太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年02月03日

291 大宮神社と猿田彦大神 J “古代日向のヤゴローどん も猿田彦なのです“

291 大宮神社と猿田彦大神 J “古代日向のヤゴローどん も猿田彦なのです“

20160804

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

人吉盆地の入口に近い川向う(勿論球磨川ですが)の地区に矢黒町があり矢黒神社があります。

無題.png

この聞きなれない名の神社が鹿児島、宮崎の「ヤゴローどん祭」の主役のヤゴローどんを祀るものとする確たる根拠はありません。

 しかし、「ヤグ」、「ヤグロ」が「ヤゴローどん」の名を留めている可能姓は十分にあるでしょう。


野々矢具神社 熊本県合志市西合志町野々島4862  火火出見尊外二柱

矢具神社   熊本県田浦町3049         火火出見尊 豊玉姫命

矢具神社   熊本県田浦町波多浦24       火火出見尊 豊玉姫命

矢黒神社   熊本県人吉市矢黒町1765      伊勢以下33

祭神は「熊本県神社誌」により確認したもの


故)百嶋由一郎先生は、このヤゴローどんを南下したニギハヤヒ=山幸彦=猿田彦(新潟県弥彦神社の祭神でもある)とされていました。

 通説では山幸彦が彦火火出見尊 (ヒコホホデミノミコト)とされていることは異論のないところでしょうが、“神武天皇の祖父で 瓊瓊杵尊と木花開耶姫命の三男…木花開耶姫命が疑いを晴らすために産屋に火をかけて、その火の中で生んだ子の一人”などというのは藤原が捏造した大嘘であることは何度となくお話して来た「古事記」のインチキ神話の一部です。

 今のところ、「矢具」、「矢黒」が「ヤゴロー」とほぼ対応している事から、そう考えるのですが、祭神もヒコホホデミとあり、百嶋先生が言われていたニギハヤヒ=山幸彦=猿田彦に対応するのです。

 これまでも何度か書いていますが、九州(大分県北部の瀬戸内海側沿いを除く)では、標準語のO音がU音と入れ替わる場合が数多く認められます。

 「今日は大事(オオゴト)をしでかした」→(ウーゴト)、栂(トガ)→栂(ツガ)、ホウヅキ→フウヅキ、遊び呆(ホウ)ける→呆(フウ)ける…

 当然にも、ヤゴローはヤグロ、ヤグロウに置き換わっている事が自然に理解できます。

 と言うよりも、それこそが原型であり、古代には九州の言葉が標準語だったのであり、「ヤゴローどん」と呼んでいるのは、隼人を制圧した近畿大和の方言を話していた田舎者が、「ヤゴロー」と呼んだだけなのです。

 今のところ作業としてはここまでですが、宮崎、鹿児島限定と思われている“ヤゴローどん”の奉斎(祭)圏がかなり広がっている事が見えて来た事になりそうです。

無題.png

まず、参拝殿は至って質素ですが、神殿の鞘殿の黄金(白銀)の屋根は茅葺の多い人吉盆地ではど派手で目を惹きます。加えて鞘(サヤ)殿です。由緒書きでは覆屋様式とされています。

矢黒神社は ヤゴローどん を祀るものと考え、再訪している者としては、この鞘殿の様式(原子炉建屋のようですが)は、やはり、筑後物部氏のそれとの思いが走ります。

無題.png

タイミングが良ければ球磨川下りに出くわします

縁起を読む限りはあまりにも多くの神様が盛り込まれて判然としませんが(「熊本県神社誌」でも伊勢以下33社とそっけない)、香取(鹿島、香取は百嶋神社考古学では海幸、山幸です)が入っており辻褄は合うのです。

 ただ、やはりと思ったのは、境内社として別建ての伊勢稲荷が祀られており(実は伊勢外宮の豊受大神は山幸彦=ニギハヤヒ=猿田彦のお妃でもあるのです)、本当はこちらが格上の神様なのです。

無題.png
無題.png
無題.png

境内社として別建ての伊勢稲荷が祀られており(実は伊勢外宮の豊受大神は山幸彦=ニギハヤヒ=猿田彦のお妃でもあるのです)、本当はこちらが格上の神様なのです

最後になりますが、地名で関心を惹いたのは、この矢黒町には雨吹山があることです。まさか、アメノフキネノミコトを意識して付されたものではないと思いますが、今後の課題です。


芦北町桟敷の乙千屋(オトジヤ)の天子宮


球磨川流域の人吉盆地から八代芦北一帯には多くの天子宮、天子社、天子神社なる謎の神社群が存在していることから、古田史学の会の会報や同会のHP、その他で公開しています。

同社の境内社の自然石に「矢五郎」との文字が線刻されているのです。

元々これは内倉武久氏を同社や付近の佐敷神社にご案内した際に、同氏が発見されていたものなのです。

 ただ、当時は、鹿児島県のヤゴローどん祭や、この正体に対して無関心だったっため写真も撮っていなかったのですが、今回改めて「矢五郎」と書かれている事を確認し、これが鹿児島県に数多く分布する「ヤゴローどん祭」に関係するヤゴローどん信仰の一部と確信したのでした。

 まずは、鹿児島県曽於市の岩川八幡宮のヤゴローどんをまずは見て頂きましょう。

無題.png

一般的には、熊襲の英雄とか、熊襲を征服した大男とか、九州南部を上手く治めた人物…といったイメージで理解されているのですが、この奉祭圏が肥後まで及んでいるとは全く考えられていません。

 しかし、これについても、故)百嶋由一郎氏は“ヤゴローどんはニギハヤヒ=山幸彦=猿田彦ですよ“

と明言されており、現在、肥後で拾い出した、4社の祭神とどうやら対応しそうなのです。

 これについては、生前、百嶋先生に「矢具神社、矢黒神社があります…」とお伝えした事がありますが、先生もこの肥後の神社群について認識をお持ちではなかったようです。

ヒコホホデミ

ホオリ - 記紀に登場する神。山幸彦。

ウィキペディア(20160330 10:30

無題.png

では「矢五郎」どんの線刻をご覧ください

無題.png

「郎」は少し確認し難いのですが「矢五」は鮮明に見えますね


追伸) なお、弥五郎、矢五郎の分布は熊本どころか、久留米、筑後の一帯まで広がっていたことが、ニュー・フェース宮原誠一氏の研究によって分かってきました。

 これについては、「宮原誠一の神社見聞牒」で公開されると思いますので、ここでは明らかに致しません。ヤゴローは明らかに筑後領域から南下し、古代の日向=鹿児島+宮崎に展開したものだったのです。

くれぐれも、学会通説の俗説を鵜呑みにして吹聴する学芸員の話を信じないようにしてください。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 10:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: