
饒速日命の子となっており、天火明命=饒速日命とする。饒速日命
に従って大八洲国に降り、紀伊国熊野邑に坐した。后神は熟穗屋姫命。…

HP「玄松子」による

無題.png

しかし、天香山命(伊矢日子大神)とは如何なる神様なのでしょうか?

ようやく百嶋先生のお話をお聴きしなくても多少は見当が付くような気がしてきました。

ここで彌彦神社社務所発行の縁起書「おやひこさま」の一部をお読み頂きましょう。

無題.png

丸分かりとまでは言わないものの、天香山命が山幸彦(もしくはその一族)であることを暗示していますね。

まず、伊、井、今、射…何々と表記される神は 山幸彦=ニギハヤヒ=五十猛…と考えて見る価値があります。また、当地名研究会グループの主筆 福永晋三氏(「真実の仁徳天皇」不知火書房刊、『九州王朝の論理―「日出ずる処の天子」の地』古田武彦/福永晋三/古賀達也)による天香具山(金も採れる銀も採れる採銅所…)とは豊前の香春町香春岳のことであり、決してなにも採れない奈良の辺鄙な小丘の事ではないのです。その香春岳の香春神社の主祭神こそ、山幸彦=ニギハヤヒのお妃である辛国息長大姫大目命=伊勢外宮の豊受大神(ちゃんと豊と書かれていますね…)であり、天香山命とは香春岳の支配者であり、豊受大神の夫である事を擬えた神名なのです。

そして、鹿児島のヤゴローどん(矢五郎どん)〜新潟県の弥彦神社の弥彦とが通底していることが分かってきたと思います。では、百嶋先生の音声データとその口述記録を見て頂きましょう。


「山幸彦の別名はおおやひこ、弥五郎どん、北陸の弥彦神社もみんな山幸彦である。」

久留米地名研究会百嶋由一郎先生講演 201125


神社伝承から見る古代史百嶋由一郎先生の世界--- もう一つの神々の系譜 ---牛島稔太のHPより


百嶋先生は明快でした。

 気になるのは多くの摂社、末社の神々です。乙子神社の建諸隈命を始めとして、「天」「建」の名が付された神々(大水口、大矢口…など)のオンパレードです。海人族、物部氏の神々ばかりと思いますが、妃神の熟穂屋姫命と併せ保留しておきます。

 弥彦村は新潟市の少し南にあります。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 13:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: